Select Language

その他

その他

表示件数:

全件数: 1021 5/52

  1. ドイツ銀行、シンガポールにFX取引エンジンを設置

    ドイツ銀行、シンガポールにFX取引エンジンを設置

    ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行が、ロンドンにある新興国通貨を対象としたFX取引エンジンをシンガポールに置き換えた。

  2. WTI原油、上昇の勢い弱まるか ​- CME原油先物建玉情報

    WTI原油、上昇の勢い弱まるか ​- CME原油先物建玉情報

    世界有数のデリバティブ取引所運営会社であるCMEグループが公表した、昨日19日時点での原油先物取引の建玉は、再び縮小に転じ、前日比で約4,600枚減少した。取引量も3日連続で縮小し、約6,800枚減少した。

  3. ゴールド、1,754ドルのサポートラインを上回る限り上昇基調

    ゴールド、1,754ドルのサポートラインを上回る限り上昇基調

    ゴールド(XAU/USD)は、昨日19日に達成した7週間ぶりの高値である1,790ドルから反落し、下値を広げている。米国債利回りが回復したことが主な要因で、ドル安の影響を相殺している。

  4. NYオプションカット情報(4月20日)

    NYオプションカット情報(4月20日)

    米国証券保管振替機関(DTCC)によると、日本時間4月20日午後11時(米国東部標準時4月19日午前10時)に期限を迎えるオプション取引の数量は下記の通り。本日は、10億通貨を超える大口のオプション取引はない。

  5. WTI原油、さらに下落する可能性 ​- CME原油先物建玉情報

    WTI原油、さらに下落する可能性 ​- CME原油先物建玉情報

    世界有数のデリバティブ取引所運営会社であるCMEグループが公表した、先週末16日時点での原油先物取引の建玉は、小幅に拡大に転じ、前日比で約3,800枚増加した。一方、取引量は2日連続で縮小し、約20万1,100枚減少した。

  6. ゴールド、1,798ドル視野に上昇か

    ゴールド、1,798ドル視野に上昇か

    ゴールド(XAU/USD)は、米国債利回りが総じて低いままであることを受け、先週の上昇トレンドを引き継いで2か月ぶりの高値である1,784ドルを目指した値固めの展開となっている。

  7. NYオプションカット情報(4月19日)

    NYオプションカット情報(4月19日)

    米国証券保管振替機関(DTCC)によると、日本時間4月19日午後11時(米国東部標準時4月19日午前10時)に期限を迎えるオプション取引の数量は下記の通り。本日は、ドル円に10億通貨を超える大口のオプション取引がある。

  8. Spotware、cTraderモバイルの最新版をリリース

    Spotware、cTraderモバイルの最新版をリリース

    Spotware Systems【以下、Spotwareと称す】は、Android OSに対応したcTraderモバイルアプリの最新版をリリースした。

  9. ゴールド今週の見通し:米国長期国債利回りが下落すればゴールド価格は1,800ドルを目指す可能性

    ゴールド今週の見通し:米国長期国債利回りが下落すればゴールド価格は1,800ドルを目指す可能性

    4月15日前半のゴールド(XAU/USD)は1,750ドルを下回る狭い範囲のレンジで推移したものの、米国長期国債利回りの急落を受けて大きく上昇した。ゴールドは週末にかけて強気姿勢が継続し、16日には今年2月以来となる1,783ドルの高値水準に達した。週足でおよそ2%の上昇を記録しており、これは昨年12月以来で最大の数字である。

  10. WTI原油、反発の勢い弱まるか ​- CME原油先物建玉情報

    WTI原油、反発の勢い弱まるか ​- CME原油先物建玉情報

    世界有数のデリバティブ取引所運営会社であるCMEグループが公表した、昨日15日時点での原油先物取引の建玉は、前日比で約6,700枚減少し、不安定な値動きが続いた。

  11. ゴールド、反落続き1,754ドルのサポートが焦点

    ゴールド、反落続き1,754ドルのサポートが焦点

    ゴールド(XAU/USD)は本日16日、米10年国債利回りが5ベーシスポイント回復したことにより下押し圧力を受け、高値圏からの反落傾向にある。

  12. NYオプションカット情報(4月16日)

    NYオプションカット情報(4月16日)

    米国証券保管振替機関(DTCC)によると、日本時間4月16日午後11時(米国東部標準時4月16日午前10時)に期限を迎えるオプション取引の数量は下記の通り。本日は、10億通貨を超える大口のオプション取引はない。

  13. NYオプションカット情報(4月15日)

    NYオプションカット情報(4月15日)

    米国証券保管振替機関(DTCC)によると、日本時間4月15日午前11時(米国東部標準時4月15日午前10時)に期限を迎えるオプション取引の数量は下記の通り。本日は、ユーロドル、ドル円に10億通貨を超える大口のオプション取引がある。

  14. WTI原油、上昇が続く可能性も ​- CME原油先物建玉情報

    WTI原油、上昇が続く可能性も ​- CME原油先物建玉情報

    世界有数のデリバティブ取引所運営会社であるCMEグループが公表した、昨日14日時点での原油先物取引の建玉は、2日ぶりに上昇に転じ、前日比で約3万6,700枚増加した。取引量も大幅に拡大し、約45万9,600枚増加した。

  15. ゴールド、米経済指標に先立ってレンジ内で推移

    ゴールド、米経済指標に先立ってレンジ内で推移

    ゴールド(XAU/USD)は本日15日、高値圏で上値が重い。コロナワクチンや中国をめぐる懸念でリスク回避姿勢が強まる中、米ドルが数週間ぶりの安値からやや反発傾向にあるためだ。

  16. NYオプションカット情報(4月14日)

    NYオプションカット情報(4月14日)

    米国証券保管振替機関(DTCC)によると、日本時間4月14日午前11時(米国東部標準時4月14日午前10時)に期限を迎えるオプション取引の数量は下記の通り。本日は、ユーロドル、米ドルカナダドルに10億通貨を超える大口のオプション取引がある。

  17. WTI原油、上昇は限定的か ​- CME原油先物建玉情報

    WTI原油、上昇は限定的か ​- CME原油先物建玉情報

    世界有数のデリバティブ取引所運営会社であるCMEグループが公表した、昨日13日時点での原油先物取引の建玉は、前日比で約1万3,700枚減少した。これで2日連続の縮小となる。

  18. ゴールド、上昇継続には1,754ドル突破が必要

    ゴールド、上昇継続には1,754ドル突破が必要

    ゴールド(XAU/USD)は本日14日、1,750ドル付近の高値圏からやや下落したが、昨日13日の全般ドル安による上昇分を概ね維持している。

  19. ゴールド、米国CPI発表に先立ち1,716ドルまで下落か

    ゴールド、米国CPI発表に先立ち1,716ドルまで下落か

    2日連続で下落していたゴールド(XAU/USD)は、本日13日始めにやや反発したが、インフレ期待の高まりで米国債利回りが上昇の勢いを取り戻したことを受けて下落を再開。重要指標である3月の米国消費者物価指数(CPI)の発表に引き続き注目が集まる中、利回りが上昇を再開したことで、米ドルも回復した。

  20. WTI原油、さらなる値固めの見込み ​- CME原油先物建玉情報

    WTI原油、さらなる値固めの見込み ​- CME原油先物建玉情報

    世界有数のデリバティブ取引所運営会社であるCMEグループが公表した、昨日12日時点での原油先物取引の建玉は、前日比で約2万1,000枚減少した。取引量も3日連続で縮小し、約1万5,000枚減少した。

表示件数:

全件数: 1021 5/52

アクセスランキング

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

仮想通貨GPT(CryptoGPT)とは|将来性やAI分野との関連を解説

CryptoGPTはAI発展への寄与を目標としており、ユーザーは自分自身のデータを使って収益を得られます。DAO MakerでIDOが実施され、話題の仮想通貨となっています 。
update2023.02.28 20:00

スイスフランショックとは?その原因と影響

2015年1月15日、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)が金融政策を突然変更し、スイスフランが暴騰して複数のFX会社が経営破綻しました。これをスイスフランショックと呼びます。
update2022.10.03 19:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2023.01.20 19:00

分散型SNSの特徴やメリットを解説!Web3.0時代のSNSとして注目を集める

分散型SNSは従来のSNSと比べて自由で公平なサービスとなっており、FacebookやTwitterにとって代わる存在となることが期待されています。
update2023.01.06 21:00

「キャプテン翼-RIVALS-」がプチ炎上?出金貫通等で酷評が目立つ

ゲーム「キャプテン翼-RIVALS-」で出金貫通などのトラブルが生じ、プチ炎上状態となりました。「つまらない」「手抜き」などの評判も目立ちます。
update2023.01.13 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

仮想通貨TWTが貰える「TwitFi」とは?やり方やリスクを解説

2022年12月18日、TwitFi(ツイートファイ)と呼ばれるブロックチェーンゲームがリリースされました。Tweet to Earn(ツイートして稼ぐ)という新しいジャンルで、仮想通貨コミュニティで注目を集めています。
update2022.12.21 21:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

TwitFi(ツイートファイ)がステーキングを実装|BNBチェーン版のリリースやゲームシステムの変更点などを解説

日本で人気のTwitFi(ツイートファイ)。ゲーム性や収益性を高めるために、ステーキング機能の導入やOKXなどとのパートナーシップなど、いろいろなサービスを展開しています。
update2023.02.20 21:00
youtubeyoutube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

arw
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル