Select Language

MT4/MT5

MetaTrader5 新バージョン Build3280がリリース

MetaTrader5 新バージョン Build3280がリリース

update2022.05.12 20:00

2022年4月29日、メタクォーツ社はMetaTrader5(MT5)の新バージョンBuild3280をリリースしました。新バージョンでは、トレーリングストップ機能のバグ修正が実施され、トレーリング幅の選択肢がメニュー欄に表示される機能が復活しました。目次[非表示]トレーリングストップ機能の修正トレーリングストップとはトレーリングストップ機能の修正トレーリングストップ機能では、0ポイント、5ポイント、10ポイントなどの選択肢がトレーリングストップのメニュー上に表示されます。数回前のアップデートのタイミングでこの選択肢が一時的に表示されないようになっていましたが、今回の修正により再度表示されるようになっています。トレーリングストップ機能では、銘柄の取引仕様によって異なる10種類のトレーリング幅の選択肢が自動で表示され、ワンクリックで設定することができます。トレーリング幅の選択肢は、銘柄ごとのストップレベルによって異なり、最小ストップレベルから5刻みの数値、合計10個の選択肢が表示されます。その他にも、「カスタマイズ」を選択することで、ポイント単位で任意のトレーリング幅の選択も可能です。ポイントとはポイントとは、MetaTrader4/MetaTrader5上に表示される値動きの最小単位です。ドル円などの銘柄では小数点第3桁、ユーロドルなどの銘柄では小数点第5位の数値がポイントにあたります。トレーリングストップとはトレーリングストップとは、指定したポイント分の利益が発生した場合に決済逆指値(S/L)を設定し、有利な方向にレートが移動すればそれに連動して決済逆指値も自動的に移動させる機能です。ドル円が100円のときに買いポジションを持ち、1,000ポイント(1円)分のトレーリングストップを設定したとします。すると、101円に達した時点で、エントリー価格である100円に逆指値注文が出され、トレーリングストップが開始されます。その後、相場が上昇し続ける限り、1円幅を保ちつつ逆指値注文も切り上がります。価格が上がった分だけ自動的に逆指値注文が上がるため、相場が一方向に動く局面では相場が反転するまで利益を追及することができます。一度有利な方向へ進んだ逆指値は、価格が不利な方向に動いたとしても移動することはなく、逆指値に到達した場合はそこで決済注文が執行されます。トレーリングストップの仕組みは取引ツールによって異なりますが、MetaTrader5では、指定したトレーリング幅が、トレーリングストップが開始されるために必要な利益の条件も兼ねています。そのため、トレーリングストップを設定しても、設定したトレーリング幅以上の利益が出るまで逆指値注文は発注されません。一方、指定したトレーリング幅以上の利益が出ている状態でトレーリングストップを設定すると、現在レートから指定したポイント分離れたレートに即座に逆指値注文が発注されます。MetaTrader5の起動中のみ有効トレーリングストップはMetaTrader5の起動中のみ機能します。トレーリングストップを設定していても、MetaTrader5を閉じたり他の口座へ切り替えると、トレーリングストップが機能しません。トレーリングストップを頻繁に活用する人はVPSの利用を検討しましょう。参照:トレーリングストップ注文の仕方今回のアップデートでは、上記に加え表記の軽微な修正やバグ修正が実施されました。アップデートの詳細はメタクォーツ社のWebサイトからご確認頂けます。出典元:MetaQuoteshttps://www.metatrader5.com/ja/releasenotes/terminal/2239
MetaTrader5 新バージョン Build3270がリリース

MetaTrader5 新バージョン Build3270がリリース

update2022.05.09 20:30

2022年4月21日、メタクォーツ社はMetaTrader5(MT5)の新バージョンBuild3270をリリースしました。新バージョンでは、チャット機能のデザイン改善、Build3260で追加された一括決済機能のエラー修正等が行われました。目次[非表示]チャット機能の改善機能の追加デザインの変更チャット機能の改善今回のアップデートでは、チャット機能の追加およびデザインの変更が実施されました。MT5のチャット機能は、MT5上で、MQL5アカウントを持つユーザーとチャットで連絡ができる機能です。エキスパートアドバイザ(EA)やインディケータを購入できる「MQL5コミュニティ」のアカウントをMT5と連携させることで利用できます。機能の追加チャットに2つの機能が追加されました。メッセージのコピー機能メッセージの削除機能チャット機能は、MT5右上の人型のマークをクリックすると利用できます。MT5とMQL5アカウントの連携MT5とMQL5アカウントの連携を行うと、購入したインディケータ・エキスパートアドバイザ(EA)の開発者やMQL5アカウントを保有するユーザーとチャットで連絡できる他、MQL5コミュニティで購入した製品を簡単にMT5にダウンロードできます。新規海外FX業者を使う場合、MT5をダウンロードしてMQL5アカウントを連携するだけで、すぐに使い慣れたインディケータ・EAを利用することが可能です。デザインの変更チャット機能が見やすくなるようにデザインの改良も実施されました。具体的な変更点は以下の3つです。チャットの吹き出しのデザインを消去MQL5アカウントのアバター写真の追加送信日による区切りの追加よりメッセージ本文が見やすくなるように、吹き出しデザインがなくなり、送信者の写真が表示されるようになりました。さらに、メッセージが送信日ごとに区切られる仕様に変更になりました。今回のアップデートでは、上記に加えBuild3260で追加された一括決済機能のエラー修正、ターミナルの表示変更が行われました。アップデートの詳細はメタクォーツ社のWebサイトからご確認頂けます。出典元:MetaQuoteshttps://www.metatrader5.com/ja/releasenotes

MT4/MT5

表示件数:

全件数: 53 1/3

  1. MetaTrader5 新バージョン Build3260がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3260がリリース

    メタクォーツ社はMT5の新バージョンBuild3260をリリースしました。新バージョンでは、ポジションの一括決済機能がリリースされ、MT5の弱点の1つであった決済機能が強化されました。今後、MT5では10種類以上の一括決済機能を利用することができ、ワンクリックで保有ポジションの管理ができるようになります。

  2. 【SNSで話題】ロシア制裁でMT4/MT5への影響に心配の声!現在はキプロスが拠点

    【SNSで話題】ロシア制裁でMT4/MT5への影響に心配の声!現在はキプロスが拠点

    ロシア系企業に対する制限が欧米諸国で課されている中、「ロシアの企業」と紹介されることの多いメタクォーツ社にも制裁が課され、MT4/MT5が使えなくなるのではないかと心配する声もあります。しかし、現在メタクォーツ社はキプロスを拠点にしており、影響を受ける可能性は低いとみられます。

  3. MetaTrader5 新バージョン Build3210がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3210がリリース

    2022年2月11日、MetaQuotes社はMetaTrader5の新バージョンBuild3210をリリースしました。

  4. MetaTrader5 新バージョン Build3180がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3180がリリース

    2022年1月28日、MT5の新バージョンBuild3180がリリースされました。これにより、取引履歴から発注画面を表示できるようになったり、チャート画面の印刷機能が改善されたりしました。

  5. MQL5クラウドネットワーク10周年、参加CPUが33,500コアを突破

    MQL5クラウドネットワーク10周年、参加CPUが33,500コアを突破

    エキスパートアドバイザ(EA)の最適化を行う目的でPCなどの余剰能力の貸し借りを行う「MQL5クラウドネットワーク」サービスにおいて、参加するPCなどのCPUのコア数が33,500を越えたことが発表されました。

  6. MetaTrader5 新バージョン Build3081がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3081がリリース

    2021年10月14日に、MetaQuotes社より、MetaTrader5の新バージョンBuild3081がリリースされました。

  7. MetaQuotes社、FX Expo Dubai 2021に出展

    MetaQuotes社、FX Expo Dubai 2021に出展

    2021年9月22日に、MetaQuotes社より、9月29日から30日にかけてドバイのワールドトレードセンターで開催される中東最大の企業参加型FXイベント「FX Expo Dubai 2021」のプラチナスポンサーとなることが発表されました。

  8. MQL5コミュニティの商品ページに注意喚起

    MQL5コミュニティの商品ページに注意喚起

    2021年8月13日、MetaQuotes社より、MQL5コミュニティのマーケットページに掲載される商品が満たすべき要件について、具体例の発表とともに注意喚起がありました。

  9. MetaTrader4 Build1320より古いバージョンのサポートが終了

    MetaTrader4 Build1320より古いバージョンのサポートが終了

    2021年8月25日に、MetaQuotes社より、2021年10月1日以降MetaTrader4 Build1320より古いバージョンのサポートが終了することを発表しました。

  10. GEMFOREX、デモ口座にてMT5をリリース

    GEMFOREX、デモ口座にてMT5をリリース

    海外FXブローカーのGEMFOREX(ゲムフォレックス)は、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.が開発した取引プラットフォームであるMetaTrader5【以下、MT5と称す】をリリースしたことを発表した。

  11. 外為ファイネスト、MT5のデモ版をリリース

    外為ファイネスト、MT5のデモ版をリリース

    国内FXブローカーの外為ファイネスト株式会社は7月1日、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.が開発した取引プラットフォームであるMetaTrader5のデモ版をリリースしたことを発表した。

  12. MetaQuotes、MQL5コミュニティで最も優れた開発者を表彰する予定

    MetaQuotes、MQL5コミュニティで最も優れた開発者を表彰する予定

    ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.【以下、MetaQuotesと称す】は、MQL5.community【以下、MQL5コミュニティと称す】の発展に対して多大な貢献をした取引アプリの開発者やフリーランサーを表彰する予定であることを発表した。

  13. MetaQuotes、7月1日よりMQL5コミュニティでの製品販売に新ルールを追加

    MetaQuotes、7月1日よりMQL5コミュニティでの製品販売に新ルールを追加

    ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.【以下、MetaQuotesと称す】は、2021年7月1日より、MQL5.community【以下、MQL5コミュニティと称す】のマーケットを通じた製品販売に新たな要件を導入することを発表した。

  14. MetaTrader5 新バージョン Build2980がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build2980がリリース

    2021年6月18日に、MetaQuotes社より、MetaTrader5の新バージョンBuild2980がリリースされました。

  15. MT5、ベストマルチアセットトレーディングプラットフォーム賞を獲得

    MT5、ベストマルチアセットトレーディングプラットフォーム賞を獲得

    ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.は、Global Forex Awards 2021-3B2Bにおいて、同社が開発したMetaTrader5取引プラットフォームがベストマルチアセットトレーディングプラットフォーム賞を獲得した。

  16. MetaTrader5がGlobal Forex Awards 2021を受賞

    MetaTrader5がGlobal Forex Awards 2021を受賞

    2021年6月8日に、MetaQuotes社より、MetaTrader5プラットフォームが、Global Forex Awards 2021のB2B部門で、Best Multi-Asset Trading Platformを受賞したことを発表しました。

  17. Exclusive Markets、Mac版MT4/MT5アプリをリリース

    Exclusive Markets、Mac版MT4/MT5アプリをリリース

    Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)ブランドを運営するExclusive Markets Ltd【以下、Exclusive Marketsと称す】は5月26日、MacOSに対応したMetaTrader4【以下、MT4と称す】/MetaTrader5【以下、MT5と称す】アプリをリリースした。

  18. MetaTrader5 新バージョン Build2940がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build2940がリリース

    2021年5月21日に、MetaQuotes社より、MetaTrader5の新バージョンBuild2940がリリースされました。新バージョンでは、従来、ツールボックス内に配置されていた「マーケット」、「シグナル」、「VPS」機能が、ナビゲータとツールバーに追加された他、シグナル機能や、mac OS用MetaTrader5のインストーラーの改善などのアップデートが行われました。

表示件数:

全件数: 53 1/3

アクセスランキング

【SNSで話題】「歩いて稼ぐ」Agletの信頼性は?海外の大手メディアの報道も調査

Agletは「第2のSTEPN」になりうるmove to earnプロジェクトだと期待されています。では、本当に期待できるでしょうか。Agletの概要や注意点、そして大手海外メディアでの報道ぶりを紹介します。
update2022.05.12 20:30

STEPNに続くか!?無料で始められる注目のMove to Earnゲーム5選

話題のSTEPNは、Move to Earn市場で大きなブームを巻き起こしています。STEPN以外にもMove to Earnゲームが続々と登場しており、中には無料で利用できるものもあります。
update2022.05.11 20:00

【最新情報】収益が毎日振り込まれる!Bybitの積立ステーキングとは?

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

【SNSで話題】ジャスミーに詐欺の疑惑で大荒れ!運営会社も反応

2022年3月、ジャスミーが詐欺であるとのSNS投稿が日本を含む世界中に拡散し、話題となりました。いったい、Jasmyに何があったのでしょうか。そして、ジャスミー開発チーム(Jasmy株式会社)はこの騒動にどのように対応したでしょうか。
update2022.03.11 21:00

Binanceが人気サッカークラブのファントークンを発行!その特徴と購入方法を解説

大手仮想通貨取引所のBinanceが2021年10月13日、イタリア・セリアAの名門サッカークラブであるラツィオのファントークンを発行することを発表しました。この記事では、ファントークンの特徴やメリット、購入方法などを解説していきます。
update2021.10.29 20:00

Bybitの国内銀行送金方法を解説

Bybit(バイビット)では、「国内銀行送金」サービスを提供しています。海外銀行送金にしか対応していない仮想通貨取引所が多い中、このようなサービスを提供していることで、入金の選択肢が広くなっています。
update2022.04.06 21:00

Bybitの二重資産マイニングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

Bybitの二重資産マイニングは、ステーキングで高利回りを期待できる一方、元本割れのリスクもあります。そこで、二重資産マイニングのメリットとデメリットを紹介します。
update2022.02.21 19:00

ステーブルコインUSTの崩壊懸念!その要因と今後の見通しは?

2022年5月8日以降、ステーブルコインUSTの価格が急落しています。1UST=1米ドルであるはずが一時的に0.3ドル付近まで下落し、その後も乱高下しています。ステーブルコインとしてのUSTの仕組みから価格変動の要因、今後の見通しなどに迫ります。
update2022.05.12 21:00

BybitがMT4に対応!取引条件の違いやMT4のメリットを解説

2022年3月31日、Bybit(バイビット)は、取引プラットフォームとしてMetaTrader4(MT4)を導入することを発表しました。MT4の利用によってBybitでの取引の幅が広がることが予想されます。
update2022.04.01 20:30

Bybitローンチプールに「FreshCut」 のコミュニティ・トークン「FCD」が登場!

2022年5月10日、Bybit(バイビット)は、ゲームコンテンツプラットフォーム「FreshCut」 のコミュニティ・トークンである『FCD』をローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。期間中のBITまたはFCDの預け入れで、FCDを受け取ることができます。
update2022.05.11 21:00
youtubeyoutube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

arw
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル