Select Language

MT4/MT5

MetaTrader5 新バージョン Build3620がリリース

MetaTrader5 新バージョン Build3620がリリース

update2023.04.25 19:00

2023年3月10日、MetaQuotes(メタクォーツ)社はMetaTrader5(MT5)の新バージョンBuild3620をリリースしました。今回のアップデートでは、一部の銘柄で気配値表示欄から、ファンダメンタルズが確認できるページに遷移することも可能となりました。Web版のMT5ではチャートの配色テンプレートが追加されたほか、銘柄指定ウィンドウのデザインも変更されるなど、使いやすさの面での更新が多いバージョンです。目次[非表示]気配値表示欄でファンダメンタルズが確認可能Web版MT5に配色テンプレートが追加気配値表示欄でファンダメンタルズが確認可能Build3620バージョンのMetaTrader5(MT5)では、気配値表示欄から、ファンダメンタルズの確認ができるページに遷移することが可能です。ファンダメンタルズは全ての銘柄で確認できるわけではなく、この機能が利用できるのは対応している一部の銘柄に限られます。また、利用しているFXブローカーがこの機能へ対応していない場合は、MT5を最新版にアップデートしていても、気配値表示欄からファンダメンタルズの確認はできないため注意が必要です。手順1気配値表示欄のファンダメンタルズを確認したい銘柄上で右クリックし、表示されたメニューから「基本データ」にカーソルを合わせます。更にメニューが表示されるので、ファンダメンタルズを確認するために使用したいWebサイトを選択してください。手順2選択したWebサイトがブラウザで表示され、銘柄のファンダメンタルズが確認できます。Web版MT5に配色テンプレートが追加Web版のMetaTrader5(MT5)では、今回のアップデートでチャートの配色テンプレートが追加されました。画面左上の三本線マークをクリックしてメニューを開き、「Color Templates」にカーソルを合わせると配色テンプレートが表示されるので、チャートに適用したいものを選択します。このほか、Web版では銘柄指定ウィンドウのデザインも変更されています。今回のアップデートでは、上記に加えて多くバグの修正が行われました。また管理者用ビルドのMT5では、Let's Encryptサービスを利用したSSL証明書の発行が可能になりました。Build3520では二段階認証の機能が追加されており、今後もセキュリティ面に配慮したアップデートが行われると期待できます。アップデートの詳細はメタクォーツ社のWebサイトからご確認いただけます。出典元:MetaQuoteshttps://www.metatrader5.com/ja/releasenotes
iOS版MetaTrader5がアップデートでチャート周りに様々な機能を追加

iOS版MetaTrader5がアップデートでチャート周りに様々な機能を追加

update2023.04.05 19:00

2023年3月6日、MetaQuotes(メタクォーツ)社がiOS版MetaTrader5(MT5)をアップデートし、App Storeで公開したことを発表しました。今回のアップデートでは、主にチャート周りで多くの機能改善が行われており、より日々の取引で扱いやすくなっていることが期待できるでしょう。ここでは、特に取引へ影響すると考えられる部分について詳しく紹介します。目次[非表示]チャート上で行える操作の拡充チャートからストップ注文などが可能にチャートからポジションや保留注文の編集・削除が可能にチャート右端の表示位置が簡単に変更可能チャートのオブジェクトがコピー可能にiOS版MT5には他にも機能が追加チャート上で行える操作の拡充iOS版MetaTrader5(MT5)のアップデートにより、チャート画面で行える操作が拡充されました。チャートからストップ注文などが可能にこれまで、チャートから出せる注文は指値注文のみでしたが、今回のアップデート後はストップ注文とストップリミット注文が可能となります。これらの注文を行うには、画面右上の時計マークをタップします。画面下にいくつかのボタン、そしてチャート上には指値注文ラインが表示されるので、ラインをドラッグして注文の価格を設定してください。注文種別が書かれたボタンをタップすると、注文種別を変更することが可能です。最後に矢印ボタンを押すと、注文の詳細を設定する画面へ遷移します。注文種別は、チャート上のラインが現在価格より下にある場合は「BUY LIMIT」「SELL STOP」「SELL STOP LIMIT」の3種類、チャート上のラインが現在価格より上にある場合は「SELL LIMIT」「BUY STOP」「BUY STOP LIMIT」の3種類から選択することが可能です。チャートからポジションや保留注文の編集・削除が可能に保有中ポジションの決済、逆指値・決済指値注文の追加や、未約定の指値・逆指値注文の編集と削除も、チャートからできるようになりました。チャートに表示されているポジションの取得ラインや、未約定の指値・逆指値注文のラインをタップすると、画面下にいくつかのボタンが表示されます。保有中ポジションの取得ラインをタップすると、「決済」「SL」「TP」ボタンが表示され、決済とSL、TPの設定が行えます。また、未約定の注文ラインをタップすると「削除」「SL」「TP」ボタンが表示され、注文の編集・削除が行える画面へ遷移することが可能です。チャート右端の表示位置が簡単に変更可能チャート画面を右端までスワイプすると、最新足の下側に三角マークが表示されます。このマークをタップしてドラッグすることで、簡単にチャート右端の位置をシフトさせることが可能となりました。チャートのオブジェクトがコピー可能にチャートに表示させている垂直線などのオブジェクトを簡単にコピーできるようになりました。コピーするには、チャート上のオブジェクトを長押ししてメニューを表示させ、「コピー」を選択します。例えば、トレンドラインをコピーして、素早くサポートラインとレジスタンスラインを引くといった用途に利用できます。日々のチャート分析がより楽になるでしょう。iOS版MT5には他にも機能が追加iOS版MetaTrader5(MT5)における今回のアップデートでは、ここまで紹介したチャート上の機能拡充以外にも様々な機能が追加されています。例えば、インジケーターを特定の時間足で表示しないようにも設定できるようになりました。他にも、パスワードを忘れた際に復元を試みるためのリンクや、チャートの描画パフォーマンス向上やバグ修正など、細かいところでも多数の便利なアップデートが行われました。今回行われたアップデートの詳細は、MetaQuotes(メタクォーツ)サポートセンターから確認することが可能です。MetaQuotesサポートセンター(要ログイン)

MT4/MT5

表示件数:

全件数: 125 1/7

  1. MT4と同じヒストリカルデータをMT5でも使いたい!インポートの方法を解説

    MT4と同じヒストリカルデータをMT5でも使いたい!インポートの方法を解説

    MetaTrader5(MT5)では、高精度なヒストリカルデータをインポートし、バックテストの精度を上げることが可能です。ここでは、MT5にヒストリカルデータをインポートする方法や、正確なヒストリカルデータを提供することに定評のあるサービスなどについて紹介します。

  2. MT5ウェブトレーダー(MT5ウェブ版)をスマホで利用する方法

    MT5ウェブトレーダー(MT5ウェブ版)をスマホで利用する方法

    App StoreでMT4やMT5の取り扱いが停止されて以来、MT5のウェブ版をモバイル端末から利用する需要が高まりました。最近では、モバイル環境で快適に利用できるようアップデートも行われています。本記事では、MT5ウェブ版をスマホで利用する際の操作方法などについて解説します。

  3. MetaTrader5 新バージョン Build3520がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3520がリリース

    メタクォーツ社は、MT5の新バージョンBuild3520をリリースしました。このバージョンでは、Google認証などを利用した二段階認証の機能が追加されたほか、いくつかのバグ修正も行われています。ここでは、二段階認証の利用方法や解除方法についても説明します。

  4. MetaTrader5 新バージョン Build3540がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3540がリリース

    メタクォーツ社は、MT5の新バージョンBuild3540をリリースしました。このバージョンでは、ウェブトレーダーに二段階認証の機能が追加され、気配値へ表示できるデータの種類も拡充されたほか、リスク通知表示の機能が追加されています。また、いくつかのバグ修正も行われています。

  5. MetaTrader5 新バージョン Build3510がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3510がリリース

    2022年11月18日、MetaQuotes(メタクォーツ)社がMetaTrader5(MT5)の新バージョンBuild3510をリリースしました。新バージョンでは、ウェブトレーダーのモバイル表示バージョンの機能が改善されています。

  6. MetaTrader5 新バージョン Build3500がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3500がリリース

    2022年11月11日、MetaQuotes(メタクォーツ)社がMetaTrader5(MT5)の新バージョンBuild3500をリリースしました。新バージョンでは、レポート機能が「取引」タブから確認できるようになったほか、バグが修正されました。

  7. MetaTrader5 新バージョン Build3490がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3490がリリース

    メタクォーツ社はMT5の新バージョンBuild3490をリリースしました。ウェブ版MT5がモバイルデバイスでの利用に完全対応しました。また、タスクマネージャーの機能が拡大し、現在の処理内容を確認できる項目が増えました。

  8. MetaQuotes社、Forex Expo Dubai 2022に出展

    MetaQuotes社、Forex Expo Dubai 2022に出展

    2022年10月7日、MetaQuotes社は、10月19日から20日にかけてドバイのワールドトレードセンターで開催される中東最大の企業参加型FXイベント「Forex Expo Dubai 2022」への参加を発表しました。MetaQuotes社はダイヤモンドスポンサーとして参加します。

  9. MetaTrader5 新バージョン Build3440がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3440がリリース

    メタクォーツ社はMT5の新バージョンBuild3440をリリースしました。今回のアップデートでは新しいレポート機能が追加されています。Build3440ではレポートをMT5上で閲覧できるようになったほか、新しい項目も追加されています。

  10. MetaTrader5新バージョン Build3390がリリース

    MetaTrader5新バージョン Build3390がリリース

    メタクオーツ社は、MT5の新バージョンbuild3390をリリースしました。build3390では、MT5を初めて取引口座に接続すると、自動的にチュートリアルが表示されるようになりました。システムの消費リソースの最適化も実施されています。

  11. IS6FXがMT5をリリース!導入のメリットは?

    IS6FXがMT5をリリース!導入のメリットは?

    2022年7月23日、FX業者IS6FXはMT5プラットフォームのリリースを発表しました。現状ではMT4と同様の取引条件ですが、今後はMT5のみで取引可能な銘柄が追加される予定です。MT5導入のメリットや口座開設の手順をご紹介します。

  12. MetaTrader5 新バージョン Build3320がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3320がリリース

    メタクォーツ社はMT5の新バージョンBuild3320をリリースしました。一括操作機能のログがターミナルの「操作ログ」タブに記録されるようになりました。今後、「操作ログ」タブを参照することで、一括操作機能の処理状況などを確認できます。

  13. MT4のサポート終了はいつ?旧バージョンは段階的に利用不可に

    MT4のサポート終了はいつ?旧バージョンは段階的に利用不可に

    今回は、MT5への移行状況をメタクォーツ社の動向と、MT5の導入する海外FX業者をもとに解説していきます。

  14. MetaTrader5 新バージョン Build3310がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3310がリリース

    2022年5月27日、メタクォーツ社はMT5の新バージョンBuild3310をリリースしました。MT5のチャート上に表示される取引履歴のツールチップに、ポジションの損益情報が表示されるようになりました。

  15. MetaTrader5 新バージョン Build3300がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3300がリリース

    2022年5月20日、メタクォーツ社はMT5の新バージョンBuild3300をリリースしました。新バージョンではオブジェクト機能のアップデートが実施されています。また、画像処理速度の向上やMT5専用のプログラミング言語であるMQL5のアップデートも合わせて実施されました。

  16. MetaTrader5 新バージョン Build3280がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3280がリリース

    2022年4月29日、メタクォーツ社はMetaTrader5(MT5)の新バージョンBuild3280をリリースしました。新バージョンでは、トレーリングストップ機能のバグ修正が行われ、トレーリング幅の選択肢がメニュー欄に表示される機能が復活しました。

  17. MetaTrader5 新バージョン Build3270がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3270がリリース

    2022年4月21日、メタクォーツ社はMetaTrader5(MT5)の新バージョンBuild3270をリリースしました。新バージョンでは、Build3260で追加された一括決済機能のエラー修正、チャット機能のデザイン改善が行われました。

  18. MetaTrader5 新バージョン Build3260がリリース

    MetaTrader5 新バージョン Build3260がリリース

    メタクォーツ社はMT5の新バージョンBuild3260をリリースしました。新バージョンでは、ポジションの一括決済機能がリリースされ、MT5の弱点の1つであった決済機能が強化されました。今後、MT5では10種類以上の一括決済機能を利用することができ、ワンクリックで保有ポジションの管理ができるようになります。

表示件数:

全件数: 125 1/7

アクセスランキング

トラベルルールとは?TRUSTとSYGNAに二分される取引所に不満噴出

トラベルルールとは、取引所の顧客が仮想通貨を送金する際、送金元の取引所が送金先の取引所に一定の情報を通知するというルールです。日本でも導入され、問題点が明らかになっています。
update2023.05.22 21:00

メルカリでビットコインを買うメリットは?スプレッドは1%で手数料は無料

2023年3月9日、メルカリがビットコイン取引サービスを開始しました。約2週間で利用者数10万人を突破し、大きな話題となっています。
update2023.04.17 21:00

GEMFOREXが出金遅延の原因を公開|50億円の持ち逃げと10億円の未払いの被害も影響

海外FX業者のGEMFOREXが出金遅延問題に関する情報を更新し、2022年後半に決済代行会社による50億円の持ち逃げが発生していたことが明らかになりました。また、別の決済代行会社による10億円の未払いも発生しているようです。全額出金されるのか、ユーザーの間で不安が広がっています。
update2023.05.15 21:00

仮想通貨AZEROの将来性は?高性能ブロックチェーンAleph Zeroの特徴や利用可能なDAppを解説

AZEROはAleph Zeroが発行する独自仮想通貨です。Aleph Zeroはレイヤー1のブロックチェーンで、様々なDappsが開発されています。
update2023.04.17 20:00

Twitterから消えたGEMFOREX|出金遅延に関する通報が原因?

2023年4月27日、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の公式Twitterアカウントが、削除されました。ただし、GEMFOREXは引き続きサービスを提供している模様です。
update2023.04.28 21:00

カップウィズハンドルとは?売りでの活用例やだましへの対策も実例で解説

カップウィズハンドルとは、ローソク足が形成するチャートパターンの一種です。価格が上昇したあと、アーチ状に緩やかなカーブを描いて下落してから再上昇し、上方向にブレイクします。この記事では、チャート画像を用いながら、実際に利用したトレードを解説します。
update2023.03.23 19:30

GEMFOREXがNFT「GEM Membership Pass」の先行販売を予告

海外FX業者のGEMFOREXが、GEM Membership Passの抽選販売を実施することを発表しました。GEM Membership Passは、GEM Web3 VisionとよばれるWeb3団体が発行するメンバーシップパスで、購入するとさまざまな特典を受け取れます。
update2023.05.18 19:00

​​会員制NFTマーケットプレイスMOOARとは?登録方法やローンチパッドの仕組みを解説

MOOARは会員制NFTマーケットプレイスで、人気ゲームSTEPNの開発会社Find Satoshi Labによって開発されています。これまでのNFTマーケットプレイスにはなかった機能に加え、STEPNユーザーに特典があります。
update2022.12.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、4.5兆円相当になりました。当記事ではステーキング報酬、やり方を紹介します。
update2023.01.20 19:00

Bybitカードが日本上陸か?Bybitのデビットカードの使い道や注意点を解説

Bybitカードは大手取引所Bybitが発行する仮想通貨(暗号資産)デビットカードで、ヨーロッパで利用されています。
update2023.05.23 19:30
youtubeyoutube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

arw
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル