Select Language

FXブローカー

【SNSで話題】Exnessで入出金ができない?状況と原因を調査

【SNSで話題】Exnessで入出金ができない?状況と原因を調査

New
update2022.05.20 21:00

無制限レバレッジや仮想通貨取引で知名度がある海外FX業者Exness(エクスネス)の入金・出金の反映が遅いという投稿が相次いでいます。出金拒否を疑う声もありますが、出金ができないのは国内銀行振込を利用したユーザーに限られており、Exness側の手続き処理に問題が発生していることが原因です。このエラーについては現在Exnessが対応中で、いわゆる「出金拒否」ではありません。しかし、入金・出金できない報告が多数上がっており、不安の声もあるようです。ツイッターで話題になった、Exnessの入出金ができない状況についてMyforex編集部が調査したところ、国内銀行送金での技術的なエラー以外にもいくつかの要因が判明しました。目次[非表示]出金できないエラーが発生着金しないエラーは対応中出金申請ができないエラー入金が反映されない原因は?振込先追加で混乱も国内銀行入出金のルール指定された時間内に振込を完了する振込IDを忘れずに付けるオンラインウォレットがおすすめ出金できないエラーが発生出金できないとのツイートには、主に2種類の原因がありました。着金しないエラー出金申請ができないエラー着金しないエラーは対応中Exnessカスタマーサポートによると、正しい出金方法で申請しているにもかかわらず、ユーザー側の口座に着金されないというシステムエラーが発生していることは事実で、5月20日現在対応中とのことです。このエラーが起きた場合、取引口座に資金が戻るそうなので、着金が遅い場合は一度取引口座をご確認ください。エラーが発生した直後はライブチャットにつながりづらい状況があったようですが、現在は落ち着いています。ライブチャットサポートでは、公式ページの右下からアクセスし、AIサポートの選択肢から「ライブチャットサポートへ転送」をクリックすると、Exnessスタッフから直接サポートを受けられます。Exness公式サイトにアクセス出金申請ができないエラーツイッター上では、出金申請ができないエラーも報告されていましたが、カスタマーサポートによると、出金申請が拒否されるというエラーは確認できていないということです。出金申請エラーが発生する原因として、出金上限額を超えて申請してしまっていることが考えられます。Exnessのマイページの出金方法一覧ページには、各出金方法の上限申請額が記載されています。例えば、5月20日(執筆時点)では、国内銀行送金による出金上限額は3,700USD(約46万5,000円)までとなっています。bitwallet(ビットウォレット)では2万2,500ドル(約280万円)、STICPAYでは1万ドル(約125万円)が出金上限額となっており、それらと比較すると、国内銀行を介した出金の上限額は非常に低く設定されています。入金方法は統一するのがおすすめExnessに限らず、ブローカーの多くはマネーロンダリング対策として、入金と同じ方法で出金するというルールを設けています。XMTrading(エックスエムトレーディング)のように利益分は、銀行送金のみと厳格に定めているブローカーもあります。そのため、各ブローカーの出金ルールを事前にチェックし、できる限り1つの入金方法に統一すると、出金もスムーズに申請できるでしょう。入金が反映されない原因は?ツイッター上で「Exness 入金」と検索すると、Exness(エクスネス)に国内銀行振込による入金をしても反映されないというツイートが複数投稿されています。Myforex編集部がExnessに問い合わせたところ、入金に関しては大規模なエラーは発生していないものの、正しく処理されているとしても24時間程度かかる可能性があるとのことです。また、振込IDなどの必要情報が正しく記載されていない場合は、3~5営業日かかる可能性もあるそうです。他の海外FX業者も国内銀行振込による入金に対応していますが、早いブローカーであれば15分以内に取引口座に着金します。Exnessの国内銀行振込による入金の反映時間は、大手ブローカーにしては遅めの着金となっており、入金エラーと誤認された可能性があります。しかし、ごく少数ながら、着金反映が24時間を超えてしまうケースもあり、その場合は手動で入金反映をしてるとのことです。振込先追加で混乱もExnessは5月17日、「銀行振込によるご入金の振込先口座情報が変更されております。」と告知しました。この告知は、ユーザーから振込先銀行の変更と捉えられましたが、実際は従来の振込先の三井住友銀行に加えて住信SBI銀行を振込先として選択できるという変更でした。マイページ上からは、2種類の振込先が選択できる状況となっています。このため、どちらに振り込めばいいのかという疑問や、誤った振込先に振り込んでしまったのではないかという心配を持つ人もいて、混乱につながっていました。カスタマーサポートによると、どちらに振り込んでも問題なく反映されるとのことです。なお、マイページ上の表示は5月20日時点で下記の銀行に対応していますが、予告なく変更される場合もありますので、指定された振込先をその都度ご確認ください。マイページの表示振込先銀行Offline Bank transfer住信SBI銀行Offline Bank transfer #2三井住友銀行システム変更直後は不安定今回のExnessの振込先銀行追加では、24時間程度というExnessが公表している反映時間の目安を超えることはありませんでした。しかし、振込先に変更があった場合にトラブルが発生するケースはありますので、変更直後に確実に入金したい場合は、他の入金手段を検討するのがいいでしょう。オンラインウォレットとして人気のあるbitwallet(ビットウォレット)もシステムメンテナンスの直後、口座に資金が反映されないというエラーが発生しました。国内銀行入出金のルール今回の入出金エラーが続出している件は、振込先変更に伴うエラーの可能性もありますが、ユーザー側でも覚えておきたいルールがあります。指定された時間内に振込を完了するExnessは銀行振込による入金をする場合、平日の9時〜14時に振込を完了する必要があります。土日祝や平日の上記時間以外に振込した場合、大幅に入金が遅れたり、サポートに連絡しなければ振込処理が行われなかったりする可能性があります。他の海外FX業者では、いつ入金しても翌営業日に処理されることがほとんどですので、Exnessの仕組みは特殊といえます。この仕組みのために、入金が反映されないと誤解されるケースが相次いでいます。振込IDを忘れずに付ける振込処理をする際に、依頼人名の部分に「振込ID」を記載する必要があります。取引口座番号ではなく、振込人を特定するために必要なIDです。振込IDは振込先情報と同時に表示されます。入金処理画面の途中で表示される「インボイスID」とは異なるため注意してください。振込IDには6時間の有効期限があるため、都度確認が必要です。オンラインウォレットがおすすめExness(エクスネス)の銀行振込による入出金は、平日の9時〜14時の間に対応する必要があるなど制限があります。Exnessにスムーズに入金する方法としては、オンラインウォレットであるbitwallet(ビットウォレット)やSTICPAY(スティックペイ)がおすすめです。ツイッター上でもオンラインウォレットであれば、入出金で問題は発生していないという声が投稿されています。昼間に銀行振込処理に対応できない人や高額な入出金をするユーザーであれば、オンラインウォレットの使用がおすすめです。
Titan FX、仮想通貨5種類の追加を発表

Titan FX、仮想通貨5種類の追加を発表

update2022.05.18 21:00

取引環境で定評のある海外FX業者Titan FX(タイタンエフエックス)は2022年5月17日、新たにカルダノ(ADA、エイダコイン)やソラナ(SOL)などを含む5種類・10通貨ペアの仮想通貨(暗号資産)の提供を開始することを発表しました。いずれの銘柄もドル建てもしくは円建てで取引可能です。海外FXブローカーでも仮想通貨CFDの取り扱いが増加する傾向になっています。Titan FXは2021年6月に仮想通貨の取り扱いを開始し、仮想通貨の入出金にも対応するなど、仮想通貨ユーザーへのサービスを強化しています。目次[非表示]市場の関心が高まるアルトコインカルダノ(ADA、エイダコイン)ソラナ(SOL)ドージコイン(DOGE)アヴァランチェ(AVA)ポリゴン/マティック(MATIC)仮想通貨CFDの取引条件仮想通貨ユーザーにアピール市場の関心が高まるアルトコイン今回追加されたのは、市場の関心が高まっているアルトコインの5種類です。いずれも2022年5月の執筆時点で、時価総額ランキング20位以内で推移している人気の仮想通貨となっています。仮想通貨名特徴カルダノ(ADA、エイダコイン)ブロックチェーンでの相互運用やスマートコントラクト機能で優れているソラナ(SOL)処理速度の速さや取引コストの安さが特徴アヴァランチェ(AVA)「イーサリアム・キラー」の一角と見なされている仮想通貨ドージコイン(DOGE)ライトコイン(LTC)をベースにして誕生した仮想通貨ポリゴン/マティック(MATIC)イーサリアムのサイドチェーンとして利用される「ポリゴン」におけるガバナンストークン上記の銘柄は時価総額も比較的高く、他の主要海外FX業者でも取引が可能です。カルダノ(ADA、エイダコイン)カルダノ(ADA、エイダコイン)は、イーサリアム創設チームの一員だったチャールズ・ホスキンソン氏が提唱して開発が進められているオープンソースのブロックチェーンです。このブロックチェーンのネイティブトークンの名称はエイダコイン(ADA)ですが、ブロックチェーンの名称で「カルダノ」と呼ばれる場合もあります。カルダノは、他のブロックチェーンとの相互運用性やスマートコントラクト機能などにおいてイーサリアムよりも優位に立とうと開発がすすめられています。このようなブロックチェーンは一般的にイーサリアム・キラーと呼ばれています。イーサリアム・キラーとはイーサリアム(ETH)は、ブロックチェーンの処理能力が限定されていることに起因する障害であるスケーラビリティ問題を抱えており、手数料の高騰や取引の遅延などが発生することがあります。イーサリアム・キラーとは、イーサリアムの地位に代わる可能性がある仮想通貨銘柄の総称です。ソラナ(SOL)ソラナ(SOL)は、1秒間に5万件の取引処理が可能で、レイヤー2(メインネットの負荷を軽減するために利用される副次的なブロックチェーン)が不要な高性能なブロックチェーンとされています。また、ブリッジと呼ばれる機能を開発することで他のブロックチェーンとの相互運用性を高めており、既にイーサリアムとの互換性確立に成功しています。ブロックチェーンの相互運用性ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンは独立した技術であり、本来、異なる規格の仮想通貨に対応できません。しかし、ブロックチェーンの相互運用性が確立されれば、ブロックチェーンを超えた仮想通貨の送金やDAppの利用などが可能になり、利便性を飛躍的に向上させることができます。ソラナは最も有力なイーサリアム・キラーのひとつだと考えられており、日本市場に参入したことで話題となった大手取引所のFTXや、大手ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツなどから支援を受けています。現状、DApp開発が積極的に進められ、DeFiやNFT、ブロックチェーンゲームなどの分野で利用が拡大しています。ドージコイン(DOGE)ドージコイン(DOGE)とは、2013年12月にライトコイン(LTC)をベースにして誕生した仮想通貨です。ジョークとして作られたミームコインのため、ドージコインに特に優れた特徴はありません。むしろ、マイニング報酬の大きさをランダムに変化させようとするなど、開発者は「人々が関心を寄せないような、いかに馬鹿げた仮想通貨にできるか」に注力していました。しかし、オフィシャルのロゴのかわいらしさなどでインターネット上で人気が出ました。ミームコインとはミームコインとは、インターネットミーム(主にSNSといったインターネット上で流行した考え方やネタなど)を使った名前で、ジョークや遊びとして作られた仮想通貨全般を指します。ミームコインには、ドージコインのほか柴犬コイン(SHIB)など多数の種類があります。Twitter(ツイッター)社の買収などのニュース報道で話題となっているイーロン・マスク氏も言及した仮想通貨で、時価総額(執筆時点)は10位となっている仮想通貨です。アヴァランチェ(AVA)アヴァランチェ(AVA)は、スマートコントラクト機能を備えたプラットフォーム「アヴァランチェ(Avalanche)」で使用される仮想通貨です。その機能はイーサリアムと重なる部分が多く、また、イーサリアムよりも後に開発されて高機能であるため、「イーサリアム・キラー(イーサリアムの地位獲得を狙う存在)」の一角と見なされています。アヴァランチェは、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題が解決されているという利点があります。ポリゴン/マティック(MATIC)ポリゴン(旧マティック)はイーサリアムのスケーラビリティ問題(ブロックチェーンの処理能力の限界を迎えてしまい生じる問題)を解決するソリューションを開発することを目的としたプロジェクトです。具体的にポリゴンはイーサリアムブロックチェーンと互換性のある並列のブロックチェーン(サイドチェーン)を構築し、メインとなるブロックチェーンの処理を手助けします。ポリゴンはマティック(MATIC)と呼ばれるガバナンストークンを発行しています。マティックはポリゴンにおける取引手数料の支払いやステーキング、投票によるガバナンスに利用できます。仮想通貨CFDの取引条件Titan FX(タイタンエフエックス)は、貴金属やエネルギーなどの基本的な銘柄の他に、米国の個別株100銘柄を取り扱うなど、CFD銘柄に注力しています。仮想通貨も同様に、2021年6月に仮想通貨CFDの取り扱いを開始し、今回の追加で17種類・34ペアの取引が可能となりました。レバレッジ最大500倍仮想通貨CFD:最大20倍米個別株CFD:最大20倍銘柄数【FX/通貨ペア】:60【CFD/貴金属】:11【CFD/株価指数】:21【CFD/エネルギー】:3【CFD/仮想通貨】:34【CFD/株式】:100取引時間月~金ゼロカットシステムあり入出金ができる仮想通貨ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)テザー(USDT)ライトコイン(LTC)を含む15種類サポート対応(月曜)午前 7:00~(土曜)午前 7:00(日本時間)週末取引は提供しておらず、平日の月曜日〜金曜日まで取引が可能です。仮想通貨市場は週末も含めて取引されているため、週末の価格と週明けの価格に差が生じる「窓開け」に注意が必要です。週末直前と週明け直後は注意仮想通貨銘柄は最大20倍のレバレッジが適用されます。ただし、金曜日の閉場約1時間前、月曜日の開場約15分後までの間に限り、新規ポジションのレバレッジは5倍に制限されます。新規ポジションを保有する場合に適用され、対象時間以前に保有しているポジションは適用されません。スプレッドは仮想通貨に注力しているFXGT(エフエックスジーティー)よりも広めの水準となっていますが、それでもブローカー全体で比較すると、低めの水準といえるでしょう。当Myforexが提供しているリアルタイムスプレッドツールで、ドル建てのビットコインのスプレッドを、Titan FXのスタンダード口座、FXGTのスタンダード+口座、Exnessのスタンダード口座で比較してみます。ビットコイン(BTC)のスプレッドでは、FXGTとほぼ同水準のスプレッドを提供しています。仮想通貨ユーザーにアピール今回、Titan FX(タイタンエフエックス)は5種類の仮想通貨を新たに追加し、取引できる仮想通貨の種類は17種類となりました。仮想通貨ユーザーの注目を集める時価総額の高い銘柄を追加し、一層、Titan FXでの仮想通貨取引の幅が広がります。Titan FXは仮想通貨入金にも対応しており、種類も豊富です。現在では、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、テザー(USDT)など15種類の仮想通貨入金に対応しています。以前から取引環境で根強い人気があるTitan FXですが、仮想通貨関連のサービスを強化し、より幅広いニーズに対応しようとしています。今回の銘柄追加も、仮想通貨ユーザーの取引の幅を広げ、人気向上の追い風となりそうです。

FXブローカー

表示件数:

全件数: 468 1/24

  1. FXGT、ビットコインを対象にキャッシュバックキャンペーンを開催

    FXGT、ビットコインを対象にキャッシュバックキャンペーンを開催

    海外FX業者FXGTは、ドル建て・円建てのビットコイン通貨ペアを対象にしたキャッシュバックキャンペーンを開催中です。1回のトレードで2ロット以上の取引を完了すると、最大10ドルがキャッシュバックされます。期間中のキャッシュバック受取額の上限はありません。

  2. 【SNSで話題】FXGTで出金拒否?真相を調査

    【SNSで話題】FXGTで出金拒否?真相を調査

    海外FX業者FXGTが出金拒否を行ったという噂が、Twitterで注目を集めています。FXGT公式アカウントから詳細の問い合わせが入るとアカウント自体を削除するなど不審な点が目立つため、出金拒否の報告は虚偽なのではないかとの疑いも持たれています。

  3. easyMarkets、MT5の提供開始

    easyMarkets、MT5の提供開始

    独自路線のサービスを提供する海外FX業者easyMarketsは2022年5月11日、新しい取引プラットフォームとしてMT5を導入したことを発表しました。MT5の導入により、easyMarketsでは、オリジナルモバイルアプリを含めて5種類の取引プラットフォームでトレードが可能となります。

  4. FXGT、プロ口座とECN口座でゴールドのスプレッドを縮小と発表

    FXGT、プロ口座とECN口座でゴールドのスプレッドを縮小と発表

    海外FX業者FXGTは2022年4月29日、プロ口座、ECN口座を対象に金のスプレッドを縮小したと発表しました。ボーナスキャンペーンの対象外となっているプロ口座・ECN口座ですが、取引環境を重視するユーザーにとっては嬉しいアップデートです。

  5. HotForexがブランド名をHFMに変更

    HotForexがブランド名をHFMに変更

    海外FX業者の中でも豊富な銘柄数を取り扱っていることで知られているHotForexは2022年5月2日、ブランド名を「HFM」に変更することを発表しました。今回のブランド名変更は、FX通貨ペアにとどまらず、様々な銘柄を提供するマルチアセットブローカーであることを、より全面的にアピールするという目的があります。

  6. BigBoss、MT5リアル口座を提供&公式アプリQuick Traderをリリース

    BigBoss、MT5リアル口座を提供&公式アプリQuick Traderをリリース

    海外FX業者BigBoss(は2022年4月25日、MT5のリアル口座の提供を開始しました。同日、BigBossのオリジナル公式スマートフォンアプリ「Quick Trader(クイックトレーダー)」をリリースしました。

  7. Exnessの口座開設方法は?登録から本人確認までの流れを特集

    Exnessの口座開設方法は?登録から本人確認までの流れを特集

    無制限のレバレッジが特徴的なExness(エクスネス)は、レバレッジを利用してハイリスクハイリターンな取引を行える一方で、ゼロカットによってリスクを限定できる、ハイスペックで安心した取引を行える海外FX業者です。当記事では、Exnessの口座開設方法、本人確認の方法を詳しく解説していきます。

  8. 【海外FX業者編】海外FX業者の早朝スプレッドは?リアルタイムデータで調査

    【海外FX業者編】海外FX業者の早朝スプレッドは?リアルタイムデータで調査

    海外FX業者のスプレッドは変動制です。ブローカーや口座タイプによってスプレッドは全く異なります。また、早朝はスプレッドが広がりやすいという特徴もあります。主要海外FX業者のスタンダード口座のスプレッドをMyforexスタッフが調査しました。

  9. GEMFOREXの口座開設方法は?登録から本人確認までの流れを特集

    GEMFOREXの口座開設方法は?登録から本人確認までの流れを特集

    豪華なボーナスキャンペーン、高いレバレッジが利用可能なGEMFOREX(ゲムフォレックス)は海外FX業者の中でも特に知名度の高いブローカーです。当記事では、GEMFOREXの口座開設方法、本人確認手順を解説していきます。

  10. 【SNSで話題】「FXでの詐欺被害が増加」報道が話題! 詐欺会社の見分け方とは?

    【SNSで話題】「FXでの詐欺被害が増加」報道が話題! 詐欺会社の見分け方とは?

    4月23日にYahoo!ニュースに、FXの詐欺被害が2020年から急増しているという記事が掲載されました。詐欺被害に合わないためにも、優良なFXブローカーと詐欺ブローカーの見分け方を紹介します。

  11. HotForex、国内銀行送金が利用可能に

    HotForex、国内銀行送金が利用可能に

    海外FX業者HotForexは2022年4月6日、新たな入出金手段として国内銀行送金が利用可能になったことを発表しました。日本在住者向けのサービスで、入金してからHotForexに着金するまでの所要時間は約10分です。

  12. FXGT、PRO口座が新登場!ECN口座のアップデートも発表

    FXGT、PRO口座が新登場!ECN口座のアップデートも発表

    海外FX業者FXGTは2022年4月4日、新しい口座タイプ「PRO(プロ)口座」を発表しました。また、既存のECN口座のアップデートも同時に発表しました。ECN口座は取引手数料が見直され、従来よりも取引コストを抑えられる仕様に改善されています。プロ口座の追加により、FXGTが提供する口座タイプは6種類となります。プロ口座とECN口座は、ボーナスではなくスプレッドといった取引コストを重視するトレーダー向けといえます。

  13. 4月1日、成人年齢を18歳に引き下げ!海外FX業者に口座開設できる年齢は

    4月1日、成人年齢を18歳に引き下げ!海外FX業者に口座開設できる年齢は

    2022年4月1日、民法改正により日本では成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。日本国内では成人年齢が18歳以上となったことにより、学校に通う大学生であっても、親権者の同意を得ることなく、FX口座・証券口座の開設ができるようになります。海外FXブ業者は、口座開設年齢が18歳以上となっている場合がほとんどです。

  14. XMがGWプロモキャンペーンを開催!

    XMがGWプロモキャンペーンを開催!

    XMTradingでは、2022年4月5日から「ゴールデンウィークプロモ」を開催します。「DAZN」の3ヶ月ギフトコードが貰えるキャンペーン、100%入金ボーナスキャンペーンの2種類のキャンペーンがあります。

  15. GEMFOREXがお誕生日キャンペーンを開催!お誕生日当日に100%入金ボーナスチケットを配布

    GEMFOREXがお誕生日キャンペーンを開催!お誕生日当日に100%入金ボーナスチケットを配布

    海外FX業者GEMFOREXは2022年4月1日、ユーザーの誕生日当日に100%入金ボーナスチケットを発行するというお誕生キャンペーンについて発表しました。常時開催するボーナスキャンペーンとしては、新規口座開設ボーナス、1,000%入金ボーナスジャックポットに続く3種類目のボーナスとなります。

  16. BigBoss、MT5と公式アプリをリリースすることを発表

    BigBoss、MT5と公式アプリをリリースすることを発表

    海外FX業者BigBossは2022年3月28日、4月にMT5とBigBossの公式アプリ「BigBoss QuickOrder」をリリースすることを発表しました。MT5については4月11日にデモ口座の受付が開始され、4月25日にライブ口座の新規口座開設が申し込めるようになります。

  17. Land-FXが大幅リニューアルを発表!無制限レバレッジが利用可能に

    Land-FXが大幅リニューアルを発表!無制限レバレッジが利用可能に

    海外FX業者Land‐FXは2022年3月28日、レバレッジや口座タイプの仕様、公式サイトのデザインなどを大幅にリニューアルしたことを発表しました。今後は取引環境重視のブローカーに方針転換する姿勢を示しています。

  18. Exness、ストップロスレベルをゼロに変更

    Exness、ストップロスレベルをゼロに変更

    海外FX業者Exnessは2022年3月、取り扱う全銘柄(FX通貨ペア・貴金属・仮想通貨・エネルギー・株式・インデックス)のストップレベルをゼロに変更しました。ストップレベルゼロを導入することによって、さらにスキャルピングに取り組みやすい海外FXブローカーとなりました。

表示件数:

全件数: 468 1/24

アクセスランキング

【SNSで話題】「歩いて稼ぐ」Agletの信頼性は?海外の大手メディアの報道も調査

Agletは「第2のSTEPN」になりうるmove to earnプロジェクトだと期待されています。では、本当に期待できるでしょうか。Agletの概要や注意点、そして大手海外メディアでの報道ぶりを紹介します。
update2022.05.12 20:30

STEPNに続くか!?無料で始められる注目のMove to Earnゲーム5選

話題のSTEPNは、Move to Earn市場で大きなブームを巻き起こしています。STEPN以外にもMove to Earnゲームが続々と登場しており、中には無料で利用できるものもあります。
update2022.05.11 20:00

【最新情報】収益が毎日振り込まれる!Bybitの積立ステーキングとは?

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

【SNSで話題】ジャスミーに詐欺の疑惑で大荒れ!運営会社も反応

2022年3月、ジャスミーが詐欺であるとのSNS投稿が日本を含む世界中に拡散し、話題となりました。いったい、Jasmyに何があったのでしょうか。そして、ジャスミー開発チーム(Jasmy株式会社)はこの騒動にどのように対応したでしょうか。
update2022.03.11 21:00

Binanceが人気サッカークラブのファントークンを発行!その特徴と購入方法を解説

大手仮想通貨取引所のBinanceが2021年10月13日、イタリア・セリアAの名門サッカークラブであるラツィオのファントークンを発行することを発表しました。この記事では、ファントークンの特徴やメリット、購入方法などを解説していきます。
update2021.10.29 20:00

Bybitの国内銀行送金方法を解説

Bybit(バイビット)では、「国内銀行送金」サービスを提供しています。海外銀行送金にしか対応していない仮想通貨取引所が多い中、このようなサービスを提供していることで、入金の選択肢が広くなっています。
update2022.04.06 21:00

Bybitの二重資産マイニングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

Bybitの二重資産マイニングは、ステーキングで高利回りを期待できる一方、元本割れのリスクもあります。そこで、二重資産マイニングのメリットとデメリットを紹介します。
update2022.02.21 19:00

ステーブルコインUSTの崩壊懸念!その要因と今後の見通しは?

2022年5月8日以降、ステーブルコインUSTの価格が急落しています。1UST=1米ドルであるはずが一時的に0.3ドル付近まで下落し、その後も乱高下しています。ステーブルコインとしてのUSTの仕組みから価格変動の要因、今後の見通しなどに迫ります。
update2022.05.12 21:00

BybitがMT4に対応!取引条件の違いやMT4のメリットを解説

2022年3月31日、Bybit(バイビット)は、取引プラットフォームとしてMetaTrader4(MT4)を導入することを発表しました。MT4の利用によってBybitでの取引の幅が広がることが予想されます。
update2022.04.01 20:30

Bybitローンチプールに「FreshCut」 のコミュニティ・トークン「FCD」が登場!

2022年5月10日、Bybit(バイビット)は、ゲームコンテンツプラットフォーム「FreshCut」 のコミュニティ・トークンである『FCD』をローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。期間中のBITまたはFCDの預け入れで、FCDを受け取ることができます。
update2022.05.11 21:00
youtubeyoutube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

arw
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル