Select Language

FXブローカー

世界のFXニュース

IS6FXが2段階認証を導入

IS6FXが2段階認証を導入

New
update2021.12.07 20:30

運営会社変更によりサービス改善を目指す海外FX業者、IS6FX(アイエスシックスエフエックス)は、2021年11月19日、セキュリティ強化の一環として2段階認証を導入することを発表しました。マイページへの不正ログインを防止するためのセキュリティ強化を目的としており、メールアドレスとパスワードで行う通常のログイン認証以外に、メールアドレスへのワンタイムパスワードの送付、またはGoogle認証システムを利用した2段階認証をすることができます。この2段階認証の設定は任意になりますが、2段階認証の導入により不正ログイン防止などのセキュリティ面での強化を図ります。目次[非表示]2段階認証導入の動きが加速2段階認証とは主要海外FX業者が2段階認証を導入2段階認証の設定方法is6com時代の評判を回復できるか2段階認証導入の動きが加速近年、不正ログインが大きな問題となっており、様々なサイトが2段階認証を導入しています。海外FX業者も例外ではなく、入出金を行うマイページへのアクセスや出金などの際に2段階認証を導入するFXブローカーが増えています。2段階認証とは2段階認証とはマイページなどへのログインの際に、IDやパスワードの入力の他にメールアドレスやSMSメールに届くワンタイムコードを入力したり、アプリでの認証システムを介してログインをすることです。IS6FX(アイエスシックスエフエックス)ではマイページへログインする際に、従来のメールアドレスとパスワードの入力をした後、メールやGoogle認証システムでの2段階認証が設定できるようになっています。主要海外FX業者が2段階認証を導入2段階認証を導入することにより不正ログインなどを防止することができ、近年では多くの企業や海外FX業者が導入しています。海外FXブローカーではGEMFOREX(ゲムフォレックス)やFXGT(エフエックスジーティー)、Exness(エクスネス)などがすでに2段階認証を導入しています。主要海外FXブローカーの2段階認証の方法は以下のとおりです。各FX業者の2段階認証方法の表はこちらをご覧ください。海外FX業者名2段階認証の方法GEMFOREXGoogle認証システム、SMSFXGTGoogle認証システム、EメールExnessSMS各社、提供する2段階認証の方法は異なるものの、セキュリティ対策を重視していることが理解できます。SMSやEメールと比較すると、Google認証システムが最も安全といわれています。2段階認証の設定方法IS6FX(アイエスシックスエフエックス)の2段階認証の設定方法は以下のとおりです。手順1ログイン画面にてメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。IS6FXログイン画面へ手順2マイページ右上のアカウント名にマウスポインターを動かし、「セキュリティ設定」を選択します。手順3「セキュリティ設定」では、2段階認証の認証方法を以下の3つの中から選択できます。メールアドレスで認証Google Authenticatorで認証設定しないGoogle認証はアプリが必要Google Authenticator(Google認証)を選択した場合、お手持ちのモバイルデバイス(iOS/Android)にアプリをダウンロードする必要があります。セキュリティ強化の一環として、ログインする度に通知が行われる「ログイン通知」も設定可能です。自分がログインしたときはもちろん、第三者が不正にログインしたときも通知が届くため、迅速に対応できます。is6com時代の評判を回復できるかIS6FX(アイエスシックスエフエックス)は2020年10月12日、ITコンサルティングを行うTECワールドグループに買収され、サービス名をis6comからIS6FXへと改名してサービスを刷新しました。サービス刷新後、口座開設キャンペーンや入金ボーナスキャンペーンなどを積極的に行っており、徐々にユーザーの注目を集めています。IS6FXの前身であるis6com時代は、約定力が低いことや出金遅延などのトラブルもあったようで、ユーザーからの評判はあまりよくありませんでした。2020年にサービスを刷新してからも、約定力が弱い、スプレッドが開くという意見も散見されます。IS6FXの高額なボーナスは人気が高いため、ボーナスの水準を維持したままサービスを改善してほしいとの要望は強く、その期待に応えられるかに注目が集まります。
FXGTが貴金属CFDの最大レバレッジ1,000倍へ引き上げ

FXGTが貴金属CFDの最大レバレッジ1,000倍へ引き上げ

update2021.12.03 21:00

仮想通貨銘柄が充実していることに定評のある海外FX業者FXGT(エフエックスジーティー)が2021年11月26日、貴金属CFDであるゴールド(XAUUSD)とシルバー(XAGUSD)の最大レバレッジをFX銘柄や仮想通貨銘柄と同じ1,000倍まで引き上げることを発表しました。これまで、FXGTは貴金属CFDの最大レバレッジが200倍だったため、大幅な引き上げとなります。2021年10月には、FX銘柄が取引しやすい口座タイプであるスタンダードFX口座を新設するなど、FXGTは従来から好評を得ていた仮想通貨銘柄以外の取引条件向上に力を入れています。目次[非表示]FXGTとは3つの口座タイプで1,000倍が適用ダイナミックレバレッジ制エクイティレバレッジ制貴金属銘柄の取引条件にも期待FXGTとはFXGT(エフエックスジーティー)は、XMTrading(エックスエムトレーディング)と同じオフショア金融ライセンスであるFSA(セーシェル共和国)を保有する海外FX業者です。FXGTは、仮想通貨とFXの「ハイブリッド取引所」を自称しており、特に仮想通貨銘柄の取引条件に力を入れています。口座タイプスタンダード口座、ミニ口座、セント口座、ECN口座、スタンダードFX口座最大レバレッジ最大1,000倍取引ツールMetaTrader5(MT5)取引銘柄【FX/通貨ペア】:54、【CFD/貴金属】:2、【CFD/株価指数】:9、【CFD/エネルギー】:3、【CFD/仮想通貨】:40、【CFD/株式】:31(※)サポート対応365日24時間※口座タイプごとに異なります。法定通貨の他に、5種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、テザー、エイダコイン)での入出金に対応していることが特徴で、特に11月に始まったエイダコイン(ADA)での入出金は、海外FX業者の中でもFXGTが先行して導入したものです。FXGTがエイダコイン(ADA)での入出金に対応仮想通貨銘柄とFX通貨ペアのハイブリッド取引所として知名度が高い海外FX業者FXGT(エフエックスジーティー)は2021年11月4日、エイダコイン(ADA)の入出金に対応すると発表しました。また、FXGTは様々なボーナスやキャンペーンを定期的に行っており、新規登録で5,000円がもらえる口座開設ボーナスキャンペーンや100%入金ボーナスキャンペーンなどを開催しています。3つの口座タイプで1,000倍が適用ゴールド(XAU/USD)とシルバー(XAG/USD)の最大レバレッジ1,000倍は、スタンダードFX口座以外の3つの口座タイプで適用されます。スタンダードFX口座も従来のレバレッジ200倍から500倍に引き上げられます。表はこちらをご覧ください。口座タイプ最大レバレッジレバレッジ制ミニ口座1,000倍ダイナミックスタンダード口座1,000倍ダイナミックECN口座1,000倍ダイナミックスタンダードFX口座500倍エクイティ口座タイプミニ口座最大レバレッジレバレッジ制1,000倍ダイナミック口座タイプスタンダード口座最大レバレッジレバレッジ制1,000倍ダイナミック口座タイプECN口座最大レバレッジレバレッジ制1,000倍ダイナミック口座タイプスタンダードFX口座最大レバレッジレバレッジ制500倍エクイティFXGT(エフエックスジーティー)では、基本的なレバレッジの仕組みとして、保有ポジションの取引量によってレバレッジが変わるダイナミックレバレッジ制を採用しています。一方、スタンダードFX口座のみは証拠金残高によってレバレッジが変わるエクイティレバレッジ制を採用しています。エクイティレバレッジ制は採用する海外FX業者が多いレバレッジ制限の仕組みであり、自分がレバレッジ制限の対象になるかどうかが分かりやすいというメリットがあります。一方、ダイナミックレバレッジ制は、気付かずにレバレッジ制限を受けていたということになりかねないため、仕組みをよく理解しておく必要があります。ダイナミックレバレッジ制ダイナミックレバレッジ制は、保有ポジションの取引量が増えると、次に持つポジションからレバレッジが制限される仕組みです。レバレッジが制限される取引量は銘柄によって異なりますが、ゴールド(XAU/USD)とシルバー(XAG/USD)については以下のとおりです。取引量と最大レバレッジの表はこちらをご覧ください。取引量(ボリューム)最大レバレッジ0~20万ドル1,000倍20万~50万ドル500倍50万~100万ドル200倍100万~200万ドル100倍200万~500万ドル50倍500万ドル以上20倍取引量は、ロット数やエントリー価格、契約サイズ(コントラクトサイズ)によって求めることができます。ロット数 × 契約サイズ × エントリー価格契約サイズとは契約サイズとは、1ロット分の取引が、実際の資産に換算すると、どのくらいの量にあたるのかを示す数値です。ゴールドの場合、実際の市場では1オンス単位で売買されますが、海外FX業者などでCFD取引をする際は、100オンスなどの大きな数値が1ロットとして扱われます。CFD取引は、売買を行った差額のみをやり取りするものであり、ある程度大きな単位で取引をする必要があるためです。例えば、スタンダード口座でゴールド(XAU/USD)を5ロット、エントリー価格が1800ドルで取引した場合で考えてみます。契約サイズは100なので、以下のような取引量となります。5(ロット) ÷ 100(契約サイズ) × 1,800(エントリー価格) = 900,000(ドル)上記の例の場合、取引量は90万ドルになるため、最大レバレッジは200倍となります。契約サイズは口座タイプや銘柄によって異なり、FXGTの公式ホームページで確認できます。契約サイズを確認するエクイティレバレッジ制多くの海外FX業者で採用されている仕組みで、有効証拠金が増えると最大レバレッジが引き下げられます。レバレッジ制限の対象になるかどうかが分かりやすいというメリットがある一方で、有効証拠金の制限を超えてしまうと、既存のポジションまで一括でレバレッジが引き上げられてしまうというデメリットもあります。スタンダードFX口座のメタルCFD(貴金属)有効証拠金と最大レバレッジは以下の通りです。有効証拠金と最大レバレッジの表はこちらをご覧ください。有効証拠金最大レバレッジ5ドル~1万ドル500倍1万0001ドル~2万ドル200倍2万0001ドル~4万ドル100倍4万0001ドル~50倍スタンダードFX口座は、取引量は関係ないため、有効証拠金のみに基づいて最大レバレッジが適用されます。FXGTは最大レバレッジが1,000倍でありながらロスカット率は20%~40%と低いため、少ない資金で効率の良いトレードが可能です。貴金属銘柄の取引条件にも期待FXGT(エフエックスジーティー)のゴールド(XAU/USD)のスプレッドは現在、最もスプレッドの狭いECN口座でも2.9ドル程度となっています。このスプレッドは、ゴールドに強いExness(エクスネス)やTitan FX(タイタン FX)と比較するとやや広いものでゴールドをメインで取引するトレーダーからの評価はあまり高いものではありません。比較ウィジェットはこちらをご覧ください。レバレッジの改善で使いやすさが向上したものの、現状ではまだ仮想通貨やFX銘柄をメインに取引するトレーダー向けのブローカーといえるでしょう。しかし、FXGTによれば、貴金属銘柄のスプレッドについて今後改善する計画があるとのことで、さらなる取引条件改善にも期待が持てます。

FXブローカー

表示件数:

全件数: 108 1/6

  1. easyMarketsが新たに仮想通貨5通貨を追加

    easyMarketsが新たに仮想通貨5通貨を追加

    easyMarkets(イージーマーケッツ)は2021年11月18日 ドージコイン(DOGE)、ポリゴン/マティック(MATIC)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)、オーエムジー(OMG)の5種類の仮想通貨(暗号資産)を新たな銘柄として追加したことを発表しました。

  2. HotForexが円建て口座提供 口座開設の条件や口座タイプについて

    HotForexが円建て口座提供 口座開設の条件や口座タイプについて

    海外FX業者のHotForexが円建て口座の提供を開始しました。期待されていた円口座の提供によって、主に日本人ユーザーのメリットが大幅に上昇します。HorForexの3種類の円建て口座の特徴について詳しく解説しています。

  3. Traders Trust、キャッシュバック2倍キャンペーンを開催

    Traders Trust、キャッシュバック2倍キャンペーンを開催

    海外FX業者Traders Trustは11月22日、ブラックフライデーにちなんで、通常のVIPキャッシュバック報酬が2倍になるキャンペーンを開催すると発表しました。期間は年末までの6週間で、受け取り条件は通常のVIPキャッシュバックと同じです。

  4. easyMarketsが新たに仮想通貨6通貨を追加

    easyMarketsが新たに仮想通貨6通貨を追加

    easyMarketsは11月に新たに仮想通貨6銘柄の取り扱いを開始しました。カルダノやソラナ、ユニスワップなどの他、他のFX業者に先駆けてアルゴランドの取り扱いも開始しました。仮想通貨入金やビットコイン建て口座もあるなど仮想通貨取引の環境が整いつつあります。

  5. BigBoss、入金ボーナスキャンペーン開催

    BigBoss、入金ボーナスキャンペーン開催

    Bigbossは2021年11月15日から入金ボーナスキャンペーンを開催中です。入金額に応じてボーナスが付与され、累計8,000ドルまで受け取ることが可能です。暗号通貨で入金すると、法定通貨のボーナスレートよりも10%アップのボーナスレートで付与されます。

  6. Exnessが月間取引量1兆ドル達成

    Exnessが月間取引量1兆ドル達成

    セイシェル共和国に拠点を置く海外FXブローカー「Exness(エクスネス)」は、2021年10月の取引高が1兆ドル(約113兆円)を超えたことを発表しました。

  7. BigBossが新たに仮想通貨8通貨を追加

    BigBossが新たに仮想通貨8通貨を追加

    BigBoss(ビッグボス)は2021年10月より8種類の仮想通貨CFD銘柄を追加しました。いずれもドル建てもしくは円建てで取引可能で、BigBossで取り扱う仮想通貨CFD銘柄は、15種類・30銘柄となりました。

  8. easyMarkets、TradingViewでの取引が可能に

    easyMarkets、TradingViewでの取引が可能に

    2021年10月11日、easyMarketはTradingViewから直接取引できる機能をリリースしました。TradingViewはチャート分析ツールとして人気ですが、チャートから直接取引できるようになり、トレーダーがさらに快適な取引環境でトレードができるようになりました。

  9. FXGTがエイダコイン(ADA)での入出金に対応

    FXGTがエイダコイン(ADA)での入出金に対応

    2021年11月4日、FXGTは5種類目の仮想通貨、ADA(エイダコイン)での入出金に対応すると発表しました。FXGTは仮想通貨とFX通貨ペアに対応するハイブリッド取引所として知名度を挙げており、今回も仮想通貨ユーザーにとって画期的なサービス追加となりました。

  10. Exnessが新たに仮想通貨17種類を追加

    Exnessが新たに仮想通貨17種類を追加

    2021年10月、Exness(エクスネス)は、新たに17種類の仮想通貨CFD銘柄を追加しました。追加された銘柄は、時価総額の高い人気銘柄から、特定の分野に強みを持つ銘柄まで様々です。

  11. Exnessのレバレッジ要件が緩和 さらなるサービスの拡大へ

    Exnessのレバレッジ要件が緩和 さらなるサービスの拡大へ

    Exnessは大口顧客のレバレッジ要件を緩和し、仮想通貨やCFD銘柄でもレバレッジ枠を拡大させています。さらに、MT5でも無制限レバレッジの提供を開始するなど数々の魅力的なサービスで、トレーダーの注目を集めています。

  12. XMTrading 、CFD銘柄の最小取引単位を引き下げ

    XMTrading 、CFD銘柄の最小取引単位を引き下げ

    XMTradingは2021年10月8日、CFD銘柄のスプレッド縮小と最小取引取引(ロット数)を引き下げを発表しました。最近、急速に人気を集めているCFD銘柄を中心に取引環境を改善し、FX通貨ペアだけでなく、幅広いトレーダー層の注目を集めています。

  13. XMTrading、神戸牛が当たるお歳暮キャンペーンを実施!

    XMTrading、神戸牛が当たるお歳暮キャンペーンを実施!

    XMは10月末から11月の中旬まで神戸牛が当たるお歳暮キャンペーンを実施しています。総額100万円のキャンペーンで、抽選で10名が当選します。参加条件はハードルが低く、ほとんどのトレーダーが参加できるようになっています。

  14. Titan FXがモーリシャス金融ライセンスを取得

    Titan FXがモーリシャス金融ライセンスを取得

    バヌアツ共和国の金融ライセンスで営業しているTitan FX(タイタンエフエックス)は2021年10月25日、新たにモーリシャスの金融ライセンスを取得したと発表しました。今後、アフリカおよびアジアでの普及を目指していくとのことです。

  15. Exnessが新たに仮想通貨5種類を追加

    Exnessが新たに仮想通貨5種類を追加

    2021年9月、海外FX業者のExness(エクスネス)はCFD取引で新たに5種類の仮想通貨を採用しました。そこで、これら仮想通貨の特徴を概観するとともに、高レバレッジで取引可能なExnessの特徴やメリットを確認しましょう。

  16. Titan FXの米株CFD銘柄が続々追加!米株CFD取引のメリットとデメリット

    Titan FXの米株CFD銘柄が続々追加!米株CFD取引のメリットとデメリット

    Titan FXでは、100銘柄の米株CFDのトレードができます。Titan FXはスプレッドや約定力などの取引環境に定評のある海外FX業者です。Titan FXの米株CFD取引条件やメリットとデメリット、トレードをするときの注意点などをまとめています。

  17. Exnessがプレミアプログラムを開始

    Exnessがプレミアプログラムを開始

    海外FX業者「Exness(エクスネス)」が、大口顧客専用のプログラム「Exnessプレミア」のサービスを開始しました。まとまった資金を入金した大口顧客が受けられる限定プログラムで、一般会員には無い様々な優待サービスを受けられることができます。

  18. Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

    Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

    Titan FX(タイタンFX)は2021年7月末に仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」「UNI(ユニスワップ)」「XTZ(テゾス)」のJPY・USD建て銘柄を追加しました。TitanFXが仮想通貨の取り扱いを開始した2021年6月から、わずか1ヶ月で早くもサービスを拡大したことになります。

表示件数:

全件数: 108 1/6

アクセスランキング

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

Bybitが国内銀行振込手数料無料キャンペーンを実施

Bybit(バイビット)は11月8日より、「国内銀行振込」での日本円での仮想通貨の購入に際して手数料無料のキャンペーンを開始しました。期間限定のキャンペーンで、12月8日午後2時30分(日本時間)まで開催されるということです。
update2021.11.12 21:00

Bybitが遂に「柴犬コイン(SHIB)」の取り扱いを開始

2021年10月21日より、仮想通貨取引所Bybitのデリバティブ取引で通貨ペア「SHIB1000/USDT」の取引が開始されました。この記事では、これに加えて、柴犬コインとその他6つの新たに取り扱いが始まった通貨について解説しています。
update2021.10.28 21:00

メタバース銘柄「REAL」がBybitローンチパッドに登場!

2021年12月2日、Bybitがローンチパッド第6弾の開催を発表しました。今回のトークンは、Solana初のメタバース「Realy Metaverse」で使用されるトークン「REAL」です。
update2021.12.06 21:00

Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

2021年11月25日、Bybitがローンチパッド第5弾の開催を発表しました。今回のトークンは、分散型取引所(DEX)の「Symbiosis Finance」で使用されるSISです。
update2021.11.26 21:00

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

2021年12月2日、Bybitはシンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)を積立ステーキング(預け入れるだけで毎日仮想通貨をもらえるサービス)に採用しました。
update2021.12.07 21:00

Binanceがポルカドットのパラチェーンスロットオークションに対応

ポルカドット(DOT)がスロットオークションを開催しています。バイナンス(Binance)経由で参加するとメリットが大きいので、DOTスロットオークションとは何か、参加するにはどうすれば良いのかについて確認しましょう。
update2021.11.18 20:00

【特集】Bybitで注目のクラウドマイニングを徹底解説!

今、大手仮想通貨取引所であるBybit(バイビット)が注目されていることをご存知でしょうか。 Bybitは、2018年3月に設立された仮想通貨取引所で、日本を含め世界130ヵ国以上にサービスを展開しています。
update2021.10.20 20:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンをBybit・Gate.ioで購入する方法

「BitDAO」のガバナンストークンとして、注目を集めているBITトークンは、BybitやGate.ioなどの取引所で購入できます。
update2021.12.03 20:30
youtubeyoutube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

arw
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する