Select Language

マーケット速報


表示件数:

全件数: 440 1/22

1 2 3 4 5 next

新着ニュース

update2024.05.17 (金) 19:30
暗号資産 話題のニュース

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨(暗号資産)NOTは、Telegram(テレグラム)上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。2024年5月10日には、大手取引所のBinance(バイナンス)がローンチプールでのNOTの取り扱いを発表しており、SNS上で注目を集めています。当記事では、仮想通貨NOTの将来性やX(旧Twitter)での評判、リスクなどを解説します。目次[非表示]仮想通貨NOTがBinanceローンチプールに登場仮想通貨NOTとはTap-to-Earnの仕組みを導入運営によるシンプルな拡散戦略仮想通貨NOTの価格チャートX(旧Twitter)上での評判仮想通貨NOTの将来性大手VCによるToncoinへの戦略的投資9億人を超えるTelegramユーザー仮想通貨NOTのトークノミクス仮想通貨NOTのリスクシードタグ銘柄に該当しているミームコインである仮想通貨に不慣れなユーザーが多い可能性仮想通貨NOTの買い方BybitでNOTを購入する方法さらなるプロジェクトの拡大なるか仮想通貨NOTがBinanceローンチプールに登場2024年5月10日、大手海外取引所のBinance(バイナンス)が、ローンチプールでの仮想通貨(暗号資産)NOTの取り扱いを発表しました。画像引用:BinanceBinanceのローンチプールとは、指定の仮想通貨を預けることで特定のトークンがもらえるイベントです。NOTのローンチプールの条件は以下の通りです。期間(日本時間):2024年5月13日午前9時から3日間ステーキング可能銘柄:BNB、FDUSDトークンの最大供給量:102,719,221,714NOTローンチプールでの配布量:3,081,576,651NOT(総供給量の3%)なお、Binanceへの上場日時は2024年5月16日午後9時(日本時間)で、取引可能な通貨ペアは以下の通りです。NOT/BTCNOT/USDTNOT/BNBNOT/FDUSDNOT/TRY仮想通貨NOTとは仮想通貨(暗号資産)NOTは、Telegram上で構築されたバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。画像引用:Notcoinバイラル(viral)は「ウイルス性の」という意味を持つ言葉であり、バイラルゲームはユーザー間の口コミによって、人から人へと拡散していくゲームのことを指します。Notcoinのベータ版は2023年11月中旬にローンチされ、最初の1ヶ月で50万人のプレイヤーを獲得しました。その後、2024年1月1日に公式バージョンがリリースされると、プレイヤー数は410万人にまで増加しています。Tap-to-Earnの仕組みを導入Notcoinは、タップすることでトークンを獲得できる「Tap-to-Earn」のゲームです。画面に表示されるNotcoinのアイコンをタップすることで、新しいトークンをマイニングできます。最初は1タップあたり1Notcoinを獲得でき、ゲーム内のブースト機能を使うことで獲得効率を上げることもできます。画像引用:TON Blogまた、マイニングの他にも以下のような方法でトークンを獲得できるようです。友人をNotcoinに招待する特定のNFTを保有する提携プロジェクトを利用するToncoinのエコシステムを利用する運営によるシンプルな拡散戦略Notcoinは、公式Webサイトやホワイトペーパーなどが存在しないプロジェクトであるにもかかわらず、多数のユーザーの獲得に成功しています。その理由として、運営によるシンプルな拡散戦略があると考えられます。Notcoin運営によるバイラル戦略には、以下のような特徴があります。ゲームプレイ開始の必要要件を取り除き、Telegramユーザーが投資要件なくプレイ可能友達を招待したユーザーに報酬を与える既存のPlay to Earnゲームには、ゲームを始める段階で初期投資が必要なプロジェクトも少なくありません。Notcoinの成功からわかるように、ゲーム開始時の障害をできる限り取り除くことが、マスアダプションを達成するために有効な手段なのかもしれません。Play to EarnとはPlay to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。Play to Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども、流行しています。仮想通貨NOTの価格チャート画像引用:CoinMarketCap仮想通貨(暗号資産)NOTは、2024年5月16日の上場直後、約1.9円までの価格上昇を見せました。その後、価格は下落し、約1〜1.25円の間で推移するレンジ相場となっています。当記事執筆時点(2024年5月17日)では、約1.1円の価格帯で推移している状況です。X(旧Twitter)上での評判Notcoinは、公開されている情報が少ないためか、日本のユーザーの反応はあまり見られません。しかし、一部の日本ユーザーからは「TelegramのウォレットでTONをステーキングすれば、Notcoinを獲得できる」というような発信も見られます。Notcoinは、Telegramが開発を始めたブロックチェーン「Toncoin」をベースとしています。そのため、Toncoinや仮想通貨TONに触れているユーザーは、Notcoinに対しても関心が高い傾向があるようです。仮想通貨NOTの将来性仮想通貨(暗号資産)NOTの将来性について、以下の2つの視点から考察します。大手VCによるToncoinへの戦略的投資9億人を超えるTelegramユーザー大手VCによるToncoinへの戦略的投資2024年5月、大手仮想通貨VCのPantera Capital(パンテラ・キャピタル)は、Notcoinの基盤であるToncoinに対して、戦略的投資を行うことを公表しています。画像引用:Pantera CapitalPantera Capitalはブログの中で、Telegramは世界有数のメッセンジャーとして際立っていると評価しています。その理由として、月間アクティブユーザーが9億人を超えていることや、2024年1月には月間ダウンロード数が3,670万以上を記録したことを挙げています。大手VCがToncoinの後ろ盾につくことで、Notcoinや仮想通貨NOTにも好影響を及ぼす可能性があるかもしれません。9億人を超えるTelegramユーザーTelegramの月間アクティブユーザー数は、9億人を超えるとされています。Notcoinは、「Tap-to-Earn」の仕組みを導入し、TelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込むことを意識しています。Telegramには、膨大な数のユーザーが存在しているため、今後Notcoinのユーザー規模もさらに拡大していく可能性があります。仮想通貨NOTのトークノミクス仮想通貨(暗号資産)NOTの総供給量は102,719,221,714NOTであり、上場時にはその100%が流通する見込みです。しかし、流通量の100%が即時取引されるわけではないとされています。仮想通貨NOTの配分先と配分比率は、以下の通りです。また、リリーススケジュールは以下の通りであり、上場と同時に100%のトークンが流通するとされています。画像引用:Binance仮想通貨NOTのリスク仮想通貨(暗号資産)NOTには、以下のようなリスクがあると考えられます。シードタグ銘柄に該当しているミームコインである仮想通貨に不慣れなユーザーが多い可能性シードタグ銘柄に該当しているBinance(バイナンス)は、特定の仮想通貨をシードタグ銘柄として取り扱っています。Binanceにおけるシードタグ銘柄とは、他の上場トークンと比較しても高いボラティリティとリスクを示す銘柄のことを指します。一般的に、仮想通貨はリスクが高い投資対象とされています。その中でも、特に取り扱いに注意が必要な銘柄とされている点は、しっかり把握しておきましょう。ミームコインであるToncoinの公式ブログには、「Notcoinはミームコインである」との記載が見られます。ミームコインとはミームコインはインターネットミーム(主にSNSで流行したネタなど)を元にしており、ジョークや遊びとして作られた仮想通貨全般を指します。今後、ゲーム内で新たな使い道などが追加される可能性は否定できませんが、基本的にはネタとして楽しむ仮想通貨だと考えたほうがよいでしょう。仮想通貨に不慣れなユーザーが多い可能性Notcoinはこれまでのところ、多数のTelegramユーザーをWeb3.0の世界に引き込んでいます。しかし、Telegramユーザーであれば誰でも参加可能な仕組みであるため、多くの仮想通貨に不慣れなユーザーがNOTを保有している可能性があります。NOTの価格が下落した際などには、不慣れなユーザーによる狼狽売りが発生し、さらに価格が急落する恐れもあるかもしれません。仮想通貨NOTの買い方2024年5月17日現在、仮想通貨(暗号資産)NOTは、日本国内の取引所では取り扱われていません。そのため、取引は海外取引所で行います。各海外取引所におけるNOTの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。仮想通貨取引所現物デリバティブ(バイビット)〇〇(バイナンス)〇〇(ゲート)〇〇(メクシー)〇〇(ビンエックス)××(ビットゲット)〇〇(コインイーエックス)〇×(ズーメックス)××Bybit(バイビット)現物デリバティブ〇〇Binance(バイナンス)現物デリバティブ〇〇Gate.io(ゲート)現物デリバティブ〇〇MEXC(メクシー)現物デリバティブ〇〇BingX(ビンエックス)現物デリバティブ××Bitget(ビットゲット)現物デリバティブ〇〇CoinEX(コインイーエックス)現物デリバティブ〇×Zoomex(ズーメックス)現物デリバティブ××海外の取引所であれば、日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。BybitでNOTを購入する方法Bybitでは、3つの手順でNOTを購入できます。購入ページにアクセス購入条件を入力内容を確認して購入手順1まずは以下のリンクをクリックし、NOTの購入ページ(NOT/USDT)にアクセスします。BybitのNOT購入ページへなお、Bybitを利用するには口座を開設し、本人確認(KYC)レベル1を完了させておく必要があります。手順2ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でNOTを購入するには、以下のように操作をして「NOTを買う」をクリックします。番号項目説明1「買い」または「売り」「買い」を選びます。2注文方法成行を選びます。3注文価格購入したい数量を入力します。NOTはUSDTを支払って購入します。そのため、USDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。手順3内容を確認して「NOTを買う」をクリックします。注文は即座に確定し、購入したNOTは現物アカウント残高に反映されます。以下の記事では、買い方に関してより詳しく説明しています。有利な価格を指定する「指値」の使い方なども解説しています。さらなるプロジェクトの拡大なるかNotcoinは、「タップするだけで稼げる」「Telegramをベースとしている」などの点が特徴的なプロジェクトです。Telegramの月間アクティブユーザーは9億人を超えるとされており、彼らを巻き込むことでプロジェクトの規模が拡大する可能性があります。一方、仮想通貨NOTはミームコインとされているため、投資するにあたってはリスク面に配慮する必要があるでしょう。
update2024.05.16 (木) 20:30
FXブローカー 話題のニュース

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

豪華なボーナスで人気を集める海外FX業者のBigBoss(ビッグボス)が、デラックス口座に新機能を追加することを発表しました。デラックス口座は、レバレッジなどの条件をカスタマイズできる取引口座です。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。アップデートの内容やデラックス口座の特徴をまとめました。目次[非表示]アップデートで追加された機能ショップ機能の追加アイテム強化機能の追加デラックス口座とは条件をカスタマイズできる口座単位でのゼロカット入金ボーナスの対象豪華なボーナス・特典を提供するBigbBoss今後も強化アイテムを追加予定アップデートで追加された機能今回のアップデートでは2つの機能が追加されています。ショップ機能の追加ショップ機能は、BBP(ビッグボスポイント)やBigBoss(ビッグボス)独自の仮想通貨であるBBC(ビッグボスコイン)で、デラックス口座用の強化アイテムを購入できる機能です。アイテムを使用することで、デラックス口座のレバレッジやキャッシュバック率、ポイント付与率などを変更できます。アイテムによっては、ポイントプログラムで一定以上のステータスになるまで購入できないものもあります。アイテム強化機能の追加今回のアップデートではショップ機能も追加されました。アイテムは最大レベル5まで強化でき、レベルが上がるごとに効果も向上します。アイテムは、BBPやBBCを使用して強化します。口座内の資金を使用して強化することもでき、現在は12種類のアイテムが公開されています。アイテム効果(レベル5の時)デラックスヘッドセットレバレッジ2,222倍デラックスアーマー強制ロスカットが執行される証拠金維持率0%クリスタルシールドBBP付与率最大5%アップサイバードラゴンシールドBBP付与率最大4%アップエナジーディフェンダーBBP付与率最大3%アップゴージャスなバッグBBP付与率最大3%アップブロンズシールドBBP付与率最大2.5%アップクリスタルソード取引手数料最大8%キャッシュバックサイバードラゴンソード取引手数料最大5%キャッシュバックエナジーマグナム取引手数料最大2.6%キャッシュバックゴージャスな自撮り棒取引手数料最大2.6%キャッシュバックブロンズアックス取引手数料最大2.1%キャッシュバックアイテム効果(レベル5の時)デラックスヘッドセットレバレッジ2,222倍デラックスアーマー強制ロスカットが執行される証拠金維持率0%クリスタルシールドBBP付与率最大5%アップサイバードラゴンシールドBBP付与率最大4%アップエナジーディフェンダーBBP付与率最大3%アップゴージャスなバッグBBP付与率最大3%アップブロンズシールドBBP付与率最大2.5%アップクリスタルソード取引手数料最大8%キャッシュバックサイバードラゴンソード取引手数料最大5%キャッシュバックエナジーマグナム取引手数料最大2.6%キャッシュバックゴージャスな自撮り棒取引手数料最大2.6%キャッシュバックブロンズアックス取引手数料最大2.1%キャッシュバックアイテムを強化すると最大レバレッジの上限を拡大したり、ポイント付与率をアップできます。デラックス口座の詳細を確認デラックス口座とはデラックス口座は、取引条件をカスタマイズできる口座です。口座通貨円ドル取引銘柄通貨ペア株価指数仮想通貨エネルギー貴金属など最大レバレッジ2,222倍取引手数料往復5ドル/1ロットFXマイナー通貨ペアや株価指数、仮想通貨などの一部の銘柄には、固定レバレッジが適用されます。また、アイテムを使用していないデラックス口座の最大レバレッジは1,111倍です。アイテム不使用時には、口座残高によってレバレッジが変化します。条件をカスタマイズできるデラックス口座の最大の特徴は、条件をカスタマイズできる点です。例えば、ハイレバレッジでトレードする場合、最大レバレッジを引き上げつつ、強制ロスカットが執行される証拠金維持率を引き下げれば、多少の含み損が発生してもポジションを維持できます。自身のトレードスタイルやニーズに合わせて、アイテムを追加することで使いやすい口座にカスタマイズできるでしょう。口座単位でのゼロカットデラックス口座は他のBigBoss(ビッグボス)の口座とは異なり、口座単位のゼロカットが適用されます。そのため、万が一デラックス口座の残高がマイナスになったとしても、他の口座からマイナス分が補填されることはありません。ゼロカットとはゼロカットとは、口座残高を上回る損失が発生した場合に、FX会社が口座残高を上回る損失額部分を補填するサービスです。ゼロカットが適用されるFX会社では、顧客の口座残高がゼロ未満になることはありません。口座残高以上の資金を失うリスクがない点は、デラックス口座を使用するメリットといえるでしょう。ただし、デラックス口座には証拠金が一定水準以下になったことを通知するマージンコールがありません。ハイリスクな方法で取引する際は、こまめに証拠金維持率を確認したほうが良いでしょう。入金ボーナスの対象BigbBossでは、入金ボーナスを提供しています。従来、入金ボーナスプログラムの対象者は、新規ユーザーに限定されていました。しかし、既存ユーザーでも新しくデラックス口座を開設・入金する場合はプログラムの対象です。BigbBossの入金ボーナスは、累計入金額700ドルまでは100%、701~5,700ドルで30%、5,701~63,200ドルまで20%の付与率が適用されます。最大で13,700ドル付与されるため、海外FX業者の中でも豪華なボーナスを利用できます。豪華なボーナス・特典を提供するBigbBossBigBoss(ビッグボス)は豪華なボーナスやポイントプログラムで、ユーザーの支持を集めている海外FX業者です。口座タイプスタンダード口座プロスプレッド口座デラックス口座CRYPTOS口座最大レバレッジ2,222倍取扱銘柄【FX/通貨ペア】:45【CFD/貴金属】:3【CFD/株価指数】:7【CFD/エネルギー】:2【CFD/仮想通貨】:30取引ツールMetaTrader 4(MT4)MetaTrader 5(MT5)(*1)CRYPTOSサポート対応(平日)午前10時~深夜0時(*1)MetaTrader、MetaTrader 4、MetaTrader 5、MT4、MT5は、MetaQuotes Ltdの商標または登録商標です。なお、上記は2024年5月15日時点の情報です。BigBossの最新情報に関しては以下をご参照ください。参照:BigBoss(ビッグボス)BigbBossでは最大13,700が付与される入金ボーナスを提供しているほか、ボーナスや現金に交換できるポイントプログラムを運営しています。加えて、独自に発行している仮想通貨のBigbBossコインを、一定量保有するユーザーにはレバレッジ制限の緩和やボーナス付与などの特典が適用されます。そのため、BigbBossは海外FX業者ならではの豪華なボーナスや特典を活用しながらトレードしたい方に向いているブローカーといえます。一方で、取引コストはやや高めになっているため、スプレッドや取引手数料を重視する場合は、他のブローカーも検討したほうが良いでしょう。今後も強化アイテムを追加予定BigBoss(ビッグボス)は今後も継続的に、デラックス口座のアイテムを追加する方針を示しています。よって、今後はレバレッジやポイント・キャッシュバック率以外にも、特典を受けられるようになる可能性があります。アイテムを入手しなければ特典を受けられないという難点はあるものの、条件をトレードスタイルに合わせてカスタマイズしたり、既存ユーザーでもボーナスを受け取れる点は、他の口座にはないメリットです。BigbBossユーザーは、定期的にアップデートがないか確認すると良いでしょう。
update2024.05.16 (木) 20:00
FXブローカー 話題のニュース

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

豊富な銘柄数で注目を集める海外FX業者のXS.com(エックスエス)が、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。対象口座に3万円を入金して、一定以上取引すると3,000円がキャッシュバックされます。今回のキャンペーンでは対象銘柄や取引ロット数など、細かな条件が設定されているほか、禁止事項も定められています。XS.comを利用中の方や口座開設を検討している方は、詳細を確認しておきましょう。目次[非表示]3,000円キャッシュバックキャンペーンの概要スタンダード口座に3万円以上入金FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引キャッシュバックキャンペーンの注意点幅広いニーズに対応するXS.comFX・ゴールドを取引している方は参加を検討3,000円キャッシュバックキャンペーンの概要3,000円キャッシュバックキャンペーンの開催期間は、2024年5月13日から6月1日までです。期間2024年5月13日(月)午前6時00分~6月1日(土)午前6時00分(日本時間)対象ユーザー新規・既存ユーザー対象口座スタンダード口座対象銘柄FXメジャー通貨ペアゴールドキャッシュバック額3,000円条件3万円か200ドル以上入金2ロット以上取引5ポジション以上決済キャンペーンの詳細を確認新規・既存ユーザーの両方が対象で、条件をクリアするとウォレットに3,000円が入金されます。キャッシュバックを受け取るには、新規入金と一定以上の取引が必要です。条件を満たした時点で、自動的にキャッシュバックが実施されます。スタンダード口座に3万円以上入金キャッシュバックの対象となるには、キャンペーン期間中にスタンダード口座へ新規で入金する必要があります。日本円で入金する場合は3万円以上、米ドルで入金する場合は200ドル以上入金しなければなりません。新規でXS.com(エックスエス)を利用する方は、入金する前にプロフィール認証・口座開設を済ませておきましょう。FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引入金後はキャンペーン終了日までに、対象銘柄を2ロット以上取引します。キャンペーンの対象となるのは、FXメジャー通貨ペアとゴールドです。また、期間中に5ポジション以上決済しなければ、キャッシュバックの対象外となります。そのため、少なくとも5回は取引しなければなりません。キャンペーン終了日までに5つのポジションを決済しておきましょう。キャッシュバックキャンペーンの注意点今回のキャンペーンでは、いくつか禁止事項が定められています。禁止事項に抵触するとキャッシュバックの対象外となる可能性があるので注意しましょう。複数の参加者による両建ては禁止複数のメールアドレスを使用した口座間両建ては禁止条件を満たす前に出金すると対象外1ユーザーにつき1回のみ参加可能複数のユーザーによる両建て取引は禁止されています。また、別々のメールアドレスを使用して開設した複数の口座を用いた両建ても禁止です。両建てとは両建てとは、FX取引において同じ通貨ペアで買いと売りのポジションを同時に保有することです。買いと売りのどちらかのポジションで利益が出ているときに、もう片方のポジションでは損失が出るため、ロット数が同じであれば収支は相殺されます。キャンペーンの条件を満たす前に出金すると、キャッシュバックの対象外となります。出金する場合は、ウォレットにキャッシュバックが反映されたことを確認した後にしましょう。キャンペーンに参加できる回数は、1ユーザーにつき1回までとなっています。そのため、キャッシュバックを受け取った後に再度入金して、再びロット数の条件を満たしても対象外となります。幅広いニーズに対応するXS.comXS.com(エックスエス)は、豊富な銘柄数と多彩な口座タイプで注目を集める海外FX業者です。口座タイプセント口座スタンダード口座エリート口座プロ口座VIP口座エクストラ口座クラシック口座最大レバレッジ2,000倍取扱銘柄【FX/通貨ペア】:42【CFD/貴金属】:6【CFD/株価指数】:11【CFD/エネルギー】:3【CFD/仮想通貨】:8【CFD/株式】:694【CFD/先物】:9取引プラットフォームMetaTrader 4(MT4)(*1)MetaTrader 5(MT5)(*1)MetaTrader、MetaTrader 4、MetaTrader 5、MT4、MT5は、MetaQuotes Ltdの商標または登録商標です。なお、上記は2024年5月14日時点の情報です。XS.comの最新情報に関しては以下をご参照ください。参照:XS.com(エックスエス)FXや貴金属はもちろん、先物や仮想通貨銘柄も取り扱っています。個別株は約700種類を扱っており、業界内でも有数の銘柄数を誇ります。FXだけではなく、CFD銘柄も幅広く取引したい方に向いているブローカーといえるでしょう。加えて、少額取引用の口座から上級者向けの口座まで、全7種類の口座タイプを提供しています。ニーズや資金量に合わせた口座を選べる点もXS.comの特徴です。FX・ゴールドを取引している方は参加を検討FXやゴールドをメインに取引している方は、3,000円キャッシュバックキャンペーンへの参加を検討すると良いでしょう。普段から1週間で1ロット以上取引しているトレーダーであれば、3万円を入金していつも通り取引するだけでキャッシュバックを受け取れます。また、XS.com(エックスエス)では、狭いスプレッドとハイレバレッジでの取引が可能です。取引環境が優れているブローカーをお探しの方は、キャンペーンのタイミングに合わせて、利用を検討してみるのも良いかもしれません。
update2024.05.16 (木) 19:45
暗号資産 話題のニュース

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。目次[非表示]AptosとはAptosのステーキングの仕組みAPTをステーキングする方法バリデーターになるデリゲーターになるリキッドステーキングを行う取引所のステーキングサービスを利用するAPTのステーキング利率ステーキングする上でのリスクロック期間中は引き出せないカウンターパーティーリスクデペッグリスクAPTのステーキングのやり方長期保有ならステーキングで運用Aptosとは画像引用:AptosAptos(アプトス)は、2022年10月にメインネットがローンチされたレイヤー1ブロックチェーンです。Meta(旧Facebook)の仮想通貨(暗号資産)プロジェクト「Diem(ディエム)」の開発チームに所属していた、エイブリー・チン氏とモー・シャイフ氏が手がけていることなどから、注目されています。DiemとはDiemは、元々、Libra(リブラ)という名称でスタートしたプロジェクトです。独自ステーブルコインを軸に、決済システムなどのインフラ開発を目的としていました。法定通貨に代わる存在となることが期待されていましたが、各国規制当局から批判を受け、開発を断念しました。Aptosには、Diemで開発された独自のプログラミング言語「Move(ムーヴ)」が採用され、安全性やスケーラビリティに優れている点が特徴です。Web3.0に対応するDApps(分散型アプリ)のインフラ機能提供を目的としており、Diemの技術を核に、イーサリアムを代替するプラットフォームとしての地位を狙っています。DAppsとはDAppsとは「Decentralized Applications」の略称で、管理者がいなくても自律的に行動を行う非中央集権のアプリケーション(分散型アプリケーション)を指します。分散管理されていることでサーバーダウンによるサービス停止が少ないという特徴があります。Aptosの独自仮想通貨APTは、ガバナンストークンとしての機能するほか、取引手数料(ガス代)やステーキング報酬の支払いなどにも使われます。ガバナンストークンとはガバナンストークンとは、DeFi(分散型金融)のサービスにおいて、プロジェクトの新しい機能の追加・削除・変更や、開発などの方針の提案(投票)を行う権利を持つトークンのことです。ガバナンストークンを多くの利用者に配ることは、プロジェクトの分散化を目的としており、保有者はDeFiサービスの運用に関わることができます。Aptosのステーキングの仕組みステーキングとは、仮想通貨(暗号資産)を保有することでブロックチェーンネットワークの安定稼働に貢献し、その対価として報酬を受け取る仕組みです。ステーキングは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)や、そこから派生したコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨で行えます。コンセンサスアルゴリズムとはコンセンサスアルゴリズムはブロックを生成するためのルールで、管理者がいないブロックチェーンから不正を排除しながら、システム全体を稼働させる役割を担っています。コンセンサスアルゴリズムには、PoWやPoSなどをはじめとした複数の種類が存在し、それぞれに長所や短所があります。PoSとはPoSはブロック生成ルールの1つです。ビットコイン(BTC)などが採用するPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と比較して、電力消費が少ない点や拡張性が高い点などで注目されています。Aptos(アプトス)はPoSを採用しているため、一定以上のAPTをステーキングしてブロックチェーンネットワークに貢献したバリデーターはステーキング報酬を受け取ることが可能です。バリデーターとは一般的な意味でのバリデーターとは、ブロックチェーンのブロック生成やトランザクション(取引)データの内容が正しいのかを検証し承認するノード(端末)のことを指します。主にコンセンサスアルゴリズムにPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用する仮想通貨で採用されており、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)でマイニングを行うマイナーと同様の役割を担っています。また、AptosではPoSのほかにAptos BFTという独自のコンセンサスアルゴリズムも採用しています。Aptos BFTは、ノード間の連携を簡素化することで、ブロックチェーンの合意形成にかかる処理時間を短縮する役割を担っています。ノードとはノードとはブロックチェーンのネットワークを構成するコンピュータを指し、パソコンやスマホなどを含みます。ブロックチェーンを稼働させるために、ブロックの検証だけでなく取引情報の記録や情報伝達などの機能を提供します。APTをステーキングする方法APTをステーキングする方法には、主に以下の4つがあります。バリデーターになるデリゲーターになるリキッドステーキングを行う取引所のステーキングサービスを利用するそれぞれの方法を紹介します。バリデーターになるバリデーターとして、APTをネットワークに預け入れてトランザクションの検証作業に貢献することで、ステーキング報酬を得られます。ただし、バリデーターになるには最低100万APT(2024年5月9日時点で約13億円)を保有している必要があります。そのため、大半の個人ユーザーにとって、バリデーターになる方法は現実的に難しいでしょう。デリゲーターになるバリデーターになるのが難しい場合、バリデーターにステーキングを委任するデリゲーターになる方法もあります。信頼できるバリデーターに権利を委任することで、自身がバリデーターにならなくてもステーキング報酬を獲得することが可能です。デリゲートステーキングへの参加には、Aptos(アプトス)が提供する「Aptos Explorer」で直接ステーキングするほか、Aptosのパートナーが提供する以下のようなサービスを利用する方法があります。Fewcha WalletPontem NetworkNodes Guruデリゲーターの最小ステーキング数は11APT(2024年4月2日時点で約2万5,000円)となっており、個人でも参加しやすいでしょう。なお、バリデーターはデリゲーターから受け取る委任手数料率を自由に設定することが可能です。たとえば、手数料率が10%の場合、デリゲーターはバリデーターに対してステーキング報酬から10%を支払う必要があります。リキッドステーキングを行うリキッドステーキングを利用して高利回りを狙う方法もあります。リキッドステーキングとはリキッドステーキングとはその名前のとおり「流動性のあるステーキング」です。通常のステーキングでは、預け入れた仮想通貨がロックされる一方、リキッドステーキングでは、それと等価のリキッドステーキングトークンの現金化や送金、運用などができます。ユーザーはAPTを預け入れることで、APTと連動するリキッドステーキングトークンを受け取れます。この仕組みにより、ステーキング報酬を得るだけでなく、受け取ったリキッドステーキングトークンを売買したりDeFiで運用したりして利益を得ることも可能です。APTの代表的なリキッドステーキングプロトコルとして「Amnis Finance」が挙げられます。Amnis Financeでは、APTを預け入れるとamAPTがミントされます。さらに、amAPTをステーキングすると、ステーキング利回りに加えてリキッドステーキングトークンのstAPTを受け取れます。取引所のステーキングサービスを利用するAptosのブロックチェーンに預け入れる方法のほかに、仮想通貨(暗号資産)取引所のステーキングサービスを利用する方法もあります。APTのステーキングサービスを提供している取引所で預け入れるだけなので、初心者でも手軽にステーキングが可能です。ステーキングサービスは海外取引所のほうが充実しており、中でも日本語対応が充実しているBybit(バイビット)が使いやすいでしょう。国内取引所では、2024年2月からOKCoin Japanが国内初となるAPTの取り扱いを開始し、4月にステーキングサービスを開始しました。海外取引所の利用に不安がある方は、暗号資産交換業者として金融庁に登録している国内取引所を利用すると安心でしょう。APTのステーキング利率当記事執筆時点(2024年5月9日)における、仮想通貨(暗号資産)取引所やリキッドステーキング、バリデート、デリゲートの利率は以下のとおりです。名称年率Bybit積立:1.00%Bitget5.70%OKCoin Japanフレキシブル:2.28%定期(30日):4.28%定期(60日):6.28%(*1)Amnis Finance9.77%バリデート7.00%デリゲート6.30%(*2)(*1)2024年5月9日現在、申請上限に到達しています。(*1)バリデートの利率が7.00%、委任手数料率が10%と仮定した場合上記のとおり、利用するステーキング方法や取引所によって利率は大きく変わります。この中で、もっとも利率が高いのはリキッドステーキングのAmnis Financeで、9.77%となっています。受け取ったリキッドステーキングトークンを運用すれば、さらなる利回りの上乗せも可能です。続いて、バリデートの7.00%、デリゲートの6.30%と続きます。これらの方法は利率の高さが魅力ですが、ウォレットを使ってブロックチェーンに預け入れる必要があるため、初級者にはややハードルが高い方法といえるでしょう。より手軽にステーキングするなら、利率はやや下がるものの、取引所の利用が便利です。取引所の中では、国内取引所のOKCoin Japanが高い利率を提供しています。フレキシブルは自由に引き出しが可能です。一方、定期はロック期間がある代わりに利率が高く設定されています。高い利回りを狙いたい人はリキッドステーキング、手軽にステーキングしたい人は取引所のステーキングサービスを検討してみてはいかがでしょうか。ステーキングする上でのリスクステーキングは、預け入れるだけで利益が得られる一方、以下のようなリスクがある点には注意が必要です。ロック期間中は引き出せないカウンターパーティーリスクデペッグリスクそれぞれのリスクについて詳しく見ていきましょう。ロック期間中は引き出せないステーキングサービスの中にはロック期間が定められているものがあり、期間中は仮想通貨(暗号資産)を引き出せません。そのため、ロック期間中に仮想通貨の価格が大きく動いて損切りや利益確定したいと思っても、すぐに対処できない可能性があります。このようなリスクを避けつつ、それでもステーキングを行いたい場合は、ステーキングの最低期間が定められていないステーキングサービスを利用すると良いでしょう。カウンターパーティーリスク中央集権取引所が提供するステーキングサービスを使う場合、カウンターパーティーリスクにも注意が必要です。カウンターパーティーとは「取引相手」を意味します。カウンターパーティーリスクとは取引相手(カウンターパーティー)の債務不履行や詐欺などのリスクを指します。FTXの経営破綻以降、中央集権型取引所などのカウンターパーティーリスクへの警戒感が高まっています。ステーキング後に取引所の経営に問題が生じた場合、損失を被る可能性があることを理解しておきましょう。デペッグリスクリキッドステーキングを行う場合、デペッグリスクにも注意する必要があります。通常、リキッドステーキングトークンはネイティブトークンと1:1の価格になる設計です。しかし、売り圧力の上昇などを理由にリキッドステーキングトークンの価値が下落し、価格の乖離(デペッグ)が発生することがあります。リキッドステーキングトークンが大きく下落しているときに売却すると、そのままネイティブトークンを保有していた場合に比べて損失が発生します。しかし、ステーキング終了時までリキッドステーキングトークンを保有すれば、損することなく預け入れた仮想通貨を取り戻すことは可能です。そのため、そこまで気にすることのないリスクなのかもしれません。APTのステーキングのやり方日本語対応が充実していて使いやすい、Bybit(バイビット)でのステーキングのやり方を解説します。手順1Bybit(バイビット)の公式ページにアクセスします。Bybitの公式ページへ手順2「ファイナンス」の中の「資産運用」にカーソルを合わせ、表示される「Bybitステーキング」をクリックします。手順3Bybitステーキングの画面を下にスクロールします。提供されている銘柄の中から、APTの「ステーキングする」ボタンをクリックします。手順4「金額」欄にステーキングしたい金額を入力し、サービス規約に同意(チェック)の上、「ステーキングする」を押せばステーキング完了です。「資金調達アカウント」に残高が必要ステーキングに参加するには、資金調達アカウント内に資金が必要です。現物アカウントやデリバティブアカウントから振替で入金できます。長期保有ならステーキングで運用APTは、Aptos(アプトス)のブロックチェーンや取引所にステーキングすることで、安定的な利回りを獲得できます。特にAPTを長期的に保有をお考えなら、短期の値動きは気にせずステーキングすることで、効率的な資産運用が可能です。APTのステーキングにはバリデーター・デリゲーター・リキッドステーキング・取引所のサービスなど複数の種類があります。それぞれの仕組みや利率、リスクをよく理解して、自分に合った方法で運用をはじめてみてはいかがでしょうか。
新着ニュース一覧
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル