Select Language

話題のニュース

本日(06/14) の話題のニュース

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

update2024.06.14 20:30

2024年6月13日、Bybit(バイビット)はPirate Nationの独自トークンであるPIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。ローンチプールは、特定の仮想通貨(暗号資産)を預け入れることで、新規上場トークンが毎日無料で配布されるBybitのサービスです。PIRATEのローンチプールでは、PIRATE、MNT、USDTを預け入れた利用者が総額1,000万PIRATEの報酬を山分けすることになります。開催期間は、2024年6月13日午後1時から6月20日午後1時(日本時間)となっています。目次[非表示]仮想通貨PIRATEとはブロックチェーンゲーム企業のProof of Playが開発仮想通貨PIRATEの使い道ステーキングジェムの購入ローンチプールとは?ローンチプールの詳細配当付与のタイミング利回りの計算方法Bybitローンチプールの参加方法BybitでPIRATEを購入する方法無料で新規上場通貨を獲得できる仮想通貨PIRATEとは仮想通貨(暗号資産)PIRATEは、ブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」の独自トークンです。Pirate Nationのエコシステム内で様々な役割を持つ、ユーティリティトークンとして機能します。画像引用:Pirate NationPirate Nationは、海賊をテーマとしたブロックチェーンゲーム(BCG)です。ゲームスタジオのProof of Playによる独自ブロックチェーン「Apex chain」上で開発されており、フルオンチェーンのBCGとしても知られています。ゲーム自体はロールプレイング形式(RPG)となっており、プレイヤーは海賊を集めて冒険に送り出し、宝物やクラフト用の材料、金などを集めたり、敵とバトルしたりして遊びます。海賊は冒険を通して経験を積むことで、レベルアップしていく仕組みだとされています。画像引用:Pirate Nationブロックチェーンゲーム企業のProof of Playが開発Pirate Nationは、ブロックチェーンゲーム企業のProof of Playによって開発されています。Proof of Playは、ベテランのゲーム開発チームであり、ZyngaやEpic Games、Electronic Artsなど有名ゲーム企業に所属していたメンバーで構成されているようです。2023年9月には、a16zなどの有名VCから3,300万ドルの資金調達を発表しており、Proof of Playには強力な後ろ盾があることがわかります。仮想通貨PIRATEの使い道仮想通貨(暗号資産)PIRATEの使い道として、以下が挙げられます。ステーキングジェムの購入ステーキングPIRATEホルダーは、保有しているPIRATEをステーキングして、Proof of Playポイントを獲得できます。Proof of Playポイントは、エコシステム参加者への新しい報酬システムであり、ポイントを貯めることで特典が得られると考えられます。ジェムの購入ジェムとは、Pirate Nationのゲーム内通貨であり、PIRATEを使って購入できます。プレイヤーは、ジェムで追加エネルギーを購入したり、一部のクエストなどで必要なアイテムを補充したりできます。ローンチプールとは?Bybitローンチプールは、Bybit(バイビット)が提供するステーキングサービスです。指定された仮想通貨(暗号資産)を預け入れると、新規発行されるトークンが無料でもらえます。また、預け入れた仮想通貨はいつでも自由に引き出せ、キャンペーン終了後は全額ウォレットに戻すことができますので、リスクなく参加できます。 ローンチプールの詳細今回のPIRATEのローンチプールでは、PIRATEプール、MNTプール、USDTプールが用意されています。PIRATEプールにはPIRATE、MNTプールにはMNT、USDTプールにはUSDTを預け入れることで参加可能です。なお、預け入れた仮想通貨はいつでも払い戻すことができます。PIRATEプールの詳細は以下の通りです。賞金総額300万 PIRATE預け入れ資産PIRATE期間2024年6月13日午後1時〜6月20日午後1時(日本時間)参加条件・PIRATEの保有・KYC(本人確認)レベル1MNTプールの詳細は以下の通りです。賞金総額200万 PIRATE預け入れ資産MNT期間2024年6月13日午後1時〜6月20日午後1時(日本時間)参加条件・MNTの保有・KYC(本人確認)レベル1USDTプールの詳細は以下の通りです。賞金総額500万 PIRATE預け入れ資産USDT期間2024年6月13日午後1時〜6月20日午後1時(日本時間)参加条件・USDTの保有・KYC(本人確認)レベル12023年5月8日以降、Bybitでは入金や取引、資産運用サービスなどの利用には、本人確認(KYCレベル1)が必須となりました。ローンチプールに参加するためにも、事前にKYCレベル1を完了させておきましょう。 配当付与のタイミングローンチプールの計測は預け入れたタイミングではなく、日本時間朝9時から始まります。さらにその翌日の朝9時に配当が付与されます。朝9時以降に預け入れた場合、配当付与は翌々日になるということですね。預け入れた通貨はいつでも引き出し可能ですが、引き出した日から配当を受けられなくなりますので注意が必要です。利回りの計算方法ローンチプールの利回りは、「自分が預けた通貨数量」と「全参加者が預け入れた通貨総数」と「報酬総額」によって決定します。参加者が預け入れた総数が多ければ多いほど年間利回りは低くなる仕様であり、一定の利回りを貰い続けられるわけではありません。具体的な利回りの計算方法は、以下のようになります。PIRATEプールの報酬 = (自分が預け入れたPIRATE数量 ÷ 全参加者が預け入れたPIRATE総数) × PIRATEプールの賞金総額MNTプールの報酬 = (自分が預け入れたMNT数量 ÷ 全参加者が預け入れたMNT総数) × MNTプールの賞金総額USDTプールの報酬 = (自分が預け入れたUSDT数量 ÷ 全参加者が預け入れたUSDT総数) × USDTプールの賞金総額Bybitローンチプールの参加方法手順1以下のリンクをクリックし、ローンチプールのぺージを開きます。Bybitローンチプールのページへ手順2ローンチプールのページにアクセスしたら、まずは「参加登録」ボタンをクリックします。手順3参加登録が完了したら、「確認」ボタンをクリックします。手順4「PIRATEプール」「MNTプール」「USDTプール」の枠内にある、「ステーキングして獲得しよう」と表示されたボタンをクリックします。手順5ステーキングする数量を入力します。その後、「私はローンチプール利用規約を読み、内容に同意しました。」のチェックボックスにチェックを入れ、「確定」ボタンをクリックします。手順6ステーキングが完了したら、「ステーキング完了」というメッセージが表示されます。これで、Bybitローンチプールでのステーキングは完了です。ステーキング状況を確認したい場合は、「注文を確認」ボタンをクリックします。その後、ローンチプールでのステーキング履歴を確認できる専用ページに遷移します。BybitでPIRATEを購入する方法Bybit(バイビット)では、3つの手順でPIRATEを購入できます。購入ページにアクセス購入条件を入力内容を確認して購入手順1まずは以下のリンクをクリックし、PIRATEの購入ページ(PIRATE/USDT)にアクセスします。BybitのPIRATE購入ページへ手順2ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でPIRATEを購入するには、以下のように操作をして「PIRATEを買う」をクリックします。番号項目説明1「買い」または「売り」通貨ペアの左の通貨を買って右の通貨を売るなら「買い」、左の通貨を売って右の通貨を買うなら「売り」を選びます。2注文方法成行を選びます。3注文価格購入したい数量を入力します。PIRATEはUSDTを支払って購入します。そのため、USDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。 手順3内容を確認して「PIRATEを買う」をクリックします。注文は即座に確定し、購入したPIRATEは現物アカウント残高に反映されます。以下の記事では、買い方に関してより詳しく説明しています。有利な価格を指定する「指値」の使い方なども解説しています。 無料で新規上場通貨を獲得できるBybit(バイビット)のローンチプールは、新規上場通貨を無料で獲得できるイベントのため人気があります。参加するにはトークンの預け入れが必要となりますが、預け入れた仮想通貨はいつでも払戻しが可能です。そのため、ウォレットに保有するのと同じような感覚で利用できます。ローンチプールは期間限定のイベントなので、開催期間中は上手に活用したいですね。
Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

update2024.06.14 20:00

Babylon(バビロン)はビットコイン(BTC)のステーキングプロトコルです。ビットコインホルダーは、Babylonでステーキングを行い報酬を得ることができます。2024年5月30日、Babylonの運営チームが7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで、SNS上で注目が集まっています。当記事では、Babylonの特徴や将来性、X(旧Twitter)での評判などを解説します。目次[非表示]Babylonとはビットコインをステーキングできるステーキング報酬としてアルトコインを獲得PoSチェーンのセキュリティを強化X(旧Twitter)での評判Babylonの将来性Binance Labsなどから合計約1億ドルを調達研究者を含む精鋭揃いの運営チームテストネットでは2万人以上が参加85のプロジェクトと提携Babylonの特徴ビットコインの没収による不正防止機能ステーキングの柔軟性リステーキングも開発中Babylonのリスクビットコインステーキングの開拓者となるかBabylonとは画像引用:BabylonBabylonは、ビットコインのステーキングプロトコルです。保有するビットコインを積極的に運用し、報酬を得たいユーザー向けのプラットフォームだといえるでしょう。ビットコインをステーキングできるBabylonでは、保有するビットコインをステーキングすることができます。ビットコインは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のブロックチェーンです。そのため、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)のイーサリアム(ETH)などとは異なり、ビットコインは基本的にステーキングができません。Babylonはこの課題を解決するため、ビットコイン向けのステーキングプロトコルを開発しています。ビットコインホルダーはBabylonにビットコインを預けることで、ステーキング報酬を獲得できます。ステーキング報酬としてアルトコインを獲得画像引用:BabylonBabylonでビットコインをステーキングすると、どのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)チェーンに預けるかを選択できます。そして、預け先のPoSチェーンからステーキング報酬としてアルトコインを受け取れます。当記事執筆時点(2024年6月10日)でBabylonのメインネットはローンチされておらず、テストネットを実施中です。ステーキングで受け取れる報酬の銘柄や利率は明かされていないため、続報に期待しましょう。PoSチェーンのセキュリティを強化Babylonは、ビットコインのステーキングプロトコルであると同時に、セキュリティ共有プロトコルでもあります。ユーザーから預かったビットコインを活用し、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)チェーンのセキュリティを強化します。画像引用:BabylonPoSのブロックチェーンでは、セキュリティを維持するために莫大な資本が必要です。一方で、世界最大の時価総額を誇るビットコインは、そのほとんどが遊休状態にあり活用されていないのが実情です。BabylonはビットコインをPoSチェーン向けにステーキング可能にすることで、ビットコインホルダーがPoSチェーンのセキュリティ維持に貢献できるようにします。X(旧Twitter)での評判ビットコインのステーキングプロトコルBabylonは、2024年5月に資金調達を発表したこともあり、X(旧Twitter)上で話題となっています。中には「BabylonなどのビットコインDeFiは今後数ヶ月間、魅力的なナラティブ(物語)となるだろう」と期待するユーザーも見受けられました。Babylonの将来性Babylonの将来性に関して、以下の4点を踏まえて考察します。Binance Labsなどから合計約1億ドルを調達研究者を含む精鋭揃いの運営チームテストネットでは2万人以上が参加85のプロジェクトと提携Binance Labsなどから合計約1億ドルを調達画像引用:Babylon2024年5月30日にBabylonの運営チームは、7,000万ドルの資金調達を行ったことを発表しました。ParadigmやPolychainなど仮想通貨(暗号資産)業界で有名なベンチャーキャピタルが出資したようです。またBabylonは、2024年2月にBinance Labsからも出資を受けています。大手取引所Binance(バイナンス)の共同創業者であるYi He氏は「ビットコインのステーキングは業界にとって重要なユースケースの導入である」とコメントしています。画像引用:Binance当記事執筆時点(2024年6月10日)で、Babylonの累計調達金額は1億ドルを超えています。仮想通貨関連のスタートアップのなかでも、非常に規模の大きいプロジェクトであることがわかります。研究者を含む精鋭揃いの運営チームBabylonの共同創業者であるDavid Tse氏は、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得し、カリフォルニア大学バークレー校で長年教授を務めた研究者です。現在はスタンフォード大学で教授を務めながら、Babylonの運営に携わっています。同じく共同創業者のFisher Yu氏は、南カリフォルニア大学でブロックチェーンの研究を行っていました。テストネットでは2万人以上が参加画像引用:BabylonBabylonは2024年6月に「テストネット4」を実施しました。このテストネットでは、約2万8,000人のユーザーがビットコインのステーキングに参加したようです。これからBabylonがメインネットに移行することで、より多くのユーザーがビットコインのステーキングに参加することが予想されます。85のプロジェクトと提携Babylonはビットコインを活用して、様々な分散型プロジェクトのセキュリティ維持に貢献する予定です。当記事執筆時点(2024年6月10日)で、Babylonはすでに85のプロジェクトと提携しています。画像引用:Babylon具体的な提携先のプロジェクトとして、ブロックチェーンの相互運用を可能にするCosmos Hubや、金融業界向けレイヤー1のInjective、仮想通貨ハードウェアウォレットのLedgerなどが挙げられます。Babylonの特徴Babylonには、以下のような特徴があります。ビットコインの没収による不正防止機能ステーキングの柔軟性リステーキングも開発中ビットコインの没収による不正防止機能Babylonでは、PoSチェーンを攻撃したステーカーのビットコインをスラッシュ(没収)する仕組みを導入することで、不正行為を防止しています。一般的に、PoSチェーンにおけるステーキングでは、ステーカーが不正を働いた場合、預けている資産の一部が没収されます。そしてこのことが、不正行為に対する抑止力となっています。同様にBabylonでは、ステーカーがPoSチェーンを攻撃した場合、預けているビットコインが自動的に使えなくなる(焼却される)仕組みになっています。この仕組みにより、Babylonでは第三者の介入を必要とすることなく、シンプルかつ安全なステーキングを実現しています。ステーキングの柔軟性Babylonは独自の工夫を取り入れることで、ステーキングしたビットコインの柔軟な引き出しを可能にしています。多くのステーキングプロトコルでは、一度ステーキングした資産を引き出すのに一定時間を要するのが一般的です。これは、ステーキング期間中に資産を自由に動かせてしまうと、システムの安定性が損なわれる恐れがあるためです。一方、Babylonではビットコインネットワークとステーキング先のPoSチェーンとの間で高度な連携技術を用いることで、この課題を解決しています。これにより、ユーザーはステーキングしたビットコインを比較的短期間でロック解除し、柔軟にステーキングの開始や停止を行うことができます。リステーキングも開発中当記事執筆時点(2024年6月10日)で、Babylonはビットコインのリステーキングも開発中のようです。リステーキングは、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上のプロトコルEigenLayer(アイゲンレイヤー)によって考案された新しい仕組みです。すでに数多くのプロジェクトがリステーキングプロトコルの開発に取り組んでおり、仮想通貨(暗号資産)業界で話題になっています。 Babylonがリステーキングを導入することで、ビットコインホルダーにとってさらに新しい運用機会が生まれることになります。BabylonのリスクBabylonのリスクとして、PoSチェーンのスマートコントラクトのハッキングやバグが考えられます。そもそもステーキングとは、プロトコルのスマートコントラクトを信用して資産を「預ける」行為です。BabylonのステーキングではPoSチェーンにビットコインを預けることになるので、PoSチェーンに起因するハッキングやバグの被害にあう可能性があります。ビットコインは非常に堅牢なチェーンとして知られていますが、PoSチェーン側がビットコインと同じように強固なセキュリティを維持できるとは限りません。Babylonを利用する際には、ステーキングで得られる報酬とリスクが見合うかどうかを検討する必要があるでしょう。ビットコインステーキングの開拓者となるかイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)のホルダーと比べると、ビットコインホルダーにとってステーキングはあまり馴染みのない概念だったかもしれません。しかし、Babylonがビットコインのステーキングを実現することで、今後普及していく可能性があります。ステーキングにはリスクが存在するものの、資産を預けておくだけで利回りが得られる点は魅力的です。これからBabylonが順調にメインネットのローンチまで漕ぎ着けるのか、期待しましょう。

話題のニュース

表示件数:

全件数: 4836 1/242

1 2 3 4 5 ... 242 next
  1. Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

    Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

    Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。

  2. 仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

    仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

    仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。

  3. IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

    IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

    IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。

  4. ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

    ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

    2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。

  5. Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

    Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

    海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。

  6. Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

    Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

    Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。

  7. XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

    XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

    XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。

  8. ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

    ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

    ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。

  9. ZoomexがSVL上場記念キャンペーンを開催!条件達成で400SVLの現物を獲得

    ZoomexがSVL上場記念キャンペーンを開催!条件達成で400SVLの現物を獲得

    Zoomexが、SVL上場記念キャンペーンを開催しました。キャンペーン期間は、2024年6月1日午前9時~6月30日午前8時59分(日本時間)までです。当記事では、SVL上場記念キャンペーンの内容や参加方法、注意点などを解説します。

  10. Solayerとは?ソラナ向けリステーキングネットワークの仕組みや将来性を解説

    Solayerとは?ソラナ向けリステーキングネットワークの仕組みや将来性を解説

    Solayerはソラナブロックチェーン上のリステーキングネットワークです。イーサリアムのリステーキングと同様に、ソラナのリステーキングにも注目が集まっています。当記事ではSolayerの仕組みや将来性、SNSでの評判などを解説します。

  11. Titan FX が6月のデモトレードコンテストを開催!賞金最大30万円

    Titan FX が6月のデモトレードコンテストを開催!賞金最大30万円

    海外FX業者のTitan FXが、「水無月トレードコンテスト」を6月19日から開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。

  12. Zoomexが週末限定でテイカー手数料50%オフクーポンを配布中!現物やボーナス獲得のチャンスも

    Zoomexが週末限定でテイカー手数料50%オフクーポンを配布中!現物やボーナス獲得のチャンスも

    海外取引所のZoomex(ズーメックス)は、週末限定でテイカー手数料が50%オフになるクーポンを配布しています。さらに、取引条件達成で5USDTの現物や30USDT分のボーナスを獲得できるチャンスも加わりました。Zoomexが配布する特典詳細や、獲得方法、注意点などを解説します。

  13. Exnessで銀行振込による出金が不可に、プロバイダーが原因か

    Exnessで銀行振込による出金が不可に、プロバイダーが原因か

    海外FX業者Exnessの銀行振込による出金トラブルがSNS上で話題になっています。銀行振込による出金ができなくなっており、Exnessは原因をメンテナンスの遅延と説明しています。Exnessの対応や現在利用可能な出金方法などをまとめました。

  14. Land Primeが30%入金ボーナスキャンペーンを開催

    Land Primeが30%入金ボーナスキャンペーンを開催

    海外FX業者のLand Primeが、30%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中に入金すると30%のボーナスが付与され、最大で80万円分のボーナスクレジットを受け取れます。期間は6月30日までの約1ヶ月間です。

  15. 仮想通貨LISTAの将来性は?分散型ステーブルコインプロトコルLista DAOについて解説

    仮想通貨LISTAの将来性は?分散型ステーブルコインプロトコルLista DAOについて解説

    仮想通貨LISTAは、リキッドステーキングおよび分散型ステーブルコインプロトコルLista DAOのガバナンストークンです。Lista DAOは、lisUSDという分散型ステーブルコインの借入れなどができるインフラとして機能します。

  16. 英総選挙を控えるも利下げ期待後退でポンドは底堅い!現役トレーダーポンドマンが6月のポンド相場を予想!

    英総選挙を控えるも利下げ期待後退でポンドは底堅い!現役トレーダーポンドマンが6月のポンド相場を予想!

    現役トレーダーのポンドマンが、6月のポンド相場を解説します。根強い円安圧力からポンド円は上昇すると予想しています。またドルとポンドはどちらも底堅く、ポンドドルはレンジを予想しています。

  17. XMTradingが賞金総額10万ドル以上のTrade&Winプロモを開催!

    XMTradingが賞金総額10万ドル以上のTrade&Winプロモを開催!

    XMTradingが最大3,000ドルの賞金が当たるTrade&Winプロモを開催することを発表しました。プロモーションの期間は約1ヶ月で、対象期間中に一定量の取引を行うと、抽選券を獲得できます。当選者には賞金・ボーナスのほか、副賞が授与されます。

  18. Mantle LSPの新たな提案が可決|MIP-30の内容や影響を解説

    Mantle LSPの新たな提案が可決|MIP-30の内容や影響を解説

    2024年5月21日、Mantleで「MIP-30」に対する投票が開始されました。当記事ではMantle LSPの現状や新たな提案の内容、可決によりもたらされる影響について解説します。

表示件数:

全件数: 4836 1/242

1 2 3 4 5 ... 242 next

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル