Select Language

話題のニュース

本日(02/06) の話題のニュース

Milton Marketsがバレンタイン入金ボーナスキャンペーンを開催

Milton Marketsがバレンタイン入金ボーナスキャンペーンを開催

update2023.02.06 21:00

優れた取引環境で人気を集めている海外FX業者のMilton Markets(ミルトンマーケットツ)が、2023年2月1日から「バレンタイン入金ボーナスキャンペーン」を開催しています。Milton Marketsの口座に入金すると、入金額に対して20%のボーナスを受け取れるという内容です。Milton Marketsでは、季節に応じて似たようなキャンペーンを何度か開催してきました。今回のキャンペーンも新規・既存ユーザーの両方を対象としていますが、ボーナスを受け取るにはプロモーションコードの申請が必要です。入金するだけで自動的にボーナスが付与されるわけではないので注意しましょう。目次[非表示]上限の200万円に達するまで何度でも適用キャンペーン利用時の注意点入金ボーナスの受け取り手順入金とプロモーションコードの申請公式Twitterアカウントをフォロー&リツイートMilton Marketsとはキャンペーンを利用して資金をゲットしよう!上限の200万円に達するまで何度でも適用バレンタイン入金ボーナスキャンペーンは、Milton MarketsのSMART口座とFLEX口座が対象になっています。実施期間(日本時間)2023年2月1日(水曜日)〜2023年2月14日(火曜日)対象口座SMART口座、FLEX口座ボーナス付与率20%ボーナス上限ボーナス累計額が200万円に達するまで何度でも適用ボーナス反映時間1営業日以内クッション機能あり期間中は、上限の200万円に達するまで何度でも、20%入金ボーナスを受け取ることが可能です。期間中の累計入金額ボーナス付与額有効証拠金(口座残高+クレジット)3万円6,000円3万6,000円10万円2万円12万円100万円20万円120万円1,000万円200万円(上限)1,200万円ボーナス上限である200万円を受け取るためには、期間中に累計1,000万円の入金が必要です。期間中のボーナス付与累計額が200万円になるまで、何度でもボーナスを受け取ることができます。今回はボーナス付与の上限額がかなり高額で、大きく資金を増やしてから取引を開始することが可能です。各口座タイプの最低入金額以上であれば、複数回に分けての入金も可能です。Milton Marketsではクッション機能を採用しているので、付与されたボーナスは証拠金として利用できます。クッション機能とはクッション機能とは、自己資金がなくなってもボーナスが消滅せず、ボーナス自体を証拠金として取引できる機能のことです。Milton Marketsの他に、XMTrading(エックスエムトレーディング)やGEMFOREX(ゲムフォレックス)、FXGT(エフエックスジーティー)、BigBoss(ビッグボス)がクッション機能付きのボーナスを提供しています。キャンペーン利用時の注意点キャンペーンで付与されたボーナスは、出金申請や資金移動があった時点で無効となるので注意しましょう。また、ボーナスを受け取るために一時的に出金し、再び取引口座に資金を戻した場合、新規入金とは見なされません。20%入金ボーナスと他のキャンペーンの併用も基本的に不可です。ただし、国内送金手数料無料キャンペーンとの併用は可能なので、入金時の手数料は無料のままボーナスを受け取れます。入金ボーナスの受け取り手順入金20%ボーナスを受け取るためには、プロモーションコードを申請する必要があります。bitwalletで入金する場合と国内銀行送金で入金する場合で、手順が若干異なります。入金とプロモーションコードの申請公式Twitterをフォロー&リツイートbitwalletで入金する場合には入金画面から、国内銀行送金を利用する場合にはカスタマーサポートにメールでプロモーションコードを申請する流れとなります。入金とプロモーションコードの申請手順1Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の会員ページへアクセスします。Milton Marketsの会員ページを開く手順2メニュー一覧から「資金関係」をクリックします。手順3「資金関係」メニュー内の「入金」をクリックします。手順4入金方法選択画面が表示されますので、入金先の口座とご希望の入金方法を選択し、「次へ」をクリックします。手順5ここからの手順は、bitwallet入金の場合と国内銀行送金の場合で異なります。bitwallet入金入金情報を入力する項目の中に「プロモーションコード(任意)」という項目があります。その中に「チョコ」と入力してください。国内銀行送金振込先の銀行口座の情報が表示されますので、先に振り込みを行ってください。指定口座への振り込みが完了した後、Milton Marketsに登録しているメールアドレスから以下の情報をカスタマーサポートへ連絡する必要があります。サポート[email protected]入金を希望する口座番号名前プロモーションコード「チョコ」送金控え送金控えとはMilton Marketsに国内銀行送金で入金をする場合、送金控えをカスタマーサポートへ送付する必要があります。依頼人、受取人、金額、日付が記載されているものであれば、スクリーンショットやレシートなどでも問題ありません。公式Twitterアカウントをフォロー&リツイートTwitter(ツイッター)アカウントを保有している場合、以下のMilton Markets公式アカウントのフォローとリツイートが必要です。Twitterのフォローとリツイートが完了したら、TwitterのDMで口座番号を送付します。なお、Twitterアカウントを保有していない場合は、フォローやリツイート、DM送付は必要ありません。入金時のプロモーションコードの入力だけでボーナスを受け取ることができます。Milton MarketsとはMilton Marketsでは2つの口座タイプを提供しており、標準タイプであるスマート(SMART)口座は最大1,000倍のレバレッジを提供しています。口座タイプによって初回最低入金額やレバレッジ、スプレッドなどに違いがあるので、新規で口座を開設する場合はしっかり確認しておきましょう。口座タイプフレックス(FLEX)スマート(SMART)初回最低入金額フレックス口座:1万円スマート口座:3万円レバレッジフレックス口座:500倍スマート口座:1,000倍取引ツールMetaTrader4(MT4)取扱銘柄【FX/通貨ペア】:43【CFD/貴金属】:2【CFD/株価指数】:9【CFD/エネルギー】:2【CFD/仮想通貨】:3【CFD/株式】:26従来は初回入金額が他社よりも高額に設定されていましたが、少額で入金したいユーザーの需要に応えるため、フレックス口座が新しく提供されました。一方、海外FX業者で導入が進んでいるMetaTrader5(MT5)には非対応となっています。MT5ユーザーにとっては不満を感じやすいポイントであり、今後の対応を期待したいところです。Milton Marketsは、季節のボーナスキャンペーンの他にもトレードコンテストを開催するなど、キャンペーンを積極的に開催しています。 キャンペーンを利用して資金をゲットしよう!Milton Marketsでは、これまでにも同様のキャンペーンを何度か実施してきましたが、他の海外FX業者のように常時ボーナスを提供しているわけではありません。ボーナスを重視する方にとっては、物足りなさを感じる可能性がある点でしょう。一方、Milton Marketsでは狭いスプレッドをはじめとした、トレーダーに有利な取引環境を提供しています。新規ユーザーにとって今回のキャンペーンは、Milton MarketsでFXをお得にはじめるチャンスといえます。また、既存ユーザーもボーナス付与の対象なので、取引口座への資金追加を予定している方は、キャンペーン期間に合わせて入金すると良いでしょう。
BOEがタカ派へ変化するのか注目!現役トレーダーポンドマンが2月のポンド相場を予想!

BOEがタカ派へ変化するのか注目!現役トレーダーポンドマンが2月のポンド相場を予想!

update2023.02.03 19:00

2023年2月のポンド相場は、2月のインフレーションレポートに注目です。目次[非表示]2月のポンド円予想次期日銀総裁の政策方針に注目!ポンド円のチャート分析2月のポンドドル予想ドル売りトレンドでポンドドル上昇!ポンドドルのチャート分析ポンドのファンダメンタルズ分析ポンドの売り要因ポンドの買い要因2月の金融政策決定会合に注目!2月のポンド円予想ポンドは上値が重く、円買いが出てくると予想しています。次期日銀総裁の政策方針に注目!日本銀行(日銀)の金融政策変更に注目が集まっています。1月に日銀が買い入れた国債額は、過去最高額の17兆円を上回りました。日本の国債の大部分を日銀が買っているため、現在のペースで国債を買い入れることは困難とされています。そのため1月の日銀金融政策決定会合では、YCC(イールドカーブ・コントロール)金利誘導幅の変更もしくは撤廃が予想されていましたが、日銀は現状維持を発表しました。また黒田日銀総裁は記者会見で、当面政策の変更はないと発言しました。しかし、黒田日銀総裁の任期は4月で満了します。そのため黒田日銀総裁の任期とともにYCCの変更、緩和政策は終了し、次期日銀総裁のもとで政策変更・金融正常化に向かうのではないかとマーケットでは予想されています。金融正常化の期待が高まれば、円買いが進む可能性が高まるでしょう。次期日銀総裁の候補者は、2月10日に発表される予定です。次期日銀総裁の候補者が、どのような政策スタンスをとるのか発言に注目です。ポンド円のチャート分析1月末時点におけるポンド円の日足チャートです。1月のポンド円は、はっきりとした方向感が出ず、調整局面が続いています。画像引用:Tradingview押し目の第1ターゲット:159円押し目の第2ターゲット:160.5円押し目の第3ターゲット:161.8円円高に進む可能性があるので、押し目狙いは慎重に。画像引用:Tradingview戻りの第1ターゲット:156.3円戻りの第2ターゲット:156.1円ファンダメンタルズの大きな変化がない限り、上記の価格では売りを検討しています。2月のポンドドル予想FRBがハト派姿勢に変化していくことで、ドル売りが出てくると見ています。ドル売りトレンドでポンドドル上昇!FRB(連邦準備制度理事会)は、米国の物価高を抑制するためにハイペースで利上げを続けてきました。12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、利上げ幅を縮小したものの、物価高に対して根強く利上げを継続するとのタカ派姿勢がみられました。また同時に発表されるドットチャートで、ターミナルレート(利上げの終了水準)が5.1%と市場予想を上回る結果だったこともあり、一時ドル買いが進みました。しかしFRBの利上げをマーケットが完全に織り込んでしまったため、その後はドルが売られる形になりました。再度ドルが買い戻されるためには、12月のFOMCで示されたターミナルレート5.1%を上回る利上げ観測が必要になります。しかし、米国はCPI(消費者物価指数)・PCEデフレーター・期待インフレ率など、物価を示す指標は軒並みインフレ低下を示しています。またバイデン大統領もインフレは低下し、物価は落ち着きを取り戻してきていると発言しました。FRBはまだタカ派姿勢ですが、物価指標を見ている限り、今後利上げ期待が後退し、タカ派姿勢からハト派姿勢に変化すると予想しています。ハト派姿勢に変化すると、ドル売りが進むと思われます。したがって2月のFOMC声明文が、ハト派に傾いていないかには注目です。仮にタカ派のままであったとしても、12月のFOMC以上の引き締めは考えにくく、ドル買いは限定的であると予想します。加えて、2月に発表されるCPIなどの物価指標が順調に低下していた場合は、12月のFOMCドットチャートで示されたターミナルレート5.1%を下回り、早めに利上げを終了させるとの観測に繋がると考えられます。またマーケットはドル売りトレンドに入っていると考えられるので、ドル買い要因よりもドル売り要因の方が反応しやすいでしょう。FOMC、CPIなどの物価指標に注目したいと思います。ポンドドルのチャート分析1月末時点での、ポンドドルの日足チャートです。ポンドドルは、上昇トレンドを描いています。画像引用:Tradingview押し目の第1ターゲット:1.20押し目の第2ターゲット:1.22しっかり下に引きつけて買うようにしてください。画像引用:Tradingview戻りの第1ターゲット:1.19戻りの第2ターゲット:1.21戻り売りを狙うか、あるいはブレイクしたら高値を追いかけるかは、ファンダメンタルズ分析も参考にしてください。ポンドのファンダメンタルズ分析ポンドは、売り要因と買い要因が混在している状況です。2月のポンドは、BOEがタカ派に傾くのか、2月の金融政策決定会合に注目です。ポンドの売り要因緊縮財政による景気悪化、ハト派姿勢の中央銀行が売り要因として考えられます。過去にトラス前首相が減税政策を発表したことにより、英国の財政信用が失墜し、金融市場でポンド売りが進んだことで、トラス前首相は辞任に追い込まれることとなりました。その結果、後を引き継いだスナク首相は、緊縮財政政策を発表するしかない状況です。英国政府の緊縮財政政策は、経済にブレーキをかけることになり、景気を悪化させると予想され、ポンド売り要因とされていました。そのため、中央銀行は同じく経済にブレーキをかける利上げ(引締め政策)を積極的に選択しにくい状況となっています。12月の金融政策発表でも、BOEがハト派姿勢を示していることが、ポンドの上値を抑えています。ポンドの買い要因物価の高止まりによる利上げ観測が買い要因として考えられます。1月に発表されたCPIは市場予想を上回ったことから、物価が高止まりしていることが判明しました。したがって物価高を抑制するために、BOE(イングランド銀行)は利上げをせざるを得ないとの観測が、ポンド買いの要因となっています。また1月に発表された英雇用統計にて、予想以上の平均賃金や失業率が発表されたことから物価高が続くと考えられます。英国ではEU離脱によって、欧州からの働き手がいなくなり、人手不足となっていることが問題視されています。人手不足は人件費のコスト増、商品価格・サービス価格に繋がるため、人手不足が解決しない限りは、物価高は根強いものになるでしょう。2月の金融政策決定会合に注目!これから注目すべきポイントは、2月の金融政策決定会合です。12月の会合では0.50%の利上げを決定しましたが、6人が0.50%、1人が0.75%の利上げを支持し、2人が据え置きを主張しています。2人いた据え置き主張のハト派が増減するのか、0.75%の利上げを支持したタカ派が増減するのかBOEのスタンスがタカ派に転じるのかに注目です。また、声明文で経済よりも物価高抑制を優先し、利上げに積極的になれるのかにも注目です。ポンドは、売り要因を現在ほとんど織り込んでしまっているため、新たな売り要因が出てこない限りポンド売りには進みにくい状況です。それに対して、買い要因である英中銀のタカ派姿勢への転換は、相場に強い影響を与えると考えられます。したがってBOEがタカ派に転換すると、ポンド買いが進んでいくと予想しています。また、2月の金融政策決定会合は、インフレーションレポートが同時に発表される重要な会合です。インフレーションレポートでインフレ見通しが上方修正されていた場合、利上げ幅を拡大するとマーケットに受け止められ、ポンド買い要因となります。インフレ見通し通りの結果となるのか、2月に発表される1月CPIの結果も合わせて注目したいポイントです。英中銀が12月の政策会合と比べて、タカ派に傾いているのかに注目です。

話題のニュース

表示件数:

全件数: 4309 1/216

  1. HFMが春一番プロモーションを開催!100%入金ボーナスと賞金獲得のチャンス

    HFMが春一番プロモーションを開催!100%入金ボーナスと賞金獲得のチャンス

    海外FX業者のHFM(旧HotForex)が、春一番プロモーションを開催することを発表しました。今回のプロモーションでは、一定の取引を行うと総額333万円の賞金が当たる抽選に参加できるほか、100%入金ボーナスも付与されます。

  2. ApeX Proにステーキングが登場、仮想通貨APEXのステーキング方法を解説

    ApeX Proにステーキングが登場、仮想通貨APEXのステーキング方法を解説

    ApeX Proがステーキングプログラムの開始を発表しました。これにより独自仮想通貨APEXの運用が可能になり、USDコイン(USDC)を稼げます。

  3. Phaverの使い方を解説|Share to Earnで稼げるWeb3.0版Twitterとは?

    Phaverの使い方を解説|Share to Earnで稼げるWeb3.0版Twitterとは?

    Phaverは分散型のSNSで、Web3.0版のTwitter(ツイッター)と呼ばれています。Share to Earn(シェアして稼ぐ)という仕組みを採用しており、利用するだけで稼げるSNSとして話題となっています。

  4. 仮想通貨PLUGの将来性を解説、合成資産を作れるPLUGnetとは

    仮想通貨PLUGの将来性を解説、合成資産を作れるPLUGnetとは

    仮想通貨(暗号資産)PLUGは、ブロックチェーン「PLUGnet」が発行する独自仮想通貨です。PLUGnetは合成資産を発行し、DeFi(分散型金融)関連サービスでの展開を目指しています。

  5. FX中級者以上が活用するマルチタイムフレーム分析とは?

    FX中級者以上が活用するマルチタイムフレーム分析とは?

    マルチタイムフレーム分析は相場で生き残っているトレーダーが活用している考え方の一つです。FXで相場環境を認識するために欠かせないマルチタイムフレーム分析について、分析例を交えながら、考え方や便利なインジケータの導入方法について解説していきます。

  6. Titan FXのコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を徹底解説!

    Titan FXのコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を徹底解説!

    海外FX業者のTitan FXがリリースしたコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を解説します。Titan FX Socialの操作は、すべて専用アプリで行います。アプリのダウンロードからコピー方法まで順番に解説します。

  7. Exness、bitwallet、BybitがiFX EXPO inドバイに出展

    Exness、bitwallet、BybitがiFX EXPO inドバイに出展

    世界最大のFXイベントであるiFX EXPO ドバイが、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイにあるドバイワールドトレードセンターで開催されました。今回は、Exnessがメインスポンサーを務めているほか、bitwalletやBybitなどが出展しています。

  8. 仮想通貨RPLの将来性は?イーサリアム(ETH)のリキッドステーキングが可能なRocket Poolを解説

    仮想通貨RPLの将来性は?イーサリアム(ETH)のリキッドステーキングが可能なRocket Poolを解説

    仮想通貨RPLは、ETH向けのステーキングプール「Rocket Pool」が発行する独自仮想通貨です。Rocket Poolはリキッドステーキングトークン「rETH」を使ってステーキングができて、最低0.01ETHから利用可能なので、個人にも利用しやすいサービスです。

  9. ダイナミックNFTの利用例を解説、見た目や機能が変化するNFT

    ダイナミックNFTの利用例を解説、見た目や機能が変化するNFT

    ダイナミックNFTは見た目や機能が変化する新しいNFTです。多様な利用例が想定されており、ブロックチェーンゲームやメタバースなどで実用化されています。

  10. 仮想通貨APTとは?旧Facebookメンバーが手がける注目プロジェクトの特徴・将来性を解説

    仮想通貨APTとは?旧Facebookメンバーが手がける注目プロジェクトの特徴・将来性を解説

    仮想通貨APTは、Aptosと呼ばれるプロジェクトが発行する独自仮想通貨です。旧Facebook(フェイスブック)メンバーが手がけており、注目を集めています。

  11. セリングクライマックスとは?うかつに狙うと危険!

    セリングクライマックスとは?うかつに狙うと危険!

    相場の急落や暴落では、「セリングクライマックス」というキーワードが決まって登場します。セリングクライマックスの意味や具体的な事例、発生要因やセリングクライマックスを狙う手法についても解説します。

  12. Titan FXがTitan FX Socialをリリース!コピートレードに対応

    Titan FXがTitan FX Socialをリリース!コピートレードに対応

    海外FX業者のTitan FXは、新サービス「Titan FX Social」の提供を開始することを発表しました。Titan FX Socialでは、特定のユーザーの取引を、自身の口座にコピーして取引を自動化したり、自身の取引を他のユーザーに配信することができます。

  13. プルーフ・オブ・リザーブ(PoR)でも安全ではない?その役割や各取引所の対応を解説

    プルーフ・オブ・リザーブ(PoR)でも安全ではない?その役割や各取引所の対応を解説

    プルーフ・オブ・リザーブとは仮想通貨取引所による準備金の証明を指し、マークルツリーなど新しい技術も導入され始めています。しかし、安全性を保障するものではなく、過信することはできません。

  14. Trust Walletの口コミ・評判を調査!注意点や始め方も

    Trust Walletの口コミ・評判を調査!注意点や始め方も

    数ある自己管理型ウォレットの中でも、Trust Walletは人気です。そこで、Trust Walletの評判や口コミを調査しました。

  15. IS6FXがクリプト口座を新設!特徴・取引条件を徹底解説

    IS6FXがクリプト口座を新設!特徴・取引条件を徹底解説

    2023年1月22日、海外FX業者のIS6FXは、仮想通貨取引用のクリプト口座を新設したことを発表しました。1月23日から28日までのキャンペーン期間中にクリプト口座を開設すると、最大で3万円のボーナスも付与されます。仮想通貨をはじめとする新銘柄も追加されました。

  16. Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!BTCとBITが対象

    Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!BTCとBITが対象

    2023年1月20日から2月28日まで、BybitではクレジットカードでのBTC・BIT購入手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。普段は手数料が割高なクレジットカード購入ですが、今ならお得に行えます。

  17. イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

    イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

    イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。

  18. メタマスクがステーキングに対応!やり方や仕組み、リスクを解説

    メタマスクがステーキングに対応!やり方や仕組み、リスクを解説

    2023年1月13日、メタマスク(MetaMask)がイーサリアム(ETH)のステーキングに対応しました。ユーザーはメタマスクから直接、LidoとRocket Poolのリキッドステーキングを利用できます。

表示件数:

全件数: 4309 1/216

アクセスランキング

仮想通貨TWTが貰える「TwitFi」とは?やり方やリスクを解説

2022年12月18日、TwitFi(ツイートファイ)と呼ばれるブロックチェーンゲームがリリースされました。Tweet to Earn(ツイートして稼ぐ)という新しいジャンルで、仮想通貨コミュニティで注目を集めています。
update2022.12.21 21:00

仮想通貨FLRの将来性を解説、国内取引所でのエアドロップ配布と取り扱い開始が決定

仮想通貨FLRはブロックチェーン「Flare Network」のネイティブトークンであり、以前はSPARKという名称でした。Flare Networkはリップル向けにスマートコントラクトを開発しています。
update2023.01.10 21:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2023.01.20 19:00

分散型SNSの特徴やメリットを解説!Web3.0時代のSNSとして注目を集める

分散型SNSは従来のSNSと比べて自由で公平なサービスとなっており、FacebookやTwitterにとって代わる存在となることが期待されています。
update2023.01.06 21:00

Titan FXのコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を徹底解説!

海外FX業者のTitan FXがリリースしたコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を解説します。Titan FX Socialの操作は、すべて専用アプリで行います。アプリのダウンロードからコピー方法まで順番に解説します。
update2023.01.31 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

仮想通貨HOOKとは?将来性は?Hooked Protocolが提供するWild Cashも解説

仮想通貨HOOKは、Hooked Protocolのガバナンストークンです。当記事ではHOOKの将来性や、Hooked Protocolが提供するWild Cashなどについて解説します。
update2022.12.13 21:00

仮想通貨BabyDogeとは?DogeCoinから派生したミームコインの特徴や将来性を解説

BabyDogeはBaby Doge Coinが発行する仮想通貨で、ミームコインの一種です。保有するだけでBabyDoge保有量が増えたり、バーンによって総供給量が徐々に減少したりするなど、様々な仕組みがあります。
update2022.11.01 19:30

SoulBound Token(SBT)とは?新しいNFTとして注目が集まる

バイナンスが、 SoulBound Token(ソウルバウンドトークン、SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00
youtubeyoutube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

arw
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル