Select Language

MT5ウェブトレーダー(MT5ウェブ版)をスマホで利用する方法

MT5ウェブトレーダー(MT5ウェブ版)をスマホで利用する方法

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.06.06 17:17
MT5ウェブトレーダー(MT5ウェブ版)をスマホで利用する方法

update 2023.06.06 17:17

caution AppStoreでMT4/MT5が復活

2023年3月6日、MetaQuotes社は、iOS版のMT4/MT5の提供を再開したことを発表しました。すでにMT4/MT5はAppStore上に公開されており、ダウンロードできる状態になっています。

AppleのApp StoreでMT4・MT5の取り扱いが停止となり、Apple製品のモバイル端末でMT4、MT5がダウンロードできなくなりました。アプリの削除を受けて、SNS上で不安を持つユーザーも見受けられます。

このような事態を受けて、これまであまり利用されていなかったウェブトレーダー(MT5ウェブ版)をスマートフォン・タブレットで利用する需要が高まりました。ブラウザ上で利用するものですのでこれまではPCでの利用が主でしたが、スマートフォン・タブレットで表示するとモバイル版が表示されます。

開発元であるメタクオーツ社も、ウェブトレーダーをモバイルで快適に利用できるようアップデートを実施しています。

そこで本記事では、MT5ウェブトレーダーのスマホ版の利用方法や基本的な操作方法を解説します。

MT5ウェブ版スマホ表示とは?

MT5ウェブ版スマホ表示は、これまで主にウェブブラウザで利用されてきた、MT5の「ウェブトレーダー」版をスマートフォンなどのモバイルの画面に対応して表示させるものです。

各FXブローカーのサイト内に設置されたURLからアクセスでき、同じURLでもPCでアクセスした場合とスマートフォンなどのモバイル端末でアクセスした場合でレイアウトが異なります。

モバイル端末用のアプリが利用できていた時期には、このウェブトレーダーをスマホで利用するニーズはあまりありませんでしたが、Apple製品でのMT4・MT5の配信停止を受けて、利用者が増加しています。

これまでスマホ表示版では機能が制限されていましたが、配信停止を受けて、メタクォーツ社が開発を急いで実施しました。そのため、最新版ではウェブトレーダーのすべての機能がスマホ版で利用できるようになりました。

対応業者一覧

ウェブトレーダー(MT5ウェブ版)を提供しているブローカーは、以下の通りです。MT4も同様にスマホからアクセスできますが、スマホ表示に対応していないため、チャート配置などがPC版を縮小しただけの見にくい状態になっています。

XMTrading(エックスエムトレーディング)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー

Exness(エクスネス)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー

Titan FX(タイタンエフエックス)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー

BigBoss(ビッグボス)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー

Milton Markets(ミルトンマーケッツ)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー
×

Traders Trust(トレーダーズトラスト)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー
×

HFM(エイチエフエム)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー

easyMarkets(イージーマーケッツ)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー
×

GeneTrade(ジェネトレード)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー
×

IS6FX(アイエスシックスエフエックス)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー

FXDD(エフエックスディーディー)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー

FXGT(エフエックスジーティー)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー
×

Bitterz(ビッターズ)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー
×

CryptoGT(クリプトジーティー)

MT4ウェブトレーダー MT5ウェブトレーダー
×

MT5ウェブ版へスマホでログインする方法

MT5ウェブトレーダー(MT5ウェブ版)は、各ブローカーの公式サイトからアクセスしますが、使い方は同じです。

この記事では、大手海外FX業者のExness(エクスネス)のウェブトレーダーで使い方を紹介します。

手順1

各業者のウェブサイトより、MT5ウェブトレーダーにアクセスします。Exnessの場合、下記ページより、「MetaTraderウェブ版を開く」をクリックします。

Exnessウェブトレーダーアクセスページ link
Exness・Meta Traderウェブ版を選択

手順2

「MetaTrader 5」にチェックを入れます。

Exness・Meta Trader4からMeta Trader5へ選択し直し

手順3

「既存口座にログインする」をタップします。

Exnessウェブトレーダーログイン画面

手順4

開設しているMT5口座のログインID・パスワード・サーバー名を入力します。

Exness・既存口座へのログイン
point 口座番号やサーバ名はメール・マイページで確認

既存口座の口座番号やサーバー名が不明な場合は、口座開設時のメールを確認しましょう。多くのブローカーでメールに記載されています。また、こうした情報がマイページから確認できるブローカーもあります。

MT5ウェブ版の基本操作方法

ログイン情報を解説したところで気になるのは、メタクォーツ社のスマホブラウザ版MT5の基本操作方法ではないでしょうか。

そこで取引を行うために必要不可欠な基本操作方法について、以下の概要を解説していきます。

  • 通貨ペア・銘柄の追加方法
  • チャート・時間足の変更方法
  • インディケータの利用方法
  • 注文方法
  • 決済方法

それぞれ順番に概要を紹介していきましょう。

通貨ペア・銘柄の追加方法

「レートフィ」のタブより、取引したい銘柄を選択できます。

手順1

ログイン後の画面より、右上「+」部分を選択します。

Exness・通貨ペア追加

手順2

追加を行いたい通貨ペア・銘柄を選択します。表示されている項目をタップするか、検索タブに銘柄名を入力します。

Exness・追加する通貨ペア・銘柄選択
point 銘柄の削除も可能

不必要な初期設定の通貨ペアは、左上の鉛筆マークで削除することもできます。不必要な通貨ペアを選択後、右上のゴミ箱マークをタップすると削除完了です。

Exness・通貨ペア編集

チャート・時間足の変更方法

メタクォーツ社のMT5ウェブ版をスマホで操作する場合でも、自身のトレードに適したチャート表示や時間足の変更を行うことが可能です。チャート表示・時間足の変更方法についても、順を追って概要を紹介します。

手順1

チャート画面左上の鉛筆マークを選択します。

Exness・チャート画面

手順2

プロパティ画面より、チャートの表示形式の変更や時間足の変更を選択することができます。

Exness・時間足とチャート表示の変更

手順3

一例としてバーチャート・30分足に変更を行います。それぞれ選択が済んだら、右上のチェックボタンを選択します。

EXNESS変更の一例

手順4

チャート画面が変更されていれば無事設定完了となります。

EXNESSチャート変更完了画面

インディケータの利用方法

メタクォーツ社のブラウザ版MT5はスマホでも、元々備わっているインディケータの数々を使用することが可能です。インディケータを利用する方法についても、順番に概要を解説します。

手順1

チャート画面上、左上の「f」のようなマークを選択します。

Exnessインディケータ設定

手順2

インディケータ設定画面が表示されたら、右上の「+」を選択します。

EXNESSインディケータの追加

手順3

設定可能なインディケータの一覧が表示されるので、好みのインディケータを選択します。

EXNESSインディケータの選択

手順4

一例としてボリンジャーバンドを選択しています。好みの数値に調整後、右上のチェックを選択することで設定可能です。

EXNESSボリンジャーバンドの設定画面

手順5

チャート画面に設定したインディケータが表示されていれば完了です。

EXNESSボリンジャーバンド設定完了画面

注文方法

トレードを行う際に必要不可欠な、MT5ウェブ版スマホ表示での注文方法についても順番に紹介していきます。

手順1

まずは、画面下の「取引」メニューを選択します。

EXNESS取引メニュー選択

手順2

取引画面より、右上の「+」を選択します。

EXNESS取引画面で注文項目の選択

手順3

注文の詳細画面に移動し、以下の設定を行います。数値の設定を終えたら、売りの場合は赤いボタン、買いの場合は青いボタンを押すことで注文が可能です。

EXNESS注文内容の詳細画面
番号 内容
1 銘柄名
2 注文方法
3 ロット数
4 決済逆指値
5 決済指値
6 執行条件

手順4

注文が完了すると以下のような内容が表示されます。

EXNESS発注完了画面

決済方法

利益の確定や損切りを行うために必要不可欠な、決済を行う方法について解説します。

手順1

「取引」メニューを選択すると、現在抱えているポジションの一覧が表示されます。

EXNESS保有中のポジション一覧

手順2

決済したいポジションを選択するとメニューが表示されますので、「決済」をタップします。

Exnessポジションの決済メニュー

手順3

オレンジボタンの「Close」をタップした時点で、ポジションの決済が行われます。同じ画面から、新規注文や、既存注文への決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)の設定も可能です。

Exness決済画面

手順4

以下の画面が表示されると決済完了です。

Exness決済されたポジション

Apple製品で利用再開の目途は立っていない

現状、Apple製品でMT4・MT5利用再開の目途は立っていません。既存ユーザーは、アプリを削除しなければ利用し続けることができますが、新規のユーザーはスマホ版を全く利用できない状況となっています。

そのため、今後MT5ウェブ版スマホ表示の需要が徐々に高まっていくと考えられます。また、Androidユーザーであっても、本体の容量を節約するためにアプリを入れたくない方もいるでしょう。

一度利用感に慣れてしまえば、他社の海外取引業社でも同じ感覚でトレードを行うことができるため、MT5ウェブ版スマホ表示は日常のトレードに活用できます。MT5ウェブ版スマホ表示は、Exness(エクスネス)やXMTrading(エックスエムトレーディング)などの大手海外FX業者が対応しています。


Date

作成日

2023.01.01

Update

最終更新

2023.06.06

Myforex編集スタッフーFX担当ー

短期が中心のトレーダーや中長期が中心のトレーダー、元プロップトレーダー、インジケーターやEAの自作を行うエンジニアなどが在籍。資金を溶かした失敗や専業トレーダーに転身した経験など、実体験も踏まえてコンテンツを制作している。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル