Select Language

【SNSで話題】MT4/MT5がApp Storeから削除に!ロシアの制裁の影響?

【SNSで話題】MT4/MT5がApp Storeから削除に!ロシアの制裁の影響?

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.18 18:57
【SNSで話題】MT4/MT5がApp Storeから削除に!ロシアの制裁の影響?

update 2022.11.18 18:57

2022年9月24日、App StoreでMetatrader(メタトレーダー)の取り扱いが停止されました。メタトレーダーには、Metatrader4(MT4)とMetatrader5(MT5)の2つのバージョンがあり、MT4・MT5ともにApp Storeでダウンロードできなくなっています。

開発元のMetaQuotes(メタクオーツ)はキプロスに拠点を構える企業ですが、ロシア企業と紹介されることもあり、一部で不安が広がっている模様です。ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁との関連を指摘する声もありますが、メタクオーツ社は否定しており、現在アプリの再開に向けて手続きを進めているということです。

一方、タイミングとしては、米上院銀行委員会の議長を務めるシェロット・ブラウン氏が2022年7月に、「仮想通貨詐欺を可能にしているように見えるアプリを許可していること」についてAppleとGoogleに説明を求めたことがきっかけになった可能性も考えられます。海外大手メディアForbsでは、こうしたアプリの中にMT4・MT5が含まれると報じています。

App StoreでMetaTrader4・5のダウンロードが不可に

9月26日現在、App StoreでMT4とMT5のダウンロードができなくなっています。App Storeで「メタトレーダー」を検索しても、MT4・MT5ともに表示されない状態です。

MetaQuotes(メタクオーツ)社はモバイル用のメタトレーダーとして、Apple社製のモバイル端末向けのiOS版とGoogle社製のOSを採用するスマホ向けのAndoroid版の2種類を提供しています。ダウンロードできなくなっているのはiOS版のみで、Andoroid版はこれまで通りGoogle Playでダウンロード可能です。

point MetaTrader(メタトレーダー)とは

MetaTraderとは、MetaQuotes社がリリースしたFXの取引プラットフォーム(ソフト)のことで、世界的に普及している取引プラットフォームです。現在、MetaTrader4(MT4)とMetaTrader5(MT5)の2つのバージョンが運用されていますが、海外FX業者では徐々にMT4からMT5への移行が進んでいます。

ホワイトラベル受付も停止

また、Metaquotes社のホワイトラベル製品も公式サイトより購入できなくなっています。購入不可となった時期がAppleデバイスでのアプリのダウンロード停止の時期と近かったために、同時に報じられていますが、具体的な関連は不明です。

ホワイトラベルとは、MT4やMT5のサーバーライセンスを購入しないまま、他社が持つライセンスを利用して自社ブランド名でサービスを展開できるサービスです。Metaquotes社は以前からこのサービスの利用厳格化の取り組みを行っており、その一環である可能性もあります。

MetaQuotesはロシアに対する制裁とは無関係と主張

開発元のMetaQuotes(メタクオーツ)社は、今回のアプリ削除とロシアに対する制裁との関連を否定しています。金融メディアのFinance Magnatesの取材に対し、メタクオーツの担当者は、「Apple社より、App Storeのガイドラインに準拠していないという書簡を受け取った」としています。

そのため、MetaQuotes社は今回のアプリ削除とロシアに対する西側諸国の制裁は無関係としています。また、同社の担当者によると、すでにiOS版をインストールしているユーザーは平常通りアプリを使用できるとしているため、既存ユーザーへの影響はないようです。

現在は、問題の解決に向けてApple社と連絡を取り合っているとしています。

メタクォーツ社はキプロスが拠点

MetaQuotes(メタクオーツ)社の本社はキプロスのリマソールにあります。また、キプロスの本社の他に、日本を含む合計7つの地域に現地事務所を開設しています。

現地事務所の場所

以前はロシアにも現地オフィスがありましたが、ホームページ上では紹介されておらず、現地のロシアオフィスが機能しているかは不明です。

現在は、キプロスを拠点にMT4/MT5のアップデートやコミュニティサイトの運営などを行っています。また、世界各国の現地事務所では、管轄地域へのブローカーへの営業活動を積極的に行っており、MT4/MT5のシェア拡大をしています。

2022年3月以降、欧米諸国からのロシア系企業に対するサービスの制限などが実施されていますが、本社がキプロスに存在するメタクォーツ社に影響が及ぶ可能性は低いとみられていました。

knowledge キプロスは金融機関の要所

キプロスは、ヨーロッパの金融の要所となっています。キプロスの金融ライセンスは、英国に次ぐ信頼性を持つといわれています。例えば、大手海外FXブローカーのExness(エクスネス)はキプロスを拠点に活動しており、XMグループの本社もキプロスにあります。

Forbs社の報道とは?

米上院銀行委員会の議長を務めるシェロット・ブラウン氏は2022年7月、MT4・MT5のアプリを提供しているAppleとGoogleに書簡を送り、「仮想通貨詐欺を可能にしているように見えるアプリを許可していること」について説明を求めました。

詐欺の手法としては、トレードの代行を偽装するケースが多いとされています。トレードの代行の偽装とは、指定したブローカーのMT4・MT5の口座に資金を入れさせ、しばらくの間はトレードで利益を上げているとみせかけるものの、顧客が利益の引き出しを求めても応じないものです。トレードで損失を出して資金がなくなったと偽るケースもあります。

こうしたケースは、確かにゼロではありません。MT4・MT5は比較的簡単にブローカー業を始めることができるため、詐欺会社が設立されてしまうこともあります。そのため、MT4・MT5を利用しているからといって信頼せず、FX業者の信頼性そのものをチェックする必要があります。

ユーザーが取れる対策

アプリの削除を受けて、SNS上では「自動アップデートの設定をどうしよう」など、一部でユーザーの不安が広がっています。自動アップデートの設定については、AppStore上での公開が再開されない限り、実施されることはないため、設定はそのままにしておいても問題ありません。

また、1度MT4・MT5をインストールしたことがあるユーザーについては、現段階では削除後も購入履歴から再インストールが可能です。

購入履歴

しかし、この方法での再インストールはMetaQuotes(メタクオーツ)から確実にできると保障されているものではないため、いつまで再インストールできるのか不明です。スマホで取引する方は、削除しない、または現在削除している場合は早めに再インストールするという対応が必要となります。

Apple製品ユーザーは今後の情報に注意

MetaQuotes(メタクオーツ)社はすでにApp Storeでのアプリ配布の再開に向けて準備を進めており、メタトレーダーの配布が再開される可能性はありますが、現時点では不透明です。

すでにMT4やMT5を使用している既存ユーザーは、現状のまま取引を継続できるため、今のところ大きな混乱は起きていない模様です。一方でメタトレーダーは、多くのFX業者で採用されている取引ツールです。FX業者の新規ユーザー獲得に影響を与える可能性もあります。

これからFXを始めようと考えている方やFX業者の乗り換えを検討しているiPhoneユーザーは、MetaQuotesや業者の動向に注意する必要がありそうです。


Date

作成日

 : 2022.09.26

Update

最終更新

 : 2022.11.18

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル