Select Language

GeneTradeの口座開設方法は?登録から本人確認(アカウント認証)までの流れを解説

GeneTradeの口座開設方法は?登録から本人確認(アカウント認証)までの流れを解説

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.09.27 18:21
GeneTradeの口座開設方法は?登録から本人確認(アカウント認証)までの流れを解説

update 2022.09.27 18:21

GeneTrade(ジェネトレード)は海外FXブローカーの中でも、シンプルながら他社に劣らない機能を持っています。口座タイプは2種類で初めて利用する人にも分かりやすく、平日24時間対応の日本語サポートを受けられるなど、安心して利用できるブローカーです。また、最大1,000倍のレバレッジや、新規口座開設で受け取れる10,000円のボーナスといった取引条件にも注目です。

今回は、GeneTradeの口座開設方法をわかりやすく解説していきます。

口座開設と本人確認の違い

GeneTrade(ジェネトレード)では取引を開始するまでに、リアル口座登録とアカウント認証による口座の有効化という、2つの手続きが必要です。

リアル口座登録

手続き後に行える操作 必要なもの
入金のみ
メールアドレス
電話番号

アカウント認証による口座の有効化

手続き後に行える操作 必要なもの
入金不要口座開設ボーナスの受け取り
出金・取引を含めた全機能が利用可能
本人確認書類
居住証明書

リアル口座登録は数分程度、アカウント認証による口座の有効化に必要な書類の提出は、十数分程度で完了します。

アカウント認証による口座の有効化までを行わなければ取引ができないため、GeneTrade口座を運用するにはアカウント認証も必要です。また、アカウント認証による口座の有効化を行うと、入金不要の口座開設ボーナスを受け取れる対象となり、入金をしなくてもGeneTradeで取引が開始できます。

knowledge 口座開設だけでも10,000円のボーナス

GeneTradeでは新規口座開設を行ったユーザーに対して、取引のみに利用できる10,000円相当のボーナスが口座に入金されます。入金不要でボーナスが受け取れるので、初回入金を行わなくても、口座開設後すぐに取引を始めることが可能です。ボーナスを受け取るには、この後で解説するアカウント認証が必要となります。

口座開設ボーナス自体を現金として出金することはできませんが、ボーナスを利用した取引で得た利益は現金として出金可能です。ただし、口座開設ボーナスで得た利益の出金には、累積で2ロット以上の取引を行うなど、いくつかの条件を満たす必要があります。

取引を開始するまでの手順

GeneTrade(ジェネトレード)で取引を開始するまでの手順を解説します。1つ目はリアル口座を登録する方法、2つ目はアカウント認証による口座の有効化です。

リアル口座を登録する方法

手順1

GeneTradeの公式サイトにアクセスし、「口座開設」ボタンをクリックします。

GeneTrade公式サイト link
GeneTradeのトップ画面 GeneTradeのトップ画面

手順2

リアル口座登録に必要な情報を入力します。入力する情報は、後で提出する本人確認書類(運転免許証など)と一致する内容にします。

GeneTradeのリアル口座登録画面 GeneTradeのリアル口座登録画面

番号

項目名

説明

1

名前をローマ字で入力します。

2

苗字をローマ字で入力します。

3

生年月日

生年月日を「日/月/年」の形で入力します。

4

口座パスワード

5〜15文字、小文字・大文字・数字を1つ以上含むパスワードを入力します。

5

パスワードを確認する

確認用に同じパスワードを入力します。

手順3

引き続き、リアル口座登録に必要な情報を入力します。

GeneTradeのリアル口座登録画面 GeneTradeのリアル口座登録画面

番号

項目名

説明

1

国籍を入力します。

2

都道府県

在住する都道府県を入力します。

3

住所

在住する住所を入力します。

4

アパート/階

アパート名や階層を入力します。

5

郵便番号

郵便番号を入力します。

6

国番号

国際電話における国番号を入力します。例えば、日本の電話をお使いであれば「81」と入力します。

7

電話番号

携帯電話番号を入力します。

メール

メールアドレスを入力します。

手順4

引き続き、リアル口座登録に必要な情報を入力していきます。全て入力し終えたら、「リアル口座開設」をクリックします。

GeneTradeのリアル口座登録画面 GeneTradeのリアル口座登録画面

番号

項目名

説明

1

口座タイプ

スタンダードアカウント・マイクロアカウントのどちらかを選びます。

2

口座通貨

口座の基軸通貨を選びます。

3

口座レバレッジ

口座で使用するレバレッジを選択します。

4

ニュースレーターの受け取り

ニュースレターや特別オファーが必要であればチェックを入れます。

5

利用規約の同意

チェックを入れます。

手順5

GeneTradeから、登録したメールアドレスにメールが届きます。「こちらのページ」をクリックしてメール認証を行います。

メール認証画面

手順6

「サインイン」をクリックします。

メール認証完了画面

手順7

会員エリアのログイン画面に移行するので、MT4口座番号とパスワードを入力してログインを行います。パスワードは先ほど設定したものを入力し、MT4口座番号は新たに届いたメールに記載されているものを使います。

メール画面
GeneTrade会員エリアログイン画面

下記画面が表示されればリアル口座登録は完了です。次に、アカウント認証による口座の有効化を行います。

GeneTrade会員エリア

アカウント認証による口座の有効化

アカウント認証による口座の有効化には、下記書類が必要となるため事前に準備をします。

提出する書類 書類の種類 説明
身分証明書 運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど フルネーム、住所、生年月日、納税者番号などが記載されたもの。
居住証明書 公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話など)、銀行取引明細書など 現住所が証明でき、かつ発行より6か月以内の日付記載がある書類に限ります。

身分証明書

書類の種類 運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど
説明 フルネーム、住所、生年月日、納税者番号などが記載されたもの。

居住証明書

書類の種類 公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話など)、銀行取引明細書など
説明 現住所が証明でき、かつ発行より6か月以内の日付記載がある書類に限ります。

手順1

GeneTradeの会員エリアにログインし、「口座を有効化する」をクリックします。

GeneTradeの会員エリア GeneTradeの会員エリア

手順2

身分証明書を提出します。パスポート・運転免許証・マイナンバーカードなどの身分証明書類を、スマートフォンのカメラなどで撮影し、データを取り込んでアップロードします。

GeneTradeの口座有効化画面

手順3

居住証明書を提出します。6か月以内に発行された、日付と現住所の記載がある公共料金の請求書明細(電気、ガス、水道、電話など)など、住所を証明できる書類をスマートフォンのカメラなどで撮影し、データを取り込んでアップロードします。

GeneTradeの口座有効化画面

提出した書類と入力した情報を基に、本人確認の審査が行われます。1営業日ほどで審査が終了し、アカウント認証完了のメールが届くと、口座が有効になり取引を始めることができます。

GeneTradeならFX取引に集中できる

GeneTrade(ジェネトレード)は、シンプルな口座タイプや取り扱い銘柄に加えて、他社に引けを取らない最大1,000倍のレバレッジや、ボーナスを取り揃えている海外FXブローカーです。

口座タイプ スタンダード、マイクロ
レバレッジ 1,000倍
取引ツール MetaTrader4
取り扱いボーナス
入金不要口座開設ボーナス:10,000円
全入金75%ボーナス:最大5,000ドル相当
取扱銘柄
【FX/通貨ペア】:57
【CFD/貴金属】:2
サポート 平日:24時間(日本語対応)

GeneTradeは2014年に設立された海外FXブローカーで、ベリーズ(IFSC)から認可を受けた金融ライセンスを取得済みです。日本でのサービス提供開始は2018年からで、知名度はまだまだ低いブローカーですが、日本語に対応した迅速なサポートを提供しています。

口座タイプや取扱銘柄が非常にシンプルなため初心者でも取引を始めやすく、10,000円相当の口座開設ボーナスで、入金せずともすぐにFX取引が始められるメリットもあります。シンプルゆえに独自性は低いブローカーですが、FX取引へ集中したい人にはオススメです。


Date

作成日

 : 2022.09.27

Update

最終更新

 : 2022.09.27

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル