Select Language

FX中級者以上が活用するマルチタイムフレーム分析とは?

FX中級者以上が活用するマルチタイムフレーム分析とは?

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.12.19 15:57
FX中級者以上が活用するマルチタイムフレーム分析とは?

update 2023.12.19 15:57

「マルチタイムフレーム分析」は相場の世界で長く生き残っているトレーダーが当たり前のように活用している分析方法のひとつです。

FXで相場環境を認識するために役立つマルチタイムフレーム分析について、分析例を交えながら、考え方や便利なインジケータの導入方法について解説していきます。

マルチタイムフレーム分析とは?

マルチタイムフレーム分析とは、マルチタイムという名の通り複数の時間軸を用いて行うチャート分析方法を指します。頭文字をとって「MTF分析」と表記される場合もあります。

マルチタイムフレーム分析とは

マルチタイムフレーム分析では、多くの場合、長期・中期・短期、3つの時間軸のチャートが使用されます。

一般的に、長期や中期のチャートで取引環境の認識を行い、短期足でエントリータイミングを計ります。

なぜマルチタイムフレーム分析を使用するのか?

複数の時間足でチャート分析を行う事は、面倒な作業と感じるかもしれません。しかし、マルチタイムフレーム分析によるメリットは多数あります。そこで、主な3つのメリットについて解説します。

長期足に逆らわないエントリーができる

一つの時間足だけを見ていると、その時間足では順張りでも、上位足に対しては逆張りになってしまう場合があります。この場合、思ったように利益が伸びなかったり、思わぬ逆行に巻き込まれたりするリスクが伴います。

長期足に逆らわないエントリー

マルチタイムフレーム分析を行うことで、中長期的なトレンドを把握することができます。一般的に、マーケットでは短期より長期のトレンドのほうが優位性が高いとされています。

そのためマルチタイムフレーム分析を使用し、中長期のトレンドに沿ったトレードを行うことで、短期足だけを見ているトレーダーよりも有利に取引を進めやすくなります。

長期で意識されている価格帯を把握できる

マルチタイムフレーム分析を行うことで、一つの時間足では見逃してしまうかもしれない、長期にわたり意識されているサポートやレジスタンスといった重要な価格帯を把握しやすくなります。

このような強いサポートやレジスタンスを把握することで取引において予想外の逆行を避けることができます。

スキャルピングやデイトレードといった、比較的保有時間が短いトレード方法でもマルチタイムフレーム分析は欠かさず行うことが大切です。

point サポートライン・レジスタンスラインとは

サポートライン・レジスタンスラインは、価格の値動きにおける上限と下限を示す水平線です。サポートラインは価格下落の局面で反発する価格を表し、レジスタンスラインは価格上昇の局面で抵抗となる価格を表します。

視野が広がり目先の値動きに翻弄されにくくなる

マルチタイムフレーム分析を行うことで、チャートを見る際の視野が広がり目先の値動きに翻弄されにくくなるというメリットがあります。

マルチタイムフレーム分析では、複数の時間足でチャート分析を行うため、相場の全体像やトレンドの方向性を把握することができます。これにより短期的な価格変動に惑わされずトレードシナリオを建てやすくなります。

例えば、デイトレ―ドを行う場合、5分足や15分足のチャートだけではなく、1時間足や4時間足のチャートを分析することで、上位足と下位足のトレンドが一致しているかどうかを判断しやすくなります。順張りでトレードを行うのであれば、下位足と上位足のトレンドが揃うまで待つことができるでしょう。

マルチタイムフレーム分析を上手く活用し、広い視野でチャートを見るよう心がけましょう。

マルチタイムフレーム分析の例

マルチタイムフレーム分析では、基本的に長期足から順に複数の時間足のチャートを分析していきます。実際のチャートをもとに、マルチタイムフレーム分析の流れを確認していきましょう。

長期足(週足・日足)の考え方

マルチタイムフレーム分析の長期足
マルチタイムフレーム分析の長期足

週足を見ると、現在のレートは直近安値付近に差し掛かっていることが確認できます。さらに、この価格帯は過去の上昇の際にレジスタンスになっています。このことから、今回の下落に対し強いサポートラインとして機能する可能性があります。

日足では安値を切り下げ続けており、下降トレンドの最中です。しかし、週足のサポートラインが近いため安易に日足の流れに沿ってショートを仕掛けると、反発の上昇に巻き込まれる恐れがあります。

今回の分析では、上位足を確認することで一旦ショートエントリーを見送ることができます。

中期足(4時間足・1時間足・30分足)の考え方

マルチタイムフレーム分析の中期足 マルチタイムフレーム分析の中期足

中期足でも長期足と同じく、移動平均線の傾きや、高値安値の切り上げ・切り下げを確認することで、トレンドの判別を行います。長期と中期が同じ方向を向いているとトレンドが継続、異なる方向を向いている場合は今後トレンドが転換する可能性が考えられます。

また、直近の高値と安値は意識されやすいポイントの一つです。そのため、中期の高値や安値が利確の目標や損切のラインに設定されることが多々あります。参考としてオレンジ丸が高値、青丸が安値を示しています。

ただし、このチャートの場合、長期足の分析において、週足では重要な価格帯に差し掛かっていることが分かっています。直近安値までを利確目標とした順張りのショートか、安値付近からの逆張りでロングを狙うかの2つのシナリオが建てられそうです。

短期足(30分足・15分足・5分足・1分足)の考え方

マルチタイムフレーム分析の短期足 マルチタイムフレーム分析の短期足

短期足では、上位足の分析をもとにエントリータイミングを計る際に利用されることが多いです。短期足のプライスアクションやローソク足の形状などを参考にするのも効果的でしょう。

今回のチャートでは、長期足は下降傾向であることが見られたので、短期足の高値圏でショートのスキャルピングや、安値をブレイクしてからデイトレードやスイングトレードのタイミングを計るのが良さそうです。

初心者脱却!MTF分析でトレードの質を上げる方法と注意点

マルチタイムフレーム(MTF)分析を活用することでよりトレードの質を上げることができます。ここでは、マルチタイムフレームを使った相場での立ち回り方法と注意点を解説します。

トレードの立ち回りを決めておく

マルチタイムフレーム分析を使うことで詳細なシナリオを組むことができます。自分がどの時間足に従ってエントリーするか、どうなったらエントリーし、どうなったら決済するかまで事前に決めておきましょう。

例えば、長期足・中期足のトレンドが揃った時にエントリーを検討するとします。その場合、決済の基準を「中期足のトレンドが終了したとき」とあらかじめ立ち回りを決めておきます。

この方法であれば、大きな損失を避けられる可能性が上がり、トレンドが継続する限り利益を伸ばし続けることができます。

このように、あらかじめ立ち回りを決めておくことによって、短期的な値動きに惑わされることなく、一貫したトレードを行いやすくなります。

point トレンドは下位足から転換していく

トレンドの転換は下位足から上位足へと波及していきます。下位足の方がトレンドの転換が早く起こります。下位足のトレンド転換が、必ずしも上位足のトレンド転換につながるわけではありませんが、上位足の転換のきっかけとなる可能性があるので、注視すると良いでしょう。

シナリオ継続中はよそ見をしない

マルチタイムフレーム分析で複数の時間軸を分析するとしても、FXには様々な時間足があり、その組み合わせ方も様々です。時間足の組み合わせを決めてトレードシナリオを立てた場合、できる限りそのシナリオに従うようにしましょう。

例えば日足、1時間足、15分足を活用してトレードをすると決めた場合は、同一取引中は決めた時間足だけを見るようにします。他の時間足を見てしまうとトレードシナリオが揺らいでしまうことがあるため注意が必要です。

マルチタイムフレーム分析をするための環境を整えよう

MT5を使った複数チャートの表示方法

ここではMT5を使用してマルチタイムフレーム分析をする方法を簡単に説明します。

手順1:複数のチャートを表示

まずはMT5に複数のチャートを表示しましょう。気配値表示の通貨ペアを右クリックして、「チャートウインドウ」を押すことでチャートが表示されます。

マルチタイムフレーム分析複数チャート表示 マルチタイムフレーム分析複数チャート表示

手順2:表示の修正

チャートを表示したら、画面上メニューの「ウインドウ」から表示したチャートを整列することができます。また左上の「M1〜MN」の表示を選択することで、チャートの時間足を変更できます。

マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列 マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列

インディケータの導入方法

手順1:インディケータの選択

まずは使用したいインディケータを選びます。「表示」から「ナビゲータ」を表示させます。

マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列 マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列

ナビゲータ内の「指標」をクリックすると「トレンド系」「オシレータ―」等のフォルダが表示されます。これらのフォルダをクリックすることで、使用できるインディケータの一覧を見ることができます。

マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列 マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列

フォルダはインディケータのジャンルによって分けられています。例えば「Moving Average(移動平均線)」であれば、トレンド系のフォルダ中に入っています。

手順2:インディケータの導入

使用するインディケータが決まったら、次はチャートに導入していきます。例えば「Moving Average(移動平均線)」を導入したい場合は、任意のチャートに「Moving Average」を直接ドラッグ&ドロップします。

マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列 マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列

チャートにドラッグ&ドロップすると、設定画面が表示されます。「Moving Average」の場合は「期間」「種別」「スタイル(移動平均線の色)」等を好みに合わせて変更することができます。設定完了後「OK」をクリックすればチャート上に「Moving Average」が表示されます。

マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列 マルチタイムフレーム分析の複数チャート整列

トレード補助ツールを活用してみよう

MT4やMT5では、外部で入手したファイルをインストールすることで、様々な機能を追加することができます。Myforexでは、マルチタイムフレーム分析を補助するためのインジケータとして、2種類の上位足インディケータを提供しています。

上位足インディケータ種類 利用可能なテクニカル指標
トレンド系 移動平均線・パラボリックSAR・ボリンジャーバンド
オシレーター系 MACD・RSI・ストキャスティクス

Myforexの上位足インディケータを導入すると、一つのチャートに上位足の移動平均線・パラボリックSAR・ボリンジャーバンド、またはMACD・RSI・ストキャスティクスを表示できます。一枚のチャートでマルチタイムフレーム分析ができることが最大のメリットです。

インディケータは以下のページからダウンロード可能です。

参照:上位足インディケータ(トレンド系) | Myforex™(マイフォレックス)
上位足インディケータ(オシレーター系) | Myforex™(マイフォレックス)

Date

作成日

2023.12.15

Update

最終更新

2023.12.19

Myforex編集スタッフーFX担当ー

短期が中心のトレーダーや中長期が中心のトレーダー、元プロップトレーダー、インジケーターやEAの自作を行うエンジニアなどが在籍。資金を溶かした失敗や専業トレーダーに転身した経験など、実体験も踏まえてコンテンツを制作している。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル