Select Language

現役トレーダーポンドマンが12月のポンド相場を予想!

現役トレーダーポンドマンが12月のポンド相場を予想!

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.12.14 10:00
現役トレーダーポンドマンが12月のポンド相場を予想!

update 2021.12.14 10:00

こんにちは。2020年は年次利益4,000万円を達成した現役トレーダーのポンドマンです。11月のポンド相場は、対ドルでも対円でも下降トレンドとなりましたね。FX相場全体がドル高の大きな影響を受けた結果といえるでしょう。

それを踏まえて、12月からのポンド相場はどうなるのかについて、ポンドマンの独自分析をご紹介します!

12月のポンド円予想

comment

ポンド買い要因と円売り要因の両方から12月のポンド円は上昇を考えています!

ポンド円の上昇を予想

ポンドの買い要因

ポンドは12月の英中銀(BOE)金融政策で利上げ期待が高まっています。利上げ期待が高まるにつれて、ポンド高につながると考えています。また、利上げをした上で、さらに追加利上げの可能性が残るようであれば、さらにポンドは上昇余地を残すでしょう。

円の売り要因

円は日銀がハト派姿勢を継続することが見えており、円安トレンドが継続すると考えています。燃料資源価格の高止まりによる貿易赤字も円安トレンドの追い風となっています。

上記で説明をした様に、ポンド買い要因と円売り要因が組み合わさり、ポンド円は高い確率で上昇すると予想しています。

英国の地政学リスクに注意

comment

英国の地政学リスクによるポンド売りや、リスクオフ相場による円買いなどには注意しましょう。

英国の地政学リスクで特に注意しておきたいものは、北アイルランド議定書の改定と英仏漁業権問題です。どちらの問題も悪化すると離脱協定の破棄に繋がる可能性があり、離脱協定の破棄となれば2016年以降のポンド円安値更新の可能性も出てくるほど下落する可能性があります。

英国のリスク以外でも、世界にはリスクオフ要因がいくつかあり、リスクオフが進んだ場合は安全資産としての円買いが進む可能性があります。リスク要因で注意しておきたいものは中国リスクとコロナ感染拡大リスク、トルコリラショック、ベラルーシやポーランドなどの東欧リスクが考えられます。どれかに火がつくとリスクオフ相場になり円高が進む可能性があります。

ポンド円のチャート分析

では、ポンド円の週足・日足のチャートをみていきましょう。

ポンド円の週足と日足 ポンド円の週足と日足

どちらも、上昇トレンド内で推移しているのがわかります。

利上げ期待が高まり、問題なく推移していけば、下記の3つの価格帯をターゲットに見ています。

  • 第1ターゲット:156円
  • 第2ターゲット:158円
  • 第3ターゲット:161円
ポンド円の上値ターゲット

156円付近には抵抗帯があるため、一度反発する可能性があります。もしきれいに抜けた場合はかなり上値が伸びていくのではないでしょうか。

逆にリスクオフ要因によりポンドが下落した場合は、下記の価格付近で買いを仕込んでいく予定です。

  • 第一押し目ポイント:152円
  • 第二押し目ポイント:150.8円
  • 第三押し目ポイント:148.5円
ポンド円の下値ターゲット
comment

152円付近では11月に2度反発しており、12月にこの価格が来た際も反発すると考えています!

その下は10月の大きな上昇の機転となっている、150.8円でも反発を予想しています。150.8円は4月、7月、8月、9月でも反発しており、かなり下値が固いと思っています。150.8円付近になれば積極的に買っていこうと思っています。

12月のポンドドル予想

comment

12月のポンドドルは、ポンド買い要因とドル買い要因が拮抗して、方向感が出にくいレンジ相場になると考えています!

ポンドドルの上昇を予想

ポンドの買い要因

ポンドの買い要因は、ポンド円で分析したものと同様です。

ポンドは12月の英中銀(BOE)金融政策で利上げ期待が高まっています。利上げ期待が高まるにつれて、ポンド高につながると考えています。また、利上げをした上で、さらに追加利上げの可能性が残るようであれば、さらにポンドは上昇余地を残すでしょう。

ドルの買い要因

ドル買い要因としては、米国の高いインフレによって利上げが行われるのではないかと予想されている点があります。来年の利上げ観測が高まればドル買いが進むと考えています。

ポンド円と同様、英国の地政学リスクには気を付けておきましょう。

ポンド円はトレンドがくっきり

ポンド円は上昇を予想、ポンドドルはレンジを予想しています。トレンドフォローが得意なトレーダーは、ポンド円をトレードしてみるのがいいでしょう。また、レンジ相場狙いでポンドドルをトレードするという選択肢もあります。

ファンダメンタル要因に十分注意しつつ、12月のトレードもがんばりましょう!


Date

作成日

2021.12.03

Update

最終更新

2021.12.14

ポンドマン | Pond Man

現役大学生トレーダー

arrow
ポンドマン

英ポンドを中心にトレードを行う大学生トレーダーで、2021年の合計利益は4,000万円にのぼる。公式Twitterでもテクニカル分析等の情報発信を行い、フォロワー数は5,000人以上。ファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせた手法を用い、Myforexでは月初にポンド通貨ペアの戦略を連載している。

【運営メディア】
https://www.easthillfx.co.jp/column/

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル