Select Language

その他

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

update2024.05.14 10:30

2024年5月のポンド相場は、英中銀の金融政策発表に注目!目次[非表示]5月のポンド円予想円安はどこまで進むのか!?ポンド円のチャート分析5月のポンドドル予想 FRBの利下げ先送り、来年に持ち越しでドル買い!ポンドドルのチャート分析ポンドのファンダメンタルズ分析5月のポンド円予想円安圧力でポンド円は上昇予想だが、介入には警戒円安はどこまで進むのか!?5月のポンド円は、どこまで円安が進むのかチキンレースの展開が続くと予想しています。円安が進む中で4月に開催された日銀金融政策決定会合では、国債買い入れを含めた緩和政策を維持することが決定されました。植田日銀総裁は記者会見で「円安によるインフレへの影響は一時的」と円安を容認するような発言をしたことが、さらに円安を後押ししています。鈴木財務相は「介入の環境が整ったと捉えられてもいい」とマーケットに警告を出していますが、ドル円が155円を超えて、160円にタッチしても介入が実施されていない状況です。円安の影響によりポンド円も上昇し、一時200円を記録しており、このまま円安が進めば200円台に乗せてさらに上昇する可能性があります。ただし、円買い介入はいつ実施されてもおかしくない状況です。もし介入が実施されればポンド円も急落するため、介入を警戒しながらのチキンレース展開が予想されます。一方で、円買い介入で一時的に下落したとしても円安基調は変わらないため、長期的には介入で下げた分は戻す展開を予想しています。したがって、円買い介入に注意しながらポンド円買いを考えています。介入に関してはドル円の水準と鈴木財務相や神田財務官、植田日銀総裁などの要人による発言に注意しています。ドル円に関しては、4月29日に介入(の疑いのある動き)のキッカケになった160円が一旦のポイントだと考えています。160円が近付いた時点で介入が疑わしい動きをしないかチェック、かつ口先介入のレベル感にも注意しておきたいと思います。円買い介入とのチキンレースの中でポンド円買いポンド円のチャート分析4月末時点の、ポンド円日足チャートです。4月のポンド円は上昇トレンドを描いています。画像引用:Tradingview押し目の第1ターゲット:196.1円押し目の第2ターゲット:192.4円押し目の第3ターゲット:189.8円画像引用:Tradingview戻りの第1ターゲット:200.6円戻りの第2ターゲット:205.3円戻りの第3ターゲット:212.7円5月のポンドドル予想 上値が重いポンドと底堅いドルでポンドドルはレンジまたは下落予想!FRBの利下げ先送り、来年に持ち越しでドル買い!5月のポンドドル相場は、上値の重いポンドと底堅い米ドルの組み合わせで、ジリジリ下げていく展開を予想しています。米国は強い経済と根強い物価高で利下げ先送り観測が出てきています。3月の時点では6月利下げが濃厚でしたが、4月29日時点では、7月FOMC(米連邦公開市場委員会)での利下げ確率は約3割、9月FOMCでの利下げ確率は約6割となっています。また一部エコノミストの間では、年内利下げ1回もしくは来年に先送りされるのではないかと噂されています。仮に噂通り利下げが1回もしくは来年に先送りされた場合、米金利は高いまま欧州や英国が利下げを進めることで金利差が拡大し、米ドル買いが進むと考えられます。利下げの先送りに関して、FRB(米連邦準備制度理事会)は物価以外にも強い雇用市場について触れています。雇用市場に緩みが見えてくるようであれば利下げ観測が出てくると思います。したがって、5月第1週に発表される雇用指標(JOLTS求人件数、ADP雇用統計、NFP雇用統計)の結果に注目しています。雇用指標の結果が強いものであれば米金利は上昇し、利下げの先送り観測がさらに高まると考えています。また雇用指標の結果を受けて、FOMCメンバーの発言がどのように変化するのかにも注目です。利下げ先送りに関する発言が出てくるようであれば、ドル買いが進むと思われます。加えて、中東リスクなどによるエネルギー価格の上昇にも注意しておきたいと思います。エネルギー価格の上昇は米国のインフレ要因となります。リスクオフが進み、原油価格の上昇などが進んだ場合はドル買いが進む可能性があるので注意しておきたいと考えています。利下げ先送り観測とリスクオフによるドル買いに注目です。ポンドドルのチャート分析4月末時点での、ポンドドルの日足チャートです。4月のポンドドルは、下落トレンドを描いたものの、反騰しています。画像引用:Tradingview押し目の第1ターゲット:1.246押し目の第2ターゲット:1.227画像引用:Tradingview戻りの第1ターゲット:1.272戻りの第2ターゲット:1.288ポンドのファンダメンタルズ分析5月のポンド相場は、ポンドの上値が重くなってくると予想しています。注目ポイントは英中銀(BOE)金融政策発表と、同時に発表されるインフレーションレポート、4月CPI(消費者物価指数)の結果です。5月9日に英中銀の金融政策発表が予定されており、据え置きが予想されています。3月の金融政策発表では英国中央銀行金融政策委員会(MPC)メンバー9名のうち8名が据え置き支持、1名が0.25%の利下げを支持していました。5月の金融政策発表でどこまで利下げ支持が増えているのかが注目されています。利下げ支持が順調に増えていれば、6月利下げの可能性が高まります。声明文や記者会見で6月利下げが示唆されるのではないかと注目されていることもあり、6月利下げが濃厚となればポンド売りが加速すると思われます。また5月9日の金融政策発表では、四半期に一度のインフレーションレポート(物価・経済見通し)が同時に発表されます。2月に発表されたインフレーションレポートと比べて下方修正されていると利下げ時期の前倒し、利下げ回数の増加などにつながりポンド売りが加速すると考えられます。マーケットの予想では6月利下げの可能性が高まってきており、ポンドの上値が重くなってきている中で、5月の金融政策発表次第で6月利下げが既定路線となると見られています。最終的には5月に発表される4月CPIの結果で物価低下が確認できれば、利下げが確定的になると考え、ポンドは上値の重い展開が続くと予想しています。金融政策発表で6月利下げの可能性に注目しています。
TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

update2024.05.10 19:45

TradingView(トレーディングビュー)がデモトレードコンテスト「The Leap」を開催しています。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。The Leapではデモトレード口座(ペーパートレード口座)を使用して順位を競うため、資金を用意する必要はありません。実力次第では、高額賞金を獲得できる可能性があります。一方で、今回のコンテストではさまざまな条件が設定されており、場合によっては取引を継続できなくなることもあります。参加を検討している人は、詳細をしっかりチェックしておきましょう。目次[非表示]The Leapの概要上位入賞者には総額45,000ドルの賞金を授与The Leapへの参加方法The Leapの注意点TradingViewとはトレード資金獲得のチャンスThe Leapの概要The Leapの開催期間は2024年5月1日から5月30日までです。5月15日までエントリーを受け付けています。開催期間2024年5月1日〜5月30日エントリー期間2024年5月1日〜5月15日参加資格トレード開始日の30日前までに有料プランに加入したユーザー対象銘柄OANDA:ユーロドルOANDA:S&P500OANDA:ゴールドCOINBASE:ビットコインドルCOINBASE:イーサリアムドルCOINBASE:ソラナドルその他の条件デモ口座の実現損益で順位を決定期間中に10日以上取引対象となるユーザーは、有料プランを契約しているユーザーです。今回のコンテストに参加するには、トレード開始日の30日前までに有料プランに加入しておく必要があります。順位はデモ口座の実現損益をもとに決定します。本物の資金を使用するわけではないため、トレード初心者にも参加しやすいイベントといえるでしょう。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金を授与上位5名のユーザーには賞金が贈られます。前回のコンテストと比較して、今回は賞金総額が2倍に引き上げられました。順位賞金1位25,000ドル2位10,000ドル3位5,000ドル4位3,000ドル5位2,000ドル1位のトレーダーには25,000ドルが贈られます。2位に入賞した場合は10,000ドルと高額な賞金を獲得できる点が今回のコンテストの特徴です。賞金は銀行振込かPayPalで送金されます。The Leapへの参加方法The Leapにエントリーする方法を説明します。先述のとおり、取引開始日の30日前までに有料プランに加入しておく必要があります。参加申し込みの最終日である5月15日から30日以内に加入したユーザーは、今回のコンテストに参加できないので注意しましょう。手順1有料プランに加入済みのアカウントで、TradingView(トレーディングビュー)にログインします。TradingViewにログイン手順2TradingView公式サイトのThe Leapページにアクセスし、「The Leapに参加する」をクリックします。The LeapページにアクセスThe Leapの注意点The Leapには、いくつか注意すべきポイントがあります。過度に頻繁な取引は禁止コンテスト終了時にポジションは自動的に決済入賞の連絡から5日以内に返答がない場合は別の入賞者を選出過度に頻繁な取引が確認された場合、デモ口座へのアクセスが1時間禁止されます。また、1分間に60回以上の注文・処理が行われた場合は、デモ口座へアクセスできなくなるので注意しましょう。また、コンテスト終了時に保有中のポジションはすべて決済され、実現損益としてカウントされます。含み損のあるポジションを保有している場合は、コンテスト終了時に順位が下がる可能性がある点に留意しておく必要があります。入賞者は、TradingView(トレーディングビュー)より通知される予定です。しかし、連絡後5日以内に返答がない場合は、別の入賞者が選出され、賞金を受け取れなくなるので注意しましょう。TradingViewとはTradingView(トレーディングビュー)は、全世界6,000万人に利用されている人気のチャート分析ツールです。機能性の高さやインジケーターの豊富さがユーザーに支持されています。プラン料金(月額・年払い)特徴Basic無料最低限の機能を無料で利用できるEssential12.95ドル広告が非表示になり、分単位のヒストリカルの表示が可能。Plus24.95ドルチャートデータのエクスポートに対応。Premium49.95ドル秒足を表示できるほか、無期限のアラートの設定が可能。料金(月額・年払い)Basic無料Essential12.95ドルPlus24.95ドルPremium49.95ドル特徴Basic最低限の機能を無料で利用できるEssential広告が非表示になり、分単位のヒストリカルの表示が可能。Plusチャートデータのエクスポートに対応。Premium秒足を表示できるほか、無期限のアラートの設定が可能。TradingViewのプランを比較上記のプランのほか、さらに多機能なプロフェッショナルプランも用意されています。有料プランでは広告が表示されなくなるほか、上位のプランになるほど、同時に表示できるチャート数やインジケーター数、設定可能なアラート数が増加します。また、プランごとに利用できる/できない機能があり、上位のプランほど多機能です。30日間はお試しで使用できるので有料プランの契約を考えている方は、トライアル期間を利用して使い勝手を確認してみると良いでしょう。トレード資金獲得のチャンスThe Leapでは、順位に応じて2,000~25,000ドルの賞金が授与されます。トレードの腕に自信がある人はもちろん、これからFXを始める人は賞金をトレード資金に充てることもできます。TradingView(トレーディングビュー)の有料プランを契約しているユーザーであれば、参加しない手はないでしょう。また、TradingViewは多くのトレーダーに使用されているツールです。大規模なユーザーコミュニティも構築されており、日々新しいインジケーターが公開されています。多機能で使い勝手の良いチャート分析ツールを探している人は、TradingViewを試してみると良いでしょう。

その他

表示件数:

全件数: 1062 1/54

1 2 3 4 5 next
  1. リピート注文その1|最良の取引戦略の1つリピート注文とは

    リピート注文その1|最良の取引戦略の1つリピート注文とは

    リピート注文(グリッドトレード)は、インディケータに関する知識を必要としないシンプルな手法です。注文を設定した後は、単純なルールに従って行動するだけです。

  2. TradingViewで複数条件のアラート設定は可能?活用例を紹介

    TradingViewで複数条件のアラート設定は可能?活用例を紹介

    TradingViewで「2つ以上の条件を同時に満たした時に通知するアラートを設定する」にはPineスクリプトの編集が必須です。一方で「いずれかの条件が当てはまる場合のアラート通知」は、プランのアップグレードで対応可能です。

  3. 利下げ期待の高まりで上値が重くなる展開!現役トレーダーポンドマンが4月のポンド相場を予想!

    利下げ期待の高まりで上値が重くなる展開!現役トレーダーポンドマンが4月のポンド相場を予想!

    現役トレーダーのポンドマンが、4月のポンド相場を解説します。円安圧力と介入警戒から、ポンド円はレンジ予想です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。

  4. TradingViewのスケール自動設定の方法!ログスケールについても解説

    TradingViewのスケール自動設定の方法!ログスケールについても解説

    TradingViewでは設定変更後にチャートが圧縮されてしまったり、スクロール時にローソク足が画面から消えてしまったりする問題があります。このような表示問題は、スケールの自動設定機能を利用することで簡単に解決可能です。

  5. 海外FX業者の口座開設手順を徹底調査|IB向きの業者を選ぶ基準

    海外FX業者の口座開設手順を徹底調査|IB向きの業者を選ぶ基準

    海外FX業者によって口座開設時に必要な手順は異なります。したがってIBに向いている海外FX業者を選ぶ1つの基準として、口座開設手順についても考慮する必要があるのです。Myforexでは各海外FX業者における口座開設時の入力項目数を調査しました。

  6. TradingViewに通貨強弱を表示する方法を解説!無料インジケーターの見方や設定方法とは

    TradingViewに通貨強弱を表示する方法を解説!無料インジケーターの見方や設定方法とは

    TradingViewにおいて無料で利用できる通貨強弱インジケーターの見方と設定方法を解説します。チャート分析と組み合わせることでトレンド予測がより正確になります。またヒートマップや通貨インデックスなどTradingViewの公式ツールも紹介します。

  7. プロップファームとは? 報酬の仕組み・参加条件・おすすめの業者を紹介

    プロップファームとは? 報酬の仕組み・参加条件・おすすめの業者を紹介

    近年、日本でもプロップファームのサービスを提供する業者が増えています。プロップファームでは、個人トレーダーが会社の資金を使ってトレードができ、トレード利益の一部を報酬として受け取れます。この記事では、プロップファームについて詳しく解説します。

  8. 金融政策発表に方向感なくとも底堅い推移!現役トレーダーポンドマンが3月のポンド相場を予想!

    金融政策発表に方向感なくとも底堅い推移!現役トレーダーポンドマンが3月のポンド相場を予想!

    現役トレーダーのポンドマンが、3月のポンド相場を解説します。実需による円安圧力とポンドの底堅さから、ポンド円はレンジまたは上昇する予想です。またドルとポンドの底堅さにより、ポンドドルはレンジになると予想しています。

  9. MTF分析に役立つMyforexのインディケーター

    MTF分析に役立つMyforexのインディケーター

    MTF分析は、裁量トレードをする上で必須といっても過言ではない考え方の1つです。とはいえ、複数の時間足を常に監視するのは取引初心者の方にとっては大変かと思います。この記事では、MTF分析に役立つMyforexのインディケーターを画像付きで複数紹介します。

  10. FXにインジケーターはいらない?使用しないメリット・デメリットを解説

    FXにインジケーターはいらない?使用しないメリット・デメリットを解説

    「FXにインジケーターはいらない」といわれている理由を説明します。初心者の中には、肯定派・否定派どちらの意見を参考にすべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。裁量トレードの中でインジケーターをどのように扱うべきか、使用しないメリット・デメリットなども解説します。

  11. TradingViewのリプレイとは?過去のチャートを検証する方法を解説

    TradingViewのリプレイとは?過去のチャートを検証する方法を解説

    TradingViewのリプレイの基本操作を解説します。リプレイを使用すれば、高機能チャートを活用した過去検証が可能です。描画ツールを用いて予測チャートを描く方法など、具体的な過去検証のやり方なども紹介します。

  12. FXで勝っている人の割合は? 勝てるようになるための方法も解説

    FXで勝っている人の割合は? 勝てるようになるための方法も解説

    複数のデータを基にFXで勝っている人の割合や傾向、勝っている人と負けている人の特徴について詳しく解説します。FXで勝つためのヒントも知ることができるので、現在勝てていない人も参考にしてみて下さい。

  13. TradingView​​のトレンド分析のコツ!自動描画インジケータの選び方と活用法

    TradingView​​のトレンド分析のコツ!自動描画インジケータの選び方と活用法

    TradingViewのトレンドライン自動描画インジケータを6つ紹介します。初心者向けにトレンドライン自動描画ツールを使ったトレンド分析のポイントや、TradingViewインジケータの設定方法も分かりやすく解説します。

  14. TradingViewの自動チャートパターン検出ツールの使い方を解説

    TradingViewの自動チャートパターン検出ツールの使い方を解説

    TradingViewの自動チャートパターン検出ツールは、主要なチャートパターンを自動検出してチャート上に表示するインジケーターです。この記事では、自動チャートパターン検出ツールの利用方法、各チャートパターンの基本的な見方を紹介します。

  15. BigBossでのIB報酬の過払いが判明|報酬体系や今後について

    BigBossでのIB報酬の過払いが判明|報酬体系や今後について

    MyforexでBigBossのIB報酬のチェックを行った結果、プロスプレッド口座においてIB報酬が余分に支払われていたことが判明しました。IB報酬の過払いが発生した背景や今回の件に対するBigBossの対応について解説します。

  16. インフレーションレポートの見通し修正に注目!現役トレーダーポンドマンが2月のポンド相場を予想!

    インフレーションレポートの見通し修正に注目!現役トレーダーポンドマンが2月のポンド相場を予想!

    現役トレーダーのポンドマンが、2月のポンド相場を解説します。マイナス金利解除の期待後退による円安圧力から、ポンド円はレンジまたは上昇する予想です。またドル安と底堅いポンドにより、ポンドドルはレンジまたは上昇すると予想しています。

  17. 【無料】TradingViewサインツールの選び方と勝率アップのコツ

    【無料】TradingViewサインツールの選び方と勝率アップのコツ

    TradingView初心者でも、徐々にトレードのスキルを高めていけるようなサインツールの選び方、おすすめの無料サインツールを紹介します。サインツールとは、エントリーやトレンド転換などのサインを表示するインジケータの一種です。

  18. Milton MarketsのIB報酬が反映されない!?サポートから聞いた条件について解説

    Milton MarketsのIB報酬が反映されない!?サポートから聞いた条件について解説

    MyforexでMilton MarketsのIB報酬のチェックを行った結果、報酬の発生条件に該当しているはずなのに報酬ゼロの取引があることが判明しました。公式HPで公開されていなかったIB報酬が発生しない条件について解説します。

表示件数:

全件数: 1062 1/54

1 2 3 4 5 next

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル