Select Language

【IMMポジション】ユーロ、ネットポジションが大幅増

世界のFXニュース

【IMMポジション】ユーロ、ネットポジションが大幅増

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.25 16:32
【IMMポジション】ユーロ、ネットポジションが大幅増

update 2021.08.25 16:32

円とポンド、ネットポジションが減少

米商品先物取引委員会(CFTC)は8月20日、17日火曜日時点の建玉報告を公表した。[1]シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)通貨先物市場における投機筋の通貨別ポジションは下記の通り。

円、ネットポジションが減少

円は対ドルで6万3,208枚の売り越し(ネットショート)であった。ネットポジションは先週比で2,551枚の減少となる。尚、3月16日時点で約1年ぶりに円ショートに転じて以降、円の売り越しは23週間続いている。

IMMドル円ネットポジション

画像引用:MQL5経済指標カレンダーのCFTC JPY投機筋ポジション

建玉別の増減率を見ると、買い建玉(円ロング)が前週比マイナス24.9%、売り建玉(円ショート)はマイナス6.8%となった。

【円ポジション】

建玉 先週 今週 増加率
ロング 36,684 27,532 -24.9%
ショート 97,341 90,740 -6.8%
ネット -60,657 -63,208 -

【円ポジション】

ロング
先週 今週 増加率
36,684 27,532 -24.9%
ショート
先週 今週 増加率
97,341 90,740 -6.8%
ネット
先週 今週 増加率
-60,657 -63,208 -

16日の週初は、アフガニスタンの地政学リスクや米中の軟調な経済指標、米10年債利回りの急低下などを受け、リスクオフの動きが強まった。また、新型コロナウイルス(COVID-19)の変異株であるデルタ株感染が世界的に広がっていることもリスク回避の円買いに繋がり、16日にドル円は週間安値となる109円11銭まで下落した。しかしながら、その後はセントルイス地区連銀のブラード総裁のタカ派的発言に加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で年内のテーパリング(量的緩和の縮小)開始が示唆されたことなどを受け、一転してドルが買われる展開となった。19日にドル円は週間高値となる110円23銭まで上昇した。もっとも、来週にジャクソンホール会合を控えていることからポジション調整の動きも出て、週末20日は109円80銭近辺まで下落して取引を終えている。

ユーロ、ネットポジションが70%増

ユーロは対ドルで5万7,640枚の買い越し(ネットロング)となった。ネットポジションは先週比で23,783枚の大幅増加となる。これまで8週連続でネットポジションが減少していたが、IMM集計後の18日にFOMC議事録の発表を控え、ポジション調整の動きが出た模様だ。

IMMユーロネットポジション

画像引用:MQL5経済指標カレンダーのCFTC EUR投機筋ポジション

建玉別の増減率を見ると、買い建玉(ロング)が前週比プラス9.7%、売り建玉(ショート)はマイナス1.7%となった。ロングポジションが増加する一方、ショートポジションが減少したことにより、ネットポジションの大幅増に繋がった。

【ユーロポジション】

建玉 先週 今週 増加率
ロング 212,809 233,529 9.7%
ショート 178,952 175,889 -1.7%
ネット 33,857 57,640 -

【ユーロポジション】

ロング
先週 今週 増加率
212,809 233,529 9.7%
ショート
先週 今週 増加率
178,952 175,889 -1.7%
ネット
先週 今週 増加率
33,857 57,640 -

ユーロドルは、16日の週初早々に週間高値となる1.1802ドルまで上昇した。しかしながら、その後はデルタ株の感染拡大懸念やアフガニスタンの地政学リスクなどを受けた世界的な株安により、リスク回避ムードが広がったことがユーロ売り・ドル買いに繋がった。また、ユーロ圏4-6月期域内総生産(GDP、改定値)が市場予想を下回った他、米国の早期テーパリング観測が再燃したことなどにより、ユーロは大きく売り込まれる展開となった。週末20日にかけて、ユーロドルは2020年11月4日以来の安値水準となる1.1664ドルまで下落して取引を終えた。

ポンド、ネットポジションが34%減

ポンドは対ドルで4,651枚の買い越し(ネットロング)となった。ネットポジションは先週比で2,419枚の大幅減少となる。

IMMポンドネットポジション

画像引用:MQL5経済指標カレンダーのCFTC GBP投機筋ポジション

建玉別の増減率を見ると、買い建玉(ロング)がマイナス6.4%、売り建玉(ショート)はマイナス1.1%となった。

【ポンドポジション】

建玉 先週 今週 増加率
ロング 44,750 41,898 -6.4%
ショート 37,680 37,247 -1.1%
ネット 7,070 4,651 -

【ポンドポジション】

ロング
先週 今週 増加率
44,750 41,898 -6.4%
ショート
先週 今週 増加率
37,680 37,247 -1.1%
ネット
先週 今週 増加率
7,070 4,651 -

16日の週のポンドドルは、ほぼ週間を通じて売りに押される展開となった。世界的な新型コロナウイルスの感染再拡大やアフガニスタンの政情不安に加え、米中の経済指標が冴えない結果であった。これらを受け、投資家は運用リスクが取れず、より安全なドルが買われる一方でポンドが売られる展開となった。また、18日に発表された英7月消費者物価指数(CPI)が、前年同月比2.0%の上昇と、上昇率は前月の2.5%から縮小した他、20日に公表された英7月小売売上高も市場予想を下回った。これらの結果を受け、英イングランド銀行(中央銀行)は大規模金融緩和策の早期縮小を急がないとの見方が浮上したことも、ポンド売りを誘ったようである。週末20日にかけて、ポンドドルは約1ヶ月ぶりの安値水準となる1.3602ドルまで売られて取引を終えた。

ユーロとNZドル以外でネットポジションが減少

円(JPY)、ユーロ(EUR)、ポンド(GBP)、豪ドル(AUD)、スイスフラン(CHF)、カナダドル(CAD)、NZドル(NZD)の7通貨では、ユーロとNZドルを除き、ネットポジションが減少した。その他の通貨のポジションは下記の通り。

【その他通貨ポジション】

通貨 建玉 先週 今週 増加率
AUD ロング 57,323 64,169 11.9%
ショート 106,636 114,536 7.4%
ネット -49,313 -50,367 -
CHF ロング 18,537 14,354 -22.6%
ショート 8,859 8,807 -0.6%
ネット 9,678 5,547 -
CAD ロング 45,445 46,499 2.3%
ショート 38,980 43,839 12.5%
ネット 6,465 2,660 -
NZD ロング 17,295 16,674 -3.6%
ショート 18,327 16,909 -7.7%
ネット -1,032 -235 -

【AUDポジション】

ロング
先週 今週 増加率
57,323 64,169 11.9%
ショート
先週 今週 増加率
106,636 114,536 7.4%
ネット
先週 今週 増加率
-49,313 -50,367 -

【CHFポジション】

ロング
先週 今週 増加率
18,537 14,354 -22.6%
ショート
先週 今週 増加率
8,859 8,807 -0.6%
ネット
先週 今週 増加率
9,678 5,547 -

【CADポジション】

ロング
先週 今週 増加率
45,445 46,499 2.3%
ショート
先週 今週 増加率
38,980 43,839 12.5%
ネット
先週 今週 増加率
6,465 2,660 -

【NZDポジション】

ロング
先週 今週 増加率
17,295 16,674 -3.6%
ショート
先週 今週 増加率
18,327 16,909 -7.7%
ネット
先週 今週 増加率
-1,032 -235 -

release date 2021.08.23

出典元:

ニュースコメント

ユーロは対ドルで年初来安値を更新

ユーロは対ドルで冴えない展開が続いている。19日には節目の1.1700ドルを大きく割り込み、年初来安値となる1.1664ドルまで売り込まれた。米国では、18日に公表されたFOMC議事要旨で年内のテーパリング開始が示唆された他、FOMCメンバーによるタカ派的な発言が相次いでいる。一方、欧州では欧州中央銀行(ECB)がインフレの一時的な上振れを容認し、現行の大規模金融緩和策を堅持しており、米欧の金融政策スタンスの格差は鮮明なものとなっている。また、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、市場ではECBが2022年3月までとしているパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を延長する可能性もあると指摘する声も上がっている。加えて、メルケル首相が退任を表明しているドイツの連邦議会選挙が9月に予定される中、同国の政局を巡る不透明感が高まっていることもユーロの不安定化に繋がっているようである。欧米の金融政策スタンスの格差が意識される他、これら複数のリスク要因が浮上する中、ユーロは引き続き弱含む展開が続きそうだ。


Date

作成日

 : 2021.08.23

Update

最終更新

 : 2021.08.25

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

Bybitが国内銀行振込手数料無料キャンペーンを実施

Bybit(バイビット)は11月8日より、「国内銀行振込」での日本円での仮想通貨の購入に際して手数料無料のキャンペーンを開始しました。期間限定のキャンペーンで、12月8日午後2時30分(日本時間)まで開催されるということです。
update2021.11.12 21:00

Bybitが遂に「柴犬コイン(SHIB)」の取り扱いを開始

2021年10月21日より、仮想通貨取引所Bybitのデリバティブ取引で通貨ペア「SHIB1000/USDT」の取引が開始されました。この記事では、これに加えて、柴犬コインとその他6つの新たに取り扱いが始まった通貨について解説しています。
update2021.10.28 21:00

メタバース銘柄「REAL」がBybitローンチパッドに登場!

2021年12月2日、Bybitがローンチパッド第6弾の開催を発表しました。今回のトークンは、Solana初のメタバース「Realy Metaverse」で使用されるトークン「REAL」です。
update2021.12.06 21:00

Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

2021年11月25日、Bybitがローンチパッド第5弾の開催を発表しました。今回のトークンは、分散型取引所(DEX)の「Symbiosis Finance」で使用されるSISです。
update2021.11.26 21:00

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

2021年12月2日、Bybitはシンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)を積立ステーキング(預け入れるだけで毎日仮想通貨をもらえるサービス)に採用しました。
update2021.12.07 21:00

Binanceがポルカドットのパラチェーンスロットオークションに対応

ポルカドット(DOT)がスロットオークションを開催しています。バイナンス(Binance)経由で参加するとメリットが大きいので、DOTスロットオークションとは何か、参加するにはどうすれば良いのかについて確認しましょう。
update2021.11.18 20:00

【特集】Bybitで注目のクラウドマイニングを徹底解説!

今、大手仮想通貨取引所であるBybit(バイビット)が注目されていることをご存知でしょうか。 Bybitは、2018年3月に設立された仮想通貨取引所で、日本を含め世界130ヵ国以上にサービスを展開しています。
update2021.10.20 20:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンをBybit・Gate.ioで購入する方法

「BitDAO」のガバナンストークンとして、注目を集めているBITトークンは、BybitやGate.ioなどの取引所で購入できます。
update2021.12.03 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する