Select Language

分散型取引所dYdXの使い方をイチから解説!注意点も紹介

分散型取引所dYdXの使い方をイチから解説!注意点も紹介

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.08.13 13:16
分散型取引所dYdXの使い方をイチから解説!注意点も紹介

update 2023.08.13 13:16

分散型取引所(DEX)のdYdXでは、入金後はウォレットをつなぐだけでトレードを行えます。プラットフォームはシンプルであり、基本的な操作は感覚的に行えます。

しかし、DEXであることに不安を感じる人もいるでしょう。注文画面には一般的な取引所と異なる部分もあり、戸惑う人もいるかもしれません。そこで当記事では、注文方法ごとの操作方法を解説します。

dYdXの取引機能の特徴

dYdXで利用できるのは、永久先物契約や無期限契約と呼ばれる取引です。永久先物契約とは、現物のやり取りをせず、差益の獲得を目的とした取引です。「買い」「売り」という2つの取引が1セットとして行われます。

Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)と比較しながら、dYdXのトレード機能の特徴を見ていきましょう。

point 現物取引は2023年に実装か

2022年11月現在、dYdXでは現物(スポット)取引を行えません。しかし、2023年には現物取引に対応する可能性があります。取引機能は開発中のブロックチェーン「dYdX V4」に移される予定であり、移行後には現物取引への対応が計画されています。

取引手数料

dYdXの取引手数料は、30日間の取引量が10万ドルに達するまで無料となります。取引量は30日ごとにリセットされるため、手数料は継続的にお得になります。

30日間の取引高が10万ドル以上になると、取引手数料が発生します。手数料額は取引量に応じて変動する仕組みです。

30日間の取引量(ドル) 手数料
10万以上100万未満
メイカー:0.02%
テイカー:0.05%
100万以上500万未満
メイカー:0.015%
テイカー:0.04%
500万以上1,000万未満
メイカー:0.01%
テイカー:0.035%
1,000万以上5,000万未満
メイカー:0.005%
テイカー:0.03%
5,000万以上2億未満
メイカー:0%
テイカー:0.025%
2億以上
メイカー:0%
テイカー:0.02%
30日間の取引量(ドル) 手数料
10万以上100万未満
メイカー:0.02%
テイカー:0.05%
100万以上500万未満
メイカー:0.015%
テイカー:0.04%
500万以上1,000万未満
メイカー:0.01%
テイカー:0.035%
1,000万以上5,000万未満
メイカー:0.005%
テイカー:0.03%
5,000万以上2億未満
メイカー:0%
テイカー:0.025%
2億以上
メイカー:0%
テイカー:0.02%

BinanceやBybitの取引手数料を確認してみると、dYdXの取引手数料は中央集権取引所と遜色のない水準であるとわかります。

通常時の取引手数料 手数料
Binance
(30日間取引高1,500万ドル未満)
メイカー:0.02%
テイカー:0.04%
Bybit
(30日間取引高が1,000万ドル未満)
メイカー:0.01%
テイカー:0.06%

支払った手数料に応じて仮想通貨(暗号資産)DYDXが受け取れる仕組みや、一定以上の金額を入金すればガス代が無料になる仕組みも採用されています。手数料を抑えやすい点はdYdXの魅力でしょう。Twitter(ツイッター)上では手数料に関するポジティブな意見が複数見られました。

スプレッド

スプレッドとは売値と買値の値幅です。値幅が広いと不利な価格でトレードすることになるので、スプレッドは実質的な手数料と考えられます。2022年11月22日に確認できた、dYdXとBybitのスプレッドは以下の通りです。

通貨ペア dYdX Bybit
BTCUSD 1 USD 0.5 USD
ETHUSD 0.1 USD 0.05 USD
SOLUSD 0.006 USD 0.005 USD
MATICUSD 0.0005 USD 0.0001 USD

BTCUSD

dYdX 1 USD
Bybit 0.5 USD

ETHUSD

dYdX 0.1 USD
Bybit 0.05 USD

SOLUSD

dYdX 0.006 USD
Bybit 0.005 USD

MATICUSD

dYdX 0.0005 USD
Bybit 0.0001 USD

dYdXのスプレッドは極端に広いというわけではありませんが、Bybitと比べると広いようです。

レバレッジ

dYdXではレバレッジをかけることができます。かけられる最大レバレッジは、以下のように銘柄によって異なります。

仮想通貨 最大レバレッジ
BTC 20倍
ETH 20倍
その他の銘柄 10倍

Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)では、最大レバレッジが100倍以上です。これと比較すると最大レバレッジは低めですが、ある程度のレバレッジをかけられるのは嬉しいポイントでしょう。

point 強制決済機能も搭載

dYdXではレバレッジによる大きな損失を防ぐため、強制決済機能を搭載しています。銘柄によって証拠金維持率が異なり、残高がマイナスになった場合は「Insurance Fund」と呼ばれる基金によって、マイナス残高が補われます。

対応銘柄

dYdXが取り扱っている銘柄数は37種類です。BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)、SOL(ソラナ)、ADA(カルダノ)、MATIC(マティック)などの主要銘柄が中心となっています。

200前後の銘柄に対応しているBinanceやBybitと比べると、dYdXでトレード可能な銘柄は少数です。ただし、一般的に分散型取引所(DEX)は取扱銘柄数が多くありません。2022年11月22日における、主要なDEXの対応銘柄数は以下の通りです。

取引所名 銘柄数
dYdX 37種類
Kine Protocol 20種類
ApplloX(DEX) 50種類以上
Perpetual Protocol 17種類

DEXの中で比較すると、dYdXの取扱銘柄数は中程度です。

point トレード以外のサービスは?

dYdXでは景品ありのトレードバトルに参加できます。常時開催であり、5つのレベルに分かれているので、初心者でも比較的参加しやすいものとなっています。

現状のdYdXでは現物取引や資産運用はできません。以前はステーキングを利用できましたが、2022年11月時点では廃止となっています。

dYdXでの新規注文の方法

dYdXで利用可能な永久先物契約では、新規注文と決済注文という2つの注文を出し、差益を狙うことになります。まずは新規注文の出し方を解説します。

手順1

以下のリンクからdYdX公式サイトにアクセスします。

dYdX公式サイト link

手順2

ウォレットをコネクトできていない場合、「始める」をクリックして先に接続を行います。

dYdXの公式サイトトップページ

ウォレットの接続方法は別の記事で解説しています。なお、ウォレット接続時にテストネットを選択すれば、架空の資金を用いてトレード機能を試用できます。

手順3

トレード画面を表示させるために「取引」をクリックします。さらに、銘柄を選ぶために表示された通貨ペアをクリックします。

dYdXで「すべてのマーケット」を選択 dYdXで「すべてのマーケット」を選択

手順4

取引したい銘柄を選択します。

dYdXのBTC-USDの取引 dYdXのBTC-USDの取引
point タイムゾーンの設定方法

チャートのタイムゾーンは自由に変更できます。変更するには、チャートの右下にある歯車マークをクリックしてください。表示されるメニューをスクロールして「Time zone」を選び、希望する設定をクリックします。

dYdXのチャートのタイムゾーンの設定方法 dYdXのチャートのタイムゾーンの設定方法

手順5

銘柄選択後は新規注文を出します。dYdXで新規注文を出す際は、基本的に指値注文または成行注文を用います。

種類 内容
指値注文 指定のレートに達したら購入する予約注文
成行注文 発注時点で売買可能なレートで即時購入する注文

指値注文

指値注文を行う場合は以下のように操作し、「指値注文」ボタンをクリックします。

dYdXのBTC-USD取引で指値を指定して注文 dYdXのBTC-USD取引で指値を指定して注文

番号

項目名

説明

1

注文方法

「指値」を選択します。

2

「買い」
または「売り」

買いで参入するなら「買い」、売りで参入するなら「売り」を選択します。

3

数量

取引数量を入力します。USDのボタンを押すと、単位をUSDに切り替えられます。

4

指値

取引を行いたい価格を入力します。

5

アドバンスト

クリックすると、細かな設定ができるようになります。

「アドバンスト」クリック後に設定可能になる項目を紹介します。なお、いずれも設定は任意です。

項目名 説明
Time In Force(TIF) Good Til Time(有効期限)、FOK注文、即時またはキャンセルから選択できます。
有効期限 Good Til Timeを選択した場合に入力できます。入力した期限を超えると、注文は自動でキャンセルされます。
Post-Only Good Til Timeを選択した場合に表示されます。クリックして有効化すると、より有利な手数料「メイカー手数料」が適用されます。
リデュースオンリー リデュースオンリーが有効な注文は、保有ポジションを決済する場合にのみ約定します。新規でポジションを持ちたい場合は無効にします。
項目名 説明
Time In Force(TIF) Good Til Time(有効期限)、FOK注文、即時またはキャンセルから選択できます。
有効期限 Good Til Timeを選択した場合に入力できます。入力した期限を超えると、注文は自動でキャンセルされます。
Post-Only Good Til Timeを選択した場合に表示されます。クリックして有効化すると、より有利な手数料「メイカー手数料」が適用されます。
リデュースオンリー リデュースオンリーが有効な注文は、保有ポジションを決済する場合にのみ約定します。新規でポジションを持ちたい場合は無効にします。
point FOK注文・IOC注文とは

「FOK注文」や「IOC注文(即時またはキャンセル注文)」は、注文が執行される条件を細かく指定できる機能です。

FOK注文を指定した場合、一度に全数量が約定しないと注文は実行されません。注文時の最も有利な価格でのみ約定させたいときに使います。成行注文時にIOC注文を指定した場合、注文時の最良価格で約定する数量だけ約定し、最良価格で約定しない数量はキャンセルとなります。

成行注文

成行注文を行う場合は以下のように操作し、「成行注文」ボタンをクリックします。

dYdXのBTC-USD取引で成行注文 dYdXのBTC-USD取引で成行注文

番号

項目名

説明

1

注文方法

「成行」をクリックします。

2

「買い」
または「売り」

買いで参入するなら「買い」、売りで参入するなら「売り」を選択します。

3

数量

取引数量を入力します。USDのボタンを押すと、単位をUSDに切り替えられます。画面下の「レバレッジ」からも設定可能です。

4

レバレッジ

直接入力やスライダー・ボタンの操作でレバレッジを指定できます。

5

アドバンスト

クリックすると「リデュースオンリー」の設定を行えます。リデュースオンリーが有効な注文は、保有ポジションを決済する場合にのみ約定します。新規でポジションを持ちたい場合は無効にします。

6

トリガー

クリックすると、損切りや利益確定の指値を設定できる画面になります。

point 損切りや利益確定の指値

成行注文時に設定した損切りや利益確定の指値は、注文後に変更できません。

この点を承知した上で設定する場合は「トリガー」をクリックし、「ストップロス」や「利益を確定する」に数値を入力します。そして、「トリガーの追加」をクリックして設定を完了させます。

dYdXのBTC-USD取引で成行注文時にトリガーを指定 dYdXのBTC-USD取引で成行注文時にトリガーを指定

最後に「成行注文」ボタンをクリックすると、注文が実行されます。

手順6

注文は画面右下で確認できます。保有中のポジションは「ポジション」タブ、未約定の注文は「注文」タブ内に記載されます。保有中のポジションは、画面左上の「ポートフォリオ」をクリックした先の画面からも確認可能です。

dYdXのBTC-USD取引で成行注文を実施 dYdXのBTC-USD取引で成行注文を実施

dYdXでの成行決済の方法

成行注文を用い、保有ポジションを即座に決済する方法を紹介します。なお、特定の価格に到達した際に決済したい場合、「逆指値」というメニューを使って注文します。

手順1

上部の「取引」をクリックして、画面左上に表示された通貨ペアをクリックします。そして、決済したいポジションに対応する銘柄を選択します。

dYdXで決済したいポジションを選択 dYdXで決済したいポジションを選択

手順2

チャート下の「ポジション」タブ内にある「ポジションをクローズ」ボタンをクリックします。

dYdXのBTC-USDポジションをクローズ dYdXのBTC-USDポジションをクローズ

手順3

画面左側に決済したい数量を「数量」欄に入力します。そして「ポジションをクローズ」ボタンをクリックすると、その場で決済注文が実行されます。

dYdXのポジションをクローズ画面 dYdXのポジションをクローズ画面

dYdXの「逆指値」の使い方

一定の条件を満たした場合に保有ポジションを決済したいなら、「逆指値」メニューの注文方法を用います。逆指値メニューからは、以下の5種類の注文方法を選べます。

  • ストップリミット
  • ストップマーケット
  • トレーリングストップ
  • 利益確定指値
  • 利益確定成行

いずれの取引方法を選ぶ場合でも、決済したいポジションとは反対の注文を選択する必要があります。決済したいポジションが「買い」で参入した注文なら、逆指値では「売り」を選択してください。

手順1

上部の「取引」をクリックして、画面左上に表示された通貨ペアをクリックします。そして、決済したいポジションに対応する銘柄を選択します。

dYdXで決済したいポジションを選択 dYdXで決済したいポジションを選択

手順2

画面左側の「逆指値」ボタンをクリックします。5種類の注文方法が表示されるので、利用したいものを選択します。

dYdXで逆指値注文を選択 dYdXで逆指値注文を選択

注文方法の概要はそれぞれ以下の通りです。

種類 内容
ストップリミット 市場価格より不利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると、指値注文が出され、損切り等の役割を果たします。
ストップマーケット 市場価格より不利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると成行注文が出され、損切り等の役割を果たします。
トレーリングストップ 価格が有利な方向に動いたときのみ、逆指値注文も有利な方向に動きます。一方向に動く相場で効果を発揮します。
利益確定指値 市場価格より有利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると、指値注文が出され、利益確定の役割を果たします。
利益確定成行 市場価格より有利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると成行注文が出され、利益確定の役割を果たします。
種類 内容
ストップリミット 市場価格より不利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると、指値注文が出され、損切り等の役割を果たします。
ストップマーケット 市場価格より不利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると成行注文が出され、損切り等の役割を果たします。
トレーリングストップ 価格が有利な方向に動いたときのみ、逆指値注文も有利な方向に動きます。一方向に動く相場で効果を発揮します。
利益確定指値 市場価格より有利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると、指値注文が出され、利益確定の役割を果たします。
利益確定成行 市場価格より有利な価格をトリガーとして設定します。相場がトリガーに達すると成行注文が出され、利益確定の役割を果たします。
caution 選択後も表示は変わらない

逆指値メニューの中にある5種類のうちどれかをクリックしても、「逆指値」という文言は変わりません。注文自体は行えますが、表示が変わらない点には注意しましょう。

手順3

ストップリミット

ストップリミット注文は損切り等の目的で利用されます。注文を行うには各項目を入力し、「ストップリミットを注文」ボタンをクリックします。

dYdXでストップリミットを実施 dYdXでストップリミットを実施

番号

項目名

説明

1

注文方法

「逆指値」メニューの中の「ストップリミット」を選択します。

2

「買い」
または「売り」

買いポジションを保有しているなら「売り」、売りポジションを保有しているなら「買い」を選択します。

3

数量

決済数量を入力します。

4

トリガー価格

指値注文を出す価格を入力します。

5

指値USD

トリガー価格に達すると出される指値注文の指値価格を設定します。

6

許容スリッページ

「トリガー価格」と「指値USD」の差がパーセンテージで表示されます。許容スリッページの設定により指値USDの数値を調整することもできます。

7

アドバンスト

クリックすると、細かな項目の設定が可能になります。

「アドバンスト」クリック後には、以下項目を設定できるようになります。いずれの設定も任意です。

項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値ですが、変更可能です。
執行 「デフォルト」「FOK注文」「即時またはキャンセル」「Post-Only」から選択します。「デフォルト」を選んで一部数量のみ約定した場合、残りの数量は有効期限切れ、またはキャンセルされるまで注文として残り続けます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。
項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値ですが、変更可能です。
執行 「デフォルト」「FOK注文」「即時またはキャンセル」「Post-Only」から選択します。「デフォルト」を選んで一部数量のみ約定した場合、残りの数量は有効期限切れ、またはキャンセルされるまで注文として残り続けます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。

ストップマーケット

ストップマーケットは、損切り等の目的で利用されます。注文する場合、各項目を設定し、「ストップマーケットを注文」ボタンをクリックしてください。

dYdXでストップマーケットを実施 dYdXでストップマーケットを実施

番号

項目名

説明

1

注文方法

「逆指値」メニューの中の「ストップマーケット」を選択します。

2

「買い」
または「売り」

買いポジションを保有しているなら「売り」、売りポジションを保有しているなら「買い」を選択します。

3

数量

決済数量を入力します。

4

トリガー価格

ポジションを決済したい値段を入力します。

5

アドバンスト

クリックすると、細かな設定が可能になります。

項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値です。
執行 「即時またはキャンセル」または「FOK注文」を選択できます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。
項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値です。
執行 「即時またはキャンセル」または「FOK注文」を選択できます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。

トレーリングストップ

トレーリングストップを設定する場合は、以下のように操作し、「トレーリングストップを注文」をクリックします。

dYdXでトレーリングストップを実施 dYdXでトレーリングストップを実施

番号

項目名

説明

1

注文方法

「逆指値」メニューの中の「トレーリングストップ」を選択します。

2

「買い」
または「売り」

買いポジションを保有しているなら「売り」、売りポジションを保有しているなら「買い」を選択します。

3

数量

決済数量を入力します。

4

トレーリング割合

取引開始時の仮想通貨価格と損切り注文の間の価格差を%で設定します。損切り注文の位置は、仮想通貨価格に応じて変わります。

5

アドバンスト

クリックすると、細かな設定が可能になります。

point トレーリングストップの損切り注文

トレーリングストップの損切り注文は、仮想通貨価格に応じて位置を変えます。

仮想通貨価格が含み益増加方向に動く場合のみ、損切り注文の位置も動いて、注文時に指定した差が維持されます。仮想通貨価格が含み損増加方向に動く場合は、損切り注文は移動せず、現在値が損切り注文に達したら成行で決済されます。

「アドバンスト」クリック後、以下項目の設定ができるようになります。いずれの設定も任意です。

項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値ですが、変更可能です。
執行 「即時またはキャンセル」または「FOK注文」を選択できます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。
項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値ですが、変更可能です。
執行 「即時またはキャンセル」または「FOK注文」を選択できます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。

利益確定指値

利益確定指値は、特定の価格で利益を確定させるために使います。利用する場合、必要な項目を設定して「利益確定指値を注文」ボタンをクリックします。

dYdXで利益確定指値を実施 dYdXで利益確定指値を実施

番号

項目名

説明

1

注文方法

「逆指値」メニューの中の「利益確定指値」を選択します。

2

「買い」
または「売り」

買いポジションを保有しているなら「売り」、売りポジションを保有しているなら「買い」を選択します。

3

数量

決済数量を入力します。

4

トリガー価格

指値注文を出す価格を入力します。

5

指値USD

トリガー価格に達すると出される指値注文の指値価格を設定します。

6

許容スリッページ

トリガー価格と指値USDの差がパーセンテージで表示されます。許容スリッページに数値を入力して指値USDの数値を調整することもできます。

7

アドバンスト

クリックすると、細かな設定が可能になります。

「アドバンスト」クリック後、以下項目の設定ができるようになります。いずれの設定も任意です。

項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値です。
執行 「デフォルト」「FOK注文」「即時またはキャンセル」「Post-Only」から選択します。「デフォルト」を選んで一部数量のみ約定した場合、残りの数量は有効期限切れ、またはキャンセルされるまで注文として残り続けます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。
項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値です。
執行 「デフォルト」「FOK注文」「即時またはキャンセル」「Post-Only」から選択します。「デフォルト」を選んで一部数量のみ約定した場合、残りの数量は有効期限切れ、またはキャンセルされるまで注文として残り続けます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは有効になっています。

利益確定成行

利益確定成行は保持ポジションの利益確定に使う取引方法です。利用する場合は必要な項目を設定し、「利益確定成行を注文」ボタンをクリックします。

dYdXで利益確定成行を実施 dYdXで利益確定成行を実施

番号

項目名

説明

1

注文方法

「利益確定成行」を選択します。

2

「買い」
または「売り」

買いポジションを保有しているなら「売り」、売りポジションを保有しているなら「買い」を選択します。

3

数量

決済数量を入力します。

4

トリガー価格

ポジションを成行で決済させる値段を入力します。

5

アドバンスト

クリックすると、細かな設定が可能になります。

「アドバンスト」クリック後、以下項目の設定ができるようになります。いずれの設定も任意です。

項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値です。
執行 「即時またはキャンセル」または「FOK注文」を選択できます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは「有効」になっています。
項目名 説明
有効期限 注文内容の有効期間を設定できます。28日間が既定値です。
執行 「即時またはキャンセル」または「FOK注文」を選択できます。
リデュースオンリー 新規ポジションを持ちたくなく、決済時にのみ約定してほしい場合は有効にします。デフォルトでは「有効」になっています。

dYdXの取引機能における注意点

板情報を確認でき、7種類の注文方法を利用できるdYdXですが、利用する上で注意しておきたい点もあります。

理解しづらい用語がある

dYdXには、一般的な意味とは違った意味合いで使われる用語があります。例えば、逆指値はより不利な価格を指定して注文する方法です。しかしdYdXでは、主に利益確定や損切りに利用される注文をまとめて「逆指値」としています。

dYdXにはテストネットが用意されています。各機能を理解するためにデモトレードを利用してみるのも良いでしょう。

制限される機能がある

dYdXではBinance(バイナンス)やBybit(バイビット)と比べて、制限される機能があります。

両建て

dYdXでは、同じ通貨ペアで両建てができません。ロングポジションとショートポジションを同時に持とうとした場合、相殺されて1つのポジションになります。両建てにより一時的に損益を固定するといった戦略がとれないため、自由度が制限されます。

レバレッジ

成行での新規注文時と異なり、指値で新規注文を行う場合レバレッジを調節する機能が表示されません。また、最大レバレッジが銘柄によって20倍または10倍であり、海外の中央集権型取引所と比較すると低い数値となっています。

利確や損切りの指値

指値で新規注文を行う場合、利益確定や損切りの指値を設定できません。成行で新規注文をする際は利確や損切りの指値を設定できますが、注文後に指値価格を変更できない点に使いづらさを感じる人もいるでしょう。

point 利確や損切りの注文はチャートで確認

利益確定や損切りのための注文は、ポートフォリオ画面などからは確認できません。これらの注文はチャート上で確認することになります。

処理能力が不十分な恐れがある

2022年11月時点のdYdXでは、1秒あたり10件の取引と1,000件の注文やキャンセルを処理可能です。2023年に移行予定の次期バージョンでは処理能力が上がる見通しながら、現状では処理能力不足に陥る可能性も考えられます。

Twitter(ツイッター)を確認する限り、これまでは処理の遅れが大きな問題になっていないようです。また、マイナス残高に陥ったアカウントの救済に用いる基金があり、これらは安心材料になりますが、処理能力に懸念がある点は把握しておきましょう。

自分で資金を管理できるのが魅力

現状、分散型取引所(DEX)の機能には、中央集権型取引所(CEX)と比べて劣る部分もあります。しかし、第三者による介入を受けずに資産を管理できるという魅力もあります。DEXが良いかCEXが良いかは意見が分かれますが、最大級のDEXであるdYdXを利用してみて、それから判断するのも良いかもしれませんね。


Date

作成日

2022.12.01

Update

最終更新

2023.08.13

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

2017年に初めてビットコインを購入し、2020年より仮想通貨投資を本格的に開始。国内外のメディアやSNSなどを中心に、日々最新情報を追っている。ビットコインへの投資をメインにしつつ、DeFiを使って資産運用中。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨SUI(スイ)に対応したウォレットの作り方|ウォレットの種類や機能も解説

Mysten Labsが開発するレイヤー1ブロックチェーン「Sui Network」上では、さまざまなWeb3アプリが開発・提供されています。アプリを利用する際に必要となるのが、SUIウォレットです。主なSUIウォレットの種類や機能、作り方、SUIウォレットのリスクなどを解説します。
New
update2024.04.12 20:00

仮想通貨SAGAの将来性は?Web3開発者向けプラットフォームの評判や仕組みを解説

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、レイヤー1プロトコルSagaのネイティブトークンです。Sagaは、開発者がWeb3プロジェクトを簡単にローンチできるプラットフォームとして機能します。
update2024.04.11 20:00

Titan FXが上限額なしのGW無限キャッシュバックキャンペーンを開催!

Titan FX(タイタンエフエックス)が2024年4月22日から「GW無限キャッシュバック」キャンペーンを開催します。入金額と取引量の条件を満たしたユーザーが、期間内であれば条件を満たす度に何度でも、上限額なしで無制限にキャッシュバックを受け取れるという内容です。
update2024.04.05 21:00

Mantle Rewards Stationとは?MNTステーキングの仕組みやmShardsについて解説

Mantleが「Mantle Rewards Station」というキャンペーンを開催しました。ユーザーは仮想通貨MNTをステーキングすると、mShardsというレシートトークンを獲得でき、将来的に仮想通貨ENAと交換できます。
update2024.04.05 20:30

IS6FXがウェルカムボーナスをリニューアル!

IS6FXが、新規ユーザーを対象とするウェルカムボーナスのリニューアルを発表しました。従来のウェルカムボーナスとは異なり、リニューアル後は初回から3回目の入金までボーナスが付与されます。
update2024.04.05 20:00

TradingViewで複数条件のアラート設定は可能?活用例を紹介

TradingViewで「2つ以上の条件を同時に満たした時に通知するアラートを設定する」にはPineスクリプトの編集が必須です。一方で「いずれかの条件が当てはまる場合のアラート通知」は、プランのアップグレードで対応可能です。
update2024.04.05 19:00

利下げ期待の高まりで上値が重くなる展開!現役トレーダーポンドマンが4月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、4月のポンド相場を解説します。円安圧力と介入警戒から、ポンド円はレンジ予想です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.04.04 21:00

バイナンスジャパンのシンプルアーンとは?仮想通貨の運用方法や各銘柄の利率を解説

国内取引所のバイナンスジャパンでは、シンプルアーンと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)の運用サービスを利用できます。当記事では、シンプルアーンの特徴や取扱い銘柄、利用方法などを解説します。
update2024.04.04 19:30

Land Primeが春の100%SPボーナスを開催!

Land Primeが、2024年4月1日から春の100%SPボーナスを開催します。キャンペーン期間は5月31日までの2ヶ月間です。期間中にボーナス対象口座へ入金すると、100%のクレジットボーナスを最大100万円まで受け取れます。ただし、ボーナスの申請には条件があります。
update2024.04.03 20:30

仮想通貨(暗号資産)関連のセミナーは怪しい?詐欺手口や被害に遭わないための対策を解説

近年、仮想通貨関連の詐欺が増えており、セミナーに参加させて仮想通貨への投資を勧誘する事例もあります。この記事では、セミナーを利用した詐欺手口や事例、詐欺に遭わないための対策、詐欺に遭ってしまった場合の対処法を解説していきます。
update2024.04.03 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル