Select Language

Huobi(旧Huobi Global)は日本居住者向けサービスを停止していない?

Huobi(旧Huobi Global)は日本居住者向けサービスを停止していない?

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.16 15:30
Huobi(旧Huobi Global)は日本居住者向けサービスを停止していない?

update 2023.03.16 15:30

Huobi(フォビ、旧Huobi Global)は、2018年12月31日に日本居住者向けのサービス提供を停止すると発表しました。そして2019年1月、金融庁の規制下にあるHuobi Japan(フォビジャパン)が正式に取引所サービスを開始しました。

しかし、2022年10月から12月にMyforex編集部が調べた結果、日本居住者もHuobiの利用が可能であると考えられる状況でした。日本居住者もHuobiでアカウントを作成できる状態です。

日本居住者向けサービス停止を発表

2018年6月、Huobi(フォビ、旧Huobi Global)は日本居住者向けのサービス終了を告知しました。さらに、利用可能なサービスを以下のように制限することも発表しました。

  • 2018年11月26日:入金を停止
  • 2018年12月31日:注文・取引の利用を停止
  • 2019年1月1日以降:出金にのみ対応

サービス停止にはどのような意図があったのでしょうか。

サービス停止の理由

Huobiの日本居住者向けのサービス停止については、規制に準拠するための判断だと説明されています。

2017年4月、日本では改正資金決済法が施行されました。これにより、Huobiのような国外の企業であっても、金融庁・財務局の登録を受けなければ、日本居住者向けに暗号通貨交換サービスを提供できなくなったのです。

金融庁の登録基準の厳格化が日本市場参入の障壁となっている背景から、金融庁に登録済みのビットトレードの買収に踏み切ったと考えられます。

point 無登録業者の利用は違法?

金融庁の登録を受けていない仮想通貨(暗号資産)取引所は、日本居住者向けに営業してはいけないとされています。しかし、2022年12月7日時点では、自己責任で無登録業者を使うことは制限されていません。

無登録の業者は自由度の高いサービスを提供できます。そのため、無登録の業者を好むユーザーも少なくはありません。

Huobiグループの日本再進出

Huobiのサービス停止とともに、Huobiグループは日本居住者向けのサービス提供の準備を進めていました。サービス提供に関する動きをまとめると、以下のようになります。

  • 2018年9月:金融庁登録済みのビットトレード株式会社の買収が報じられる
  • 2018年12月17日:口座開設と日本円の入出金サービスが開始
  • 2019年1月8日:取引所サービスが正式に開始
  • 2019年1月18日:ビットトレード(※1)がサービスを停止

Huobiグループは日本市場から一時的に撤退し、2019年にHuobi Japan(フォビジャパン)として再進出しました。

point Binanceも登録業者買収で日本進出

Binance(バイナンス)はコンプライアンス強化を重視しており、世界各国でライセンスを取得しています。その流れで2022年11月30日、金融庁登録業者であるサクラエクスチェンジビットコインを買収し、日本市場に参入しました。

日本居住者向けサービスは停止中?

2018年12月、Huobi(フォビ、Huobi Global)は日本居住者向けのサービス提供停止を発表しています。しかし、2022年10月から12月にMyforex編集部で確認してみたところ、停止しているとは言い切れない状態でした。

アクセス時に警告は出ない

Huobiがサービス提供を行う「huobi.com」へは、日本居住者であっても問題なくアクセスできます。

サービス対象外の地域からアクセスするとページに警告が出ることもありますが、日本からHuobi Globalの公式ページにアクセスしても注意などはされません。Huobi Japan(フォビジャパン)のサービスページに遷移することもありません。

日本語や日本円に対応している

huobi.comの言語設定や通貨単位設定には、日本語や日本円も選択肢として表示されています。日本語や日本円を選択すると、実際に画面上の表示も切り替わります。

Huobi Globalでの日本語や日本円の設定 Huobi Globalでの日本語や日本円の設定

サービス制限区域に含まれない

口座開設時に提示される利用者同意書には、サービス利用が制限されている区域(Restricted Jurisdictions)が記載されています。全サービスの利用が禁止される区域と、デリバティブ取引の利用が禁止される区域に分かれており、該当する国名がそれぞれ書かれています。

2022年10月に確認した際、日本は全サービスが禁止された区域として記載されていました。しかし、2022年12月7日現在、日本はサービスが禁止区域に含まれていません。2022年11月に行われたブランド刷新を機に、同意書の内容が変更になった可能性があります。

point Huobiがブランドを刷新

2022年11月22日、Huobiはブランド名を「Huobi Global」から「Huobi」に変更すること、ブランド戦略やグローバル展開を強化することを発表しました。

運営指針や提供サービス次第で、Huobiはサービス制限区域を変更する可能性があります。最新情報は利用者同意書またはHuobiのプラットフォーム上で確認する必要があります。

利用者同意書を確認する link

サポートへの問い合わせ結果

2022年10月にHuobiのサポートに問い合わせた結果、「本人確認済みの日本国籍ユーザーはサポートしている」との回答がありました。また、ブランド刷新後の2022年12月にサポートに質問した結果、「日本居住者はHuobiを利用できる」という旨の回答を得ました。

登録や本人確認を行った結果

2022年10月、Huobiへの登録を行ってみたところ、問題なく口座開設ができました。さらに、レベル1とレベル2の本人確認(KYC)の手続きも行ったところ、どちらも問題なく認証完了となりました。そして2022年12月7日現在も、本人確認は完了となったままです。

入金や取引は試しておりませんが、今回調べた結果を見る限りでは、Huobiは日本居住者でも利用できるように思われます。

ただし、利用可能であったとしても、Huobiを利用することにはリスクもあります。Huobiは金融庁の規制に準拠するために、一度日本市場から撤退しています。そんな中、再度日本居住者向けにサービス提供を開始したとなると、金融庁との関係悪化が危ぶまれます。Huobi側が急に日本居住者向けサービスを停止する可能性もあります。

Huobi Japanの使い勝手は?

Huobiグループは日本の金融ライセンスを取得し、Huobi Japan(フォビジャパン)としてサービスを提供しています。Huobi Japanを利用する分には、金融庁からの警告等を恐れる必要はないでしょう。

Huobi Japanは使い勝手が良い取引所でしょうか。

主な国内取引所との比較

国内大手取引所とHuobi Japanの比較を行います。

取り扱い銘柄

2022年12月6日現在、Huobi Japanは全26銘柄・58銘柄ペアを取り扱っています。BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)などの主要な暗号資産だけでなく、HT(フォビトークン)、TRX(トロン)などの取引もできます。

他の大手国内取引所の取り扱い銘柄数について、Coincheck(コインチェック)が18銘柄、bitFlyer(ビットフライヤー)が17銘柄、GMOコインが23銘柄です。これを踏まえると、国内取引所の中ではHuobi Japanの取り扱い銘柄は多いことが分かります。

レバレッジ

Huobi Japanでは最大2倍のレバレッジをかけた取引ができます。

最大レバレッジ2倍という点は、bitFlyerやGMOコインでも同様ですが、国内取引所の中にはCoincheckやbitbank(ビットバンク)のように、レバレッジをかけた取引に対応していないものもあります。

サービス画面

Huobi Japanのサービス画面は、Huobiを始めとする海外取引所と似たものとなっております。海外取引所に慣れている人なら、他の取引所よりもHuobi Japanのほうが直観的に利用できるでしょう。

主な海外取引所との比較

大手海外取引所のHuobiとBybit(バイビット)とHuobi Japanの比較を行います。

取り扱い銘柄

HuobiやBybitは100種類を超える銘柄を取り扱っています。Huobi Japanは25銘柄と国内では最大規模ですが、海外取引所と比べると選べる通貨が少なくなります。

ただし、日本円に対応している点はHuobi Japanの強みです。日本円の直接入金や、日本円と仮想通貨(暗号資産)のペアの取引ができます。

レバレッジ

Huobiでは最大200倍Bybitでは最大100倍のレバレッジをかけた取引が可能です。最大レバレッジが2倍のHuobi Japanに比べて、ユーザーの取引の自由度が高いと言えます。

提供サービス

HuobiやBybitは、複数種類の資産運用サービスやコピートレード機能、仮想通貨ローンなどを提供しています。Huobi Japanは仮想通貨レンディングに対応しているものの、海外取引所と比較するとサービスの種類が乏しくなります。

最終的には個人の判断

2022年12月7日現在、日本居住者でもHuobi(フォビ、旧Huobi Global)への登録が可能です。しかし、過去にHuobiは金融庁の規制に従い、日本居住者向けのサービス提供の停止を発表しておりますので、状況はやや複雑です。

Huobi Japanは金融庁の規制のもとで運営されており、国内取引所の中では比較的自由度の高いサービスを提供しています。ただし、海外取引所と比較すると制限が多くなります。

Huobiを使うのか、Huobi Japanを使うのか、その他の取引所を使うのかは、個人で判断していく必要があります。


Date

作成日

2022.12.08

Update

最終更新

2023.03.16

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

FXや株などをメインに取引し、2020年より仮想通貨投資を開始。自身が情報を得づらかった経験から、仮想通貨初心者でも分かりやすい解説を心掛ける。草コインへの投資やステーキングなどをメインに運用。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

OASをOasys Hubで手軽にステーキング|やり方や特徴を紹介

ブロックチェーン「Oasys(オアシス」ではステーキングが可能であり、仮想通貨OASを預けると年10%の利回り(APY)を受け取れます。
update2023.02.08 19:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2023.01.20 19:00

​​仮想通貨でよく聞くEVMとは?その仕組みやEVM対応のメリットを解説

EVMはイーサリアムがDAppプラットフォームであるために必要な技術であり、この技術によりスマートコントラクトの実行や管理が可能になります。
update2022.11.01 20:15

仮想通貨GPT(CryptoGPT)とは|将来性やAI分野との関連を解説

CryptoGPTはAI発展への寄与を目標としており、ユーザーは自分自身のデータを使って収益を得られます。DAO MakerでIDOが実施され、話題の仮想通貨となっています 。
update2023.02.28 20:00

Titan FXのコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を徹底解説!

海外FX業者のTitan FXがリリースしたコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を解説します。Titan FX Socialの操作は、すべて専用アプリで行います。アプリのダウンロードからコピー方法まで順番に解説します。
update2023.01.31 21:00

分散型SNSの特徴やメリットを解説!Web3.0時代のSNSとして注目を集める

分散型SNSは従来のSNSと比べて自由で公平なサービスとなっており、FacebookやTwitterにとって代わる存在となることが期待されています。
update2023.01.06 21:00

Trust Walletの口コミ・評判を調査!注意点や始め方も

数ある自己管理型ウォレットの中でも、Trust Walletは人気です。そこで、Trust Walletの評判や口コミを調査しました。
update2023.01.26 20:00

Bybitのローンチパッドとは?その意味や参加方法を解説

Bybitのローンチパッドでは、Bybitに上場予定の仮想通貨を先行購入できます。参加するには、Bybitの口座でBITやUSDTを保有しておき、コミット期間に「コミット」を行います。
update2022.03.23 20:00

2023年のロードマップに批判?ジャスミーコインの「怪しい」との噂や現状を解説

2023年2月、Jasmy(ジャスミー)の最新ロードマップが公開されました。Twitterではユーザーから様々な意見が投稿され、ジャスミーのSNSに激震が走っています。本記事では、ロードマップの内容やユーザーの反応を詳しく解説します。
update2023.03.24 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル