Select Language

仮想通貨HOOKとは?将来性は?Hooked Protocolが提供するWild Cashも解説

仮想通貨HOOKとは?将来性は?Hooked Protocolが提供するWild Cashも解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.03.18 11:51
仮想通貨HOOKとは?将来性は?Hooked Protocolが提供するWild Cashも解説

update 2023.03.18 11:51

仮想通貨(暗号資産)HOOKは、Hooked Protocolと呼ばれるプロジェクトが発行する独自仮想通貨です。2022年11月にBinance(バイナンス)などでトークンセールが実施されて注目を集めており、Learn to Earn(学んで稼ぐ)のブロックチェーンゲームが人気を博しています。

当記事では仮想通貨HOOKの概要、Learn to EarnゲームのWild Cash、HOOKの将来性に関して解説していきます。

仮想通貨HOOKとは

仮想通貨(暗号資産)HOOKは、仮想通貨プロジェクト「Hooked Protocol」のガバナンストークンです。Hooked ProtocolはWeb3.0の普及を目指すプロジェクトで、学んで稼ぐLearn to Earnや、企業向けのWeb3.0インフラなどを提供しています。

point Web3.0とは

Web3.0とは、分権化された次世代のインターネット環境を指します。現代の中央集権型インターネット環境(Web2.0)は、大手IT企業が強い影響力を持っています。その一方、Web3.0では、個々のユーザーが重要な役割を担います。

2022年第3四半期、Hooked Protocolはクイズ形式のブロックチェーンゲーム「Wild Cash」をリリースしました。また、Web3.0向けのインフラとしてデジタルIDの「Hooked SoulBound Token」や、ウォレットアプリの「Hooked Wallet」などを開発しています。

Wild Cashは既に100万人以上のユーザーを獲得しており、アンドロイドアプリの評価は4.5点の高得点となっています。

Wild Cashのプレイ画像

画像引用:Google Play

Wild Cashの評価

画像引用:Google Play

point SoulBound Tokenとは

SoulBound Tokenは譲渡不可能なNFTで、イーサリアム(ETH)の共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏らが考案しました。Web3.0時代のデジタルIDとして機能する可能性があり、既に大手取引所のBinanceなどが実用化しています。

ブロックチェーンゲームWild Cash

Wild CashはHooked Protocolが立ち上げた最初のブロックチェーンゲームです。

プレイヤーは仮想通貨に関するクイズに答えるなどして、ゲーム内トークン「GOLD」を獲得できます。GOLDは独自トークンuHGT(unlocked Hook Golden Token)と交換したり、ステーキングでさらに増やしたりできます。

また、NFT購入などの初期投資は必要なく、Androidのスマホを持っていれば誰でも無料で遊べます。

Quiz to Earn

Quiz to EarnはWild Cashのメイン機能で、仮想通貨のクイズに答えると報酬をもらえます。クイズにはいくつかの種類があり、Traning Campモードでは難易度に応じて報酬の額が変わります。報酬はゲーム内トークンで支払われ、内部ウォレットでuHGTと交換できます。

注意点が一つあり、このアプリはすべて英語であって日本語に変換できないという点です。クイズの回答時間は1分間ですので、英語が苦手な場合は英語の勉強をかねてクイズをするか、あるいはマイニングやステーキングで稼ぎます。

マイニング

擬似的なマイニングで遊ぶこともできます。ユーザーは擬似的な体験を通じて報酬をもらえ、この報酬もuHGTと交換できます。

point マイニングとは

マイニングはブロックを承認するプロセスであり、ビットコイン(BTC)などPoW(プルーフ・オブ・ワーク)のブロックチェーンで採用されています。マイニングを行うマイナーは、コンピュータリソースを提供するのと引き換えに、報酬として仮想通貨を獲得します。

アプリを起動したまま放置すると1秒ごとに報酬が蓄積され、また、画面下の「Tap」をタップしても報酬を得られます。よって、より早く報酬を得たい場合は、Tapを連打します。

なお、GOLDを消費して「つるはしNFT」を獲得することもできます。より良いつるはしNFTを保有していれば、効率的に報酬を稼げます。

マイニング画面

ステーキング

Wild Cashのステーキング機能を利用すると、GOLDをアプリに預けて自動的に収入を得ることも可能です。このステーキング機能を利用した際の年利は、当記事執筆時点(2022年12月)で9.75%です。

仮想通貨HOOKの使い道

仮想通貨(暗号資産)HOOKはガバナンストークンとしての役割を持っており、Hooked Protocolの意思決定を行うための投票券として利用されます。また、Hooked Protocol内でのNFTの購入やコミュニティイベントでの利用が想定されています。

今回、HOOKの総供給量の25%が、Binance Launchapad(バイナンスローンチパッド)などのプラットフォームでのトークンセールに充てられます。

HOOKの価格チャート

HOOKはトークンセールが行われてから、Binanceを始めとする大手取引所での取り扱いが開始されました。

当初、HOOKは280円程度で推移していましたが、話題性があったことも相まって、12月前半には400円を超える最高値を記録しました。当記事執筆時点(2022年12月13日)では260円付近まで下げています。

HOOKと日本円の価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

uHGTの現金化

Wild Cashで獲得したGOLDは、uHGT(unlocked Hooked Gold Token)と交換可能で、uHGTはステーブルコインのBUSDに交換可能です。BUSDはBinanceやその他の外部ウォレットに出金できるようになる予定ですが、当記事執筆時点ではcoming soon表示になっていて出金できません。

仮想通貨HOOKの将来性

仮想通貨(暗号資産)HOOKの価値は、Hooked Protocolのエコシステムが成長することで高まっていくと考えられます。Hooked Protocolの将来性はどのように見えているのでしょうか。将来性に影響する以下の点について記載します。

  • BNBチェーンのDappランキング
  • 2023年のロードマップ

登場から人気爆発

Hooked Protocolは新しいプロジェクトですが、既にBNBチェーンのDApp(分散型アプリ)として上位にランクインしています。

DAppRadarの統計

画像引用:DAppRadar

DAppの情報サイトであるDAppRadarの統計では、Hooked Protocolはソーシャル分野でトップとなっています。特にローンチ時には、ユーザー数やトランザクション数、取引量、TVL(ブロックチェーンに預け入れられた仮想通貨の合計額)などが爆発的に上昇しました。

Twitterの公式アカウントは7万人を超えるフォロワーを獲得しており、スタートダッシュの成功はプラス要因です。

2023年のロードマップ

Hooked Protocolは2023年のロードマップを公開しています。2023年前半には、Learn to Earnを通じた体験の強化、Web3.0関連プロジェクトやパートナーとの協業の拡大、ウォレットの統合などが計画されています。

続く2023年後半には、Web3.0最大のコミュニティ形成、DAOによるガバナンスの実装、より多くのDAppのリリース、企業向けのインフラソリューションの開発などが予定されています。

point DAOとは

DAOは、Decentralized Autonomous Organizationの略で、日本語で「分散型自立組織」と訳されます。つまり、中央管理者が存在しなくとも、参加者の活動によって機能する組織を指します。中央集権型の組織と比較して民主的で透明性が高いと見なされており、ブロックチェーンの普及で広く採用されています。

仮想通貨HOOKを買える取引所

仮想通貨(暗号資産)は国内の取引所では取り扱われていません。そのため、購入するには海外取引所を利用することになります。各海外取引所におけるHOOKの取り扱い(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ
×

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ
×

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ
×

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ
×

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ
×

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ
×

海外の取引所であれば、日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。Bybitでの現物取引の方法は以下の記事で解説しています。

HOOKのポテンシャル

Hooked Protocolは開始されたばかりのプロジェクトであり、今後の発展は全く未知数です。Wild Cashのリリースでコミュニティを拡大しており、今後のWeb3.0関連サービスがこの流れに乗れるかが鍵となるでしょう。

HOOKはガバナンストークンとして発行されています。これからエコシステムが発展していけば、Web3.0の世界で更なるユースケースが生まれるかもしれません。まずは無料で始められるWild Cashに触れて、Hooked Protocolのコミュニティに参加してみると面白いかもしれません。


Date

作成日

2022.12.13

Update

最終更新

2023.03.18

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル