Select Language

【調査】日本人のBybit利用は禁止?金融庁の対応や違法性は?

【調査】日本人のBybit利用は禁止?金融庁の対応や違法性は?

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.08.10 08:23
【調査】日本人のBybit利用は禁止?金融庁の対応や違法性は?

update 2023.08.10 08:23

2021年6月、金融庁は大手取引所のBybit(バイビット)を無登録業者リストに追加しました。これを受け、日本人のBybit利用を「違法」と解釈する人もいれば、「違法ではない」と考える人もいます。

結論から言えば、「Bybitが日本で営業していることは違法」にあたりますが、「個人が利用すること」は違法ではありません。

この記事では、金融庁の規制と海外仮想通貨取引所の関係について詳しく紹介します。

金融庁が行ったBybitへの対応

まず、金融庁が行ったBybit(バイビット)への対応を時系列で紹介します。

  • 2021年5月:Bybitへ警告
  • 2021年6月:ツイートで注意喚起
  • ~2022年12月:新しい動きはない

2021年5月にBybitへ警告

2021年5月28日、金融庁はBybitへ警告した事実を公表しました。公表書面に記載されている警告内容は以下の通りです。

インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、暗号資産交換業を行っていたもの

『無登録で暗号資産交換業を行う者について(Bybit Fintech Limited)』 - より引用

日本居住者を相手にする仮想通貨(暗号資産)取引所は、たとえ海外に拠点があっても、金融庁の登録を受けることが義務付けられています。Bybitが未登録の状態で日本人にサービスを提供したため、金融庁は警告文書を発行しました。

2021年6月にツイートで注意喚起

警告文を発行した1か月後の2021年6月、金融庁はBybitを無登録業者リストに追加するに至ります。金融庁はTwitter(ツイッター)上でも注意を促しました。

金融庁の注意喚起に対して、不満があるユーザーが多いようでした。「認可を受けた取引所は利用可能なサービスが少ない」といった趣旨のリプライが目立ちます。

2022年12月現在まで動きはない

金融庁の公式ページを見る限り、金融庁は2021年6月以降にBybitへ追加措置を講じていません。ただし、2022年12月現在もBybitは、無登録業者リストに掲載されたままです。

2022年11月に起こったFTXの経営破綻騒動を機に金融庁が規制を見直す可能性もあるので、今後の動向に注目が集まります。

knowledge FTXの経営破綻

FTXは大手仮想通貨取引所でした。しかし、ハイリスクな経営を行っており、手持ち資金が枯渇して顧客資産を払い出せない状況に陥りました。競合のBinanceによる救済を模索しましたが、結局失敗に終わっています。

この影響は仮想通貨市場全体に波及しており、CEX(中央集権型取引所)の信頼が揺らいでいます。規制当局にも大きな影響を与えたと考えられます。

日本人のBybit利用は禁止なのか

金融庁の警告を受けているBybit(バイビット)ですが、個人による利用は禁止されていません。Bybitが日本居住者向けにサービスを提供することは違法ですが、個人がBybitを利用することは違法でないためです。

法律では禁止されていない

Bybitが日本居住者向けに営業していることは、違法となります。金融庁が作成した無登録業者リストでは、「資金決済に関する法律第63条の2の規定に違反」と記載されています。

しかし、日本人によるBybitの利用は違法とされていません。金融庁公認の相談窓口「金融サービス利用者相談室」に確認したところ、以下の回答を得ました。

  • 前提として、無登録で日本人を相手として、暗号資産取引業を営むことは違法
  • ユーザーが無登録の業者を利用することに関しては、制限する法律はない

また、以下のような補足も受けました。

  • 無登録の業者でトラブルがあった際、個人を保護しきれない可能性がある
  • 自己責任での利用は規制していないが、登録業者の利用をおすすめする

2022年12月現在、Bybitをはじめとする無登録の業者を利用するかどうかの判断は、個人に委ねられています。

point 国内取引所の強み

国内取引所は金融庁の規制で守られています。それに加えて、自主規制団体の日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)などの働きもあり、取引所は厳格な運営が義務付けられています。

過去に複数の国内取引所がハッキング被害を受けましたが、多少の損はあっても基本的に全て償還されてきました。顧客資産と同等の仮想通貨をコールドウォレットで保管することが義務付けられているので、元大手取引所のFTXのように顧客資産を用いたハイリスクな運営はできません。

Bybitが日本人を禁じる予定はない

取引所側が日本人の利用を禁止することも考えられます。そこで、2022年7月時点にMyforex編集部がBybit担当者に取材したところ、「日本人禁止の可能性は一切ない」とのことでした。

大手仮想通貨(暗号資産)取引所が日本人の利用を制限した事例はあります。例えば、2021年8月にHoubi、2021年9月にFTXが日本居住者の利用を規制しました。ただし、これらの取引所が日本人によるサービス利用を制限したのは、日本で正式な金融ライセンスを取得するためでした。

point Binance.comは日本人を禁じる?

2022年11月30日、Binance(バイナンス)は日本の金融庁登録業者「サクラエクスチェンジビットコイン」を買収しました。同日、Binance.comは日本居住者の新規登録、日本語対応も停止しています。

Binance.comは既存ユーザーなら利用できる状態ですが、今後日本居住者のユーザーが利用不可になる可能性があります。

金融庁の登録を行わない意図

Bybit(バイビット)は金融庁の登録を行っていませんが、それには「取引の自由度を保つ」という意図があると推測されます。

Bybitは取り扱い通貨が数百種類、デリバティブ取引の最大レバレッジが100倍と、幅広いニーズに応えられる取引所です。日本の規制に従った場合、取り扱い通貨は数十種類、最大レバレッジは2倍となります。取引所の自由度は下がるでしょう。

caution 悪質な取引所に注意

たくらみを隠すために、金融庁の登録を行わない悪質な取引所も存在します。「マッチングアプリで知り合った人に勧められた取引所にお金を預けたら、次々と身に覚えのない請求を受けた」という事例も報告されています。取引所を利用する前は、必ず信頼できるかどうかを確認してください。

ドバイの金融ライセンスを取得

日本の金融ライセンスは保有していませんが、Bybitはドバイでライセンスを取得しており、一つの安心材料といえます。

ドバイでのライセンス取得は、日本やシンガポールで行うよりも容易です。しかし、ライセンスを取得したBybitは、一定水準以上の取引所であるとはいえるでしょう。

違法ではないが自己責任

Bybit(バイビット)は金融庁の暗号資産交換業者リストに掲載されていません。しかし、日本人がBybitを利用することは、禁止されていません。

Bybitは、低リスクで資産を運用できる「Bybitステーキング」や、リスクヘッジにも使える人気のデリバティブ取引「USDT無期限」など、さまざまなサービスを提供しています。自己責任にはなりますが、自由度の高い資産運用や取引を行いたい人は、Bybitの利用を検討してみても良いでしょう。


Date

作成日

2022.07.01

Update

最終更新

2023.08.10

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル