Select Language

Bybitの口座開設・本人確認の手順を解説!登録後に利用できる特典も

Bybitの口座開設・本人確認の手順を解説!登録後に利用できる特典も

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.20 08:59
Bybitの口座開設・本人確認の手順を解説!登録後に利用できる特典も

update 2022.11.20 08:59

大手仮想通貨(暗号資産)取引所であるBybit(バイビット)では、仮想通貨の現物取引や最大100倍のレバレッジをかけたデリバティブ取引が可能です。

最近では、新規トークンの上場やローンチプール(トークンの配布)のほか、NFTマーケットプレイスをオープンするなど幅広いサービスを展開しており、DeFi分野に力を入れる自律分散組織(DAO)の「BitDAO」を支援していることでも知られています。

Bybitは日本語対応しているので、日本人の方でも安心して利用できる仮想通貨取引所です。この記事では、口座開設・二段階認証登録・本人確認(KYC)の方法、さらに登録後に利用できる特典まで解説します。

口座開設や本人確認に必要なもの

Bybit(バイビット)登録に関する主な手続きは、口座開設や二段階認証、本人確認(KYC)です。本人確認は「KYCレベル1」と「KYCレベル2」という2つのレベルに分かれています。まずは、それぞれの手続きに必要なものを確認してみましょう。

段階 内容 必要なもの
口座開設 ・出金が1日あたり2BTCまでに制限
・一部のキャンペーンに参加不可
メールアドレス
または電話番号
二段階認証 ・ログイン時に追加の認証が行われる 以下のいずれか
・メールアドレス
・電話番号
・認証アプリ
KYCレベル1 ・出金が1日あたり50BTCまでに拡大
・全てのキャンペーンに参加可能
本人確認書類
KYCレベル2 ・出金が1日あたり100BTCまでに拡大 住所確認書類

口座開設

内容 ・出金が1日あたり2BTCまでに制限
・一部のキャンペーンに参加不可
必要なもの メールアドレスまたは電話番号

二段階認証

内容 ・ログイン時に追加の認証が行われる
必要なもの 以下のいずれか
・メールアドレス
・電話番号
・認証アプリ

KYCレベル1

内容 ・出金が1日あたり50BTCまでに拡大
・全てのキャンペーンに参加可能
必要なもの 本人確認書類

KYCレベル2

内容 ・出金が1日あたり100BTCまでに拡大
必要なもの 住所確認書類

口座開設は、メールアドレスまたは電話番号の登録だけで行えるので、5分ほどで完了します。口座開設後は入金や1日あたり2BTCまでの出金、全ての取引が可能となりますので、二段階認証の設定や本人確認を行わなくても、Bybitは利用可能です。

ただし、本人登録を完了していない場合、一部のサービスが利用できなくなります。

二段階認証や本人確認は必須?

口座開設を行うだけで取引可能となりますが、二段階認証の設定やレベル1の本人確認(KYC)も行うのがおすすめです。二段階認証を設定することで、不正なアクセスのリスクを減らせるので、トラブルに巻き込まれにくくなります。

本人確認をKYCレベル1まで完了させれば、全てのキャンペーンに参加できるようになります。Bybitステーキングなどの資産運用サービスも利用可能になります。

KYCレベル2まで完了させれば、1日あたりの出金可能額が100 BTCまで増加しますが、無理に行う必要はないでしょう。KYCレベル1時点でも、出金上限は50 BTCと高額です。

Bybitの口座開設の方法

Bybit(バイビット)の口座開設は、メールアドレスまたは電話番号のどちらかを登録することで行います。

メールアドレスで登録

手順1

Bybitのトップページにアクセスします。

Bybitの公式ページを開く link

手順2

Bybitのトップぺージの右上にある「登録」をクリックします。

アカウント作成画面 アカウント作成画面

手順3

Eメールアドレスとパスワードを入力し、「続ける」ボタンをクリックします。

アカウント作成画面 アカウント作成画面

番号

入力項目

説明

1

メールアドレス

ご自身のメールアドレスを入力します。

2

パスワード

パスワードを設定します。
作成できるパスワードには下の条件があります。
・8~30文字
・1つ以上の大文字
・1つ以上の小文字
・1つ以上の数字

手順4

「続ける」をクリックした後、以下のEメール認証画面が表示されます。登録したEメールアドレスにBybitからメールが届きます。メールに6桁の数字(認証コード)が記載されていますので、先ほどのEメール認証画面に入力し、認証を行います。

Eメール認証 Eメール認証
認証コードが記載されたメールが届く 認証コードが記載されたメールが届く

なお、Bybitからメールが届いていない場合には再送ボタンをクリックして、再度認証コードを入手します。

手順5

アカウントの登録が正しく完了すれば、「Bybitへようこそ」と記載された画面が表示されます。

登録完了 登録完了

電話番号で登録

手順1

Bybitのトップページにアクセスします。

Bybit公式ページを開く link

手順2

トップぺージの右上にある「登録」をクリックします。

アカウント作成画面 アカウント作成画面

手順3

「携帯番号登録」をクリックし、携帯電話番号とパスワードを入力します。

アカウント作成画面 アカウント作成画面

番号

入力項目

説明

1

国番号

携帯電話の国番号を入力します。日本の場合は+81です。

2

携帯電話番号

携帯電話番号を入力します。

3

パスワード

パスワードを設定します。
作成できるパスワードには下の条件があります。
・8~30文字
・1つ以上の大文字
・1つ以上の小文字
・1つ以上の数字

入力したら「続ける」ボタンをクリックします。

手順4

電話番号認証画面が表示されます。入力した携帯電話番号に、Bybitから6桁の数字が記載されたSMSが届きます。数字を先ほどの携帯電話認証画面に入力します。

電話番号認証 電話番号認証

なお、BybitからSMSが届いていない場合や時間制限が過ぎてしまった場合は、再送ボタンをクリックしてください。再び認証コードを入手できます。

手順5

アカウントの登録が正しく完了すれば、「Bybitへようこそ」と記載された画面が表示されます。

登録完了 登録完了

Bybitの二段階認証の設定方法

Bybit(バイビット)の口座開設が完了したら、二段階認証の設定をしましょう。二段階認証を設定することで、仮想通貨(暗号資産)を取引する上で重要なセキュリティを強化できます。

Bybitの二段階認証設定では、Eメールや電話番号を利用することも可能ですが、ここでは認証アプリを使った方法を紹介します。認証アプリで二段階認証を設定する際は、スマートフォンに「Google Authenticator」というアプリをダウンロードしておくとスムーズです。

手順1

以下のリンクより、Bybitへアクセスし、ログインします。

Bybitの公式ページを開く link

手順2

ページ上部のアカウントマークにカーソルを合わせて、「アカウント&セキュリティ」をクリックします。

アカウント&セキュリティ選択 アカウント&セキュリティ選択

手順3

スクロールして、「セキュリティ強化」という項目内にある、Google認証の「設定」をクリックします。

Google認証設定 Google認証設定

手順4

まずは「認証コードを送信する」をクリックします。すると、メールアドレス宛てに6桁のコードが送信されるので、制限時間内(60秒)にコードを確認・入力して、「確定」をクリックします。

Google認証コード

手順5

スマートフォンアプリ「Google Authenticator」を起動して、表示されたQRコードを読み取ります。Bybitと認証アプリが連携すると6桁のコードが表示されますので、入力して「確定」をクリックします。

Google Authenticater認証

番号

項目名

説明

1

QRコード

スマートフォンアプリ「Googl Authenticator」でスキャンします。

2

キーコード

紙などに書き留めて管理します。携帯電話の変更時などに、2段階認証を復元するために使用します。

3

認証コード

Googl Authenticatorに表示されるコード6桁を入力します。

手順6

アカウント&セキュリティ画面にて、Google認証にチェックマークがついていれば、2段階認証の登録は完了です。

Google認証完了 Google認証完了
point フィッシング対策コードとは

二段階認証に加えて、フィッシング対策コードも設定すれば、不正アクセスのリスクをより抑えられます。フィッシング対策コード設定では、「ABC123」などの任意の文字を設定します。設定された文字はBybit(バイビット)からのメールに記載されるので、送り主がBybit公式かどうかを判別できます。

本人確認(KYC)の方法

Bybit(バイビット)では、本人確認(KYC)を行わなくとも取引や上限2BTC/日の出金が可能です。しかし、イベントの参加条件になることも多い本人確認レベル1までは、完了しておくことをおすすめします。

point KYCとは?

KYCとは、「Know Your Customer」の略で、取引者が本人であることを確認する手続きを指します。一般的には身分証明書、銀行取引明細書、公共料金請求書など公的な書類の提出が必要で、場合によっては身元確認なども行われます。

本人確認レベル1が必要なイベントには、ローンチパッドなどがあります。ローンチパッドは、上場前の銘柄をお得に購入できるサービスです。上場直後の値上がり益を狙うことも可能です。

本人確認には2つのレベルが用意されており、確認される内容はレベルによって異なります。具体的には以下の通りです。

本人確認レベル 確認される内容
なし なし
レベル1 国籍、名前、ID番号、顔認証
レベル2 住所

レベル1:基本認証

レベル1・基本認証の確認を行う場合、下記いずれかの本人確認書類を用意する必要があります。

  • パスポート
  • 国民IDカード(マイナンバーカード)
  • 運転免許証
  • 永住者在留カード など

さらに、顔認証のためのカメラが必要です。

手順1

ログイン後、画面上部に表示される人型のマークをクリックし、アカウント&セキュリティを開きます。

アカウントセキュリティを開く アカウントセキュリティを開く

手順2

「本人確認(KYC)を行う」をクリックします。

KYCに進む KYCに進む

手順3

レベル1基本認証にある「本人確認(KYC)を行う」をクリックします。

基本認証へ進む 基本認証へ進む

手順4

国籍を選択します。ご自身の国籍を選択し、次へをクリックします。

国籍を選択

手順5

画像ファイルをアップロードしたら、「次へ」をクリックします。

本人確認アップロード

番号

入力項目

内容

1

発行国

書類の発行国を選択します。

2

本人確認書類の種類を選択

提出する書類を以下から選択します。
・パスポート
・国民IDカード
・運転免許証
・永住許可

3

ドキュメントのアップロード

書類を撮影したドキュメントをアップロードします。
パスポート以外は裏面の提出も必要です。

なお、ドキュメントは、以下のルールを満たしている必要があります。

  • 明るく鮮明、文字がはっきり読める
  • 書類の四隅が映っている
  • 書類が画面の大部分を占める大きさである

手順6

PCのカメラがONになっている状態で、「スキャンを始める」をクリックし、顔認証を行います。画面に表示された通りに顔を動かします。

顔認証

手順7

顔認証完了後、本人確認書類がアップロードされていることを確認の上「次へ」をクリックします。

基本認証を進める

手順8

正しく検証が完了した場合、上記の画面が表示されます。

基本認証完了

レベル2:居住地確認

レベル2居住地確認を行う場合、住所が記載されており、なおかつ居住していることが確認できる書類を提出する必要があります。使用可能な書類は以下の通りです。

  • 銀行取引明細書
  • 公共料金請求書
  • 政府発行の住民票

手順1

ログイン後、画面上部に表示される人型のマークをクリックし、アカウント&セキュリティを開きます。

アカウントセキュリティを開く アカウントセキュリティを開く

手順2

「本人確認(KYC)を行う」をクリックします。

KYCに進む KYCに進む

手順3

本人確認画面から、居住地確認にある「本人確認(KYC)を行う」をクリックします。

居住地確認へ進む 居住地確認へ進む

手順4

居住していることが確認できる書類をアップロードします。条件を画像を選択してアップロードし、「次へ」をクリックします。

居住地アップロード

居住地確認として使用できる書類・使用できない書類は以下の通りです。

使用可能 ・銀行取引明細書
・公共料金請求書
・政府発行の住民票
使用不可 ・各種IDカード/運転免許証/パスポート(政府発行のもの)
・携帯電話明細書
・保険証
・銀行取引票
・銀行または会社の紹介状
・手書きの請求書/領収書

手順5

審査中画面に移ります。審査結果がわかるまでには1分から3分程度かかります。

審査中

手順6

上記画面が表示されたら居住地確認完了です。

居住地確認完了

口座開設後に利用したい特典

はじめての入金応援祭

Bybitは、初回入金に関するキャンペーンを不定期で開催しています。本記事執筆時点(9月)では、「はじめての入金応援祭」というキャンペーンを実施しています。

キャンペーン期間 2022年9月1日から
特典 最大4,000 USDTのボーナス
対象 期間中の入金や取引
備考 ボーナスは特典期間が終了して3日後に配布

獲得できるボーナス額は、特典センターでタスクを受け取ってから14日間以内の入金額と取引高によって決まります。受け取ったボーナスは、取引手数料の支払いに加えて証拠金としても利用可能です。

特典センターのウェルカムギフト

口座開設後は「特典センター」もチェックしましょう。達成すると報酬を得られるタスクが「ウェルカムギフト」として掲載されています。2022年9月現在のウェルカムギフトの内容は以下の通りです。

条件 報酬
Twitter(ツイッター)やLINEでBybitをフォロー 5 USDTのクーポン
現物取引の取引量が200ドル相当以上 10 USDTのクーポン
デリバティブ取引の取引量が10,000ドル相当以上 10 USDTのクーポン
累積で3日間取引を行う 5 USDTのクーポン

ウェルカムギフトでは、最大30USDTのクーポンを獲得できます。クーポンは取引手数料として利用できるので、獲得しておくと、口座開設後の取引をお得に行えます。なお、すべて期限が30日と決まっているので、ご自身で特典の終了日時をしっかり確認して、タスクに取り組みましょう。

特典センターページ link

Bybitでは、資産運用や取引に関するキャンペーンも随時開催されています。

現物・デリバティブの両方が取引しやすい

Bybit(バイビット)は最大100倍レバレッジによる仮想通貨デリバティブ取引や、人気銘柄の現物取引も可能な海外仮想通貨取引所です。

Bybitは元々、現物銘柄を取り扱っていませんでしたが、2021年7月より現物取引が可能になり、現在はブロックチェーンゲーム銘柄やメタバース銘柄など、豊富な現物銘柄の売買にも対応しています。さらに、新規上場通貨をお得に購入できるローンチパッドやトークンを配布するローンチプールといったお得なサービスも開催されています。


Date

作成日

 : 2022.02.08

Update

最終更新

 : 2022.11.20

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル