Select Language

dYdXのステーキングとは?仕組みや特徴を紹介

dYdXのステーキングとは?仕組みや特徴を紹介

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.11.29 13:46
dYdXのステーキングとは?仕組みや特徴を紹介

update 2022.11.29 13:46

caution ステーキングサービスの廃止

dYdXには2つのステーキングサービスがありましたが、DAOでの投票を受けていずれも廃止になりました。独自仮想通貨(暗号資産)のDYDXを資産運用に用いたい場合は、Binance(バイナンス)などを利用することになります。

DEX(分散型取引所)のdYdXはイーサリアムブロックチェーンのレイヤー2で構築され、DeFi上でデリバティブ取引ができるため一部のユーザーから注目を集めています。

仮想通貨初心者の方にとって、デリバティブ取引は難しいイメージがあるかもしれませんが、dYdXではステーキングも可能で、これを使うと安定した運用ができます。そこで、dYdXでのステーキングのメリット・デメリットなどを解説していきます。

セーフティプールでステーキング

dYdXのステーキング画面はdYdX取引所とは異なる場所にあり、dYdX FOUNDATIONのセーフティプールで行います。当記事執筆時点(2022年11月1日)ではセーフティプールのみ稼働しており、DYDXを預けることで年13.41%の利回り報酬を獲得できます。

point ステーキングプールは廃止に

2022年11月14日時点では、セーフティプールは利用できません。dYdXは次期バージョンに向けた開発を進めており、次期バージョンではステーキングできるようになる可能性があります。

独自仮想通貨(暗号資産)のDYDXを資産運用に用いたい場合は、Binance(バイナンス)のSimple Earn(旧セービング)などを利用することになります。Simple EarnはBinance内で完結するサービスであり、外部ウォレットでの接続等は不要です。

セーフティプールの仕組み

セーフティプールは、緊急時にdYdXを破綻させないための基金です。dYdXのプロトコルに重大な問題が発生した場合、この基金を使って損失を補填します。重大な問題の例としては、例えばスマートコントラクトへの攻撃や、相場急変等によってdYdXの流動性に問題が生じる場合などがあります。

セーフティプールにDYDXを預けることで、ユーザーは報酬としてDYDXを受け取ることができます。ステーキング報酬総額はDYDX総供給量の2.50%で、2,500万枚です。

セーフティステーキングの仕組み

一般的な流動性マイニングとは異なり、預け入れることで変動損失が発生するリスクはない代わりに、万が一のトラブルが起きたときに資金が減ってしまうリスクがあります。「何も起きなければ報酬を受け取れるが、何か起きた場合は資金が減る」と考えるとわかりやすいでしょう。

point ガバナンストークンとしてのDYDX

DYDXは、ステーキングだけでなくガバナンストークンとしても使用されます。すなわち、dYdXに関する提案に対して賛否を投票できます。

流動性プールは既に停止

dYdXでは、過去に流動性プールのサービスがありました。これはステーブルコインのUSDCを預けた報酬としてDYDXを受け取ることができる仕組みでしたが、DAOでの決定を受けて2022年9月29日に終了しました。

この流動性プールは、一般的なDEXの流動性マイニングとは異なり、仮想通貨をペアで預け入れるのではなくUSDCを単独で預け入れます。

dydxダッシュボード
knowledge 流動性マイニングとは?

一般的な流動性マイニングでは、多数のトレーダーが事前に2つの仮想通貨(例えばイーサリアムとテザー)をペアで流動性プールに預け入れておき、その後その2つの仮想通貨の交換を希望するトレーダーが現れた際には、流動性プールに仮想通貨を入れ、引き換えにもう一方の仮想通貨を引き出します。この、流動性プールに仮想通貨を預け入れることに対して報酬が発生します。

流動性プールの仕組み

流動性プールに預けた2つの仮想通貨の価格バランスが崩れることにより、変動損失と呼ばれる損失が発生するリスクがあります。その代わりに、利回りは高く設定される傾向があります。

メリットとデメリット

セーフティステーキングのデメリットは、重大トラブル発生時に資金が損失補填に使われるリスクがあることです。その他、資金の出金は28日ごとに制限されている点があります。

一方、メリットしては、預けるだけで報酬を受け取れる、変動損失がない、dYdXでの取引で割引を受けられるという点があります。

出金は28日に1回

dYdXではエポックと呼ばれる制度を採用しており、1エポックの期間は28日間です。各エポック終了時に、トレード報酬やステーキング報酬が配布され、ステーキングからの資金引き出しもエポック終了時に実行されます。

そして、資金を引き出すためには、エポック終了日の14日前までに手続きする必要があります。即座に引き出すことはできませんので、余裕を持った運用が必要です。

預けるだけで報酬をもらえる

ステーキングは、仮想通貨を預けるだけで報酬を受け取れる仕組みです。相場の上下動を読む必要がなく、時間が経過するだけで自動的に報酬が発生するため、多くのユーザーの支持を集めています。

変動損失がない

dYdXのステーキングは1種類の仮想通貨を使うため、変動損失がないという特徴があります。

一般的な流動性マイニングは2種類の仮想通貨を使用し、変動損失が発生する可能性があるので報酬が高めに設定してあります。報酬が高くても、それ以上に変動損失が発生する場合があるので、必ず利益を得られるわけではありません。

すなわち、dYdXの流動性プールは変動損失がないのでメリットが大きいと言えそうです。

取引手数料の割引

分散型取引所dYdXのデリバティブ取引には取引手数料が必要ですが、DYDXを保有することで割引を受けられます。

例えば、5,000枚の保有で10%の手数料割引となり、500万枚以上の保有で50%の割引となります。ステーキングで運用していても、割引を受けられます。

なお、30日間の取引金額が10万ドル未満の場合は、全てのユーザーの取引手数料が無料となります。よって、これは取引額が10万ドル以上になる場合のメリットです。

dYdXの取引手数料

コスモス移行で機能をさらに強化

dYdXのステーキングは、初心者でもDYDXを運用して報酬を受け取ることができます。さらに、dYdXで投票権を得たり取引手数料が割引になったりします。

dYdXはコスモス(ATOM)ブロックチェーンに移行してさらに機能を充実させる予定ですので、将来性ある分散型取引所として注目です。


Date

作成日

2022.11.01

Update

最終更新

2022.11.29

トレーダーF | Trader F

現役トレーダー兼ライター

arrow
トレーダーF

会社員時代に10万円を元手にFXをはじめるが、カンに頼るトレードで退場。
テクニカル分析を学ぶがそれでも上手く行かない中、趣味でやっていた暗号資産の利益が増大。
戦いのメインをFXと暗号資産の2本(DeFiやNFT)にすることで、会社員から独立し現在は専業トレーダーとして活躍。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル