Select Language

Binanceのセービングとは?他サービスとの違い・やり方を解説

Binanceのセービングとは?他サービスとの違い・やり方を解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.04.16 17:05
Binanceのセービングとは?他サービスとの違い・やり方を解説

update 2023.04.16 17:05

仮想通貨(暗号資産)取引所のBinance(バイナンス)には、「セービング」というサービスがあります。資産を預けるだけで利息を得られるため、簡単に利用できます。

Binanceのセービングは200以上の対応銘柄、複利運用を可能にする「自動定期登録」などの機能面で魅力的です。また、年利10%以上のお得な通貨がある点も特徴です。当記事では、そんなセービングの特徴や利用方法を解説します。

※本記事の情報は、2022年8月時点のものです。

Binanceのセービングは2種類

Binance(バイナンス)のセービングは、仮想通貨(暗号資産)を預けることで、利息を受け取れる資産運用サービスです。セービングは大きく2つの種類に分けられます。

point 「利息」だが、銀行の金融商品ではない

Binanceのセービングで受け取れる収入は「利息」と表現されますが、これは銀行の利息と異なります。このため、預金保険の対象ではありません。

一つ目は「フレキシブルセービング」です。フレキシブルセービングでは、毎日利息を獲得できます。好きなタイミングで通貨を預けて、預けた分だけ利息を得るという、自分の都合に合わせた運用が可能です。

フレキシブルセービングと定期セービング

セービングのもう一つの種類は「定期セービング」です。定期セービングでは、30日・60日などの預入期間があらかじめ決まっています。そして期間終了時に、期間中の獲得利息と元手の通貨が返ってくる仕組みです。

定期セービングでは一定期間預け続けないと利息を受け取れませんが、年利数十%の商品も多いです。そのため、長期保有する銘柄の運用に向いています。

point Binanceのステーキングとの違い

Binance内にはステーキングというサービスもあり、「定期ステーキング」と「DeFiステーキング」に分けられます。そして、2つのステーキングとセービングは、いずれも通貨の預け入れにより報酬が得られるサービスです。

しかし、預かった資産をBinance側がどのように利用・運用するか、という点で異なっています。なお、Binanceのステーキングは「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)のステーキング」とは異なります。

フレキシブルセービングの特徴

フレキシブルセービングの特長を、3つの観点からお伝えします。

預け入れの解除方法は2種類

フレキシブルセービングには、預け入れの解除方法が2種類あります。それぞれの特長は以下の通りです。

解除方法 特長
高速償還 ・即座に解除できる
・当日の利息は受け取れない
標準償還 ・解除できるのは翌日になる
・償還手続きをした日の利息を受け取れる

仮想通貨(暗号資産)は価格変動が激しく、価格急落のリスクもあります。しかし、すぐに引き出せる高速償還が使えれば、いざというときにステーブルコインに交換することも可能です。

point ステーブルコインとは

ステーブルコインとは、特定の資産と価値が連動するように設計された仮想通貨のことです。仮想通貨は価格の上下動が激しく、実用性が低いという課題がありますが、それを解決するためにステーブルコインが開発されました。特に人気が高いステーブルコインは、USDTとUSDCです。

なお、いずれの償還にも手数料は発生しないので、どちらを選んでも大きく損をすることはありません。

対応銘柄は200以上

当記事執筆時点でフレキシブルセービングは、239もの銘柄に対応しています。通貨を預けて利息を得るサービスは、Binance(バイナンス)内に複数ありますが、最も対応銘柄が多いのはフレキシブルセービングです。

サービス名 対応銘柄数
フレキシブルセービング 200以上
定期セービング 約20
定期ステーキング 約100
DeFiステーキング 約15

また、200超というフレキシブルセービングの対応銘柄数は、他の日本語対応の海外取引所と比較しても優れているといえます。

取引所 対応銘柄数
Binance(バイナンス) フレキシブルセービング:200以上
Bybit(バイビット) 積立ステーキング:約20
Gate.io(ゲート) フレキシブルステーキング:約20
MEXC(メクシー) フレキシブルステーキング:約40

高利回り銘柄も

フレキシブルセービングでは、預ける通貨の種類と量によっては、利息がお得になります。主要な通貨の年利は以下の通りです。

通貨名 年利
BTC ・0~0.01 BTC:5.00%
・0.01~0.5 BTC:0.80%
・0.5 BTC~:0.10%
ETH ・0~0.2 ETH:1.80%
・0.2 ETH~:0.10%
USDT ・0~2,000 USDT:10.00%
・2,000~20,000 USDT:2.00%
・20,000~ USDT:0.30%
USDC 0.50%
BUSD ・0~2,000 BUSD:10.00%
・2,000~20,000 BUSD:2.00%
・20,000~ BUSD:0.40%
XRP 0.45%
ADA 2.00%
GMT ・0~5 AXS:20.00%
・5~20 AXS:1.00%
・20 AXS~:0.50%

0.01 BTCや 2,000 USDTなど、数十万円までの預け入れの場合に、年利10%になる通貨が一定数あります。預けて10%の利息を受け取れる、ステーブルコインのUSDTやBUSDのは特に魅力的です。

caution 表示される利息は7日間の平均値

フレキシブルセービングの画面に表示される利率(APR & トレンド)は、過去7日間の利率をもとに算出されたものです。表示された利率は変動する可能性があります。

複利運用を自動で行える

フレキシブルセービングには「自動定期登録」という機能があります。これをオンにすると、現物ウォレット内の該当資産が、毎日定時に運用資産に追加されます。

BTCでセービングを行っている場合、現物ウォレット内のBTCが毎日セービングに回されるという仕組みです。この機能を使えば、日々の利息分を自動で運用に回すことが可能です。

point 振替対象はウォレット内の資産全額

自動定期登録をオンにした場合にセービングに回されるのは、利息として獲得した資産だけではありません。もともと現物ウォレットの中で保管していた通貨も、利息分と一緒にセービングに用いられます。

定期セービングの特徴

Binance(バイナンス)の定期セービングの特長を、3つの観点から見ていきましょう。

年利はより高い傾向にある

定期セービングは、利率が高めのものが多いという点で魅力的です。ここで、定期セービングとフレキシブルセービングの年利を比較してみましょう。

通貨名 定期セービング フレキシブルセービング
ETH 120日:3.60% ・0~0.2 ETH:1.80%
・0.2 ETH~:0.10%
USDT 30日:5.00%(売り切れ) ・0~2,000 USDT:10.00%
・2,000~20,000 USDT:2.00%
・20,000~ USDT:0.30%
BUSD 30日:5.00%(売り切れ) ・0~2,000 BUSD:10.00%
・2,000~20,000 BUSD:2.00%
・20,000~ BUSD:0.30%
SOL 15日:35.00%(売り切れ) ・0~20 SOL:1.50%
・20 SOL~:0.20%
ETC 120日:5.00% 1.00%
AXS 7日:25.00% ・0~5 AXS:20.00%
・5~20 AXS:1.00%
・20 AXS~:0.50%
JASMY 60日:35.00% 0.5%

ETH

定期セービング フレキシブルセービング
120日:3.60% ・0~0.2 ETH:1.80%
・0.2 ETH~:0.10%

USDT

定期セービング フレキシブルセービング
30日:5.00%(売り切れ) ・0~2,000 USDT:10.00%
・2,000~20,000 USDT:2.00%
・20,000~ USDT:0.30%

BUSD

定期セービング フレキシブルセービング
30日:5.00%(売り切れ) ・0~2,000 BUSD:10.00%
・2,000~20,000 BUSD:2.00%
・20,000~ BUSD:0.30%

SOL

定期セービング フレキシブルセービング
15日:35.00%(売り切れ) ・0~20 SOL:1.50%
・20 SOL~:0.20%

ETC

定期セービング フレキシブルセービング
120日:5.00% 1.00%

AXS

定期セービング フレキシブルセービング
7日:25.00% ・0~5 AXS:20.00%
・5~20 AXS:1.00%
・20 AXS~:0.50%

JASMY

定期セービング フレキシブルセービング
60日:35.00% 0.5%

定期セービングは年利がお得なものが多いといえます。ただし、USDTやBUSDの年利比較からわかるように、必ずしも定期セービングのほうがお得というわけではありません。人気の定期セービング銘柄が、売り切れ中のケースが多い点も知っておきましょう。

対応銘柄数は20前後と少なめ

定期セービングに対応している銘柄は、現時点で18種類です。売り切れ中の銘柄を差し引いた、利用可能な銘柄数は6銘柄です。

現時点で利用可能な銘柄 預入期間と年利
ETC 120日:5.00%
ETH 120日:3.60%
LDO 120日:4.00%
OP 120日:5.00%
DOCK 15日:25.00%
FUN 30日:10.00%
60日:15.00%

また現時点では、預入期間を複数の選択肢から選べる通貨が少ないです。高利率な銘柄もあるものの、フレキシブルセービングよりは気軽に利用しにくいでしょう。

利息ゼロになるが即時償還が可能

利息ゼロになるというデメリットはありますが、Binanceの定期セービングでは、実質的に即時償還が可能です。以下のような2つの手順を踏むことで、その場で預け入れを解除できます。

  1. 定期セービングからフレキシブルセービングに送金する
  2. フレキシブルセービングで高速償還を行う

いずれの操作も、ウォレットの「収益」画面から簡単に行えるので、急に引き出しが必要になっても焦ることはありません。人気取引所であるBybit(バイビット)の定期ステーキングの場合、期間途中に償還はできないので、この点はBinanceの強みといえます。

不定期開催のアクティビティに注目

Binanceでは、「アクティビティ」と呼ばれるイベントが不定期開催されます。直近では、フレキシブルセービングに関連したアクティビティが開催されました。

直近の開催時期 主なセービング商品
2022年7月20日~8月2日 ・0~0.05 BTC:10.00%
・0~0.1 ETH:4.80%
・0~2,000 DOGE:2.00%
2022年7月4日~7月18日 0~2,000 BUSD:20.00%
2022年5月20日~6月4日 ・0~0.01 BTC:10.00%
・0~0.2 ETH:4.80%
・0~2,000 BUSD:20.00%

期間限定ですが、普段よりも利率がお得です。興味がある方は、各種SNSでBinanceをフォローするなどして、最新のアクティビティに気づけるようにしておきましょう。

なお、不定期のイベントは海外取引所のBybit(バイビット)も積極的に行っています。Bybitでは、年利888%などの限定銘柄が追加されることがあります。

フレキシブルセービングの利用方法

Binance(バイナンス)のフレキシブルセービングに預け入れる方法と、預け入れ解除の方法を紹介します。Binanceのアカウントを持っていない方は、先に口座開設を行ってください。

参加方法

手順1

以下のリンクより、Binanceのセービング利用ページにログインします。

セービングのページを開く link

手順2

預け入れたい銘柄を探します。左上の検索欄に銘柄名を入力すると、絞り込めます。

フレキシブルセービング銘柄選び フレキシブルセービング銘柄選び

手順3

預けたい通貨が見つかったら、必要に応じて「自動定期登録」をクリックして、有効にします。

フレキシブルセービング自動定期登録 フレキシブルセービング自動定期登録

自動定期登録をオンにすると、現物ウォレット内の全ての該当資産(この手順の場合BTC)が、毎日セービングに回されます。複利運用したい人はオンにしましょう。なお自動定期登録の切り替えは、預け入れ後にもウォレットの「収益」画面から行えます。

手順4

自動定期登録をクリックした場合、ポップアップが表示されますので、内容を確認して「わかりました」ボタンをクリックします。

フレキシブルセービング自動登録完了

手順5

預けたい通貨の右側にある「定期登録」ボタンをクリックします。

フレキシブルセービングの定期登録 フレキシブルセービングの定期登録

手順6

預ける量の入力とサービス規約のチェックを行い、「承認」ボタンをクリックします。

フレキシブルセービング注文画面

手順7

「定期登録の成功」と表示されたら登録完了です。

フレキシブルセービング注文完了画面

償還方法

手順1

フレキシブルセービングで預け入れの解除(償還)を行うには、まず以下のリンクより、Binanceのウォレットページにアクセスします。

Binanceのウォレットページ link

手順2

右にスクロールして「償還」ボタンをクリックします。

フレキシブルセービングの収益画面 フレキシブルセービングの収益画面

手順3

必要な操作を行い「承認」をクリックします。

フレキシブルセービングの償還画面

番号

項目名

説明

1

償還量

償還する数量を入力します。

2

方法

高速償還もしくは標準償還を選びます。

3

サービス規約

規約を確認してチェックを入れます。

高速償還を用いると、償還を申し入れた日の利息を受け取らない代わりに、即座に預け入れを解除できます。一方で標準償還を選ぶと、預け入れの解除が翌日になりますが、償還手続きを行った日の利息を受け取れます。

手順4

画面右上に「償還成功」と表示されたら完了です。

フレキシブルセービングの償還成功 フレキシブルセービングの償還成功

現物ウォレットに切り替えることで、処理が行われたかどうかを確認できます。

定期セービングの利用方法

Binance(バイナンス)の定期セービングに預け入れる方法、預け入れを解除する方法を紹介します。

利用方法

手順1

以下のリンクより、Binanceのセービング利用ページにログインします。

セービングのページを開く link

手順2

「定期セービング」をクリックして預け入れる銘柄を探します。検索欄に銘柄名を入力してから「定期セービング」をクリックすれば、銘柄を絞り込めます。

定期セービングの銘柄選び 定期セービングの銘柄選び

手順3

預けたい銘柄の右側にある「定期登録」ボタンをクリックします。

定期セービングの銘柄選び 定期セービングの銘柄選び

手順4

各項目の入力・選択をして「承認」をクリックします。

定期セービング注文画面

番号

項目名

説明

1

アクティビティ期間(日)

預入期間が複数ある場合は選択します。

2

ロット量

1以上の数字を入力します。

3

フレキシブルセービングの自動更新

オンにすると、期間後に受け取った利息と元手がフレキシブルセービングに回されます。

4

サービス規約

規約を確認してチェックを入れます。

手順5

「定期登録の成功」と表示されたら完了です。

定期セービング完了画面

償還方法

定期セービングで運用中の通貨は、直接償還(預け入れ解除)できません。一度定期セービングからフレキシブルセービングに移し、フレキシブルセービングの画面で償還処理を行う必要があります。

手順1

以下のリンクより、Binanceのウォレットページにアクセスします。

Binanceのウォレットページ link

手順2

「定期」をクリックします。

セービングの収益画面 セービングの収益画面

手順3

「フレキシブルに送金」ボタンをクリックします。

定期セービングの収益画面 定期セービングの収益画面

手順4

償還したい量の入力と規約確認を行い、「フレキシブルに送金」ボタンをクリックします。

定期セービングの解除画面

手順5

「振替成功」と表示されたら、指定した数量の通貨は、即座にフレキシブルセービングの項目に反映されます。

定期セービングの振替成功画面 定期セービングの振替成功画面

フレキシブルセービングに送金した通貨を現物ウォレットに移す方法は、本記事中で説明しています。

保有通貨を有効利用できる

Binance(バイナンス)のフレキシブルセービングは、対応銘柄数が200以上と多く、毎日利息を受け取れる仕組みです。そのため、好きな通貨を好きな期間預ける、という柔軟な運用が可能です。保有しているだけの通貨がある方は、利用してみると良いでしょう。

現状定期セービングは、使い勝手の面でフレキシブルセービングに劣るものの、「年利数十%の商品が多い」などの魅力があります。状況に合わせて利用を検討してみてください。


Date

作成日

2022.08.01

Update

最終更新

2023.04.16

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

2017年に初めてビットコインを購入し、2020年より仮想通貨投資を本格的に開始。国内外のメディアやSNSなどを中心に、日々最新情報を追っている。ビットコインへの投資をメインにしつつ、DeFiを使って資産運用中。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨SUI(スイ)に対応したウォレットの作り方|ウォレットの種類や機能も解説

Mysten Labsが開発するレイヤー1ブロックチェーン「Sui Network」上では、さまざまなWeb3アプリが開発・提供されています。アプリを利用する際に必要となるのが、SUIウォレットです。主なSUIウォレットの種類や機能、作り方、SUIウォレットのリスクなどを解説します。
New
update2024.04.12 20:00

仮想通貨SAGAの将来性は?Web3開発者向けプラットフォームの評判や仕組みを解説

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、レイヤー1プロトコルSagaのネイティブトークンです。Sagaは、開発者がWeb3プロジェクトを簡単にローンチできるプラットフォームとして機能します。
update2024.04.11 20:00

Titan FXが上限額なしのGW無限キャッシュバックキャンペーンを開催!

Titan FX(タイタンエフエックス)が2024年4月22日から「GW無限キャッシュバック」キャンペーンを開催します。入金額と取引量の条件を満たしたユーザーが、期間内であれば条件を満たす度に何度でも、上限額なしで無制限にキャッシュバックを受け取れるという内容です。
update2024.04.05 21:00

Mantle Rewards Stationとは?MNTステーキングの仕組みやmShardsについて解説

Mantleが「Mantle Rewards Station」というキャンペーンを開催しました。ユーザーは仮想通貨MNTをステーキングすると、mShardsというレシートトークンを獲得でき、将来的に仮想通貨ENAと交換できます。
update2024.04.05 20:30

IS6FXがウェルカムボーナスをリニューアル!

IS6FXが、新規ユーザーを対象とするウェルカムボーナスのリニューアルを発表しました。従来のウェルカムボーナスとは異なり、リニューアル後は初回から3回目の入金までボーナスが付与されます。
update2024.04.05 20:00

TradingViewで複数条件のアラート設定は可能?活用例を紹介

TradingViewで「2つ以上の条件を同時に満たした時に通知するアラートを設定する」にはPineスクリプトの編集が必須です。一方で「いずれかの条件が当てはまる場合のアラート通知」は、プランのアップグレードで対応可能です。
update2024.04.05 19:00

利下げ期待の高まりで上値が重くなる展開!現役トレーダーポンドマンが4月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、4月のポンド相場を解説します。円安圧力と介入警戒から、ポンド円はレンジ予想です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.04.04 21:00

バイナンスジャパンのシンプルアーンとは?仮想通貨の運用方法や各銘柄の利率を解説

国内取引所のバイナンスジャパンでは、シンプルアーンと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)の運用サービスを利用できます。当記事では、シンプルアーンの特徴や取扱い銘柄、利用方法などを解説します。
update2024.04.04 19:30

Land Primeが春の100%SPボーナスを開催!

Land Primeが、2024年4月1日から春の100%SPボーナスを開催します。キャンペーン期間は5月31日までの2ヶ月間です。期間中にボーナス対象口座へ入金すると、100%のクレジットボーナスを最大100万円まで受け取れます。ただし、ボーナスの申請には条件があります。
update2024.04.03 20:30

仮想通貨(暗号資産)関連のセミナーは怪しい?詐欺手口や被害に遭わないための対策を解説

近年、仮想通貨関連の詐欺が増えており、セミナーに参加させて仮想通貨への投資を勧誘する事例もあります。この記事では、セミナーを利用した詐欺手口や事例、詐欺に遭わないための対策、詐欺に遭ってしまった場合の対処法を解説していきます。
update2024.04.03 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル