Select Language

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.09.02 13:08
FXGTがスワップフリーに!取引条件が大幅改善

update 2022.09.02 13:08

FXと仮想通貨のハイブリッド取引サービスを提供するFXGT(エフエックスジーティー)は、仮想通貨を含む一部の銘柄のスワップポイントを廃止することを決定しました。

従来の取引条件では、ポジションを保有すると一定期間ごとにスワップが発生していましたが、今後は対象銘柄のスワップが0になります。限定的なスワップ廃止ではあるものの、ユーザーにとっては歓迎すべきニュースといえるでしょう。

FXGTは、ユーザーの要望に合わせて、取引しやすい環境を提供するために、取引条件を見直したとしています。

FXGTのデメリットが解消!

FXGTは、ボーナスプログラムの豊富さや仮想通貨の取扱銘柄数の豊富さがユーザーに支持されているブローカーではありますが、デメリットがなかったわけではありません。これまでは、仮想通貨や株価指数銘柄などのポジションを保有している間は、スワップポイントが差し引かれていました。

point スワップポイントとは

スワップポイントとは、日にちをまたいでポジションを持ち越した際に支払い、または受け取りとなる料金のことです。FXの場合は、買い・売りどちらかのポジションでスワップポイントがプラス(つまり受け取り)になる通貨ペアもありますが、仮想通貨銘柄は基本的に両方マイナススワップとなり、取引のコストとなっていました。

加えて、スワップフリー導入前は、ほかのブローカーよりもスワップポイントが高く設定されていたため、不満を感じるユーザーも少なくありませんでした。一方、FXGTと競合するFX業者のExnessでは、暗号通貨と金(XAUUSD)、株式、株価指数のスワップを0に設定しており、非常に好評でした。

FXGTによるスワップフリー導入は、FX業界内での競争力向上を目的に実施されたものと考えられます。

対象銘柄は仮想通貨とゴールド、株価指数

今回のスワップフリー導入によって、スワップが廃止される銘柄は、仮想通貨とゴールド(XAUUSD)、株価指数の3つです。ただし、仮想通貨の一部の銘柄にはスワップフリーが適用されませんので注意しましょう。

スワップフリーの対象外となる銘柄は、NFTとDeFiに区分される仮想通貨と、ソラナ(SOL)・ルナ(LUN)の2種類、仮想通貨市場の代表的な銘柄に連動する指数であるGTi12です。

上記を除き、具体的には以下の銘柄が対象となります。

銘柄名 特徴
ビットコイン(BTC) 世界で初めてリリースされた最も有名な仮想通貨
イーサリアム(ETH) ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇る仮想通貨
リップル(XRP) 2013年にリリースされた仮想通貨で、ブリッジ通貨としての活用が期待されている
ビットコインキャッシュ(BCH) 2017年のビットコインのハードウォークによって誕生した仮想通貨
ライトコイン(LTC) 承認速度が早く、日常決済でも活用が期待される
カルダノ(ADA、エイダコイン) ブロックチェーンでの相互運用やスマートコントラクト機能で優れている
ステラルーメン(XLM) 個人間や海外などの送金を円滑に行うことを目的とした作られたトークン
ポルカドット(DOT) 幅広いブロックチェーンの相互運用を可能にする仮想通貨
ドージコイン(DOG) インフルエンサーの発言で価格が乱高下するミームコイン
柴犬コイン(Shiba Inu、SHIB) ドージコインを模倣したミームコインで、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている

また、株価指数にスワップフリーが適用される期間は、ポジションをオープンしてから3日間です。4日目以降はスワップがかかるため、株価指数のポジションを長期間保有する場合は注意しましょう。

対象口座タイプは?

FXGTでは6種類の口座を提供していますが、スワップフリーの対象となるのは全ての口座タイプです。しかし、スワップフリー対象銘柄の取引に対応している口座が元々以下の4つに限られているため、実質的には下記の4つの口座タイプが対象となります。

  • ミニ口座
  • プロ口座
  • スタンダード+口座
  • ECN口座

上記の口座ではスワップフリー対象銘柄だけではなく、FXやエネルギー、株式などの取引も可能です。ただし、ミニ口座のみ株式の取引には非対応となっています。

FX銘柄のスワップはそのまま

前述の通り、今回スワップが廃止される銘柄は、仮想通貨と金、株価指数のみです。FX銘柄のスワップに変更はありません。そのため、FX通貨ペアのみを取引しているFXGTのユーザーには残念ながら恩恵はありません。

FXGTの口座で、ユーロドルのショートポジションを保有すると、1ロットにつき1日あたり220円前後のスワップが差し引かれます。ロングポジションを保有した場合もスプレッドはマイナスです。1日あたり880~900円ほどスワップが差し引かれます。

他の海外FX業者と比較すると、ExnessやGemForexはロングポジションのスワップはマイナスになっていますが、ショートポジションのスワップはプラスになっているため、FXGTはやや不利な条件になっているといえるでしょう。

fxg exn gem

FXGTとは?

FXGTは、仮想通貨銘柄の取引に力を入れているFX業者です。仮想通貨取引におけるユーザーの評価も高く、最近ではゴールドの取引にも力を入れています。仮想通貨・貴金属取引に対応している口座の取引条件は以下の通りです。

仮想通貨・貴金属取引対応口座 ミニ口座
プロ口座
スタンダード+口座
ECN口座
レバレッジ 最大1,000倍
取扱銘柄 【FX/通貨ペア】:54
【CFD/貴金属】:2
【CFD/株価指数】:9
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/仮想通貨FX】:44
【CFD/DeFiトークン】:10
【CFD/NFT】:5
【CFD/株式】:31

仮想通貨・貴金属取引に対応している口座は4種類です。2022年5月に取扱仮想通貨銘柄が17種類追加され、7月にはプロ口座とECN口座の金のスプレッドを縮小するなど、FXGTでは仮想通貨・金取引のサービスを強化しています。

CFD全般の取り扱いも豊富で、扱っている海外FX業者が少ない個別株銘柄や、VIX指数(恐怖指数)なども取引できます。

より有利な条件で仮想通貨の取引が可能に

スワップが廃止される前は、スワップの高さがFXGTで仮想通貨を取引する際のネックになっていました。しかし、仮想通貨取引にスワップフリーが導入されたことで、FXGTのデメリットが1つ解消されます。

FXGTはもともと仮想通貨に力を入れていることもあり、スワップフリーの導入は仮想通貨を取引している既存のFXGTユーザーにとって大きなメリットといえるでしょう。

加えて、FX業者の乗り換えを検討している方やこれから仮想通貨取引に挑戦する方も以前より有利な条件で取引できるようになります。仮想通貨用の取引口座を開設する際は、FXGTも候補に入れておくとよいでしょう。


Date

作成日

 : 2022.08.02

Update

最終更新

 : 2022.09.02

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

MT4は段階的に廃止へ!MT5への移行は進むのか?

今回は、MT5への移行状況をメタクォーツ社の動向と、MT5の導入する海外FX業者をもとに解説していきます。
update2022.05.31 20:30

Bybitのローンチパッドに仮想通貨PUMLxが登場!Move-to-Earnのトークン

Bybitは、ローンチパッドでの仮想通貨「PUMLx」配布を発表しました。PUMLxとは、Move to Earnプラットフォーム「PUMLx」で獲得できる独自仮想通貨です。2022年10月7日午後9時にBybitに上場予定です。
update2022.09.30 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

FXGTが賞金総額1,000万円のトレード大会を開催!

2022年9月5日、海外FX業者のFXGTが、賞金総額1,000万円のトレード大会を開催することを発表しました。1ヵ月間の投資収益率を競い、順位に応じた賞金を授与。1位のトレーダーには賞金として400万円が授与されます。
update2022.09.06 21:00

【9月30日更新】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

【SNSで話題】MT4/MT5がApp Storeから削除に!ロシアの制裁の影響?

2022年9月24日、App StoreでMetatraderの取り扱いが停止されました。ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁との関連を指摘する声もあり、一部で不安が広がっている模様です。
update2022.09.26 21:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷!その理由や将来性は?

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDCが対象

9月1日から1か月間、BybitではクレジットカードでのUSDC購入時、手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。普段は手数料が割高なクレジットカード購入ですが、今ならお得に行えます。
update2022.09.06 20:40

仮想通貨SWEATの将来性|Sweatcoinは新しいMove to Earnとの期待も

Sweatcoinが発行する仮想通貨SWEATは、その将来性という面で注目されています。外部企業からの広告収益を得られるモデルであるなど、Sweatcoinは、STEPNなどの従来のMove to Earnとは異なる側面を持ちます。
update2022.09.21 21:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル