Select Language

【最新情報】収益が毎日振り込まれる!Bybitの積立ステーキングとは?

【最新情報】収益が毎日振り込まれる!Bybitの積立ステーキングとは?

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.05.16 16:19
【最新情報】収益が毎日振り込まれる!Bybitの積立ステーキングとは?

update 2022.05.16 16:19

2021年10月29日よりスタートしたBybit(バイビット)の積立ステーキングは、仮想通貨を預けるだけで報酬を毎日もらえるサービスです。常時利用可能な16種類の銘柄と、 新規上場銘柄などを中心とした期間限定の銘柄があります。

常時利用可能な銘柄は、ビットコイン(BTC)やテザー(USDT)など時価総額の高い仮想通貨が中心である一方、期間限定銘柄は利率が高い場合が多く、短期間ですがしっかりとした利益を狙えます。

この記事では、積立ステーキングの仕組みや報酬付与タイミング、現在開催中の積立ステーキング銘柄をまとめています。

積立ステーキングの特徴

Bybit(バイビット)の積立ステーキングの特徴は、期間の制限なくずっと預け入れることができ、また、好きなときに引き出しができる点にあります。

積立投資のような、一定金額を定期的に積み立てる商品とは異なります。余剰資金があるときにこの積立ステーキングを利用すると、特に何もしなくても報酬を受け取ることができます。

キャンペーンページ

積立ステーキング可能な銘柄

各仮想通貨の年利は、以下の通りです。

通貨名 年利
BTC 0.88%
ETH 1.00%
USDC 2.50%
USDT 3.00%
BUSD 4.50%
DAI 5.00%
AXS 4.00%
AVAX 2.00%
DOT 2.00%
SOL 2.00%
MATIC 3.00%
ATOM 2.00%
FTM 2.00%
SHIB 5.00%
NEAR 4.00%
ONE 2.00%
期間限定銘柄
CTC 999.00%
XAVA 666.00%
XWG 999.00%
COT(売り切れ) 999.00%
KMON 666.00%
KASTA 6.50%
ETH 6.88%
BIT 4.00%

どの仮想通貨も、日本円にして5,000円~10,000円ほどの額が最小ステーキング額として設定されています。年間利率はUSTを除いて1%~5%ほどに設定されており、期間限定銘柄は常時開催銘柄よりも高くなる傾向があります。

元々、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、USDコイン(USDC)、テザー(USDT)、バイナンスUSD(BUSD)そしてダイ(DAI)の6種類が常時開催の銘柄でしたが、2022年3月4日に新たに10種類が追加されました。

3月4日に追加された銘柄

追加された銘柄は、イーサリアムに取って代わると期待される「イーサリアムキラー」から、ミームコインまで様々です。

なお、2022年5月12日に、USTとLUNAが積立ステーキング対象銘柄から外れました。

point ステーブルコインとは?

ステーブルコインとは、特定の資産と価値が連動するように設計された仮想通貨のことです。仮想通貨は価格の上下動が激しく、実用性が低いという課題がありますが、それを解決するためにステーブルコインが開発されました。

ステーブルコインの中で時価総額が最も大きいのは、米ドルに連動するUSDT(テザー)です。仮想通貨全体でもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に次ぐ時価総額を誇ります。

なお、「ステーキング」という名称ですが、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の仮想通貨を対象にしたサービスではありません。PoSでない仮想通貨を含めて18種類ありますので、利用しやすくなっています。

高い利回りが特徴

Bybitの積立ステーキングは、「自由に引き出し可能」というのが特徴です。積立ステーキングを解約すればすぐに仮想通貨が返ってくるため、ウォレットに入れているのと変わらないような運用ができます。

また、他の取引所の類似サービスと比べて、積立ステーキングは利率が高く設定されているのが特徴です。

ここで、Binance(バイナンス)のフレキシブルセービングと、Bybitの積立ステーキングの利率を比較してみます。フレキシブルセービングはいつでも引き出し自由で、預け入れ金額によって年利が変わるシステムを採用しています。

対応通貨 Bybit Binance
ビットコイン 0.88% 0~0.01 BTC: 5.00%
0.01~0.5 BTC: 0.80%
~0.5 BTC: 0.10%
イーサリアム 1.00% 0~0.2 ETH: 2.40%
~0.2 ETH: 0.10%
USDコイン 2.50% 0~75,000 USDC: 1.20%
~75,000 USDC: 0.30%
テザー 3.00% 0~2,000 USDT:7.00%
2,000~75,000 USDT: 3.00%
~75,000 USDT: 0.50%
BUSD 5.50% 0~500 BUSD: 7.00%
500~20,000 BUSD: 1.00%
~20,000 BUSD: 0.40%
DAI 5.00% 2.20%

ビットコイン

Bybit Binance
0.88% 0~0.01 BTC: 5.00%
0.01~0.5 BTC: 0.80%
~0.5 BTC: 0.10%

イーサリアム

Bybit Binance
1.00% 0~0.2 ETH: 2.40%
~0.2 ETH: 0.10%

USDコイン

Bybit Binance
2.50% 0~75,000 USDC: 1.20%
~75,000 USDC: 0.30%

テザー

Bybit Binance
3.00% 0~2,000 USDT:7.00%
2,000~75,000 USDT: 3.00%
~75,000 USDT: 0.50%

BUSD

Bybit Binance
5.50% 0~500 BUSD: 7.00%
500~20,000 BUSD: 1.00%
~20,000 BUSD: 0.40%

DAI

Bybit Binance
5.00% 2.20%

少額の場合、Binanceの年間利率の方が高く設定されています。一方、0.01BTC(約4万5000円)以上、0.2 ETH(6万円)以上などある程度まとまった数量を超える場合は、Bybitの利率の方が高いことがわかります(レートは2022年2月25日現在)。積立ステーキングは利率が一定で、預け入れ数量が増えても利率が下がらないことが利点です。

ただし、Binanceのフレキシブルセービングは対応銘柄数が100種類以上であるのに対し、Bybitは期間限定銘柄を含めても30未満であり、対応銘柄は多くありません。メジャーな銘柄はBybit、マイナーな銘柄はBinanceという使い分けになりそうです。

なお、積立ステーキングの期間限定銘柄では、Bybitに上場直後のブロックチェーンゲームのトークンやメタバース系トークンなど、他ではあまり取り扱っていない仮想通貨を利用できます。さらに、Bybitの常時開催銘柄やBinanceのフレキシブルセービングよりも高い利回りを設定していることが多く、短い期間で大きな利回りが狙えることが魅力です。

caution 利率は随時変更される

積立ステーキングの利率は、随時変更されます。そのため、預け入れ時の利率がずっと続くわけではない点に注意が必要です。積立ステーキングは解約が容易であるため、年利を定期的にチェックし、あまり良い年利でなくなったら預け入れ中止を検討できます。

期間限定銘柄は売り切れがある

Bybit積立ステーキングの期間限定銘柄は最大のステーキング枠が決まっており、預け入れの上限に達した場合売り切れとなります。

現在どの程度ステーキング枠が埋まっているかは、年利(APY)の下に表示されるパーセンテージで確認することができます。

売り切れ

売り切れとなった銘柄は「ステーキングする」ボタンが「売り切れ」に変わり、全体的に灰色に表示されます。

上限に近づいている場合、駆け込みで預け入れるトレーダーが増える可能性がありますので、早めに預け入れを検討するとよいでしょう。

point ステーキング枠は復活することも

売り切れと表示されていても、完全にステーキングできなくなくなるということではありません。ステーキング枠の追加や、既にステーキングしているユーザーがステーキングを解除があった場合、再びステーキングが可能になります。

期間限定銘柄の詳細

2022年5月13日現在、期間限定で開催されている積立ステーキングの期間限定銘柄は、以下の通りです。

  • CTC
  • XAVA
  • XWG
  • COT(売り切れ)
  • KMON
  • KASTA
  • ETH(Bybit × MIRL ジェネシスNFT保有者限定)
  • BIT

それぞれの詳細に加え、10万円程度預け入れた場合、1日どれくらいの報酬が発生するのかを計算しました(レートは表の下部に記載)。

XAVA

XAVAの画像

XAVAは、プロジェクト「Avalaunch」で使用されるトークンです。Avalaunchは、アヴァランチェブロックチェーン(AVAX)での新規仮想通貨公開(IDO)サービス提供に特化しています。

XAVA保有者は、XAVAをステーキングして報酬を得たり、IDOに参加して新規公開されるトークンを購入したりできます。

終了日時 2022年5月23日午後7時
年間利回り 666.00%
最小ステーキング額 6 XAVA
最大ステーキング額 60 XAVA
最大ステーキング時
(約8,300円)
の日次収益(*1)
60XAVA預入で1.09XAVA(約150円)

(*1) 最大ステーキング金額が低いため10万円の預け入れが不可(2022年5月13日のレート)

XWG

XWGの画像

XWGは、ブロックチェーンゲーム「X World Games」で使用されるトークンです。XWGを使って、NFTで作られたアイテム等を売買したりステーキング収入を得たりできます。

当記事執筆時点で公開されているゲームはわずかですが、最終的に300種類以上を公開する予定です。

終了日時 2022年5月22日午後7時
年間利回り 999.00%
最小ステーキング額 1,000 XWG
最大ステーキング額 10,000 XWG
最大ステーキング時
(約1万8,000円)
の日次収益(*1)
10,000XWG預入で273.69XWG(約500円)

(*1) 最大ステーキング金額が低いため10万円の預け入れが不可(2022年5月13日のレート)

KMON

KMONの画像

KMONは、play to earnゲーム「Kryptomon」で使用されるトークンです。プレーヤーは、クリプトモンと呼ばれるモンスターを飼育・繁殖させて訓練し、他のプレイヤーとバトルを繰り広げながらトークンを稼ぎます。

クリプトモンにはそれぞれ個性があり、博士も存在し、まさに第二のポケットモンスターの雰囲気です。このため、英語力に不安があっても比較的遊びやすいのが特徴です。なお、各国でコミュニティが形成されており、日本ユーザーの集まりも存在します。

終了日時 2022年5月19日午後7時
年間利回り 666.00%
最小ステーキング額 500 KOMN
最大ステーキング額 5,000 KMON
最大ステーキング時
(約1万7,000円)
の日次収益(*1)
5,000KMON預入で91.23KMON(約310円)

(*1) 最大ステーキング金額が低いため10万円の預け入れが不可(2022年5月13日のレート)

KASTA

KASTAの画像

KASTAは無料・即座・簡単に送金できる決済システムとして開発された「Kasta」プロジェクトで利用されるトークンです。

「Kasta」プロジェクトは、PayPalなど従来の支払い手段に比べてユーザーに有利な仕組みを目指しており、KASTAは各種手数料の支払いやステーキングなどに利用される予定です。

なお、KASTAは2021年の12月にBybitに上場した際、ローンチパッドで配布されました。

終了日時 2022年10月23日午後7時20分
年間利回り 6.50%
最小ステーキング額 100 KASTA
最大ステーキング額 2,000 KASTA
最大ステーキング時
(約6万1,000円)
の日次収益(*1)
2,000KASTA預入で0.356KASTA(約10円)

(*1) 最大ステーキング金額が低いため10万円の預け入れが不可(2022年4月25日のレート)

BIT

BITの画像

BITは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。BitDAOはDeFi領域のプロジェクト支援を目的に立ち上げられた組織で、BITを保有すると各種投票に参加できます。

また、BybitはBitDAOの筆頭の支援者であり、Bybitの「ローンチパッド」「ローンチプール」「二重資産マイニング」といった様々なサービスの条件にBITが使われています。BITの積立ステーキングの年利は4.00%と低めではありますが、Bybitのサービスで広く利用できるため、高い人気を誇ります。

終了日時 2025年2月1日 午後8時40分
年間利回り 4.00%
最小ステーキング額 200 BIT
最大ステーキング額 200,000 BIT
10万円相当預入時の
日次収益
640BIT預入で0.07BIT(約11円)

(2022年4月25日のレート)

積立ステーキングへの参加方法

積立ステーキングの開始方法は、以下の通りです。Bybit(バイビット)の「Bybit資産運用」ページ内にある「積立ステーキング」をクリックします。

「Bybit資産運用」を開く link
積立ステーキング 積立ステーキング

そして、ステーキングしたい通貨の「今すぐステーキングする」ボタンをクリックします。今回はUSDTを例にしますが、どの仮想通貨でも同じ操作です。

積立ステーキング銘柄の選択 積立ステーキング銘柄の選択

「金額」欄にステーキングしたい金額を入力し、サービス規約に同意(チェック)の上、「今すぐステーキングする」を押せば購入が完了します。あとは毎日、報酬が口座に振り込まれるのを待ちます。

購入画面
point 「資産運用アカウント」に残高が必要

ステーキングに参加するには、資産運用アカウント内に資金が必要です。現物アカウントやデリバティブアカウントから振替で入金できます。

手軽さが魅力のサービス

Bybit(バイビット)の積立ステーキングは、申込みと解約がいつでも可能で手軽に始められます。さらに、いつでも解約可能なサービスの中では高い利回りというメリットもあります。

解約不可の期間(ロック期間)が設定されているサービスと比較すると、利回りは低めですが、ローリスクで報酬を得たい方やトレードの合間の余剰資金を短期で運用したい方に向いています。

積立ステーキングの期間限定銘柄は、Bybitで新規上場した銘柄も使用可能なことが多く、年利も高いため、値上がりを期待しながら高利回りの報酬を狙うことができます。


Date

作成日

 : 2021.11.08

Update

最終更新

 : 2022.05.16

こば

暗号資産ライター

arrow
こば

暗号資産の短期トレードから始めるも、中長期的に堅実に稼ぐステーキングやイールドファーミングに切り替える。
日本ではまだ認知が広まっていない暗号資産の投資手法をいち早くキャッチすることが得意。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

【SNSで話題】「歩いて稼ぐ」Agletの信頼性は?海外の大手メディアの報道も調査

Agletは「第2のSTEPN」になりうるmove to earnプロジェクトだと期待されています。では、本当に期待できるでしょうか。Agletの概要や注意点、そして大手海外メディアでの報道ぶりを紹介します。
update2022.05.12 20:30

STEPNに続くか!?無料で始められる注目のMove to Earnゲーム5選

話題のSTEPNは、Move to Earn市場で大きなブームを巻き起こしています。STEPN以外にもMove to Earnゲームが続々と登場しており、中には無料で利用できるものもあります。
update2022.05.11 20:00

【最新情報】収益が毎日振り込まれる!Bybitの積立ステーキングとは?

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

【SNSで話題】ジャスミーに詐欺の疑惑で大荒れ!運営会社も反応

2022年3月、ジャスミーが詐欺であるとのSNS投稿が日本を含む世界中に拡散し、話題となりました。いったい、Jasmyに何があったのでしょうか。そして、ジャスミー開発チーム(Jasmy株式会社)はこの騒動にどのように対応したでしょうか。
update2022.03.11 21:00

Binanceが人気サッカークラブのファントークンを発行!その特徴と購入方法を解説

大手仮想通貨取引所のBinanceが2021年10月13日、イタリア・セリアAの名門サッカークラブであるラツィオのファントークンを発行することを発表しました。この記事では、ファントークンの特徴やメリット、購入方法などを解説していきます。
update2021.10.29 20:00

Bybitの国内銀行送金方法を解説

Bybit(バイビット)では、「国内銀行送金」サービスを提供しています。海外銀行送金にしか対応していない仮想通貨取引所が多い中、このようなサービスを提供していることで、入金の選択肢が広くなっています。
update2022.04.06 21:00

Bybitの二重資産マイニングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

Bybitの二重資産マイニングは、ステーキングで高利回りを期待できる一方、元本割れのリスクもあります。そこで、二重資産マイニングのメリットとデメリットを紹介します。
update2022.02.21 19:00

ステーブルコインUSTの崩壊懸念!その要因と今後の見通しは?

2022年5月8日以降、ステーブルコインUSTの価格が急落しています。1UST=1米ドルであるはずが一時的に0.3ドル付近まで下落し、その後も乱高下しています。ステーブルコインとしてのUSTの仕組みから価格変動の要因、今後の見通しなどに迫ります。
update2022.05.12 21:00

BybitがMT4に対応!取引条件の違いやMT4のメリットを解説

2022年3月31日、Bybit(バイビット)は、取引プラットフォームとしてMetaTrader4(MT4)を導入することを発表しました。MT4の利用によってBybitでの取引の幅が広がることが予想されます。
update2022.04.01 20:30

Bybitローンチプールに「FreshCut」 のコミュニティ・トークン「FCD」が登場!

2022年5月10日、Bybit(バイビット)は、ゲームコンテンツプラットフォーム「FreshCut」 のコミュニティ・トークンである『FCD』をローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。期間中のBITまたはFCDの預け入れで、FCDを受け取ることができます。
update2022.05.11 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル