Select Language

現役トレーダーポンドマンが3月のポンド相場を予想!何はともあれウクライナ次第

現役トレーダーポンドマンが3月のポンド相場を予想!何はともあれウクライナ次第

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.03.01 16:19
現役トレーダーポンドマンが3月のポンド相場を予想!何はともあれウクライナ次第

update 2022.03.01 16:19

2022年3月のポンド円・ポンドドルの予想ですが、皆さんご存知のとおり、ウクライナ情勢次第という部分があります。基本的なファンダメンタルズを押さえつつ、ロシアがどう出るかも随時チェックしていきたいところです。

3月のポンド円予想

comment

ウクライナ情勢に気をつけながら長期ロングを狙っていきます!

ポンド円の予想

リスクオフ次第で円買いがどこまで進むかがポイントです。日銀の緩和政策継続で円売りが優勢ですが、ウクライナ情勢を巡る地政学リスクが高まれば円買いが強くなると予想しています。

基本はポンド円買いも、ウクライナ情勢次第で下落も視野に

ポンドは引き締め期待から底堅く推移し、円は日銀の緩和政策継続で売られやすいと考え、ポンド円が上昇するというのが基本路線です。

ただ、地政学リスクが高くなった場合は円高が進むことも考えられます。

ウクライナにロシアが侵攻したことで、円買いポンド売りが進んでいます。ですが、ここからさらに地政学リスクが高くならなければ、ポンド円は上昇すると考えています。

ただ、もう一段階の地政学リスクが進むようであれば、円買いが出てくる可能性からレンジを形成することもあると考えています。

地政学リスクが高くなる可能性がある要因は以下の2点です。

  • NATO軍とロシア軍の軍事衝突
  • SWIFTからロシア除外

地政学リスクが高くなった場合にはポンド円の上値が押さえられ、一旦下落を含めレンジになると考えています。

ポンド円のチャート分析

2月末時点の、ポンド円日足チャートを分析してみます。

comment

要所要所で買いを入れて行こうと思っています!ウクライナの問題がなければ上昇していくと思うので、意識される価格帯では積極的に買っていきます!

ポンド円の押し目買いターゲット

画像引用:TradingView

  • 押し目買い第1ターゲット:153円
  • 押し目買い第2ターゲット:150.8円
  • 押し目買い第3ターゲット:149.6円
comment

こういった強い支持帯をブレイクする程のリスクオフ要因が発生したら、ロングは深追いしないのが安全です!

ポンド円の戻り売りターゲット

画像引用:TradingView

  • 戻り売り第1ターゲット:156.2円
  • 戻り売り第2ターゲット:157.6円
  • 戻り売り第3ターゲット:158.2円
comment

このあたりからの戻り売りを考えますが、基本はロングでついて行こうと思っています。

3月のポンドドル予想

comment

基本レンジ目線なので、ポイントポイントで売買していこうと思っています。

ポンドドルの予想

ポンド・米ドル、どちらの織り込みが先に終わるかとウクライナのリスクオフがポイントとなります。

レンジ予想が本命。均衡が崩れるのはマーケットが織り込んでから

英国・米国ともに、物価上昇から引き締め政策を急ぐ展開となっています。このことでポンドも米ドルも買われやすくなっており、ポンド買いと米ドル買いが勢いを打ち消し合い、レンジを形成すると予想しています。

ただ、どこかのタイミングで引き締め政策の見通しをマーケットが織り込んでしまい、買い圧力が弱くなっていきます。英国(ポンド)と米国(米ドル)のどちらの政策見通しを先にマーケットが織り込むかがポイントです。

米国よりも英国のほうが先に織り込みが進んでしまい、ポンド買いの勢いが弱くなり米ドル買いに押されてポンドドルの上値が重くなってくるのではないかと予想しています。

また、ウクライナ情勢を巡る地政学リスクが高まった場合はドル買いが進む可能性があります。

ポンドドルのチャート分析

2月末時点での、ポンドドルの日足チャートです。

ポンドドルの押し目買いターゲット

画像引用:TradingView

  • 押し目買い第1ターゲット:1.318
  • 押し目買い第2ターゲット:1.287
  • 押し目買い第3ターゲット:1.27
comment

買いを仕込みやすそうな価格はこのあたりでしょう。

ポンドドルの戻り売りターゲット

画像引用:TradingView

  • 売り第1ターゲット:1.36
  • 売り第2ターゲット:1.385
  • 売り第3ターゲット:1.42
comment

戻り売りを狙うか、あるいはブレイクしたら高値を追いかけるかは、ファンダメンタルズ分析も参考にしてください。

ポンドのファンダメンタルズ分析

ここからポンドを取引する上で注目したいポイントは、物価上昇と地政学リスクの2点です。これら2点の影響を踏まえ、ポンド買いがどこまで進むのかを考えています。

英国の物価上昇

まずは物価上昇についてです。

2月16日に発表された英国のCPI(消費者物価指数)は、前年比5.5%(予想5.4%)と、1月に発表された同指標の前年比+5.4%を上回り、1992年以来の伸び率となっています。英国の物価上昇が続いていることがわかる結果となりました。

物価上昇の要因は、人手不足による人件費高騰と燃料資源価格の上昇の2点が大きいと考えています。

人手不足に関しては先月もお話ししたように、コロナ禍で働きに出る人が少なくなったことと、EUを離脱したことで欧州などからの労働力が減ってしまったためです。人手を確保するために企業は給与を増額します。そのため人件費が高騰してしまい、結果として人件費を商品価格に転嫁して物価が上昇してしまいます。

燃料資源については、供給問題で価格が上昇しています。OPECプラス閣僚級会合で増産目標を計画していますが、計画している産油目標に届いていない国が出てきています。その上、ウクライナ情勢を巡りロシアに制裁が課された場合は、ロシア産の原油供給が止まる可能性があることから原油価格が上昇しています。

同様に、天然ガス供給についても、ウクライナ情勢が要因となって価格の上昇に繋がっています。

人手不足はすぐに解消はできないと考えています。その上でウクライナ情勢を巡る地政学リスクが高まるようであれば、燃料資源価格の上昇に繋がり、ひいては物価上昇に繋がるのではないかと注目しています。

物価が上昇してしまうと金融政策の引き締めにつながり、ポンド上昇につながります。

現在、英中銀の次回の利上げ(0.25%)が、ポンド価格に織り込まれています。

3月は、金融政策と声明文の発表が予定されています。

声明文から次回以降の追加利上げやQT(資産縮小)についてのヒントが出てくるようであれば、ポンド買いに繋がると考えています。

ウクライナを巡る地政学リスク

金融政策以外で気をつけていたいポイントが、ウクライナ情勢を巡る地政学リスクです。

ロシアへの制裁をどのレベルまで課すのか、軍事衝突に発展するのかがマーケットに大きく影響します。資源を輸入している英国にとっても大きな問題です。

地政学リスクが高まれば、相場はリスクオフに傾きやすくなります。このようなことから3月は金融政策や経済指標だけでなく、地政学リスクなどのヘッドラインにも注意しておく必要があります。

comment

ウクライナ問題のような地政学リスクは、平時の金融政策より影響がずっと強くなります!


Date

作成日

2022.03.01

Update

最終更新

2022.03.01

ポンドマン | Pond Man

現役大学生トレーダー

arrow
ポンドマン

英ポンドを中心にトレードを行う大学生トレーダーで、2021年の合計利益は4,000万円にのぼる。公式Twitterでもテクニカル分析等の情報発信を行い、フォロワー数は5,000人以上。ファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせた手法を用い、Myforexでは月初にポンド通貨ペアの戦略を連載している。

【運営メディア】
https://www.easthillfx.co.jp/column/

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル