Select Language

Titan FXの特徴は?取引環境とキャンペーンに注目のブローカー

Titan FXの特徴は?取引環境とキャンペーンに注目のブローカー

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.06.08 12:22
Titan FXの特徴は?取引環境とキャンペーンに注目のブローカー

update 2023.06.08 12:22

海外FX業者Titan FX(タイタンエフエックス)は、狭いスプレッドや高い約定力といった取引環境が人気のブローカーです。

従来はトレーダーに有利な取引環境を提供する一方、ボーナスやインセンティブの提供はしないという方針でしたが、2022年夏に初のキャッシュバックキャンペーンを実施しました。以降、不定期ですが、各種キャンペーンを企画・実施しています。

Titan FXは34種類の仮想通貨(暗号資産)銘柄を取り扱っており、仮想通貨の入出金手段も豊富です。100銘柄の米株CFDを取り扱うなどCFD銘柄も充実しており、FX通貨ペア以外の取引をしたいユーザーにも魅力的なブローカーです。また、日本語での24時間365日サポートがあるなど、初心者から経験の長いトレーダーまで安心できる取引環境を提供しています。

Titan FXの3大特徴は?

Titan FX(タイタンエフエックス)の主な特徴は、以下の3つです。

  • 総合的な取引環境に定評
  • 米個別株CFD銘柄が豊富
  • キャンペーンを不定期で実施

Titan FXのサービスにおける大きな特徴は「取引コストを抑えられること」です。主要海外FX業者の中でもスプレッドが狭く、短時間で取引を繰り返す取引スタイルである、スキャルピングを行うトレーダーに人気があります。

CFD銘柄が充実している点も大きな特徴の1つといえるでしょう。特に米国の個別株CFDを執筆時点(2023年1月)で100種類取り扱っており、アップルやアマゾンなどといった知名度の高い米企業の、株価変動による利益を狙うこともできます。

また、2022年秋に初めてのプロモーションを実施してから、度々キャンペーンが開催されるようになった点にも注目です。キャッシュバックキャンペーンを中心に、継続してキャンペーンを提供しています。低いスプレッドで取引しつつキャンペーンも楽しむことができるブローカーです。

Titan FXの口座開設 link

総合的な取引環境に定評

Titan FXの特徴として、「低コストかつ約定力に定評がある」という点が挙げられます。2014年にサービスを開始して以来、約定力には定評があり、総合的な取引環境の良さが特徴です。

Titan FXが提供する口座タイプは3種類あり、取引手数料が発生しないSTP方式のスタンダード口座とマイクロ口座、取引手数料が発生するECN方式のブレード口座があります。

スタンダード口座のスプレッドは、取引量が多い時間帯でドル円の平均1.4Pips、ユーロドルで1.3Pips程となっています。一方のブレード口座は、スタンダード口座よりもスプレッドは狭くなっていますが、1ロットあたり片道3.5ドルの取引手数料が発生します。

ボーナスやキャンペーンに積極的な海外FX業者に比べると狭いスプレッドですが、スプレッドの面で取引環境を強化する海外FX業者は増加しており、通貨ペア・銘柄によってはTitan FXより狭いスプレッドのブローカーもあります。

米個別株CFD銘柄が豊富

Titan FXの大きな特徴は、米個別株CFD銘柄を豊富に取り扱っていることです。日本でも知名度の高いアップルやアマゾンといったIT企業の他に、飲料メーカーのコカ・コーラや、航空会社のボーイング社など合計100銘柄を取引できます。

Titan FXで取引できる米企業

米国株CFDは、最大レバレッジが20倍です。他の銘柄では最大1,000倍なので小さく感じるかもしれませんが、それでも国内FX業者に比べると、4倍の資金効率で取引できます。

さらに、米国株式市場は非常にボラティリティが大きいため、レバレッジが低く保有できるポジション量が小さくても、大きな利益を狙うチャンスがあります。また、最小取引単位が低く設定されているため、少額資金のトレーダーであっても、気軽に米個別株取引を試すことが可能です。

従来は「株式CFD取引口座」という専用口座でのみ取引できる仕様でしたが、2022年夏に「株式CFD取引口座」は廃止され、FX通貨ペアや他の銘柄と同じ取引口座で米個別株の取引が可能となりました。

caution 米個別株はMT5のみで取引可能

スタンダード口座・ブレード口座のどちらも米個別株銘柄を取り扱っていますが、取引可能なプラットフォームはMetaTrader5(MT5)のみです。MetaTrader4(MT4)では米個別株CFDを取引できず、気配値やチャートも表示できません。MT5口座を保有していなくても、マイぺージ(クライアントキャビネット)からすぐに口座が開設できます。

キャンペーンを不定期で実施

Titan FXは取引環境にこだわったブローカーですが、不定期で開催されるキャンペーンも特徴の一つです。従来はインセンティブを提供しないという方針でしたが、2022年夏に初のキャッシュバックキャンペーンを開催して以降、不定期でキャンペーンを提供しています。

Titan FX初のプロモーションは、日経平均CFDを対象にした上限なしのキャッシュバックキャンペーンで、少なくとも500名以上のトレーダーが参加するなど人気となりました。豪華賞品が当たる抽選キャンペーンも開催したことがあり、今後の企画に注目です。

point 取引コストとキャンペーンの関係

一般的に、豪華なキャンペーンを提供する海外FX業者の取引コストは高めです。一方、低スプレッドを提供する海外FX業者は、キャンペーンが少ないという特徴があります。

ただ最近では、プロモーションを重視するブローカーでもスプレッドを重視した口座タイプを導入する動きが見られ、低スプレッドを重視するブローカーでもユニークなキャンペーンを開催するなど、必ずしもその限りではないといえるでしょう。

例えば、豪華なキャンペーンで人気のあるXMTrading(エックスエムトレーディング)は、スプレッドが狭くスワップフリーの極(KIWAMI)口座を導入しました。低スプレッドを売りにするTitan FXThreeTrader(スリートレーダー)、Milton Markets(ミルトンマーケッツ)も、それぞれユニークなキャンペーンを開催しています。

tfx threetrader mil xem

Titan FXの取引条件やスペックは??

Titan FX(タイタンエフエックス)の口座タイプや、スプレッドなどの取引条件が気になる人も多いでしょう。Titan FXの取引条件や、スペックに関する主な特徴は以下のとおりです。

  • Titan FXの口座タイプは3種類
  • レバレッジは最大1,000倍
  • スプレッドが他社より狭い
  • 全銘柄のストップレベルはゼロ

Titan FXの口座タイプは3種類

Titan FXの口座タイプは取引手数料が発生しないSTP方式のスタンダード口座とマイクロ口座、取引手数料が発生するECN方式のブレード口座、以上3種類で非常にシンプルです。それぞれの口座タイプの特徴は以下の表の通りです。

スタンダード口座
・取引手数料無料
・初回入金額2万円
マイクロ口座
・取引手数料無料
・初回入金額の指定なし
ブレード口座
・取引手数料は片道3.5ドル/1ロット(片道0.35 Pips相当)
・初回入金額2万円
スタンダード口座
・取引手数料無料
・初回入金額2万円
マイクロ口座
・取引手数料無料
・初回入金額の指定なし
ブレード口座
・取引手数料は片道3.5ドル/1ロット(片道0.35 Pips相当)
・初回入金額2万円

レバレッジは最大1,000倍

Titan FXでは、最大1,000倍のレバレッジで取引できます。最大1,000倍のレバレッジを利用できるのはマイクロ口座のみで、スタンダード口座・ブレード口座では、最大500倍のレバレッジで取引が可能です。

point 口座残高によるレバレッジ制限がない

Titan FXには、他の海外FX業者でよく導入されている、口座残高によるレバレッジ制限などがありません。大きな資金を持つトレーダーも、レバレッジ制限を気にすることなくトレードすることが可能です。

Titan FXより高いレバレッジを提供している海外FX業者は多いですが、レバレッジ制限を設けていることが多く、口座残高や取引量によってはTitan FXの方が資金効率は良い、という場合があります。

銘柄によって最大レバレッジは異なりますが、FX通貨ペアとゴールドを含む貴金属は最大1,000倍、株価指数は最大500倍のレバレッジになります。同じく取引環境に注力しているThreeTrader(スリートレーダー)よりも、FX通貨ペアや株価指数のレバレッジは高いです。

主な銘柄のレバレッジを以下の表にまとめます。

銘柄 最大レバレッジ
FX通貨ペア 1,000倍
貴金属
株価指数 500倍
仮想通貨(暗号資産) 100倍
ソフトコモディティ 50倍
米個別株 20倍
caution CFD銘柄のレバレッジ制限

FX通貨ペアを除くCFD銘柄について、金曜日の閉場30分前〜月曜日の開場15分後までの時間帯にオープンしたポジションは、最大レバレッジが100倍に制限されます。ただ、この時間帯は取引量が極端に少なく、また日本時間の早朝にも該当するため、基本的に心配する必要は無いでしょう。

上記の時間帯以外にオープンしたポジションは、最大レバレッジ制限の影響を受けません。

Titan FXのスプレッド水準は?

Titan FXは、口座タイプによってスプレッドが異なります。スプレッドが最も狭い口座タイプはブレード口座です。

当サイトMyforexが提供しているリアルタイムスプレッドツールで、Titan FXのスタンダード口座、ブレード口座をドル円で比較します。

リアルタイムスプレッドツールを見ると、どちらも1.5Pips〜1.6Pips付近で推移していますが、ブレード口座の方が取引コストはお得です。(上記ツールのスプレッドにはブレード口座における取引手数料を含んでいます)

ドル円のスプレッドは、以前は海外FX業者の中では狭いスプレッド水準でしたが、海外FX業者全体のスプレッド水準が狭くなってきているため、執筆時点(2023年1月)では他社よりも広めのスプレッド水準となっています。

スプレッドの狭さを追求する場合は、XMTrading(エックスエムトレーディング)が最近導入した極(KIWAMI)口座や、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るThreeTrader(スリートレーダー)がより有力でしょう。

次に、Titan FXのスタンダード口座とXMのスタンダード口座・Exness(エクスネス)のスタンダード口座を比較します。比較対象はゴールド(XAU/USD)です。

ゴールドはスプレッドの大きい銘柄ですが、XMやExnessのスタンダード口座と比較すると、Titan FXのスタンダード口座が最も狭いスプレッドを提供しています。

ストップレベルはゼロ

Titan FXは、FX通貨ペア・仮想通貨・株価指数など、全銘柄のストップレベルをゼロに設定しています。

point ストップレベルとは

ストップレベルとは、指値逆指値などの注文を行う際に、現在レートから予め定められた値幅以上離れたレートでないと注文ができない仕様のことです。

ストップレベルがゼロに設定されているため、指値・逆指値の制約は一切なく、トレーダーがエントリー価格に関係なく自由に設定できます。また、主にスキャルピング系EAの誤作動を防止できるため、EA本来の性能を発揮することが可能です。

ストップレベルゼロを提供する主な海外FX業者としては、大手海外FX業者であるXMやExness、取引環境に注力しているThreeTraderが挙げられます。

tfx threetrader xem exn

Titan FXのサービスの特徴

Titan FX(タイタンエフエックス)のサービス全般の特徴は、主に以下の5つです。

  • 最短5分で口座開設できる
  • 入出金手段が豊富
  • 24時間365日のサポート体制
  • MT4のデモ口座を無期限化できる
  • 17種類の仮想通貨(暗号資産)が取引できる

SMS認証によるクイック口座開設を提供

Titan FXは、SMS認証によるクイック口座開設を提供しています。手間のかかる本人確認手続きをスキップできるため、最短5分でリアル口座を使った取引が開始可能です。

クイック口座開設の流れ
point クイック口座開設とは

クイック口座開設とは、必要書類の提出前に取引を開始できる仕組みのことです。必要書類をすぐに準備できない場合でも、提出をスキップして取引が開始できるため、取引のチャンスを逃さずに済みます。出金までに必要書類を準備すればいいので、時間に余裕を持てることがメリットです。

このシステムは、Titan FXの他にBigBoss(ビッグボス)やExness(エクスネス)、Land-FX(ランドエフエックス)などで導入されています。

tfx big exn lan

クイック口座開設は簡易的な方法ですが、このシステムで開設した口座でも、取引に関する制限はかかりません。累計上限100万円までなら、入金を行うことも可能です。そのため、海外FX業者の中では最も手軽に、本格的な取引を行える口座が開設できるブローカーといえるでしょう。

ただし、出金する際には本人確認書類の提出・承認が必要です。また、クイック口座開設を利用した場合、国内銀行送金による入金は本人確認の完了まで利用できないことに注意しましょう。

Titan FXは入出金手段が豊富

Titan FXは入出金手段が豊富で、国内銀行送金やbitwalletなどのオンラインウォレットはもちろん、仮想通貨による入出金など以下5種類に対応しています。

Titan FXで対応する入出金方法
  • 国内銀行送金
  • クレジットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • 仮想通貨入金
point 利益分の出金ルールは?

Titan FXでは、例えばbitwalletで10万円を入金して20万円の利益が出た場合、出金は2回に分ける必要があります。最初に入金額である10万円の出金申請をし、その後に利益分の20万円を出金申請するという流れです。1回の申請で、入金額と利益分の合計である30万円の出金を行うことはできません。

利益分の出金に関しては、海外FX業者独自のルールが設けられている場合もあるため、事前に確認するのがよいでしょう。

サポート体制が充実

Titan FXは2022年秋から、土日を含む365日24時間体制のカスタマーサポートを開始しました。他社よりもサポート体制が充実しているので、海外FX業者に不安があるユーザーでも安心して利用できるでしょう。

ブローカーによっては自動チャットボットが対応している場合もありますが、Titan FXは有人対応となっており、リアルタイムであらゆる疑問点をカスタマーに質問できます。サポートは、チャット・メール・電話の3種類を提供しています。Titan FX公式サイト、もしくはマイページ(クライアントキャビネット)から問い合わせが可能です。

knowledge サポート体制が充実している海外FX業者

初心者の方は、操作方法やトラブルが発生したときに相談できる、サポート体制の整ったブローカーを選ぶのがおすすめです。サポート体制が充実している海外FX業者には、FXGT(エフエックスジーティー)やXMTrading(エックスエムトレーディング)が挙げられます。

FXGTは、Titan FXと同じく年中無休のサポートを実施しているブローカーであり、XMは平日24時間、土日は一部の時間帯でサポートを提供しています。

MT4のデモ口座を無期限で利用可能

Titan FXは、海外FX業者の中でも珍しい、デモ口座を無期限化できるブローカーです。ただし、デモ口座を無期限化できるのは以下の条件を満たした場合です。

  • Titan FXのリアル口座を保有していること
  • MT4のデモ口座であること
  • サポートに連絡すること

Titan FXにおけるMT4デモ口座の期限は、リアル口座を保有していない場合だと開設日から30日ですが、リアル口座を保有している場合は無期限化できます。Titan FXではMT5のデモ口座も提供していますが、そちらの有効期限は最終ログインから30日となっており、無期限化は不可能です。

MT4デモ口座の無期限化を行うには、カスタマーサポートにメールで申請することが必要です。

仮想通貨は17種類取引可能

Titan FXが取り扱っている仮想通貨銘柄は34通貨ペアです。主要仮想通貨であるビットコイン(BTC)をはじめ、イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)、ソラナ(SOL)にリップル(XRP)など、17種類の仮想通貨が取引できます。

Titan FXの仮想通貨銘柄

仮想通貨のレバレッジは、一律で最大100倍に設定されています。仮想通貨市場は24時間365日開いており、Titan FXでは週末問わず仮想通貨CFDの取引が可能です。

取引環境とキャンペーンを両立

ここまで、Titan FX(タイタンエフエックス)の特徴について紹介してきました。Titan FXは、総合的な取引環境の改善に加えてCFD銘柄にも注力しており、トレーダーの選択肢が広いブローカーです。さらに、2022年秋から実施されているキャンペーンでユーザーの満足度向上を図っています。

口座タイプは3種類とシンプルなサービス体制ですが、取引制限はほとんどありません。また、24時間365日対応のサポートがあるため、海外FXに初めて挑戦するユーザーであっても安心して取り組めるでしょう。

一方で取引コストに関しては、通貨ペア次第でTitan FXよりスプレッドの狭いブローカーが増加していることも事実です。それでも、充実したサポート体制、約定力などの取引環境には定評があり、長期間にわたってサービスを提供し続けていることから、幅広いトレーダーに支持されています。

新サービスのリリースや新たなキャンペーンなど、今後の動きに期待したいブローカーといえるでしょう。


Date

作成日

2023.01.01

Update

最終更新

2023.06.08

Myforex編集スタッフーFX担当ー

短期が中心のトレーダーや中長期が中心のトレーダー、元プロップトレーダー、インジケーターやEAの自作を行うエンジニアなどが在籍。資金を溶かした失敗や専業トレーダーに転身した経験など、実体験も踏まえてコンテンツを制作している。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル