Select Language

Gemforexが仮想通貨の取り扱いを開始

Gemforexが仮想通貨の取り扱いを開始

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.12.27 15:49
Gemforexが仮想通貨の取り扱いを開始

update 2022.12.27 15:49

2022年11月7日、海外FX業者のGemforex(ゲムフォレックス)が、仮想通貨銘柄の取り扱いを開始したことを発表しました。Gemforexでは8月にFX銘柄を追加するなど、FX取引に力を入れていましたが、これまで仮想通貨は取り扱っていませんでした。

取り扱いが開始される仮想通貨銘柄は11種類です。仮想通貨と法定通貨のペアはもちろん、株式や貴金属とのペアも追加されています。

仮想通貨取引に対応している口座は、MT5のオールインワン口座だけです。MT5は追加口座としてしか開設できないため、新規ユーザーの方はまずMT4口座を選択して最初の口座の開設を行ってください。

11種類の仮想通貨を取引可能に

Gemforex(ゲムフォレックス)では、11種類の仮想通貨の取引が可能です。

Gemforexの仮想通貨銘柄
ビットコイン(BTC) 世界で初めてリリースされた最も有名な仮想通貨
ビットコインキャッシュ(BCH) 2017年のビットコインのハードウォークによって誕生した仮想通貨
イーサリアム(ETH) ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇る仮想通貨
ライトコイン(LTC) 承認速度が早く、日常決済でも活用が期待される
リップル(XRP) 2013年にリリースされた仮想通貨で、ブリッジ通貨としての活用が期待されている
ドルテザー(USDT) ドルのレートに連動する仮想通貨
ユーロテザー(EURT) ユーロのレートに連動する仮想通貨
エイダコイン(ADA) イーサリアムの対抗馬としての発展が期待されているブロックチェーンのネイティブトークン
コスモス(ATOM) 異なるブロックチェーン間の相互運用性を高めるプロジェクトコスモスで発行されるネイティブトークン
ポルカドット(DOT) 異なるチェーン間のデータ転送が容易なブロックチェーンのネイティブトークン
ソラナ(SOL) 処理速度の速さや取引コストの安さが特徴

ビットコインやイーサリアムなど、主要な仮想通貨を取り扱っています。仮想通貨ペアは、米ドルや円、ユーロなどの法定通貨とのペアがメインです。通貨以外の株価指数・株式・貴金属との組み合わせも含めて、全29種類の仮想通貨ペアを取引できます。

対応ペア 仮想通貨
USD、JPY、EUR建て BTC、ETH、BCH、LTC、XRP
USD建てのみ ADA、ATOM、DOT、SOL
テザーペア USDT、EURT
株価指数・株式・貴金属ペア NIKKEI、DOW、AALP、AMZN、TSLA、XAU、XAG

他の海外FX業者と比較して、Gemforexは仮想通貨の銘柄数が充実しているわけではありません。本格的に仮想通貨を取引したい場合、物足りなさを感じる可能性はあります。

しかし、業者を乗り換えずに仮想通貨を取引できるようになった点は、既存のGemforexユーザーにとってはうれしいニュースといえるでしょう。

株価指数・株式・貴金属と仮想通貨のペアも取引可能

株価指数・株式・貴金属とのペアを取り扱っているのも大きな特徴です。通貨ペア以外とのペアの取り扱いがある海外FX業者は少なく、FXGTが「シンセティック暗号通貨ペア」として提供しています。

株価指数は日経平均とダウ平均株価の2種類に対応。株式はアップルとアマゾン、テスラの3銘柄を取り扱っています。貴金属は、ゴールドとシルバーの2銘柄の取引が可能です。

なお、ビットコインと株価指数などとのペアには、以下のような特徴があります。

  • 逆相関で大きな値動きが発生
  • ビットコイン価格に影響を受けやすい
  • 取引だけではなく指標としても使える

詳しくは以下の記事で解説しています。

Gemforexの仮想通貨取引条件

Gemforex(ゲムフォレックス)では、最大400倍のレバレッジで仮想通貨を取引できます。しかし、銘柄によって適用されるレバレッジは異なるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

また、適用されるスワップや取引時間も銘柄ごとに異なるほか、仮想通貨取引に対応している口座タイプ・取引プラットフォームも限られています。口座の開設を検討している方は、取引条件をしっかり確認しておきましょう。

仮想通貨取引に対応しているのはMT5オールインワン口座

Gemforexでは、5種類の口座を提供していますが、すべての口座で仮想通貨を取引できるわけではありません。仮想通貨取引に対応しているのは、オールインワン口座のみです。

最大レバレッジ 1,000倍
手数料 無料
最低入金額 50ドル
最小ロット 0.01ロット
ヘッジ取引
ゼロカット

オールインワン口座は、裁量トレード・エキスパートアドバイザー(EA)を用いた自動売買の両方に対応している口座タイプです。オールインワン以外の口座タイプでは、EAの使用は禁止されています。

また、仮想通貨を取引するにはMetatrader5(MT5)を使用する必要があります。オールインワン口座を開設してもMetatrader4(MT4)を選択してしまうと、仮想通貨は取引できないので注意しましょう。

365日24時間取引が可能

Gemforexでは、仮想通貨と法定通貨のペアは、基本的に365日24時間取引できます。ただし、午後11:55から翌0:05までの10分間は取引できなくなるので注意しましょう。

TitanFX(タイタンエフエックス)やHFM(旧Hot Forex)のように、他の海外FX業者の中にも24時間取引に対応しているブローカーはありますが、土日は取引できないケースも少なくありません。

24時間365日仮想通貨を取引できる点は、Gemforexを利用するメリットといえるでしょう。一方で、株価指数や株式、貴金属のペアは、法定通貨とのペアとは取引時間が異なります。

テザーペア
株価指数
貴金属
月~木曜日 午前1:05~午後11:55
株式 月~金曜日 午後4:30~午後11:00

株価指数と貴金属銘柄を取引できるのは、月曜日から木曜日までです。週末は取引できないので注意しましょう。株式は月曜日から金曜日まで取引できます。取引時間は午後4:30から午後11:55までなので、昼間働いている方でも取引できます。

株価指数や株式、貴金属とのペアを取引する際は、曜日や時間をしっかり確認しましょう。

gem tfx hot
gem tfx hot

最大レバレッジは400倍

オールインワン口座の最大レバレッジは1,000倍ですが、1,000倍のレバレッジが適用されるのはFXのみです。仮想通貨の最大レバレッジは銘柄ごとに、20~400倍に設定されています。

最大レバレッジ 仮想通貨ペア
400倍
BTC(USD、EUR、JPYペア)
ETH(USD、EUR、JPYペア)
100倍
BCH(USD、EUR、JPYペア)
LTC(USD、EUR、JPYペア)
XRP(USD、EUR、JPYペア)
テザーペア
20倍
ADAUSD
ATOMUSD
DOTUSD
SOLUSD
株式指数ペア
株式ペア
貴金属ペア

ビットコイン・イーサリアムとドルや円、ユーロなどのメジャー通貨とのペアには最大400倍のレバレッジが適用されます。

ビットコインキャッシュやリップルなど、他の仮想通貨ペアの最大レバレッジは100倍です。また、仮想通貨と株価指数・株式・貴金属とのペアには、最大20倍のレバレッジが適用されます

knowledge EURT・USDTとは

EURTやUSDTは、ステーブルコインの一種です。ステーブルコインとは、対象となる資産価格に連動する仮想通貨を指します。例えば、テザーはドル価格に連動しますので、多少の変動はありますが概ね1テザー=1ドルとなります。ドルのほか、ユーロや円などの通貨や、ゴールド(金)の価格に連動するステーブルコインもあります。

仮想通貨のスワップポイント

Gemforexの仮想通貨銘柄には、スワップポイントが発生します。銘柄ごとに適用されるスワップポイントは以下の通りです。パーセンテージは年利換算で表示されますので、1日あたりのスワップポイントを算出するには、年間日数で割る必要があります。

銘柄 買いスワップ 売りスワップ
ADAUSD
ATOMUSD
DOTUSD
SOLUSD
-28% -23%
上記以外の銘柄 -17% -14%

エイダコインとコスモス、ポルカドット、ソラナでは、買いポジションに-28%、売りポジションに-23%のスワップポイントが適用されます。他のペアのスワップポイントは、買いポジションが-17%、売りポジションが-14%です。

ExnessやXMTradingなどの大手海外FXブローカーでは、仮想通貨取引にスワップフリーを採用しています。Gemforexで仮想通貨のポジションを長期保有すると、取引コストが増加することに。スワップフリーのブローカーと比較した場合、仮想通貨の長期取引を行いたい方は不満を感じるでしょう。

gem exn xem
gem exn xem

1日当たりスワップの算出方法

1日当たりのスワップポイントは、「取引金額 × (年利 ÷ 年間日数)」で算出されます。年間日数はブローカー側が設定できますが、365日ではなく360日が使われることが多いです。

BTCUSD=20,000ドルの場合、BTCUSDの買いポジション1ロットの1日当たりのスワップポイントを計算すると、「20,000ドル × (-17% ÷ 360)」= -9.5ドルとなります。

ストップレベルが存在

ストップレベルとは、指値や逆指値で注文する際に、直近の価格から離さなければならない価格差です。指値・逆指値で指定したレートがストップレベルより直近に価格に近い場合、注文を出すことはできません。

Gemforexの仮想通貨銘柄には、個別にストップレベルが設定されています。ストップレベルは銘柄によっては差があり、15~1,500ポイントと幅があります。例えば、ビットコインドルのストップレベルは360ポイントに設定されているので、指値・逆指値で注文する場合は直近の価格から360ポイント以上離れた価格を指定しなければなりません。

Gemforexの仮想通貨のストップレベルは、銘柄によってバラバラなので取引したい銘柄がある場合は、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

Gemforexの仮想通貨対応口座開設方法

Gemforex(ゲムフォレックス)で仮想通貨取引を行うには、MT5のオールインワン口座を保有している必要があります。

MT5は最近追加されたプラットフォームであり、まだ新規口座開設フォームからは開設することができません。Gemforexで仮想通貨取引をしたい場合、一旦MT4で口座開設を行った後、追加口座としてMT5口座の開設を行いましょう。

追加口座開設方法

仮想通貨が取引できる追加口座を開設するには、マイページのトップからスクロールして、「追加口座のお申し込み(MT5) (お一人様3つまで)」を表示させ、「オールインワン(MT5)」の「日本円口座」または「USD口座」を選択します。

Gemforexの追加口座開設方法 Gemforexの追加口座開設方法

Gemforexとは

Gemforex(ゲムフォレックス)は、豪華なボーナスや多彩な口座タイプで知られる海外FX業者です。ロースプレッド口座やレバレッジ5,000倍口座など、ユーザーのニーズに合わせたサービスを提供しています。

口座タイプ
オールインワン口座
ガチゼロ口座
ロースプレッド口座
レバレッジ5,000倍口座
ミラートレード専用口座
最大レバレッジ 1,000倍(レバレッジ5,000倍口座を除く)
取引銘柄
【FX/通貨ペア】:58
【CFD/貴金属】:3
【CFD/株価指数】:10
【CFD/エネルギー】:2
【CFD/仮想通貨】:29
取引ツール
MetaTrader4
MetaTrader5
ボーナス
新規口座開設ボーナス(ロースプレッド口座対象外)
1000%入金ボーナスジャックポット(オールインワン口座のみ)

レバレッジ5,000倍口座では、FX銘柄を5,000倍のレバレッジで取引できます。加えて、口座開設ボーナスも提供しており、最大で2万円のボーナスを付与。口座開設ボーナスで得た利益は出金できるので、自己資金を使用せずにFX取引を始められます。

FX銘柄が充実しているので、FXを少額・ハイレバレッジで取引したいという方に向いているブローカーといえるでしょう。

仮想通貨の追加で取引銘柄がさらに充実

仮想通貨を取り扱う海外FX業者が増える中、Gemforex(ゲムフォレックス)ではこれまで仮想通貨を取り扱ってきませんでした。GemforexはFX銘柄は充実していますがその他の銘柄は少なく、物足りなさを感じるケースも少なくありませんでした。

今回の仮想通貨銘柄の追加で、他の海外FXブローカーと同様に仮想通貨を取引できるようになります。仮想通貨関連のサービスが充実しているブローカーと比較すると、見劣りする部分もありますが、FX取引がメインで時々仮想通貨も取引するという方には、使い勝手のよいブローカーといえるでしょう。

今後のさらなる仮想通貨関連のサービス強化を期待したいところです。


Date

作成日

 : 2022.11.07

Update

最終更新

 : 2022.12.27

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨TWTが貰える「TwitFi」とは?やり方やリスクを解説

2022年12月18日、TwitFi(ツイートファイ)と呼ばれるブロックチェーンゲームがリリースされました。Tweet to Earn(ツイートして稼ぐ)という新しいジャンルで、仮想通貨コミュニティで注目を集めています。
update2022.12.21 21:00

仮想通貨FLRの将来性を解説、国内取引所でのエアドロップ配布と取り扱い開始が決定

仮想通貨FLRはブロックチェーン「Flare Network」のネイティブトークンであり、以前はSPARKという名称でした。Flare Networkはリップル向けにスマートコントラクトを開発しています。
update2023.01.10 21:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?やり方やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2023.01.20 19:00

分散型SNSの特徴やメリットを解説!Web3.0時代のSNSとして注目を集める

分散型SNSは従来のSNSと比べて自由で公平なサービスとなっており、FacebookやTwitterにとって代わる存在となることが期待されています。
update2023.01.06 21:00

Titan FXのコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を徹底解説!

海外FX業者のTitan FXがリリースしたコピートレードサービス「Titan FX Social」の使い方を解説します。Titan FX Socialの操作は、すべて専用アプリで行います。アプリのダウンロードからコピー方法まで順番に解説します。
update2023.01.31 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

仮想通貨HOOKとは?将来性は?Hooked Protocolが提供するWild Cashも解説

仮想通貨HOOKは、Hooked Protocolのガバナンストークンです。当記事ではHOOKの将来性や、Hooked Protocolが提供するWild Cashなどについて解説します。
update2022.12.13 21:00

仮想通貨BabyDogeとは?DogeCoinから派生したミームコインの特徴や将来性を解説

BabyDogeはBaby Doge Coinが発行する仮想通貨で、ミームコインの一種です。保有するだけでBabyDoge保有量が増えたり、バーンによって総供給量が徐々に減少したりするなど、様々な仕組みがあります。
update2022.11.01 19:30

SoulBound Token(SBT)とは?新しいNFTとして注目が集まる

バイナンスが、 SoulBound Token(ソウルバウンドトークン、SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル