Select Language

仮想通貨SUI(スイ)に対応したウォレットの作り方|ウォレットの種類や機能も解説

仮想通貨SUI(スイ)に対応したウォレットの作り方|ウォレットの種類や機能も解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.04.18 15:37
仮想通貨SUI(スイ)に対応したウォレットの作り方|ウォレットの種類や機能も解説

update 2024.04.18 15:37

Mysten Labsが開発するレイヤー1ブロックチェーン「Sui Network」上では、さまざまなWeb3アプリが開発・提供されています。Sui Network上のアプリを利用する際に必要となることが多いのが、SUIウォレットです。

この記事では、主なSUIウォレットの種類や機能、作り方、SUIウォレットのリスクなどを解説します。

SUIウォレットとは

Suiのロゴ

画像引用:Sui

SUIウォレットとは、Sui Networkに対応したウォレットのことです。

Sui Network上では、ネイティブトークンとして仮想通貨(暗号資産)SUIが発行されています。SUIウォレットでは、仮想通貨SUIを管理することが可能です。

DAppsの利用に必要

Sui Network上のDApps(分散型アプリケーション)を使う際には、SUIウォレットが必要になります。

point DAppsとは

DAppsとは「Decentralized Applications」の略称で、管理者がいなくても自律的に行動を行う非中央集権のアプリケーション(分散型アプリケーション)を指します。分散管理されていることでサーバーダウンによるサービス停止が少ないという特徴があります。

Sui Network上で展開されているDAppsには、以下のようなものがあります。

  • NFTマーケットプレイス
  • ブロックチェーンゲーム
  • DeFi(分散型金融)プラットフォーム
  • DEX(分散型取引所)
point DeFiとは

DeFi(ディーファイ)とは、銀行や仮想通貨(暗号資産)取引所などの金融サービスの分野でブロックチェーンを活用した、分散型金融と呼ばれる金融エコシステムです。分散型金融を意味する英語の「Decentralized Finance」の頭文字を取ってこのように呼ばれます。

point DEXとは

DEX(分散型取引所)とは、ブロックチェーンを活用することで、中央管理者が不在でも仮想通貨の取引を行うことができる取引所のことです。中央集権型取引所とは違い、出金や取引の停止措置が行われる心配はありません。ただし、運営者に管理してもらえないため、ユーザー自身が知識をつけて利用する必要があります。

メタマスクはSUIに非対応

仮想通貨ウォレットとして有名なメタマスク(MetaMask)は、Sui Networkに対応していません。メタマスクが対応しているブロックチェーンは、原則としてイーサリアム(Ethereum)と、EVM互換性を持つブロックチェーンのみです。

point EVMとは

EVMはEthereum Virtual Machineの略称で、日本語でイーサリアム仮想マシンと訳します。この技術を使って、スマートコントラクトの実行や管理が可能になります。EVMを実装すると、ブロックチェーン間の仮想通貨の移動や、DApps(分散型アプリケーション)の移植などが容易になります。

そのため、SUIの保管や送受金をしたい場合は、SUIに対応したウォレットが必要です。

SUIに対応したウォレットの種類

Sui Networkに対応したウォレットには、以下の2種類があります。

  • ハードウェアウォレット
  • ソフトウェアウォレット

それぞれの特徴を簡潔に紹介します。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、専用のハードウェアデバイスによって、仮想通貨(暗号資産)の秘密鍵を保管するウォレットです。

point 秘密鍵とは

秘密鍵とはウォレットの所有者が管理する文字列で、仮想通貨の送金の際に必要です。秘密鍵を他人に漏らすと、仮想通貨が不正に流出する可能性があります。

ハードウェアウォレットはインターネットから切り離されているため、セキュリティの高さが魅力です。一方で、デバイスの購入コストや紛失リスクなどのデメリットがあります。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは、PCやスマホなどインターネットに接続されたデバイスで利用できるウォレットです。メタマスクもソフトウェアウォレットに分類されます。

利便性は高いものの、ハッキング被害のリスクなどがあります。

SUIウォレットが持つ機能

Sui Networkに対応したウォレットは複数あり、各ウォレットは仮想通貨(暗号資産)の保管や送受金のほかに、さまざまな機能を有しています。以下はSUIウォレットが持つ機能の例です。

  • NFTの管理
  • ステーキング
  • スワップ

それぞれの機能について見ていきましょう。

NFTの管理

SUIウォレットの中には、NFTを管理できるものがあります。NFTに対応したウォレットではSui Network上でNFTの購入や、NFTのミント・送受信などができます。

point ミントとは

ミントとはNFTを新しく発行することを指し、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを通じて行われます。NFTゲームなどでは、新しいNFTをミントするために別のNFTやゲーム内アイテムが必要になることがあります。

ステーキング

一部のSUIウォレットでは、ステーキングに対応しています。SUIを長期保有する場合には、ステーキングによってSUIを増やすことが可能です。

point ステーキングとは

ステーキングとはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の仮想通貨で採用される仕組みで、ブロックチェーンの維持に貢献する対価として報酬を得ることを指します。また、仮想通貨を貸し出して報酬を得られるサービスをステーキングと呼ぶこともあります。

スワップ

SUIウォレットの中には、スワップ機能を持つものもあります。スワップは、すでに持っている仮想通貨をほかの仮想通貨に交換する機能です。仮想通貨は価格変動が激しいため、スワップするタイミングによっては利益を上げられます。

主なSUIウォレット

SUIに対応している主なウォレットとして、次の7つが挙げられます。

  • Suiet
  • Sui wallet
  • Ethos Wallet
  • Surf Wallet
  • Nightly
  • Trust Wallet
  • Ledger

それぞれの特徴を紹介します。

Suiet

Suietのロゴ

画像引用:Suiet

SuietはSUI専用ウォレットで、スワップやNFTのミントに対応しています。また、ウォレット内にあるエアドロップボタンをクリックするだけで、テストネット上で使えるトークンを入手できます。

point エアドロップとは

エアドロップとは仮想通貨の無償配布を指します。知名度向上などを目的として新規プロジェクトが実施する例が多く、仮想通貨をもらうには公式ツイッターをフォローすることなど一定の条件がつく場合もあります。

現在はブラウザ拡張機能として提供されていますが、今後モバイルアプリの開発も予定しているとのことです。

Sui Wallet

Sui Walletのロゴ

画像引用:Sui Wallet

Sui Walletは、Sui Networkを運営するMysten Labsが開発したSUIウォレットで、ブラウザ拡張機能とモバイルアプリ(2024年3月19日時点でAndroidのみ)が提供されています。ブロックチェーンゲームなどDAppsへのシームレスな接続やNFTの保管、ステーキングが可能です。

Ethos Wallet

Ethos Walletのロゴ

画像引用:Ethos Wallet

Ethos WalletはSUI専用ウォレットで、ブラウザ拡張機能とモバイルアプリの両方に対応しています。アドレス帳の機能があり、仮想通貨をより簡単に送れるのが特徴です。アプリ内で仮想通貨を直接購入・取引できるため、取引所を介して購入する必要がありません。

Surf Wallet

Surf Walletのロゴ

画像引用:Surf Wallet

Surf WalletはSUI専用ウォレットで、仮想通貨の送受金やNFTの保管、ステーキングなどに対応しています。ブラウザ拡張機能とモバイルアプリの両方を提供しており、2024年2月時点では、Suiエコシステム内でもっとも広く利用されているモバイルウォレットです。

Nightly

Nightlyのロゴ

画像引用:Nightly

Nightlyはここまで紹介したウォレットとは異なり、複数のブロックチェーンに対応したマルチチェーンのウォレットです。NightlyはSui Networkのほかにも、Solana(ソラナ)やAptos(アプトス)などのブロックチェーンに対応しています。

Trust Wallet

Trust Walletのロゴ

画像引用:Trust Wallet

Trust Walletは、数多くのブロックチェーンに対応し、優れた操作性で人気の高いウォレットです。Trust WalletはSui Networkのほかにも、100以上のブロックチェーンに対応しており、仮想通貨の購入やスワップをはじめとした豊富な機能を備えています。

Ledger

Ledgerのロゴ

画像引用:Ledger

Ledgerは、仮想通貨ウォレットの秘密鍵を保管するハードウェアウォレットです。Ledgerは、50以上のソフトウェアウォレットに対応しています。LedgerをソフトウェアウォレットのSui Walletに接続することで、SUIの送金などができるようになります。

Suiウォレットの作り方

ここでは、先に紹介したSUIウォレットの1つであるSuietの作り方を紹介します。

手順1

以下リンクより、Chromeウェブストアの「Suiet」のページにアクセスします。

手順2

「Chromeに追加」をクリックします。

Chromeウェブストア画面
Chromeウェブストア画面

手順3

ポップアップの「拡張機能を追加」をクリックします。

拡張機能追加確認画面

手順4

「『Suiet|Sui Wallet』がChromeに追加されました」と表示されれば、拡張機能の追加は完了です。

拡張機能追加完了画面
拡張機能追加完了画面

手順5

Chrome拡張機能からSuietを開き、「Create New」をクリックします。

Suietの拡張機能画面
Suietの拡張機能画面

手順6

パスワードを設定して「Next Step」をクリックします。

Suietのパスワード入力画面
Suietのパスワード入力画面

手順7

パスワードが認証されるとリカバリーフレーズが表示されるので、記録します。

リカバリーフレーズを紛失すると、ウォレットにアクセスできなくなります。安全に保管し、誰にも教えないようにしましょう。

「Yes, I've saved it」をクリックすると、リカバリーフレーズの確認画面が表示されるので、入力します。

Suietのリカバリーフレーズ確認画面
Suietのリカバリーフレーズ確認画面

手順8

以下の画面が表示されれば、Suietのウォレット作成は完了です。

Suietの作成完了画面
Suietの作成完了画面

SUIウォレットのリスク

SUIウォレットを利用するにあたっては、以下のリスクが考えられます。ただし、これらはSUIウォレット特有のリスクではなく、どのウォレットにも見られるものです。

  • リカバリーフレーズの紛失・漏洩
  • ウォレットの不具合やハッキング

リカバリーフレーズの紛失・漏洩

SUIウォレットはセルフカストディの仮想通貨ウォレットです。リカバリーフレーズはユーザー自身が保管しなければなりません。

リカバリーフレーズを紛失したり漏洩したりすると、ウォレット内の仮想通貨(暗号資産)やNFTが永遠に失われるリスクがあります。

point リカバリーフレーズとは

リカバリーフレーズとはランダムに生成された単語の羅列で、シークレットフレーズとも呼ばれます。ひとたび発行されると変更されることはなく、ウォレットを復元したり、異なるデバイスのウォレットと同期したりする際に利用します。

ウォレットの不具合やハッキング

Sui Networkは比較的新しいプロジェクトであり、SUI専用ウォレットも同様です。メタマスクなどに比べると利用実績に乏しいため、不具合が発生したり、セキュリティホールを突かれたりするかもしれません。

SUIウォレットの利用を検討する際は、十分なリサーチを行った上で少額からスタートするとリスクを抑えられるでしょう。

目的に合ったSUIウォレットを

SUIウォレットの種類は、ハードウェアウォレットとソフトウェアウォレットの2つに大別されます。この2種類のうち、ソフトウェアウォレットは数多く存在し、ウォレットごとにユーザーインターフェースや機能などが異なります。

ウォレットによっては求める機能が備わっていない可能性もあるため、各ウォレットの特徴を確認し、目的に合ったものを選びましょう。


Date

作成日

2024.04.12

Update

最終更新

2024.04.18

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

2017年に初めてビットコインを購入し、2020年より仮想通貨投資を本格的に開始。国内外のメディアやSNSなどを中心に、日々最新情報を追っている。ビットコインへの投資をメインにしつつ、DeFiを使って資産運用中。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル