Select Language

仮想通貨SAGAの将来性は?Web3開発者向けプラットフォームの評判や仕組みを解説

仮想通貨SAGAの将来性は?Web3開発者向けプラットフォームの評判や仕組みを解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.04.16 16:47
仮想通貨SAGAの将来性は?Web3開発者向けプラットフォームの評判や仕組みを解説

update 2024.04.16 16:47

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、レイヤー1プロトコルSagaのネイティブトークンです。Sagaは、開発者がWeb3プロジェクトを簡単にローンチできるプラットフォームとして機能します。

2024年4月4日には、大手取引所のBinance(バイナンス)がローンチプールでのSAGAの取り扱いを発表し、SNS上でも注目が集まっています。当記事では、仮想通貨SAGAの将来性やX(旧Twitter)での評判、トークンの使い道などを解説します。

仮想通貨SAGAがBinanceローンチプールに登場

2024年4月4日、仮想通貨(暗号資産)取引所のBinance(バイナンス)は、ローンチプールでのSAGAの取り扱いを発表しました。

Binanceローンチプールでの仮想通貨SAGAの取り扱い

画像引用:Binance

Binanceのローンチプールとは、指定の仮想通貨を預けると特定のトークンがもらえるイベントです。

2024年4月5日から4月8日にかけて仮想通貨をステーキングすると、報酬としてSAGAを獲得できます。ステーキング可能な仮想通貨はBNB・FDUSDの2種類で、毎日1,125万SAGA、合計4,500万SAGAが配布されました。その後、SAGAは2024年4月9日にBinanceに上場しています。

仮想通貨SAGAとは

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、Web3開発者向けプラットフォームSagaのネイティブトークンです。

SAGAのロゴ

画像引用:Saga

SAGAは、プロジェクト開発の手数料やステーキングなどに利用されます。また、Sagaにおけるガバナンストークンとしても機能します。

point ステーキングとは

ステーキングとはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の仮想通貨で採用される仕組みで、ブロックチェーンの維持に貢献する対価として報酬を得ることを指します。また、仮想通貨を貸し出して報酬を得られるサービスをステーキングと呼ぶこともあります。

point ガバナンストークンとは

ガバナンストークンとは、DeFi(分散型金融)のサービスにおいて、プロジェクトの新しい機能の追加・削除・変更や、開発などの方針の提案(投票)を行う権利を持つトークンのことです。ガバナンストークンを多くの利用者に配ることは、プロジェクトの分散化を目的としており、保有者はDeFiサービスの運用に関わることができます。

Web3プロジェクトを簡単にローンチできる

Sagaは開発者向けのプラットフォームであり、簡単にブロックチェーンをローンチできます。Sagaでは、このブロックチェーンを「Chainlets(チェーンレット)」と呼んでいます。Chainletsは、分散型アプリケーション(DApps)を提供できるブロックチェーンです。

point 分散型アプリケーションとは

分散型アプリケーション(DApps)とは、管理者不在で自律的に行動を行う非中央集権のアプリケーションのことをいいます。「Decentralized Applications」の略称で、Dappsと呼ばれることもあります。ブロックチェーンを利用したサービスなどを提供するアプリケーションの総称であり、中央管理ではなく分散管理であるためサーバーダウンによるサービス停止の心配も少ないといった特徴を持ちます。

SagaのChainlets(チェーンレット)

画像引用:Saga

Sagaでは、SagaメインネットのバリデーターをChainletsと共有することで、セキュリティを維持しています。これにより、Chainletsの開発者はアプリケーションの開発に集中することができます。

point バリデーターとは

一般的な意味でのバリデーターとは、仮想通貨ブロックチェーンのブロック生成やトランザクション(取引)データの内容が正しいのかを検証し承認するノード(端末)のことです。

主にコンセンサスアルゴリズムにPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用する仮想通貨で採用されており、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)でマイニングを行うマイナーと同様の役割を担っています。

バーチャルマシンにとらわれない環境を提供

Sagaは「Web3開発者の夢を形にする」ことをテーマに掲げ、開発者向けに様々なツールを提供しています。

Sagaでは、EVMを最初のバーチャルマシン(仮想マシン)としてサポートしますが、最終的には開発者がEVMやSVM、MoveVMなどのバーチャルマシンにとらわれず、相互運用可能なChainletsのローンチが可能になる予定です。

point EVMとは

EVMはEthereum Virtual Machineの略称で、日本語でイーサリアム仮想マシンと訳します。この技術を使って、スマートコントラクトの実行や管理が可能になります。EVMを実装すると、ブロックチェーン間の仮想通貨の移動や、DApps(分散型アプリケーション)の移植などが容易になります。

350のWeb3プロジェクトが進行中

始動後2年足らずのSagaプラットフォームですが、すでに350のWeb3プロジェクトが開発されています。そのうち80%はゲーム関連で、10%はNFT・エンタメ関連、10%はDeFi(分散型金融)関連のプロジェクトです。

point DeFiとは

DeFi(ディーファイ)とは、銀行や仮想通貨(暗号資産)取引所などの金融サービスの分野でブロックチェーンを活用した、分散型金融と呼ばれる金融エコシステムです。分散型金融を意味する英語の「Decentralized Finance」の頭文字を取ってこのように呼ばれます。

Sagaで開発されるWeb3プロジェクト

画像引用:Saga

具体的には、マルチプレイヤーRPGの「Chainmonsters」や、ソーシャルNFTプロトコルの「BlockPerks」、DeFiプロトコルの「Delta」などが開発されています。

大手のブロックチェーンと提携

Sagaは、Polygon・Avalanche・Celestiaなどの大手ブロックチェーンとパートナーシップを結んでいます。これらのブロックチェーンは、SagaのChainletsを活用してインフラ機能を拡張させることを目指しています。

仮想通貨SAGAの価格チャート

仮想通貨SAGAの価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、2024年4月9日の上場後に急騰し、約1,140円まで上昇しました。その後、一旦の価格下落が発生し、落ち着きを見せています。

当記事執筆現在(2024年4月10日)では、930円付近の価格帯で推移している状況です。

X(旧Twitter)での評判

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、Binance(バイナンス)のローンチプールで取り扱いされたこともあり、X(旧Twitter)上で話題になっています。

中には「SAGAはBinanceローンチプールで史上最高のステーキング額を達成した。時価総額は数十億ドル規模になるだろう」と期待するユーザーも見受けられました。

仮想通貨SAGAの将来性

仮想通貨(暗号資産)SAGAの将来性に関して、以下の点が挙げられます。

  • 合計1,500万ドルの資金調達に成功
  • ソフトバンク出資スタートアップ出身のCEO
  • 韓国大手ゲーム会社と提携

合計1,500万ドルの資金調達に成功

Sagaの運営チームは、これまでに合計1,500万ドルの資金調達に成功しています。イーサリアムサイドチェーンのPolygonや、Web3ゲームDAOのMerit Circleなどから出資を受けました。

また特筆すべき点として、半導体大手のSamsung(サムスン)からも出資を受けている点が挙げられます。

ソフトバンク出資スタートアップ出身のCEO

Sagaの共同創業者兼CEOのRebecca Liao氏は、B2B調達プラットフォームのGlobalityでビジネス開発部門のディレクターを務めていました。同社は、ソフトバンクビジョンファンドから出資を受けているユニコーン企業です。

Saga共同創業者兼CEOのRebecca Liao氏

画像引用:Saga

同じく共同創業者のBogdan Alexandrescu氏は、前職ではAppleとTwitterでソフトウェアエンジニアとして活躍していたようです。

韓国大手ゲーム会社と提携

2024年1月、Sagaは韓国大手ゲーム会社のネットマーブルが開発するMARBLEXと、戦略的パートナーシップを締結しました。

MARBLEXはゲームに特化したブロックチェーン子会社で、今後両社は緊密に連携しながら協力していくとのことです。

仮想通貨SAGAのトークノミクス

仮想通貨(暗号資産)SAGAの総供給量は10億枚で、2024年4月にそのうちの約9%が放出される予定です。

SAGAの配分比率は、エコシステム・開発に30%を分配しており、プラットフォームの発展を重視しているようです。一方で、投資家に20%、コア貢献者に20%と大きな割合を配分している点には注意が必要です。

SAGAの分配先と比率

仮想通貨SAGAの分配先と比率は、下の表のとおりです。

仮想通貨SAGAの分配先と比率

番号

説明

1

4.50%がBinanceローンチプールに割り当てられています。

2

15.50%がエアドロップに割り当てられています。

3

20.00%が投資家に割り当てられています。

4

20.00%がコア貢献者に割り当てられています。

5

10.00%がプロジェクト準備金に割り当てられています。

6

30.00%がエコシステム・開発に割り当てられています。

また、トークンのリリースは、以下のスケジュールで進行する予定です。

仮想通貨SAGAのリリーススケジュール

画像引用:Binance

SAGAの使い道

仮想通貨SAGAの使い道として、以下などが挙げられます。

  • Chainletsの手数料
  • ステーキング
  • ガバナンス

Chainletsの手数料

開発者はバリデーターにSAGAを支払うことで、Chainletsを維持します。

ステーキング

SAGAホルダーは、SAGAをステーキングすることで、ネットワークのセキュリティ維持に貢献できます。セキュリティ維持に貢献した報酬として、SAGAを獲得できます。

ガバナンス

SAGAホルダーは投票を通じて、プラットフォームの運営方針などに影響を及ぼすことができます。

SAGA ORIGINSとは

Sagaプラットフォームは、Web3ゲームに特化したパブリッシング部門「SAGA ORIGINS」を始動しました。SAGA ORIGINSでは、パートナーシップを通じた認知度向上支援など幅広いサポートを行い、ゲーム開発者を支援します。

SAGA ORIGINSとは

画像引用:Saga

SAGA ORIGINSを通してSagaエコシステムが拡大すると、ネイティブトークンである仮想通貨(暗号資産)SAGAの需要も高まるかもしれません。

Web3ゲーム開発の包括的な支援を提供

SAGA ORIGINSでは、Web3ゲームを開発する企業に対して包括的な支援を提供します。

具体的には、インフルエンサーとのコラボレーション企画やユーザー獲得キャンペーン、コミュニティ構築、プロモーション支援など、開発者にとって価値のあるサポートを行います。

エアドロップキャンペーンを展開

SAGA ORIGINSでは、「Play-to-Airdrop」というキャンペーンを展開します。

ユーザーはゲーム内のトーナメントに参加することで、仮想通貨SAGAを獲得するチャンスがあるようです。

このキャンペーンはプレイヤーに報酬を与えるだけでなく、Sagaエコシステム内にゲームコミュニティを構築することも目指しています。

仮想通貨SAGAのリスク

仮想通貨(暗号資産)SAGAのリスクとして、以下の点が挙げられます。

  • プロジェクトの開発遅延
  • 2025年4月以降のトークン放出

プロジェクトの開発遅延

当記事執筆現在(2024年4月10日)、Sagaプラットフォーム上では350のWeb3プロジェクトが進行しており、そのうち8割はゲーム関連です。Web3ゲームは、開発遅延が発生することがめずらしくありません。

もし、それらWeb3ゲームのリリースが遅れてしまった場合、Sagaもプラットフォームとしての役割を果たせない可能性があります。SAGAへの投資を検討する際には、目玉となるWeb3プロジェクトの開発進捗状況などを考慮する必要があるかもしれません。

2025年4月以降のトークン放出

仮想通貨SAGAは、総供給量10億枚のうち投資家へ20%、コア貢献者へ20%が配分されています。これらのトークンは、2025年4月以降に徐々にロックアップが解除され、市場に放出されていきます。

つまり、2025年4月以降はSAGAの市場供給量が多くなるため、売り圧力になるかもしれません。SAGAの長期保有を検討している方は、放出スケジュールを事前に確認しておく必要があるでしょう。

仮想通貨SAGAの買い方

2024年4月10日現在、仮想通貨(暗号資産)SAGAは、日本国内の取引所では取り扱われていません。そのため、取引は海外取引所で行います。各海外取引所におけるSAGAの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ
×

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ
×

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ
×

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ

海外の取引所であれば、日本語対応が充実しているBitget(ビットゲット)がおすすめです。

BitgetでSAGAを購入する方法

Bitgetでは、2つの手順でSAGAを購入できます。

  1. 購入ページにアクセス
  2. 購入条件を入力

手順1

まずは以下のリンクをクリックし、SAGAの購入ページ(SAGA/USDT)にアクセスします。

なお、Bitgetを利用するには、口座を開設しておく必要があります。

手順2

ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でSAGAを購入するには、以下のように操作をして「購入:SAGA」をクリックします。

Bitgetで成行でSAGAを購入する方法 Bitgetで成行でSAGAを購入する方法

番号

項目名

説明

1

「買い」または「売り」

通貨ペアの左の通貨を買って右の通貨を売るなら「購入」、左の通貨を売って右の通貨を買うなら「売却」を選びます。

2

注文方法

「成行」を選びます。

3

出来高

購入したい数量を入力します。

「購入:SAGA」をクリックすると、即座に注文が実行されます。

なお、SAGAはUSDTで購入します。そのためUSDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。

Sagaエコシステムの発展に期待

仮想通貨(暗号資産)SAGAの将来性は、Sagaプラットフォームに多くのWeb3開発者を引き寄せられるかにかかっています。Chainletsは開発者にとって便利なシステムであるため、大きなアピールポイントになります。

さらに、これから仮想通貨市場が盛り上がりを見せると、Web3開発者の人口自体が増加することも考えられます。Sagaエコシステムの発展に期待しましょう。


Date

作成日

2024.04.11

Update

最終更新

2024.04.16

いぶき | Ibuki

投資家、テックライター

arrow
いぶき

元証券会社勤務。2017年から仮想通貨に投資し、バブルとどん底の両方を経験する。2020年からは海外スタートアップや仮想通貨関連のライターとして独立。海外移住が趣味で、カナダ・オーストラリア・アメリカ・オランダなどを転々としている。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル