Select Language

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.02.23 14:12
Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

update 2024.02.23 14:12

Backpackウォレットはソラナ(SOL)やイーサリアム(ETH)ブロックチェーンに対応する仮想通貨ウォレットで、仮想通貨を簡単に保管・送受信・交換できます。

また、xNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、外部の分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。

当記事では、Backpackウォレットの特徴や評判、xNFTなどについて解説します。

Backpackウォレットとは

Backpack

画像引用:Backpack

Backpackウォレットは、ソラナやイーサリアムブロックチェーンのトークンを保管できる仮想通貨ウォレットで、2023年12月にリリースされました。

ブラウザ版(Chrome・Brave・Arc)とスマホアプリ(iOS・アンドロイド)があり、当記事執筆時点(2024年2月8日)でChromeダウンロード数は10万件を超え、評価は5点満点中4.7です。

  • 仮想通貨の保管・送受信
  • Legerとの連携が可能
  • xNFTに対応
  • 「Mad Lads」のチームが開発

仮想通貨の保管・送受信

Backpackウォレット画像

画像引用:Backpack

Backpackウォレットで仮想通貨を保管したり送受信したりでき、仮想通貨のスワップ(交換)も可能です。基本的な操作画面はメタマスクなどと同様で、シンプルで使いやすいです。

Legerとの連携が可能

Ledger

画像引用:Ledger

ハードウェアウォレットのLegerと連携が可能なのも、Backpackウォレットの特徴です。

秘密鍵をLedger内に保管しながらBackpackウォレットを利用でき、Backpackウォレットのセキュリティレベルをさらに向上できます。

xNFTに対応

BackpackウォレットはxNFTに対応しており、仮想通貨ウォレットとして世界初です。

xNFTとはプログラミングスクリプトが組み込まれた次世代型NFTで、第三者のDAppsに接続しなくても様々な取引を実行できます。

例えば、DEXで取引を行ったり友人にテキストメッセージを送ったりなど、多様なユースケースが考えられます。

「Mad Lads」のチームが開発

Mad Lads

画像引用:Mad Lads

Backpackウォレットは、ソラナブロックチェーンの人気NFTコレクションであるMad Ladsの制作チーム(Coral)によって開発されています。

Mad Ladsのフロア価格は当記事執筆時点(2024年2月8日)で約270万円となっており、今最も勢いのあるNFTプロジェクトの一つです。

このような背景から、Mad LadsとBackpackウォレットはこれから様々なコラボレーションが期待できます。実際、2024年1月に行われたMad Ladsのギブアウェイ企画では、「Backpackウォレットの接続」が参加条件となっていました。

2000万ドルの資金調達に成功

Coralは2022年9月、複数のベンチャーキャピタルから2000万ドルを調達しています。

Mad LadsやBackpackウォレットなどに注力して製品開発しており、ソラナがより人気を獲得していけば、Coralにも注目が集まる可能性があります。

SNS上での評判

Backpackウォレットは、xNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットとしてX(旧Twitter)で注目を集めています。「BackpackでSOLのステーキングが簡単にできた」と投稿する日本人ユーザーも見受けられました。

Legerと連携もできるため、仮想通貨初心者から上級者まで愛用されているようです。中には「BackpackウォレットとLegerの連携は非常にスムーズで、使うたびに驚かされる」と高い評価をするユーザーもいます。

xNFTとは

xNFT

画像引用:Backpack

xNFTは「Executable NFT」の略称で、日本語では「実行可能なNFT」です。BackpackウォレットはxNFTに初めて対応する仮想通貨ウォレットとして、ソラナコミュニティなどから注目されています。

xNFTはプログラミングスクリプトが組み込まれたトークンで、Backpackウォレット上でダイレクトにタスクを実行できます。一部では、「xNFTはソラナブロックチェーンのゲームチェンジャー」と大きな期待がかけられている模様です。

プログラミングスクリプトとは

xNFTの特徴は、NFTにプログラミングスクリプトが組み込まれているという点です。プログラミングスクリプトとは、コンピュータに処理を自動的に実行させるための命令を記述したテキストファイルを指します。

例えば、私たちはパソコンで「.exe」ファイルをクリックしてプログラムやアプリケーション(Ledger Live、Photoshopなど)を起動します。xNFTにも同じような機能が付与されており、指定されたタスクを実行できます。

xNFTとはBackpackウォレット内で実行可能なDappsだとも言えます。

通常のNFTとの違い

通常のNFTは所有権がスマートコントラクトによって管理され、デジタル上で送受信できます。それ以上のことを行うためには、DAppsへのウォレット接続が必要です。

例えば、NFTをステーキングしたい場合は、ウォレットをDAppsに接続する必要があります。しかし、ウォレットを無闇にDAppsへ接続するのは、セキュリティ上好ましくありません。

ステーキングやゲームができる

xNFTの場合、Backpackウォレットを第三者のDAppsに接続することなく、ダイレクトにステーキングが可能です。その他にも、ゲームをプレイしたり音楽を聴いたりできます。

Backpackウォレットは、いわばiPhoneのiOSのような存在です。Backpackウォレットというオペレーティングシステムの上に、xNFT(分散型iOSアプリ)が構築されているというイメージです。

Backpackウォレットのアプリ例

NFT一覧

画像引用:Backpack

Backpackウォレットのアプリ(xNFT)の多くは、現段階では開発途上です。しかし、今後開発される可能性があるアプリとして、以下の例が考えられます。

  • 分散型取引所(DEX)
  • SNSやテキスト交換
  • ホワイトリスト自動作成

分散型取引所(DEX)

xNFTとしてDEX構築し、仮想通貨やNFTを売買可能です。

ユーザーは、Backpackウォレットを外部のDEXに接続することなくトークンを売買できます。手間が省けることに加え、ウォレットをリスクにさらす必要がなくなり、セキュリティが向上します。

SNSやテキスト交換

ユーザーはBackpackウォレット上で友達にリクエストを送ったり、メッセージを交換したりできます。

また、X(旧Twitter)のように友人同士でグループを作れます。例えば、Backpackウォレットから友人が保有するNFTにビッド(入札)する、といった例が考えられます。

ホワイトリスト作成

Backpackウォレットのアプリを使って、ギブアウェイやエアドロップのためのホワイトリストを作成できます。

point ホワイトリストとは

ホワイトリストとは、参加申し込みのようなものです。NFTゲームは公開前にゲームに必要なNFTを売り出します。ホワイトリストに参加できれば、割安な価格または無料でNFTを獲得できます。

従来、プロジェクトがホワイトリストを作成するには、ユーザーが仮想通貨ウォレットをDAppsに接続することが必要でした。しかしこの方法では、詐欺やハッキングの被害に遭う可能性があります。

Backpackウォレットでホワイトリストを直接作成できれば、ユーザーに対して安全かつシームレスな体験を提供できます。

Backpack Exchangeとは

Backpackウォレットの開発チームは、仮想通貨取引所(CEX)の「Backpack Exchange」を運営しています。2023年10月に、ドバイのデジタル資産規制庁から正式にライセンスを取得しました。

Backpack Exchangeは、ゼロ知識証明による預かり資産の証明や、Multi-Party Computation(MPC)を利用した資産管理など、斬新な手法を採用しているようです。また、低遅延の注文執行も特徴とし、頻繁に取引を行うトレーダーにとって魅力的な取引所です。

point ゼロ知識証明

あるコンピュータが、情報を検証するコンピュータに対して、ある事柄は真実だという情報以外を公開しないで真実だと証明するメカニズムを指します。

BONKなど人気ミームコインを取引可能

BONK

画像引用:Backpack

Backpack Exchangeは、ソラナブロックチェーンで取引額の高い仮想通貨を積極的に上場させています。2024年1月には、人気ミームコインのBONKやWIFをリスティングして話題になりました。

Backpackウォレットのリスク

Backpackウォレットを利用するにあたっては、以下のリスクが考えられます。ただし、これらはBackpackウォレット特有のリスクではなく、どのウォレットにも見られるものです。

  • シークレットフレーズの紛失および漏洩
  • ウォレットの不具合やハッキング
  • チームによるラグプル

シークレットフレーズの紛失および漏洩

Backpackウォレットはセルフカストディの仮想通貨ウォレットであり、シークレットフレーズはユーザー自身が保管しなければなりません。

シークレットフレーズを紛失したり漏洩したりすると、ウォレット内の仮想通貨やNFTが永遠に失われるリスクがあります。また、Backpackウォレットの開発チームによるシークレットフレーズの復元はできません。

point シークレットフレーズとは

シークレットフレーズとはランダムに生成された単語の羅列で、リカバリーフレーズとも呼ばれます。ひとたび発行されると変更されることはなく、ウォレットを復元したり、異なるデバイスのウォレットと同期したりする際に利用します。

ウォレットの不具合やハッキング

Backpackウォレットは数か月前にリリースされたばかりの製品です(2024年2月8日時点)。メタマスクなどと比較すると新しく、不具合が発生したり、セキュリティホールを突かれたりするかもしれません。

Backpackウォレットの利用を検討する際は、十分なリサーチを行った上で少額からスタートするほうが良いかもしれません。

チームによるラグプル

Backpackウォレット開発チームのCoralは、ソラナの人気NFTプロジェクトMad Ladsを運営しています。非常に活発なコミュニティから支持を受けているため、ラグプルが発生する可能性は低いと考えられます。

その一方で、Coralの創業チームはAlameda ResearchやFTX Exchangeの出身者で構成されている点には注意が必要です。仮想通貨業界では「ありえないことは何もない」という気持ちを持つことが大切です。

Backpackウォレットはソラナの勢いに乗れるか

2023年末から、ソラナはイーサリアムを超える勢いを見せています。

ソラナブロックチェーンのDEX取引額が、イーサリアムのそれを超える日も珍しくなくなりました。非常に安いガス代や迅速な取引スピードが、幅広い支持を集めているようです。

Backpackウォレットは、勢いに乗るソラナコミュニティの中で最も注目されるプロジェクトのひとつです。xNFTは業界を一変させる可能性を秘めており、Backpackウォレットがその急先鋒として支持されるかもしれません。

これからソラナがさらに躍進すると、Backpackウォレットへの注目はより高まりそうです。


Date

作成日

2024.02.15

Update

最終更新

2024.02.23

いぶき | Ibuki

投資家、テックライター

arrow
いぶき

元証券会社勤務。2017年から仮想通貨に投資し、バブルとどん底の両方を経験する。2020年からは海外スタートアップや仮想通貨関連のライターとして独立。海外移住が趣味で、カナダ・オーストラリア・アメリカ・オランダなどを転々としている。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨SUI(スイ)に対応したウォレットの作り方|ウォレットの種類や機能も解説

Mysten Labsが開発するレイヤー1ブロックチェーン「Sui Network」上では、さまざまなWeb3アプリが開発・提供されています。アプリを利用する際に必要となるのが、SUIウォレットです。主なSUIウォレットの種類や機能、作り方、SUIウォレットのリスクなどを解説します。
New
update2024.04.12 20:00

仮想通貨SAGAの将来性は?Web3開発者向けプラットフォームの評判や仕組みを解説

仮想通貨(暗号資産)SAGAは、レイヤー1プロトコルSagaのネイティブトークンです。Sagaは、開発者がWeb3プロジェクトを簡単にローンチできるプラットフォームとして機能します。
update2024.04.11 20:00

Titan FXが上限額なしのGW無限キャッシュバックキャンペーンを開催!

Titan FX(タイタンエフエックス)が2024年4月22日から「GW無限キャッシュバック」キャンペーンを開催します。入金額と取引量の条件を満たしたユーザーが、期間内であれば条件を満たす度に何度でも、上限額なしで無制限にキャッシュバックを受け取れるという内容です。
update2024.04.05 21:00

Mantle Rewards Stationとは?MNTステーキングの仕組みやmShardsについて解説

Mantleが「Mantle Rewards Station」というキャンペーンを開催しました。ユーザーは仮想通貨MNTをステーキングすると、mShardsというレシートトークンを獲得でき、将来的に仮想通貨ENAと交換できます。
update2024.04.05 20:30

IS6FXがウェルカムボーナスをリニューアル!

IS6FXが、新規ユーザーを対象とするウェルカムボーナスのリニューアルを発表しました。従来のウェルカムボーナスとは異なり、リニューアル後は初回から3回目の入金までボーナスが付与されます。
update2024.04.05 20:00

TradingViewで複数条件のアラート設定は可能?活用例を紹介

TradingViewで「2つ以上の条件を同時に満たした時に通知するアラートを設定する」にはPineスクリプトの編集が必須です。一方で「いずれかの条件が当てはまる場合のアラート通知」は、プランのアップグレードで対応可能です。
update2024.04.05 19:00

利下げ期待の高まりで上値が重くなる展開!現役トレーダーポンドマンが4月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、4月のポンド相場を解説します。円安圧力と介入警戒から、ポンド円はレンジ予想です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.04.04 21:00

バイナンスジャパンのシンプルアーンとは?仮想通貨の運用方法や各銘柄の利率を解説

国内取引所のバイナンスジャパンでは、シンプルアーンと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)の運用サービスを利用できます。当記事では、シンプルアーンの特徴や取扱い銘柄、利用方法などを解説します。
update2024.04.04 19:30

Land Primeが春の100%SPボーナスを開催!

Land Primeが、2024年4月1日から春の100%SPボーナスを開催します。キャンペーン期間は5月31日までの2ヶ月間です。期間中にボーナス対象口座へ入金すると、100%のクレジットボーナスを最大100万円まで受け取れます。ただし、ボーナスの申請には条件があります。
update2024.04.03 20:30

仮想通貨(暗号資産)関連のセミナーは怪しい?詐欺手口や被害に遭わないための対策を解説

近年、仮想通貨関連の詐欺が増えており、セミナーに参加させて仮想通貨への投資を勧誘する事例もあります。この記事では、セミナーを利用した詐欺手口や事例、詐欺に遭わないための対策、詐欺に遭ってしまった場合の対処法を解説していきます。
update2024.04.03 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル