Select Language

人気ブロックチェーンのソラナで大規模なハッキング被害、その原因と対策を解説

人気ブロックチェーンのソラナで大規模なハッキング被害、その原因と対策を解説

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.08.04 17:10
人気ブロックチェーンのソラナで大規模なハッキング被害、その原因と対策を解説

update 2022.08.04 17:10

2022年8月3日、ソラナ(SOL)が大規模なハッキング被害に見舞われました。その被害総額は800万ドルを超えたとも報告されています。Twitter(ツイッター)上でも多数の被害が報告されており、仮想通貨(暗号資産)コミュニティに混乱をもたらしています。

当記事執筆時点(2022年8月3日)時点で、被害はなお拡大している模様です。今回は、ソラナのハッキング被害の原因や対策について解説します。

ソラナ(Solana、SOL)とは

ソラナは、2020年にメインネットが公開されました。イーサリアム(ETH)と同じく、DApp(分散型アプリ)の基盤として活用され、仮想通貨市場を代表するプロジェクトのひとつとなっています。また、高性能なブロックチェーンであり、0.01ドル以下の取引手数料で、1秒あたり5万件のトランザクションを処理可能とされています。

このように高い性能を有していることから、ソラナはレイヤー2と呼ばれる副次的なブロックチェーンを必要としません。

point レイヤー2とは

メインとなるブロックチェーン「レイヤー1」に対して、それを基礎に構築され、情報処理を手助けする副次的なブロックチェーンをレイヤー2と呼びます。レイヤー2は、レイヤー1のスケーラビリティ問題を緩和します。すなわち、取引承認の遅延や手数料高騰などを回避します。

大手取引所のBinanceやFTXが支援していることもあり、人気のブロックチェーンとなっています。DAppプラットフォームとしても優秀で、今では数多くのDeFi(分散型金融)関連サービスやPlay to Earnのブロックチェーンゲーム、NFTマーケットプレイスなどに活用されています。

報告された被害とその原因

今回、Phantom WalletやTrust Wallet、Slope Walletなどソラナの仮想通貨ウォレットから、多数の仮想通貨が盗まれました。調べによると、犯人のものと思われるウォレットアドレスに、合計800万ドルを超える資金が送金されている模様です。

ブラウザ版とモバイル版の両方のウォレットでハッキングが発生しており、被害にあったウォレット数は8,000近くに達しています。その多くは、ユーザーの知らぬ間にウォレット内の仮想通貨が流出しています。

当記事執筆時点(8月3日)において、詳しい原因は明らかになっていません。一部では、ウォレットに不正なプログラムが仕込まれていた、または、ライブラリ「Solana Program Library」に問題があったのではないかとの憶測が広がっています。

point ライブラリ

ライブラリは、汎用性の高いプログラムをまとめて再利用可能な形にしたものです。プログラムの中で呼び出すことができるので、プログラミングの手間を省き、アプリなどの開発を容易にすることが可能です。ソラナのエコシステムにおけるDApp開発にも、ライブラリが利用されています。

シードフレーズが漏洩か?

有力な説として、シードフレーズが何らかの形で漏洩した可能性があります。

シードフレーズとは、ランダムに生成された複数の単語の羅列です。リカバリーフレーズとも呼ばれます。その名の通り、ウォレットを復元したり、異なるデバイスのウォレットを同期化する際に利用します。

一般的なウォレットのシードフレーズの説明画像

シードフレーズはウォレットを作成する際に発行され、変更されることはありません。シードフレーズを盗まれると、ウォレットごと乗っ取られる可能性があるので、ユーザーは紙に書いて保管するなどして、絶対漏洩しないように管理することが推奨されています。

被害にあったウォレットが、ユーザーの署名で送金を行なっていることから、犯人の手元にはシードフレーズがあると推測されています。

ハッキング被害を防ぐための対応

ハッキング被害は、まだ終息していません。加えて、ソラナに対応している全ウォレットが被害を受ける可能性があり、仮想通貨市場全体の脅威となっています。現状、被害拡大を防ぐために、以下の対策が勧められています。

外部サービスとの接続を解除

ウォレットは、各種サービスとの接続を許可することで、資金を送金したり受け取ったりできます。本来、この操作には、ユーザーの承認が必要なのですが、知らず知らずのうちに身に覚えのないサービスに接続している可能性もあります。

このため、ウォレットと各種サービスの接続解除(Revoke)が推奨されています。Phantom Walletの場合、設定画面から「信頼済みアプリ(Trusted Apps)」に進み、「取り消し(Revoke)」のボタンをクリックすると、接続を解除できます。

Phantom WalletのRevoke画面

画像引用:Phantom Wallet

ウォレットの接続を解除しても、応急措置にしかならないとの意見もあります。しかし、原因が定かではないので、実行する方が良いでしょう。

安全なウォレットに資産を移動

その他の対策としては、ソラナのウォレットから安全なウォレットに移動することが考えられます。イーサリアム系のウォレットにも同様のリスクがあるかもしれないとの憶測も広がっているので、CEX(中央集権型)の取引所やハードウェアウォレットが選択肢として挙げられます。

ソラナのチャート

なお、大規模なハッキング被害を受けても、ソラナ価格の急落は見られません。しかし、2021年11月以降、価格下落が継続しています。2022年6月あたりまで下落して以降、レンジ相場の様相を呈しており、4,000円台から6,000円台の範囲で推移しています。

2021年11月に記録した29,000円台の最高値と比較すると、現在は6分の1程度の水準に留まっています。

ソラナと米ドルの価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

不具合に見舞われるソラナ

ソラナは、高い技術やSTEPNなどのキラー・アプリの存在で、主要なブロックチェーンの仲間入りをしました。その時価総額は、仮想通貨市場でトップ10位にランクインするほどの規模にまで成長しています。

point キラー・アプリ

キラー・アプリとは、プラットフォーム普及に貢献する人気アプリを指します。STEPNは主にソラナを基盤にして開発されており、ソラナのユーザー獲得に大きく貢献しました。

しかし、これまで度々、技術的な不具合に見舞われて被害を出しており、信頼を失いつつあります。過去には、以下のような事態に陥っています。

断続的な障害で度重なる取引停止

ソラナは、高いトランザクション処理性能を持つと考えられています。それでも、何らかの理由で取引が集中すれば、混雑して遅延したり、停止することもあり得ます。2022年6月には、「Candy Machine」と呼ばれるNFT発行ツールが取引量を増加させて、処理速度低下を招きました。

それ以外にも、同様の理由で処理速度の低下が発生してきました。その度に、取引所での送受金が遅れたり、DAppの利用が制限される事態に陥っています。

このような障害の対策としては、ネットワークに過度の負荷をかける者に対して0.01SOLのペナルティを科すことなどが考えられています。その他にも、混雑時に取引を成立させる手段として、優先手数料を設定することも検討されています。

クロスチェーンブリッジでの被害

今回のハッキング被害は、ソラナにとって初めてのものではありません。2022年に入ってから、ソラナのクロスチェーンブリッジであるWormholeにおいて、12万ETHが流出したハッキング被害に遭っています。

point クロスチェーンブリッジ

クロスチェーンブリッジとは、複数のブロックチェーンを繋いで、規格の異なる仮想通貨を利用可能にする技術です。この技術が普及すれば、ブロックチェーンを跨いで仮想通貨をやり取りできます。ブロックチェーンが乱立している現在、クロスチェーンブリッジは仮想通貨市場で重要な存在です。

Wormholeは、イーサリアムを担保に1対1の比率でラップド・イーサリアム(wETH)を発行します。ラップド・イーサリアムとは、他のブロックチェーンのトークン規格に準拠するイーサリアムで、ソラナのブロックチェーン上で利用することができます。犯人のハッカーは、スマートコントラクトの脆弱性を突いたと考えられます。

分散型のサービスも安全ではない

従来、中央集権型のサービスと比較して、分散型のサービスは安全面で優れていると考えられてきました。特に、中央集権型の取引所でハッキングが頻発していたことから、そう考える人も少なくないでしょう。しかし、分散型のサービスも完璧ではありません。今回のソラナにおけるハッキング被害は、それを証明する形となりました。

原因はまだ明らかではないですが、システムに脆弱性が内包されていることは確かです。安全性を考慮するのであれば、資金を分散させたり、インターネットに接続されていないハードウェアウォレットを利用するのが良いでしょう。


Date

作成日

 : 2022.08.04

Update

最終更新

 : 2022.08.04

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

MT4は段階的に廃止へ!MT5への移行は進むのか?

今回は、MT5への移行状況をメタクォーツ社の動向と、MT5の導入する海外FX業者をもとに解説していきます。
update2022.05.31 20:30

Bybitのローンチパッドに仮想通貨PUMLxが登場!Move-to-Earnのトークン

Bybitは、ローンチパッドでの仮想通貨「PUMLx」配布を発表しました。PUMLxとは、Move to Earnプラットフォーム「PUMLx」で獲得できる独自仮想通貨です。2022年10月7日午後9時にBybitに上場予定です。
update2022.09.30 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

FXGTが賞金総額1,000万円のトレード大会を開催!

2022年9月5日、海外FX業者のFXGTが、賞金総額1,000万円のトレード大会を開催することを発表しました。1ヵ月間の投資収益率を競い、順位に応じた賞金を授与。1位のトレーダーには賞金として400万円が授与されます。
update2022.09.06 21:00

【9月30日更新】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

【SNSで話題】MT4/MT5がApp Storeから削除に!ロシアの制裁の影響?

2022年9月24日、App StoreでMetatraderの取り扱いが停止されました。ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁との関連を指摘する声もあり、一部で不安が広がっている模様です。
update2022.09.26 21:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷!その理由や将来性は?

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDCが対象

9月1日から1か月間、BybitではクレジットカードでのUSDC購入時、手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。普段は手数料が割高なクレジットカード購入ですが、今ならお得に行えます。
update2022.09.06 20:40

仮想通貨SWEATの将来性|Sweatcoinは新しいMove to Earnとの期待も

Sweatcoinが発行する仮想通貨SWEATは、その将来性という面で注目されています。外部企業からの広告収益を得られるモデルであるなど、Sweatcoinは、STEPNなどの従来のMove to Earnとは異なる側面を持ちます。
update2022.09.21 21:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル