Select Language

Phaverの使い方を解説|Share to Earnで稼げるWeb3.0版Twitterとは?

Phaverの使い方を解説|Share to Earnで稼げるWeb3.0版Twitterとは?

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.01.12 12:16
Phaverの使い方を解説|Share to Earnで稼げるWeb3.0版Twitterとは?

update 2024.01.12 12:16

Phaverは分散型のSNSで、Web3.0版のTwitter(ツイッター)と呼ばれています。Share to Earn(シェアして稼ぐ)という仕組みを採用しており、利用するだけで稼げるSNSとして話題となっています。2023年1月25日時点で独自仮想通貨(暗号資産)は発行されていませんが、エアドロップ実施が見込まれています。

また、日本語にも対応しており、日本国内でも徐々にユーザーが増えつつあります。当記事では、Phaverの評判やShare to Earnで稼ぐ方法、使い方などを解説していきます。

Phaverとは

Phaverのバナー画像

画像引用:Phaver

Phaverは分散型SNSです。分散型SNSとはブロックチェーン上に構築されたSNSで、Web3.0の拡大と共に注目され始めています。

point Web3.0

Web3.0とは分権化された次世代のインターネット環境を指します。現代の中央集権型インターネット環境(Web2.0)は、大手IT企業が強い影響力を持っています。その一方、Web3.0では個々のユーザーが重要な役割を担います。

Web3.0版のTwitter(ツイッター)として認知され始めており、通常のSNSと同じようにiOSとAndroid向けのアプリで利用可能です。

Twitterとそっくりな機能

PhaverはWeb3.0版のTwitterと呼ばれるだけあって、Twitterと似たような画面や機能です。

/Phaver画面

画像引用:Phaver

タイムラインに流れてくる投稿に対してコメントしたり、ユーザー同士がフォローしあったりできます。Twitterと同じような操作感で利用できると評判です。

SocialFiを実現するShare to Earn

SocialFiとは、SNS・ブロックチェーン・金融を掛け合わせた造語です。仮想通貨やブロックチェーンが普及したことで、SocialFiのプロジェクトが出てきました。

PhaverもSocialFiの一種で、Share to Earn(シェアして稼ぐ)を採用しています。Share to EarnはPlay to Earnの派生系で、その名の通り情報の発信や共有で稼ぐことができます。

point Play to Earnとは

Play to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。Play to Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども、流行しています。

Lens Protocol最大のプロジェクト

PhaverはLens Protocolと呼ばれるブロックチェーン上に構築されるDApps(分散型アプリケーション)です。

Lens ProtocolとPhaverのバナー

画像引用:Phaver公式ツイッター

Lens ProtocolはDeFi(分散型金融)プラットフォームのAaveによって開発されたブロックチェーンで、分散型のソーシャルグラフを簡単に作れることが特徴です。

point ソーシャルグラフとは

ソーシャルグラフはネットワーク上における人間の相関関係やその結びつきを可視化する技術です。Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのSNSは、「いいね」や「フォロー」などのエンゲージメントによって繋がるソーシャルグラフを形成します。ソーシャルグラフはSNSにとって重要な技術です。

PhaverはLens Protocol最大のプロジェクトであり、CEOで共同創設者のJoonatan Lintala氏が率いるチームによって開発されています。Lintala氏はGoogle(グーグル)や多数のインターネット企業で豊富な経験を持つ人物です。

Phaverのアクティブユーザー数は10万人に達しており、新しい分散型SNSとして期待されています。最終的にユーザー数10億人を目標としています。

Twitter上の評判

イーサリアム(ETH)の考案者であるVitalik Buterin氏がアカウントを作成したことから、Phaverは世界的に話題となっています。

ユーザーを招待することで報酬が得られることもあり、Twitter上では招待コードを含んだリンクが数多く拡散されています。また、日本語を使えるので日本国内でも徐々に普及しており、熱心なユーザーはPhaverで稼いだ報酬を公開して、Share to Earnの有益さをアピールしています。

利用者数が拡大中

Phaverは利用者数が拡大しています。情報サイト「Dune」の統計では、投稿数(Post)やフォロー数(Follow)、アクティブユーザー数(Active Profile)などが拡大していることが分かります。

DuneにおけるPhaverの統計

画像引用:Dune

Web3.0や分散型SNSが一般層のユーザーに受け入れられれば、Twitterの対抗馬といえるサービスになるかもしれません。

Share to Earnは稼げる?

当記事執筆時点(2023年1月)で、Phaverでどの程度稼げるか不明です。独自仮想通貨を発行しておらず、アプリ上の活動に対してポイントを付与しています。

将来的にこのポイントと独自仮想通貨が交換可能となる見通しで、エアドロップの予定もありますが時期は不明です。

point エアドロップ

エアドロップとは仮想通貨の無償配布を指します。知名度向上などを目的として新規プロジェクトが実施する例が多く、仮想通貨をもらうには公式ツイッターのフォローなど一定の条件がつく場合もあります。

Phaverでの稼ぎ方

報酬をもらうには、他ユーザーの投稿にポイントをステーキングしたり、他ユーザーが自分の投稿に対してステーキングしたりする方法があります。また、Phaverに新規ユーザーを招待して報酬を受け取ることもできます。

ステーキングする

Phaverにおけるステーキングは、本来の意味とは異なります。

point ステーキング

ステーキングとはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の仮想通貨で採用される仕組みで、ブロックチェーンの維持に貢献する対価として報酬を得ることを指します。また、仮想通貨を貸し出して報酬を得られるサービスをステーキングと呼ぶこともあります。

Phaverでは毎日5ポイントが配布されます。そして、他ユーザーの良い投稿をみつけたら、そのポイントを投稿に付与します。ツイッターの「いいね」に似たこの行動が、Phaverにおけるステーキングです。

自分がステーキングした投稿が、その後多数のステーキングを集めた場合、大きな報酬を得ることができます。

ステーキングされる

価値ある情報を投稿して他のユーザーからステーキングされると、ポイントを獲得できます。

なお、ポイントを消費すれば、プレミアムトピックと呼ばれる有料のトピックに投稿できます。プレミアムトピックは注目度が高いトピックであり、多くのユーザーの目に留まる可能性があります。

プレミアムトピックは50ポイントから利用でき、必要なポイントは変更される可能性もあります。

新規ユーザーを招待する

Phaverは招待制の分散型SNSで、既存ユーザーは新規ユーザーを招待することで10ポイントを獲得できます。新規ユーザーを招待するには、アプリ内の「Discover」のタブから招待コードを共有します。

Phaver画面

画像引用:Phaver

CNP保有でポイント獲得

Phaverでは、「CryptoNinja Partners(CNP)」のNFTを保有するウォレットを接続すると、ポイントを獲得できます。さらに2023年12月21日には、Phaver公式X(旧Twitter)にて、30日間通常の3倍のポイントが貯まる企画が発表されました。

knowledge CNPとは

CNPとは、「CryptoNinja Partners(クリプトニンジャ・パートナーズ)」の略称で、忍者をモチーフにしたNFTコレクションのことです。インフルエンサーのイケハヤ氏がプロモーションを手掛け、日本発のNFTとして最大級の規模を誇ります。CNPはNFTに止まらず、ゲームやアニメ、グッズ販売など幅広いキャラクタービジネスを展開しています。

X(旧Twitter)では、イケハヤ氏のポストを受けて、CNP保有者によるPhaver登録の報告が増え、盛り上がりを見せています。多くのユーザーは、ポイントを貯めて今後のエアドロップでの報酬獲得に期待しているようです。

Phaverをインストールする方法

Phaverは誰でも無料で始められます。インストールと初期設定の手順は以下の通りです。

  1. アプリをインストール
  2. 招待リンクを探す
  3. メールアドレスとパスワードを設定
  4. プロフィールを作成
  5. 興味のある話題を選択

アプリのインストールは5分から10分程度で完了します。なお、招待リンクは簡単に見つけられるので、保有していなくても問題ありません。

point 日本語に対応

2023年12月18日、Phaverアプリが日本語に対応しました。従来は日本語での投稿はできたものの、ガイダンス等は英語でした。日本語の対応により、日本人ユーザーにとって利便性が向上しています。

手順1

まずは下記からPhaverの公式サイトへアクセスします。

Phaverの公式ページ link

手順2

「GET IT ON Google Play」または「Download on the App Store」をタップし、アプリをインストールします。

Phaverの公式サイト

手順3

アプリのインストールを完了させます。このタイミングではアプリを開く必要はありません。

Phaverのダウンロード画面

手順4

続いて、Phaverの招待リンクを見つけ、そのリンクをタップしてください。招待リンクはTwitterで「Phaver」と検索すると見つけられます。

招待リンクをタップしてアプリが起動すると以下の画面になりますので、「ENTER PHAVER」をタップします。

Phaverの招待コードからアクセスした画面

手順5

「SIGN UP USING EMAIL」をタップします。

Phaverに登録するSNSやメールアドレスの設定画面

手順6

メールアドレスやパスワードを入力して、「CREATE AN ACCOUNT」をタップします。

phaverのメールアドレスとパスワード入力画面

手順7

名前を入力して「Next」をタップします。

phaverのユーザーネーム入力画面

手順8

Phaver内のユーザーネームを入力して「Next」をタップします。

phaverのユーザーネームタグの入力画面

手順9

ユーザーネーム設定後はアイコン画像をアップロードします。中央に表示された「+」マークをタップして画像を選んでください。

phaverのアイコン入力画面

手順10

以下の画面が表示されたらプロフィール作成は完了です。「Let's gooooo!」をタップます。

Phaverのプロフィール画像設定後画面

手順11

Lens Protocolと連携させるかどうかを選びます。連携させる場合は「Yes, connect Lens profile」、連携させない場合は「NO, CONTINUE TO PHAVER」をタップします。

一定の水準をクリアし、手続きを済ませたユーザーが獲得できるNFT「Lens profile」を保有していない場合、「NO, CONTINUE TO PHAVER」を選びます。この場合もPhaverの利用は問題なく行えます。

PhaverのLENS PROTOCOLとの連携画面

手順12

その後、トピックの右側にある「+」をタップし、興味のあるトピックを選びます。トピック選択ができたら、Phaverへの登録は完了です。

Phaverの視聴トピック選択画面

Phaverの使い方

Phaverのインストールと初期設定が完了したら、実際に利用してみましょう。

投稿を探す

投稿の種別で絞り込む方法と、トピックで絞り込む方法を解説します。

手順1

下部メニューにある「Feed」をタップすると、投稿が表示されます。投稿の種別で絞り込みたい場合は、画面右上にある右から2番目のマークをタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順2

画像のようにフィルタの種類が表示されるので、必要なフィルタをタップします。例えば、フォローしている人の投稿のみ表示させたい場合は「My follows」をタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順3

トピックを選択することでも投稿を絞り込めます。特定のトピックのみを表示させるには、まず右上の3本の横線アイコンをタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順4

初期設定時に選択したトピックが「YOUR TOPICS」という項目に並んでいます。そこから表示させたいトピックを選び、タップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

なお、トピックはインストール後に追加することもできます。

手順5

選択したトピックの投稿が表示されます。

Phaverの視聴トピック選択画面

発信者を検索する・フォローする

発信者を探してフォローする方法、トピックを探して追加する方法を紹介します。

手順1

Phaverのトップページから「Discover」をタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順2

検索窓にキーワードを入力します。その後、トピックを探したい場合は「TOPICS」をタップし、表示されたトピックの中に追加したいものがあれば「+」マークをタップします。

発信者を探したい場合はキーワードの入力後に「PEOPLE」を選択し、該当する発信者をタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順3

プロフィールページの左上にある「Follow」をタップすることでフォローできます。

Phaverの視聴トピック選択画面

他人の投稿に反応する

Twitterでは「いいね」や「リツイート」で投稿に反応できますが、Phaverでも投稿に対して反応できます。Phaverでの反応は5種類です。

Phaverの視聴トピック選択画面

番号

項目

説明

1

リプライ

投稿に対してコメントできます。

2

ミラー

Twitterのリツイートのように投稿をシェアできます。ミラーアイコンをタップした後、どこにシェアするかを選びます。

3

Lensでの収集

Lens profileを所有している人のみ行えます。

4

ポイントステーキング

ステーキングした投稿が、その後多数のステーキングを集めた場合、大きな報酬を得ることができます。また自身の投稿にステーキングされると、ポイントを獲得できます。

5

いいね

Twitterの「いいね」と同等の機能です。

投稿する

Phaverで投稿する手順は、以下の通りシンプルです。

  1. 投稿文を作成する
  2. 投稿先を選択する
  3. 投稿する

より詳しく解説します。

手順1

マイページの下部メニューにある「Post」をタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順2

投稿内容を入力し、入力が完了したら「NEXT」をタップします。

貼り付けたいリンクがある場合は「Paste a link」欄にペーストします。また、画像を添付したい場合は「ADD TO POST」から追加します。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順3

投稿作成後は投稿を表示させるトピックを選びます。キーワードを入力し、内容に適しているトピックをタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順4

「POST」をタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順5

投稿後は以下のような画面になります。投稿の右上の点をタップすると、投稿内容の編集や削除ができるようになります。

Phaverの視聴トピック選択画面

招待リンクを取得する

Phaverに登録している人であれば、誰でも簡単に招待リンクを取得できます。

手順1

マイページの下部メニューにある「Discover」をタップします。

Phaverの視聴トピック選択画面

手順2

Discover画面にある「Invite friends and earn points for each one joining」のボタンを押すと、招待リンクを取得できます。

Phaverの視聴トピック選択画面

Phaverを利用する上での注意事項

Phaverは通常のSNSと同じように、利用上の注意点があります。

日本語ユーザーのアカウントが凍結?

Twitter上には、日本語で投稿したユーザーのアカウントが凍結されたとの報告があげられており、投稿が48時間停止されました。日本語で投稿する場合は、日本語OKのトピック(カテゴリ)に投稿しましょう。

コンテンツガイドラインの順守

Phaverのコンテンツガイドラインには、投稿の禁止事項が明記されています。

  • 露骨なヌードまたは性を連想させるコンテンツ
  • ヘイトスピーチ
  • 個人またはグループの信用を貶める攻撃
  • 自傷行為や過度の暴力を含むコンテンツ

その他、違法行為やなりすまし、スパム、詐欺などのコンテンツなども禁止されています。

Phaverのその他の特徴

Phaverは分散型SNSとして以下のような特徴があります。

SoulBound Tokenを採用

Phaverは希望者に対してSoulBound Token(ソウルバウンドトークン、SBT)を配布しています。

SoulBound TokenはWeb3.0時代のデジタルIDです。本来、NFTは取引可能ですが、SoulBoud Tokenは譲渡不可のNFTとして発行されて、それを受け取るとウォレット内に固定されます。

SoulBound Tokenの説明画像
knowledge SoulBound TokenとデジタルID

分散型SNSなどDAppを利用するにはメタマスクなどのウォレットが必要で、利用者は匿名でウォレットを使用できます。これに対して、SoulBound Tokenはウォレットと個人情報を結びつけます。送金不可能なトークンでデジタルIDとして使用可能ですので、例えば大学が卒業生のウォレットにSoulboud Tokenを発行すると、ブロックチェーン上で学歴を証明できるようになります。

PhaverはSoulBound Tokenを本人確認手段として採用しており、TwitterとDiscord(ディスコード)のアカウント情報を提出したユーザーに配布されています。

この仕組みにより、ボットや偽アカウントの排除が可能になります。

公正な運用体制

Phaverはガバナンストークンを発行する予定です。ガバナンストークンとはDAOでの投票に利用する仮想通貨で、PhaverはDAOでの運営体制に移行していく見込みです。

point DAOとは

DAOは、Decentralized Autonomous Organizationの略で、日本語で「分散型自立組織」と訳されます。つまり、中央管理者が存在しなくとも、参加者の活動によって機能する組織を指します。中央集権型の組織と比較して民主的で透明性が高いと見なされており、ブロックチェーンの普及で広く採用されています。

既存のSNSは中央管理者の影響力が強く、情報の検閲やアカウントの凍結などの判断が運営企業に委ねられています。賛否両論ありますが、2021年にTwitterが前米大統領ドナルド・トランプ氏のアカウントを凍結したのが良い例です。

さらに、イーロン・マスク氏のCEO就任で混乱したTwitterのように、代表の交代でサービス内容や方針が急に変わる場合もあります。

PhaverがDAOに移行すれば、意思決定がコミュニティでの投票に委ねられるので、公正公平な運用が可能になると考えられます。

まとめ

近年、仮想通貨市場では分散型SNSが台頭してきています。Phaverの他にも、言論の自由やプライバシーをコンセプトに掲げるMINDSや、別のブロックチェーン版Twitterと呼ばれるPeepethなどが存在します。

仮想通貨を稼げることや、一部のインフルエンサーが使い始めていることが後押しとなって、分散型SNSは脚光を浴び始めていますが、既存のSNSに取って代わる存在となるでしょうか。注目です。


Date

作成日

2023.02.01

Update

最終更新

2024.01.12

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル