Select Language

ESMA、ASICと覚書を締結

ESMA、ASICと覚書を締結

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2022.01.24 17:31
ESMA、ASICと覚書を締結

update 2022.01.24 17:31

豪州のベンチマーク活用を模索

欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】は10月21日、オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities and Investments Commission)【以下、ASICと称す】と、オーストラリアのベンチマークの活用を図る覚書(MoU)を締結したことを発表した。[1]

覚書の締結に際し、ASICの委員長を務めるJames Shipton氏とESMAの局長であるSteven Maijoor氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

グローバル規制当局と協調体制を構築及び強化させることは、我々の最優先事項といえます。ベンチマークはクロスボーダーの金融取引を行う際に必要不可欠なものであり、ベンチマークの統一性と正確性を確保すべく、各国の規制当局が協働しなければならないでしょう。当局が相互にサポートし、意見交換を密にすることで、オーストラリアの投資家に対し、公平で効率的かつ強固な金融システムの構築に寄与すると考えております。

James Shipton, chairman of ASIC - ESMAより引用

グローバル資本市場において金融ベンチマークを活用することは、ベンチマークの正確性と信頼性を常に確保すると共に、市場参加者にとっても重要な役割を果たします。これらの目的を達成すべく、我々とASICがMoUを締結し、効果的な協調体制を構築したことを喜ばしく思っております。

Steven Maijoor, chairman of ESMA - ESMAより引用

欧州では域内において利用されるベンチマークの統一性と正確性を確保するための共通フレームワークを定めたEU金融ベンチマーク規則(EU Benchmarks Regulation)【以下、BMRと称す】が導入されている。2019年初頭には、欧州委員会(European Commission, EC)がオーストラリア法及び監督体制を、BMRで求められる基準を満たし、一定の金融ベンチマークを導入する際の根拠となる法体系として承認した。これにより、ESMA規制下の事業体が、オーストラリアで公表される銀行間取引金利(Bank Bill Swap Rate, BBSW)やS&P/ASX200、債券先物決済価格(Bond Futures Settlement Price)、CPI、政策金利(Cash Rate)などのベンチマークを欧州域内で活用することができるようになった。そして今回、ESMAとASICが正式にMoUを締結し、オーストラリアのベンチマークの活用を推進することで、より透明性の高い金融市場の形成に寄与することが期待できそうだ。

release date 2019.10.22

出典元:

ニュースコメント

クロスボーダー取引を推進すべく協調体制を構築する各国規制当局

今回、ESMAとASICがMoUを締結したように、各国規制当局は健全な市場形成や新たな付加価値ソリューションの提供を行うべく協調体制の強化を図っていることがうかがえる。たとえば、AFMとSFCが覚書を締結し、相互に投資ファンドの提供を可能としたほか、英中当局が、ストックコネクトの開始を承認し、両国間のクロスボーダー投資及び証券市場へのアクセスの向上を試みている。また、MASがカンボジア国立銀行と提携し、フィンテック分野の発展に向け関係強化を図っている状況だ。トレーダーのグローバル投資需要が拡大するなか、各国規制当局が協調体制を強化し、信頼の置けるクロスボーダー取引スキームの構築を目指していることが推察される。他方で、Orient Global ServicesがMT5上でドバイ金商品取引を開始するなど、海外FXブローカー各社も多彩な投資家ニーズを満たすべく商品ラインナップの拡充を図っている。今後も、投資家が世界中の金融市場にシームレスにアクセスし安全に取引を行うためにも、金融当局及び海外FXブローカー各社が画期的なソリューションを提供することを期待したい。


Date

作成日

 : 2019.10.22

Update

最終更新

 : 2022.01.24

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

Bybitローンチパッドにたまごっち風ゲームのトークン「WLKN」が登場!

Bybitは、トークン「WLKN」をローンチパッドで配布すると発表しました。WLKNとは、Play to Earnゲーム「Walken」で使用されるトークンであり、2022年6月21日にBybitに上場します。
update2022.06.15 21:00

自民党が岸田トークンを配布!仮想通貨コミュニティの反応は?

自民党青年局が、NFTトークンを発行しました。いわゆる「岸田トークン」です。これは何のために発行されたのでしょうか。また、発行に際して発生した事故の内容を紹介しつつ、日本全体に与える影響を考察します。
update2022.05.31 21:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDTが対象

大手仮想通貨(暗号資産)取引所Bybit(バイビット)では、クレジットカードでのUSDT購入時、手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。期間は2022年5月19日から6月19日までで、日本円でのUSDT購入時にクレジットカード購入手数料が無料になります。
update2022.05.24 20:30

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00

Bybitローンチパッドにゲームプロジェクト「OpenBlox」のトークン「OBX」が登場!

Bybitは、トークン「OBX」をローンチパッドで配布すると発表しました。OBXとは、ゲームのプラットフォーム「OpenBlox」で使用されるトークンであり、2022年6月30日にBybitに上場します。
update2022.06.22 21:00

STEPNに続くか!?無料で始められる注目のMove to Earnゲーム5選

話題のSTEPNは、Move to Earn市場で大きなブームを巻き起こしています。STEPN以外にもMove to Earnゲームが続々と登場しており、中には無料で利用できるものもあります。
update2022.05.11 20:00

アービトラム(Arbitrum)でイーサリアムの送金手数料を抑える

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題を解決するために開発されたレイヤー2ソリューションであり、アービトラムでイーサリアムを送金すると数百円程度で済むため人気を集めています。
update2022.02.17 18:00

【最新】Bybitのデュアル資産投資とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

Bybitのデュアル資産投資(旧:二重資産マイニング)は、ステーキングで高利回りを期待できる一方、元本割れのリスクもあります。当記事では、デュアル資産投資のメリットとデメリットを紹介します。
update2022.02.21 19:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル