Select Language

レボリュート、株式取引手数料無料サービスを開始

レボリュート、株式取引手数料無料サービスを開始

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:30
レボリュート、株式取引手数料無料サービスを開始

update 2021.08.31 15:30

世界初となる米国株式の端株取引サービスを欧州で展開

英国・ロンドンを拠点とするチャレンジャーバンク(銀行業務ライセンスを取得し、既存銀行と同様のサービスを全てモバイルアプリ上で提供する企業)であるRevolut Limited(本社:4th Floor, 7 Westferry Circus E14 4HD London, United Kingdom[1])【以下、レボリュートと称す】が、株式取引手数料が無料となる独自プラットフォームをリリースしたことが明らかになった。

レボリュートの新たなサービスを利用する顧客は、PCやモバイルから様々な企業の株式に投資できるようになるという。また同プラットフォームでは、最低投資金額が1ドルからの端株(単元未満株)取引サービスも提供している。そのため、たとえば50ドル以上の投資を行いたくないトレーダーでも、足元200ドルほどで推移するアップル(ティッカーシンボル:AAPL)株を保有することができる。レボリュートによると、同社が欧州で米国株式の端株取引サービスを提供する初の企業になるとのことだ。

従来、株式取引には多額の資金が必要であったが、取引手数料無料やミレニアム世代の需要にマッチしたサービスの提供、フィンテック革命、Robinhood【以下、ロビンフッドと称す】のような株式取引プラットフォームのリリースなどを通じて、多くのトレーダーが企業株式に投資できるようになった。ロビンフッドは、様々な投資機会と快適な取引環境を提供することで、約300万人もの利用者を誇っており、世界の大手オンラインブローカーと伍する存在になっている。また、欧州ブローカーが顧客重視のサービスを求められる環境下において、eToroが株式とETF取引手数料無料サービスを開始するなど、各企業が顧客ニーズにマッチしたソリューションを提供することで新たな顧客層の取り込みを模索している状況だ。

レボリュートは、プリペイド式デビットカードや為替両替、P2P(Peer-to-Peer、個人間)決済サービスに加え、仮想通貨取引所を運営するフィンテック企業である。また、ショッピング決済やATMから資金の引き出しなどが可能なアプリも開発している。同社は、テクノロジーに精通した顧客をターゲットとし、既存の銀行サービスとは異なる、より効率的で利便性の高いソリューションを提供していく意向である。2019年3月に、レボリュートは新たな自動両替ツールをリリースしたことに続き、今回、株式取引サービスを提供することで、更なる顧客利用の拡大が期待できそうだ。

release date 2019.08.02

出典元:

ニュースコメント

レボリュート、限定リリースで株式取引を開始

レボリュートは2015年に英国ロンドンにて設立されたフィンテック(ITを活用した金融サービス)のスタートアップ企業である。同社のサービスはアプリ上で簡単に外貨両替ができるプリペイド式のカード取引きから始まった。その後、保険、Apple Pay、オープンバンキングAPI、仮想通貨取引、外国為替取引など金融分野における事業拡大に取り組んでいる。驚くべきことに、創業からわずか4年で500万人もの顧客を獲得しており、更に、2019年第一四半期は既に100万人の登録者を得ている。Revolutの顧客は42%が30代前後の若年者層で口コミとネットワーク外部性で拡大を続けている。この度、8月より始まった株取引き(手数料無料)のサービスは、Revolut Metalをご利用のお客様限定で、ナスダックとニューヨーク証券取引所に上場している300銘柄に制限されている。だが、同社は英国および欧州の株式、ならびに上場投資信託にも拡大する意向を示しており、新たな顧客層の獲得が見込まれている。また、レボリュートは海外での事業展開を積極化させており、2020年にインドへ進出する計画である。今後も、急成長を遂げるフィンテック市場の動向には注目していきたい。


Date

作成日

 : 2019.08.02

Update

最終更新

 : 2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチパッドにゲームプロジェクト「OpenBlox」のトークン「OBX」が登場!

Bybitは、トークン「OBX」をローンチパッドで配布すると発表しました。OBXとは、ゲームのプラットフォーム「OpenBlox」で使用されるトークンであり、2022年6月30日にBybitに上場します。
update2022.06.22 21:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷、その要因と将来性を解説

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

寝て稼ぐSleep to Earnゲーム「Sleepagotchi(スリーパゴッチ)」が登場!

「Sleep to Earn」のゲームが登場しました。Sleepagotchi(スリーパゴッチ)です。Sleep(寝る)ことで仮想通貨を稼ぎます。当記事執筆時点(アルファ版)での機能等を紹介します。
update2022.06.28 21:00

【最新情報】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

仏パリ・サンジェルマンのジャパンツアーで最高1,000万円のNFTチケットを販売

フランスの名門サッカーチーム、パリ・サンジェルマンが来日し、Jリーグ所属3チームと対戦します。一部観戦チケットがNFTで販売され、1,000万円または100万円と高額な料金設定となっています。
update2022.06.21 21:00

【最新】Bybitのデュアル資産投資とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

Bybitのデュアル資産投資(旧:二重資産マイニング)は、ステーキングで高利回りを期待できる一方、元本割れのリスクもあります。当記事では、デュアル資産投資のメリットとデメリットを紹介します。
update2022.02.21 19:00

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDTが対象

大手仮想通貨(暗号資産)取引所Bybit(バイビット)では、クレジットカードでのUSDT購入時、手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。期間は2022年5月19日から6月19日までで、日本円でのUSDT購入時にクレジットカード購入手数料が無料になります。
update2022.05.24 20:30

アービトラム(Arbitrum)でイーサリアムの送金手数料を抑える

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題を解決するために開発されたレイヤー2ソリューションであり、アービトラムでイーサリアムを送金すると数百円程度で済むため人気を集めています。
update2022.02.17 18:00

Bybitの国内銀行送金方法を解説

Bybit(バイビット)では、「国内銀行送金」サービスを提供しています。海外銀行送金にしか対応していない仮想通貨取引所が多い中、このようなサービスを提供していることで、入金の選択肢が広くなっています。
update2022.04.06 21:00

STEPNに続くか!?無料で始められる注目のMove to Earnゲーム5選

話題のSTEPNは、Move to Earn市場で大きなブームを巻き起こしています。STEPN以外にもMove to Earnゲームが続々と登場しており、中には無料で利用できるものもあります。
update2022.05.11 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル