Select Language

仮想通貨REZの将来性は?イーサリアムのリステーキングプロトコルRenzoについて解説

仮想通貨REZの将来性は?イーサリアムのリステーキングプロトコルRenzoについて解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.05.02 16:30
仮想通貨REZの将来性は?イーサリアムのリステーキングプロトコルRenzoについて解説

update 2024.05.02 16:30

仮想通貨(暗号資産)REZは、リステーキングプロトコルRenzoのネイティブトークンです。Renzoは、イーサリアム(ETH)のリステーキングを簡単に実行できるプラットフォームとして機能します。

2024年4月23日には、大手取引所のBinance(バイナンス)がローンチプールでのREZの取り扱いを発表し、SNS上でも注目が集まっています。当記事では、仮想通貨REZの将来性やX(旧Twitter)での評判、トークンの使い道などを解説します。

仮想通貨REZがBinanceローンチプールに登場

2024年4月23日、仮想通貨(暗号資産)取引所のBinance(バイナンス)は、ローンチプールでのREZの取り扱いを発表しました。

仮想通貨REZがBinanceローンチプールに登場

画像引用:Binance

Binanceのローンチプールとは、指定の仮想通貨を預けると特定のトークンがもらえるイベントです。

2024年4月24日から4月30日にかけて仮想通貨をステーキングすると、報酬としてREZを獲得できます。ステーキング可能な仮想通貨はBNB・FDUSDの2種類で、毎日約4,166万REZ、合計2億5,000万REZが配布されました。その後、REZは2024年4月30日にBinanceに上場しています。

仮想通貨REZとは

仮想通貨(暗号資産)REZは、イーサリアムのリステーキングプロトコルRenzoのネイティブトークンです。REZは、Renzoプラットフォームにおけるガバナンストークンとして機能します。

仮想通貨REZとは

画像引用:Renzo

point ガバナンストークンとは

ガバナンストークンとは、DeFi(分散型金融)のサービスにおいて、プロジェクトの新しい機能の追加・削除・変更や、開発などの方針の提案(投票)を行う権利を持つトークンのことです。ガバナンストークンを多くの利用者に配ることは、プロジェクトの分散化を目的としており、保有者はDeFiサービスの運用に関わることができます。

イーサリアムやLSTをリステーキングできる

Renzoのトップページ

画像引用:Renzo

Renzoはイーサリアムホルダー向けのプラットフォームで、イーサリアム(ETH)をリステーキングして報酬を獲得できます。保有するイーサリアムを積極的に運用して、報酬を得たいユーザー向けといえるでしょう。

また、イーサリアムだけでなく、wBETHやstETHなどのリキッドステーキングトークン(LST)をリステーキングすることも可能です。

point リステーキングとは

リステーキングとは、イーサリアム本体でステーキングしつつ、別のプロジェクトでも再度ステーキングする仕組みのことです。リステーキングすることで、通常のステーキング報酬よりも多くの報酬を獲得でき、資金効率を高められます。

point リキッドステーキングとは

リキッドステーキングとはその名前のとおり「流動性のあるステーキング」です。通常のステーキングでは、預け入れた仮想通貨がロックされる一方、リキッドステーキングでは、それと等価のリキッドステーキングトークンの現金化や送金、運用などができます。

ステーキングの流れ

ユーザーはRenzoのウェブサイトにて、リステーキングを開始できます。イーサリアムやLSTを預けると、RenzoのリキッドリステーキングトークンであるRenzo Restaked ETH(ezETH)を受け取れます。

ezETHは、Renzoにおけるリステーキングのポジションを表すトークンです。ezETHは一般的なリキッドステーキングトークンのように、分散型取引所(DEX)で他のトークンと交換したり、各種DeFi(分散型金融)プロトコルで運用したりできます。

point リキッドステーキングトークンとは

リキッドステーキングトークンとは、ステーキング期間に引き出しできない仮想通貨について、流動性を確保するために独自に発行されるトークンです。Lidoの「stETH」やRocket Poolの「rETH」などが該当します。

Renzoのステーキング画面

画像引用:Renzo

ユーザーはezETHを保有するとezPointsというポイントを獲得でき、ポイント数に応じてREZのエアドロップを受け取れます。また、EigenLayer(アイゲンレイヤー)エコシステムへの貢献度を表す、EigenLayer Pointsも同時に得られます。

Renzoに預け入れたイーサリアムやLSTは、2024年5月より引き出し可能となる予定です。

EigenLayerのインターフェースとして機能

Renzoは、EigenLayerのインターフェースとして機能しています。EigenLayerは、イーサリアム(ETH)上で構築されたリステーキングプロトコルです。

EigenLayerのロゴ

画像引用:EigenLayer

Renzoは、EigenLayerの複雑な仕組みを簡略化し、ユーザーがシンプルな操作でリステーキングを行うための窓口として機能します。リステーキングを行うことで、イーサリアムを単体でステーキングするよりも、高い利回りを得られるとしています。

高いリスクリワード比率を追求

Renzoは、リステーキングしたユーザーが高いリターンを享受できるような戦略を実行します。具体的には、リステーキング資産の預け先であるAVS(Actively Validated Services)を、ユーザーに代わって選択します。

AVSは、サイドチェーンやブリッジなどの分散型サービスで、ステーカーはどのAVSにトークンを預けるかを選択しなければなりません。AVSの数は多く、それぞれリスクやリワード(報酬)が異なるため、最適な組み合わせを決定するのは容易ではありません。

Renzoは、ユーザーに代わって最適なAVSを選択し、高いリスクリワード比率を実現することを目指しています。

仮想通貨REZの価格チャート

仮想通貨REZの価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

仮想通貨(暗号資産)REZは、2024年4月30日の上場直後、約40円の価格を記録しました。しかし、その後は右肩下がりに価格下落が続いており、当記事執筆現在(2024年5月1日)では20円前半の価格帯を推移しています。

まだ上場から間もない状況ではありますが、今後価格を上昇していけるのか注目です。

X(旧Twitter)での評判

仮想通貨(暗号資産)REZは、Binance(バイナンス)のローンチプールで取り扱いされたこともあり、X(旧Twitter)上で話題になっています。

中には「Renzoには強気だ。このようなトレードチャンスをずっと探し求めていた」と期待するユーザーも見受けられました。

仮想通貨REZの将来性

仮想通貨(暗号資産)REZの将来性に関して、以下の点が挙げられます。

  • 合計640万ドルの資金調達に成功
  • 業界経験の豊富なチーム
  • TVLは30億ドル超え

合計640万ドルの資金調達に成功

Renzoの運営チームは、これまでに合計640万ドルの資金調達に成功しています。Binance LabsやOKX Venturesに加え、仮想通貨ベンチャーキャピタルのMaven 11などが出資しました。

Renzoに出資するVC

画像引用:Renzo

また、大手取引所Bybit(バイビット)の支援を受けているプロジェクト、Mantle(マントル)もRenzoに出資しています。

業界経験の豊富なチーム

Renzoの創業メンバーであるLucas Kozinski氏は、レンディングプロトコルMoonwellの創業メンバーとしてだけでなく、トークンローンチプラットフォームのTokenSoftにて戦略立案を担当していた経歴を持っています。

同じく創業メンバーのKratik Lodha氏は、Web3投資ファンドのWoodstockにてリサーチャーとして活躍していたようです。

このことから、Renzoの運営チームには、仮想通貨業界で豊富な経験を持つメンバーが在籍していると考えられます。

TVLは30億ドル超え

当記事執筆現在(2024年5月1日)、Renzo公式サイトによると、プロトコルのTVL(預かり資産)は約31億ドルを記録しています。DeFiLlamaのデータでは、直近2ヶ月の間にTVLが約5倍に拡大していることがわかります。

RenzoのTVLの推移

画像引用:DeFiLlama

point TVLとは

TVLはTotal Value Lockedの頭文字をつなげた言葉で、ブロックチェーンやDAppsに預け入れられた仮想通貨の総額を示します。この金額は人気のバロメーターとしても使用されます。

これからRenzoやEigenLayerにより注目が集まれば、リステーキングするユーザーが増加し、さらなるTVLの成長が期待できるかもしれません。

仮想通貨REZのトークノミクス

仮想通貨(暗号資産)REZの総供給量は100億枚で、Binance上場後はそのうちの11.50%が放出される予定です。

REZの配分比率は、エアドロップに12.00%を分配しており、エコシステム貢献者への報酬配布を行う予定です。一方で、投資家およびアドバイザーに31.56%、チームに20.00%と大きな割合を配分している点には注意が必要です。

REZの分配先と比率

仮想通貨REZの分配先と比率は、下の表の通りです。

仮想通貨REZの分配先と分配比率

番号

説明

1

2.50%がBinanceローンチプールに割り当てられています。

2

12.00%がエアドロップに割り当てられています。

3

31.56%が投資家・アドバイザーに割り当てられています。

4

20.00%がチームに割り当てられています。

5

12.44%がプロジェクト基金に割り当てられています。

6

20.00%がDAOトレジャリーに割り当てられています。

7

1.50%が流動性提供に割り当てられています。

チームのトークンは、1年のロック期間を経た後、2年かけて徐々にロック解除されます。Renzoの運営チームは、プロジェクト運営を長期目線で考えていることがわかります。

また、投資家に割り当てられたトークンは、1年のロック期間を経た後、1年かけて徐々にロック解除されるスケジュールが組まれています。

仮想通貨REZのリリーススケジュール

REZの使い道

仮想通貨REZは、Renzoプラットフォームにおけるガバナンストークンとして機能します。REZホルダーは投票を通じて、プラットフォームの運営方針などに影響を及ぼすことができます。

具体的には、以下のようなガバナンス事項について投票を行います。

  • リスク管理の枠組み
  • デポジット、担保資産
  • オペレーターのホワイトリスト登録
  • AVS(Actively Validated Services)のホワイトリスト登録
  • トレジャリーおよびコミュニティ助成金

Renzoのリスク

Renzoプロトコルのリスクとして、以下の項目などが挙げられます。

  • ezETHのデペッグ
  • コミュニティの不信感

ezETHのデペッグ

ユーザーがイーサリアムやLSTをRenzoに預けると、リキッドリステーキングトークンのezETHを受け取れます。ezETHはあくまでレシートトークンであり、イーサリアムとは異なります。そのため、イーサリアム価格とデペッグ(価格乖離)を起こす可能性があります。

実際に2024年4月24日、ezETHの価格は一時的にイーサリアムと大きなデペッグを記録しました。以下はCoinMarketCapのETH建ての価格チャートですが、ezETH価格の急落が発生したことがわかります。その後、価格は徐々に回復しつつあります。

ezETHのETH建ての価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

point デペッグとは

デペッグとは、特定の法定通貨等と固定的な価格関係(ペッグ)にある仮想通貨において、価格が基準値から逸脱することです。デペッグが発生する原因は様々ですが、売り圧力の上昇や担保資産不足などの噂が流れることで、デペッグが起こる可能性があります。

今後、もしezETHのデペッグが再度起こり、価格を戻せないような状況が発生した場合、ガバナンストークンのREZにも影響が及ぶ可能性があるかもしれません。

コミュニティの不信感

2024年4月25日、Renzoの運営チームはコミュニティからの抗議により、トークノミクスやエアドロップ要件の一部変更を余儀なくされました。

騒動の発端は、チームや投資家へのREZ配分が多いことや、トークン配分表が誤解を招くデザインだったことなどが原因と推測されます。複数の仮想通貨(暗号資産)インフルエンサーがXで指摘したことで、コミュニティの中で物議を醸しました。

今回の件をポジティブに捉えると、Renzo運営はコミュニティのフィードバックを取り入れ、迅速に対処したといえます。しかし、今後も同じような問題を起こしてしまった場合、コミュニティからの信頼を取り戻すのは難しいかもしれません。

仮想通貨REZの買い方

2024年5月1日現在、仮想通貨(暗号資産)REZは、日本国内の取引所では取り扱われていません。そのため、取引は海外取引所で行います。各海外取引所におけるREZの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

仮想通貨取引所 現物 デリバティブ
(バイビット)

×

×

(バイナンス)

(ゲート)

×

(メクシー)

(ビンエックス)

(ビットゲット)

(コインイーエックス)

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ
× ×

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ
×

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ

海外の取引所であれば、日本語対応が充実しているBitget(ビットゲット)がおすすめです。

BitgetでREZを購入する方法

Bitgetでは、2つの手順でREZを購入できます。

  1. 購入ページにアクセス
  2. 購入条件を入力

手順1

まずは以下のリンクをクリックし、REZの購入ページ(REZ/USDT)にアクセスします。

なお、Bitgetを利用するには、口座を開設しておく必要があります。

手順2

ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でREZを購入するには、以下のように操作をして「購入:REZ」をクリックします。

Bitgetで成行でREZを購入する方法 Bitgetで成行でREZを購入する方法

番号

項目名

説明

1

「買い」または「売り」

通貨ペアの左の通貨を買って右の通貨を売るなら「購入」、左の通貨を売って右の通貨を買うなら「売却」を選びます。

2

注文方法

「成行」を選びます。

3

出来高

購入したい数量を入力します。

「購入:REZ」をクリックすると、即座に注文が実行されます。

なお、REZはUSDTで購入します。そのためUSDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。

イーサリアム相場の波に乗れるか

イーサリアムは全仮想通貨(暗号資産)の中でも、ビットコインに次ぐ時価総額を誇ります。今後、米国でイーサリアムの現物ETFが承認されれば、再び盛り上がりを見せるかもしれません。

Renzoはイーサリアムのリステーキングプラットフォームとして、中心的なポジションを築けるかが勝負どころになりそうです。今後の動向を注視していきましょう。


Date

作成日

2024.05.01

Update

最終更新

2024.05.02

いぶき | Ibuki

投資家、テックライター

arrow
いぶき

元証券会社勤務。2017年から仮想通貨に投資し、バブルとどん底の両方を経験する。2020年からは海外スタートアップや仮想通貨関連のライターとして独立。海外移住が趣味で、カナダ・オーストラリア・アメリカ・オランダなどを転々としている。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル