Select Language

金融庁、仮想通貨の利用者保護を強化する方針

世界のFXニュース

金融庁、仮想通貨の利用者保護を強化する方針

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.12.03 13:30
金融庁、仮想通貨の利用者保護を強化する方針

update 2021.12.03 13:30

2022年夏までに規制の在り方をまとめる予定

仮想通貨(暗号資産)や中央銀行発行の独自デジタル通貨(Central Bank Digital Currency)【以下、CBDCと称す】など金融のデジタル化が進展する中、日本の金融庁(Japan Financial Services Agency, JFSA)は利用者保護を強化すべく、規制の在り方を検討し始めた。[1]

2021年7月に設置した「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」を通じ、金融庁はシステムの安定性を保ちつつ、金融サービスの発展を阻害せずに利用者保護を図る方法を2022年夏までにまとめる方針だ。

仮想通貨を巡っては、日本の仮想通貨取引所であるコインチェックのネム(NEM)不正流出事案が発生したことを受け、金融庁は2019年法改正で顧客資産をより信頼性の高い方法で管理することを義務付けるなど、規制強化策を打ち出していた。しかしながら、仮想通貨の大きな特徴であるボラティリティの高さに加え、マネーロンダリングを含む犯罪利用が懸念される中、一層の規制対応が急務となっている状況だ。実際に、仮想通貨市場で時価総額トップのビットコイン(Bitcoin)でさえ、4月の史上最高値圏から7月中旬までの3ヶ月ほどで、価格が約53%下落しており、仮想通貨のボラティリティの高さがうかがい知れる。また最近では、異なるブロックチェーンの相互運用を実現するクロスチェーンプロトコルのPoly Networkがハッキングを受け、約6億ドル相当の仮想通貨が不正流出しており、一段のセキュリティ対策強化が求められている。

CBDCに関しては、2021年4月より日本銀行がCBDCの実証実験を開始しており、CBDCに必要な中核機能の技術的な実現可能性を検証するという。また、中国がデジタル人民元の発行に向けて各都市でトライアルテストを継続させており、日銀や政府は国際金融市場への影響を注視している状況だ。デジタル金融の進展を背景に、金融庁は研究会の設置に先立ち、「デジタル・分散型金融企画室」という新部署を立ち上げ、対応を本格化させている。

金融庁が利用者保護の徹底を図る上で、如何なる規制フレームワークを構築するか注目したい。

release date 2021.08.30

ニュースコメント

comment

仮想通貨規制整備に向けた取り組みを進捗させる各国当局


世界各国当局が、仮想通貨規制整備に向けた取り組みを進捗させている。例えば米国では、米通貨監督庁(OCC)及び米証券取引委員会(SEC)が、法定通貨に価値を裏付けされたステーブルコインに関するガイダンスを発行し、同国内の銀行にデューデリジェンスやリスク評価の実施を求めている。また、米財務省(US Treasury Department)のジャネット・イエレン長官や、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長などが、ステーブルコイン規制の必要性を強調している状況だ。他方で、オフショア市場のバヌアツはデジタル資産関連の規制枠組みを新たに導入したことにより、同国の金融ライセンスで仮想通貨を始めとするデジタル資産関連の投資サービスの提供ができるようになった。これを受け、FBSが仮想通貨口座をリリースし、100種類以上の仮想通貨ペアの取り扱いを開始している。世界各国で仮想通貨市場を規制する動きが活発化する中、柔軟性の高い規制枠組みの下で市場が活性化することに今後も期待したい。


Date

作成日

 : 2021.08.30

Update

最終更新

 : 2021.12.03

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

Bybitが国内銀行振込手数料無料キャンペーンを実施

Bybit(バイビット)は11月8日より、「国内銀行振込」での日本円での仮想通貨の購入に際して手数料無料のキャンペーンを開始しました。期間限定のキャンペーンで、12月8日午後2時30分(日本時間)まで開催されるということです。
update2021.11.12 21:00

Bybitが遂に「柴犬コイン(SHIB)」の取り扱いを開始

2021年10月21日より、仮想通貨取引所Bybitのデリバティブ取引で通貨ペア「SHIB1000/USDT」の取引が開始されました。この記事では、これに加えて、柴犬コインとその他6つの新たに取り扱いが始まった通貨について解説しています。
update2021.10.28 21:00

メタバース銘柄「REAL」がBybitローンチパッドに登場!

2021年12月2日、Bybitがローンチパッド第6弾の開催を発表しました。今回のトークンは、Solana初のメタバース「Realy Metaverse」で使用されるトークン「REAL」です。
update2021.12.06 21:00

Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

2021年11月25日、Bybitがローンチパッド第5弾の開催を発表しました。今回のトークンは、分散型取引所(DEX)の「Symbiosis Finance」で使用されるSISです。
update2021.11.26 21:00

シンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)がBybitの積立ステーキングに新登場

2021年12月2日、Bybitはシンボル(XYM)とジャスミー(JASMY)を積立ステーキング(預け入れるだけで毎日仮想通貨をもらえるサービス)に採用しました。
update2021.12.07 21:00

Binanceがポルカドットのパラチェーンスロットオークションに対応

ポルカドット(DOT)がスロットオークションを開催しています。バイナンス(Binance)経由で参加するとメリットが大きいので、DOTスロットオークションとは何か、参加するにはどうすれば良いのかについて確認しましょう。
update2021.11.18 20:00

【特集】Bybitで注目のクラウドマイニングを徹底解説!

今、大手仮想通貨取引所であるBybit(バイビット)が注目されていることをご存知でしょうか。 Bybitは、2018年3月に設立された仮想通貨取引所で、日本を含め世界130ヵ国以上にサービスを展開しています。
update2021.10.20 20:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンをBybit・Gate.ioで購入する方法

「BitDAO」のガバナンストークンとして、注目を集めているBITトークンは、BybitやGate.ioなどの取引所で購入できます。
update2021.12.03 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する