Select Language

TikTok、仮想通貨関連のコンテンツおよび広告を禁止

  1. HOME
  2. マーケット情報・ナレッジベース
  3. 世界のFXニュース
  4. TikTok、仮想通貨関連のコンテンツおよび広告を禁止

世界のFXニュース

TikTok、仮想通貨関連のコンテンツおよび広告を禁止

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.09.02 11:10
TikTok、仮想通貨関連のコンテンツおよび広告を禁止

update 2021.09.02 11:10

若年層を中心としたユーザーが被害を被ることを懸念

中国のByteDanceが展開する大手SNSのTikTokが、仮想通貨(暗号資産)を含む全ての金融商品やサービスを宣伝するコンテンツおよび広告を禁止したことが明らかになった。[1]

今回、TikTokはブランドコンテンツポリシーを改定し、現金の貸付や管理、ローンやクレジットカード、取引プラットフォーム、FX、ねずみ講、投資サービスと並んで、仮想通貨を禁止リストの一覧に追加したという。加えて、TikTokは広告ポリシーの中で米国と英国を始めとする多くの国で仮想通貨関連の広告を禁止すると同時に、韓国では仮想通貨アドバイザリーサービスなども含めて禁止している。TikTokは若年層を中心としたユーザーが誤った情報から被害を被ることを懸念し、この様な措置を講じることを決定したという。

英ファイナンシャルプランニング会社のInformed Choiceでクライアント教育の責任者を務めるマーティン・バンフォード氏は、これに関して次のようにコメントしている。

TikTokの措置は、例えば、アフィリエイトリンクから取引プラットフォームへの登録を誘導するような直接または間接的にスポンサーされたコンテンツを制限することになるでしょう。TikTokにはこのようなブランドコンテンツが大量に存在します。投稿者の多くは、十分な情報を与えずに利益を強調してフォロワーを誘惑し、アフィリエイトリンクを介して登録するユーザーからお金を稼いでいるのです。

Martin Bamford, Head of Client Education at Informed Choice - FT Advisor - より引用

今年4月には、米電気自動車メーカーのテスラ(Tesla)でCEOを務めるイーロン・マスク氏および実業家のマーク・キューバン氏によるツイートを受けてドージコイン価格が高騰するなど、SNSは仮想通貨コミュニティに対して強い影響力を持っていると言える。このような状況下で、TikTokの禁止措置がどのような変化をもたらすのか、今後も仮想通貨市場での展開を見守っていきたい。

release date 2021.07.13

出典元:

  1. TikTok(ブランドコンテンツポリシー)

    https://support.tiktok.com/en/business-and-creator/creator-and-business-accounts/branded-content-policy

    TikTok(広告ポリシー)

    https://ads.tiktok.com/help/article?aid=9550

ニュースコメント

comment

依然として後を絶たない仮想通貨の投資詐欺


世界各国の規制や取り締まりの強化を背景に、仮想通貨市場の安全性や透明性は飛躍的に向上しているが、依然として投資詐欺の報告が後を絶たない。日本では金融庁や消費者庁が仮想通貨関連トラブルに注意喚起を促しているにもかかわらず、今月12日には60億円規模の投資詐欺の疑いで逮捕者が出ている。一方、米国では仮想通貨を用いた投資詐欺が昨年だけで8万件を超えたことが明らかになっている。英仮想通貨分析企業のEllipticによると、2009年から2021年の間で、米当局に仮想通貨関連の投資詐欺で摘発された事件の罰金総額は9億2,300万ドルに達しており、全体の4割程度を占めているという。NASAAが投資家に脅威を及ぼす金融商品リストに仮想通貨を追加して注意を促すなど、関連団体も投資詐欺の撲滅に尽力しているが、仮想通貨を取り巻く環境はどのように変化していくのか、今後も同市場での動きに注目していきたい。


Date

作成日

 : 2021.07.13

Update

最終更新

 : 2021.09.02

著者情報

Zero(ゼロ) | Zero

金融ライター

arw
Zero

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、仮想通貨およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

関連記事

アクセスランキング

MetaQuotes、新規顧客へのMT4の提供廃止

ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.【以下、MetaQuotesと称す】は、新規顧客に対する、MetaTrader 4【以下、MT4と称す】の提供廃止を発表した。
update2018.01.12 12:05

BITトークン、SushiSwapのファーミング報酬として配布

BitDAOは8月31日、同日から最大180日間に渡って、最大3,400万BITトークンが分散型取引所(DEX)SushiSwapのファーミング報酬に割り当てられると発表しました。ファーミングとは、仮想通貨をレンディングやステーキングすることで報酬を得る行為を指します。
update2021.09.03 18:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

GMO、INXの取引プラットフォームを介してGYENを提供

GMOインターネット株式会社【以下、GMOと称す】の米子会社であるGMO-Z.com Trust Company, Inc.【以下、GMO Trustと称す】は、INX Limited【以下、INXと称す】が運用するブロックチェーンベースの取引プラットフォームを介して、世界初となる日本円と連動するステーブルコインであるGMO Japanese Yen【以下、GYENと称す】を提供すると発表した。
update2021.06.07 15:12

BitDAOがIDO開始!SNSでも話題に

仮想通貨デリバティブの取引高が世界第6位を誇るBybitが支援する自立分散型組織(DAO)、「BitDAO」のIDO(新規DEX公開)が2021年8月16日に開始されました。
update2021.08.23 10:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

NYオプションカット情報(4月9日)

米国証券保管振替機関(DTCC)によると、日本時間4月10日午前0時(米国東部標準時4月9日午前10時)に期限を迎えるオプション取引の数量は下記の通り。本日は、ユーロドル、ドル円、米ドルカナダドル、NZドル米ドルに10億通貨を超える大口のオプション取引がある。
update2021.04.09 15:44

ユーロリアルタイムオーダー=1.1800ドル OP本日NYカット大きめほか

1.2000ドル OP30日NYカット1.1940ドル 売り1.1925ドル OP23日NYカット1.1900-10ドル 断続的に売り(1.1900ドル OP28・30日NYカット)1.1890ドル OP28日NYカット1.1880ドル 売...
update2021.07.23 18:11

ドル円リアルタイムオーダー=108.60-90円 断続的に売り

110.00円 売り109.90円 OP22日NYカット109.70円 売り109.50円 売り109.10-20円 断続的に売り109.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い小さめ108.60-90円 断続的に売り108.40円 4/...
update2021.04.20 21:08

BitDAO、Bybitから約4,720万ドルの資金提供を受ける

世界最大の仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引所Bybitが支援する自律分散型組織(Decentralized Autonomous Organization, DAO)のBitDAOが、同取引所から約4,720万ドルの資金提供を受けたことが明らかになった。
update2021.08.11 14:20
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する