Select Language

三井住友銀行、フィンテック企業OakNorthの株式取得

三井住友銀行、フィンテック企業OakNorthの株式取得

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:31
三井住友銀行、フィンテック企業OakNorthの株式取得

update 2021.08.31 15:31

クレジット分析モデルを活用した融資業務の高度化を推進

株式会社三井住友銀行(本社:東京都千代田区丸の内1-1-2[1])は、英国・ロンドンを拠点とするフィンテック企業のOakNorth Holdings Limited(本社:57 Broadwick Street, London W1F 9QS, UK[2])【以下、OakNorthと称す】と業務協働を進めるべく、3,000万ドル相当の同社株式を取得したことを発表した。[3]

2015年に創業したOakNorthは、債務者の地理的条件及び業界に関連したデータや競合関係を分析し、融資タイミングや注意を要する債務者を貸し手に通知する他、規制レポーティングの作成をサポートするサービスを手掛けている。同社は三井住友銀行の他に、ソフトバンクやClermont Group、Coltraneなどから10億ドル以上の資金を調達しているという。

今回の株式取得及び業務提携を通じて、三井住友銀行はOakNorthが有するクレジット分析モデルを活用し、米国やアジア市場において融資の高度化や貸出資産モニタリングの効率化を図る方針だ。

株式取得に際し、三井住友フィナンシャルグループのCFO兼CSOを務める中島達氏は以下のようにコメントしている。

今後の業務協働を前提としたOakNorthの株式取得を通じ、当行はインドネシアを始めとする戦略的市場において、ビッグデータやAIを活用し、企業向け融資分野で新たな付加価値の創出に努めて参ります。

Toru Nakashima, Group CFO and CSO of Sumitomo Mitsui Financial Group - Finextraより引用

尚、三井住友銀行はKxの次世代e-FXプラットフォームを活用し、FX分野においてもサービスの改善を図っている。そして今回、同行はOakNorthと提携し、融資の高度化や資産モニタリングの効率化を実現することで、更なる顧客リーチの拡大が期待できそうだ。

release date 2020.11.19

出典元:

ニュースコメント

デジタル化を加速させる伝統的金融機関

テクノロジーが大きく進化する中、三井住友銀行は既存ビジネスの抜本的な効率化や収益拡大を図るべく、デジタル化を強力に推進している。OakNorthとの業務提携に先立ち、2020年5月に三井住友FGはSBIと提携し、デジタル領域でのサービス強化を進めている。また、同行はシリコンバレーのスタートアップ企業の発掘を担うSMFGシリコンバレー・デジタルイノベーションラボを設置した他、AML(アンチマネーロンダリング)対策としてAIを活用した業務効率化を図るなど、デジタル化をより加速させる様々な取り組みを実践している。他方で、金融業界では既存のプレーヤーに加え、新興フィンテック企業やチャレンジャーバンクとの顧客獲得競争が激化しており、他の伝統的金融機関も革新的なソリューションの提供に向けてデジタル化を推進している状況だ。直近では、スタンダードチャータード銀行がAWSと提携し、新たなデジタルバンキングサービスの提供を模索している。提携戦略を通じてデジタル化を推進する三井住友銀行が、顧客基盤の維持・拡大に向けて如何なるソリューションを提供するか注目したい。


Date

作成日

 : 2020.11.19

Update

最終更新

 : 2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

MT4は段階的に廃止へ!MT5への移行は進むのか?

今回は、MT5への移行状況をメタクォーツ社の動向と、MT5の導入する海外FX業者をもとに解説していきます。
update2022.05.31 20:30

Bybitのローンチパッドに仮想通貨PUMLxが登場!Move-to-Earnのトークン

Bybitは、ローンチパッドでの仮想通貨「PUMLx」配布を発表しました。PUMLxとは、Move to Earnプラットフォーム「PUMLx」で獲得できる独自仮想通貨です。2022年10月7日午後9時にBybitに上場予定です。
update2022.09.30 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00

FXGTが賞金総額1,000万円のトレード大会を開催!

2022年9月5日、海外FX業者のFXGTが、賞金総額1,000万円のトレード大会を開催することを発表しました。1ヵ月間の投資収益率を競い、順位に応じた賞金を授与。1位のトレーダーには賞金として400万円が授与されます。
update2022.09.06 21:00

【9月30日更新】Bybitステーキングとは?積立と定期で運用可能

Bybitステーキングには、積立ステーキングと定期ステーキングの2種類があります。積立ステーキングはいつでも引き出せること、定期ステーキングは利率が高いことが特徴です。
update2022.06.10 20:00

【SNSで話題】MT4/MT5がApp Storeから削除に!ロシアの制裁の影響?

2022年9月24日、App StoreでMetatraderの取り扱いが停止されました。ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁との関連を指摘する声もあり、一部で不安が広がっている模様です。
update2022.09.26 21:00

人気Move to EarnゲームSTEPNのGSTが価格低迷!その理由や将来性は?

日本でも人気となっているMove to Earnゲームの「STEPN」で、報酬として利用されている仮想通貨(暗号資産)のGSTが暴落しています。中国でのサービス停止の影響を受けたとされています。今回は、STEPNを既にプレイしている、関心があるという方に向けて、GSTの価格低迷の要因と将来性について解説します。
update2022.06.07 21:00

Bybitがクレジットカード手数料無料キャンペーンを開催!USDCが対象

9月1日から1か月間、BybitではクレジットカードでのUSDC購入時、手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。普段は手数料が割高なクレジットカード購入ですが、今ならお得に行えます。
update2022.09.06 20:40

仮想通貨SWEATの将来性|Sweatcoinは新しいMove to Earnとの期待も

Sweatcoinが発行する仮想通貨SWEATは、その将来性という面で注目されています。外部企業からの広告収益を得られるモデルであるなど、Sweatcoinは、STEPNなどの従来のMove to Earnとは異なる側面を持ちます。
update2022.09.21 21:00

Bybitのボーナスとは?使い方やクーポンとの違いを解説

Bybitでは様々なキャンペーンが開催されており、「ボーナス」や「クーポン」が配布されることがあります。そこで、この2つのサービス内容と違いを紹介します。
update2022.05.23 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル