Select Language

Kx、三井住友銀行に次世代e-FXプラットフォームを提供

Kx、三井住友銀行に次世代e-FXプラットフォームを提供

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:29
Kx、三井住友銀行に次世代e-FXプラットフォームを提供

update 2021.08.31 15:29

タイトなスプレッドと豊富な流動性及び約定率の向上などに寄与

First Derivatives傘下のグローバルテクノロジープロバイダーであるKx(本社:3 Canal Quay, Newry, BT35 6BP N.Ireland[1])は、三井住友銀行(本社:東京都千代田区丸の内1-1-2[2])に次世代e-FXプラットフォームの構築及び運用業者として選定されたことを発表した。[3]

Kxの取引プラットフォームは、Kx for Flow、Algo Risk Management、FX Analyticsの3つの機能から構成されており、FX関連サービスの改善を通じて、顧客リーチの拡大を図ることが期待できるとのことだ。同社は三井住友銀行と複数年契約を締結し、電子取引や流動性供給、アルゴリズム取引、リスクマネジメント機能に加え、リアルタイム及び取引前後の分析情報の提供を行う意向である。現在、三井住友銀行は、同プラットフォーム運用の第一段階にあり、従来よりもタイトなスプレッドと豊富な流動性及び約定率の向上を実現させているという。Kxは、今後も同社の取引プラットフォームと、三井住友銀行のFXエコシステムとの統合を推し進める方針だ。

取引プラットフォームの選定に際し、KxのチーフコマーシャルオフィサーであるPatrick Brazel氏と三井住友銀行の上席推進役である矢野克彦氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

Kxは、当行の既存システムとの統合を容易に行い、e-FX取引の拡大を図るうえで基盤となる、柔軟でスケーラブル且つ高機能なテクノロジーを提供しております。そのため当行が同社を選定したことは、合理的な判断であったと考えております。日本における確固たるプレゼンスとグローバルリーチをもとに、Kxの柔軟性の高い取引プラットフォームを活用することで、当行とお客様にとって数多くのビジネスチャンスを得ることができるでしょう。

Katsuhiko Yano, Joint General Manager, Global Markets Engineering at Sumitomo Mitsui Banking Corporation - Kxより引用

今回、三井住友銀行に我が社をパートナーとして選定して頂けたことを大変喜ばしく思っております。世界をリードするテクノロジーを基にした、我々のe-FX取引ソリューションは、長年にわたるFX分野の専門性を活用した高度な機能を搭載しております。このサービスを活用することで、お客様に大きなメリットをもたらすと共に、我が社がe-FX取引市場の有力テクノロジープロバイダーとしての地位を確立できると考えております。

Patrick Brazel, Chief Commercial Officer of Kx - Kxより引用

Kxは、高い専門性を誇るテクノロジーを活用し、投資家にとって快適な取引環境を提供することで、更なる顧客利用の拡大が期待できそうだ。

release date 2020.02.03

出典元:

ニュースコメント

取引プラットフォームの改良を推進させる海外FXブローカー

ESMAやCySEC、ASICなどグローバル当局が規制を強化するなか、以前にも増して海外FXブローカー各社間の顧客獲得競争は熾烈を極めている。このような市場環境下において、取引プラットフォーム機能を改善することは、競合他社と差別化を図り、顧客エンゲージメントの拡大を目指すうえで非常に重要なポイントになっている。そのため、足元でも数多くの海外FXブローカーが、新たな取引プラットフォームの導入や、既存のプラットフォームの機能改善を推進させている状況だ。例えば、INFINOXがIXOをリリースしたほか、IS PrimeがPelicanと提携し、自社の取引プラットフォームにコピートレード機能を統合した。また、OANDAジャパンはMT5をリリースし、かねてからの顧客の要望に的確に対応している模様だ。今後も、海外FXブローカー各社が、投資家の満足度向上に繋がる革新的な取引プラットフォームを開発することを期待したい。


Date

作成日

 : 2020.02.03

Update

最終更新

 : 2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル