Select Language

Kraken、トラフィック急増でサービスが一時停止

Kraken、トラフィック急増でサービスが一時停止

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:31
Kraken、トラフィック急増でサービスが一時停止

update 2021.08.31 15:31

ビットコイン価格の高騰がアクセスの集中を招く

米国の大手仮想通貨取引所であるKraken(クラーケン)は、同取引所のウェブサイトおよびAPI、モバイルアプリへの接続に問題が生じていることを報告した。[1]

この接続性の問題は、仮想通貨購入ツールを利用した支払いだけでなくウェブサイトやモバイルアプリを介したカード決済にも影響を及ぼしているという。これに対してKrakenは大量のトラフィックが流入したことが原因だと考えており、トランザクションとユーザーボリュームの急増がサーバーの停止を誘発した可能性を示唆した。Krakenは問題解決に取り組むことを伝えた数時間後、原因を特定して修正を施したと報告している。

先日、競合のコインベースもウェブサイトへのアクセス障害によって約2時間のサービス停止に見舞われた。この件でコインベースは機会損失を被ったユーザーに謝罪したが、取引を実行できなかった者が不満を抱いているようだ。今年5月にもビットコイン(Bitcoin)の半減期を背景に、コインベースとKrakenは接続障害でサービスを一時停止しており、今回と同様にユーザーの取引機会をふいにしている。

ビットコイン価格が2万ドルを目指す動きを見せる中、多くの取引所がDDoS攻撃(複数のコンピューターから標的のサーバーに大量の処理負荷を与えることでサービス停止状態へ追い込む手法)と同じようなトラフィックの急増に苦しめられている状況だ。仮想通貨市場における取引インフラの可用性の低さが浮き彫りとなっているが、各取引所はどのような対策をとるのか、今後も業界の動向を見守っていきたい。

release date 2020.11.19

出典元:

ニュースコメント

仮想通貨市場でCEXからDEXへの移行が加速

これまで仮想通貨取引において、中央集権型取引所(Centralized Exchange)【以下、CEXと称す】がアクセスポイントとしての役割を果たしてきたが、セキュリティやシステムの可用性などのメリットから、ユーザーが分散型取引所(Decentralized Exchange)【以下、DEXと称す】に移行しつつあるようだ。仮想通貨情報サイトであるCoinGeckoのレポートによると、今年7月だけでDEXは取引高が26億ドルも増加しており、CEXの成長率を追い抜いてマーケットシェアを奪い始めているという。実際に韓国の大手取引所であるビッサムがDEXの設立で世界進出を狙っているのに加え、バイナンスもBinance DEXの拡大を試みている。大手取引所が相次いでシステム障害に見舞われており、DEXに対する期待が高まってきているが、仮想通貨市場を取り巻く環境はどのように変化していくのか、今後もその動きに注目していきたい。


Date

作成日

 : 2020.11.19

Update

最終更新

 : 2021.08.31

Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。
大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。
金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。
投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル