Select Language

スタンダードチャータード銀行、AWSと提携

スタンダードチャータード銀行、AWSと提携

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:31
スタンダードチャータード銀行、AWSと提携

update 2021.08.31 15:31

新たなデジタルバンキングサービスの提供を模索

英国・ロンドンを拠点とする大手金融機関のStandard Chartered Bank(本社:1 Basinghall Avenue, London, EC2V 5DD[1])【以下、スタンダードチャータード銀行と称す】は、信頼性と安全性の高い環境下においてデジタルバンキングサービスを提供すべく、Amazon.com傘下のAmazon Web Services, Inc.【以下、AWSと称す】と5年にわたるパートナーシップ契約を締結したことを発表した。[2]

2006年に創業したAWSは、ストレージやデータベース、ネットワーキング、AI、アプリ開発といった175種類以上のサービスを提供し、世界中で最も人気の高いクラウドプラットフォームとなっている。今回の提携を通じて、スタンダードチャータード銀行はAWSの広範なサービスを活用し、個人及び法人を対象としたデジタルバンキングサービスを推進するという。また、同行はAWSの多様なプラットフォーム上にて新たなアプリの開発を進め、世界60か国以上でパーソナライズドバンキングサービスの強化も図るとのことだ。

両社の提携に際し、スタンダードチャータード銀行のCIOを務めるMichael Gorriz氏と同行のクラウドトランスフォーメーション部門CTOを務めるBhupendra Warathe氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

AWSと継続的に協働することは、我が行のデジタルトランスフォーメーション戦略の中核となるイノベーションや、安全性にコミットしていることを示すものであります。我々はクラウドベースのインフラを活用し、最高水準の安全性やプライバシーの確保及びコンプライアンスの遵守を通じて、業務の効率化とシステムの強靭性を高めていく意向であります。我が行は長期・戦略的なクラウドプロバイダーとしてAWSと提携することを喜ばしく思うと共に、同社の広範なクラウドサービスを活用し、安全なクラウドソリューションを提供していきたいと考えております。

Michael Gorriz, Group Chief Information Officer at Standard Chartered - Standard Charteredより引用

クラウドファーストなアプローチを採用することで、バーチャルバンキングや次世代型決済、オープンバンキング、バンキング・アズ・ア・サービス(Banking as a Service, BaaS)といった先進的なソリューションを提供することができるようになるでしょう。当行は既に基幹システムやeBBS、グローバル決済システム、SC Pay、Moxやnexusといった新たなデジタルバンキングサービスなど、多岐にわたる主要アプリがクラウドネイティブなシステムとなっております。

Bhupendra Warathe, Chief Technology Officer, Cloud Transformation at Standard Chartered - Standard Charteredより引用

クラウドベースのサービスを提供することの重要性が増す中、スタンダードチャータード銀行は、AWSと連携して次世代型の金融サービスを開発する計画だ。

release date 2020.11.16

出典元:

ニュースコメント

デジタルトランスフォーメーションを推進するスタンダードチャータード銀行

テクノロジーの進化や顧客ニーズの変化に伴い、金融業界ではビジネスモデルの転換が求められている。このような市場環境下において、スタンダードチャータード銀行は強力にデジタルトランスフォーメーションを推進している。AWSとの提携に先立ち、スタンダードチャータード銀行はマイクロソフトと提携し、2025年までに基幹システムを同社のAzureに移行する共に、AIやデータ分析機能を活用して銀行業務の自動化を図る方針を示した。また、同行は積極的な買収や提携を通じて、外部企業の優れたテクノロジーを活用したソリューションの提供を試みている状況だ。例えば、スタンダードチャータード銀行は24 Exchange株を取得した他、スタンダードチャータード銀行はCobaltのインフラを採用し、サービスレベルの向上を図っている。そして今回、同行が高機能で高い安全性を誇るサービスを提供するAWSと提携することで、金融業界のスタンダードを一変するような革新的なデジタルバンキングソリューションを提供することに期待したい。


Date

作成日

 : 2020.11.16

Update

最終更新

 : 2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Binanceのローンチパッドに仮想通貨HOOKが登場!参加方法を解説

Binanceはローンチパッドでの仮想通貨「HOOK」配布を発表しました。HOOKは、Web3の普及を目指して学習コンテンツなどを提供する「Hooked Protocol」の独自仮想通貨です。
update2022.11.25 21:00

メタマスクがユーザーデータ収集へ、リスクとその対策について解説

分散型ウォレットのメタマスクがユーザーデータを収集します。当記事では、メタマスクに加えられる変更の詳細や利用する上でのリスクなどを解説します。
update2022.11.28 21:00

ジャスミーコインがさらに下落!「詐欺」疑惑から現在の評判まで

2022年10月、ジャスミーコインのさらなる下落を受けて、Twitterでは失望の声や上昇を期待する声が見られます。詐欺であるとのSNS投稿でも注目を集めたジャスミーコインですが、いったい何が起こっているのでしょうか。
update2022.10.21 21:00

IS6FX、ボーナスが現金に変わるEX口座を100口座限定でリリース

海外FX業者のIS6FXが、100口座限定でEX口座をリリースすることを発表しました。EX口座では取引条件をクリアすることで、今まで証拠金としてしか使えなかったボーナスを現金に換金(エクスチェンジ)することができ、取引損失額を抑えた効率的な資産運用ができます。
update2022.10.21 19:00

TradingViewの日本語デスクトップ版が利用可能!ブラウザ版との違いは?

高機能なチャート分析ツールとして知名度があるTradingViewは2020年12月15日、PC版デスクトップアプリをリリースしました。TradingViewデスクトップ版アプリは、2022年6月現在、日本語版表示も可能です。
update2022.06.27 20:00

アービトラム(Arbitrum)とは?特徴やメタマスクへの追加方法を紹介

アービトラム(Arbitrum)は、イーサリアムのガス代高騰問題解決のために開発されたブロックチェーンです。当記事では、特徴やメタマスクでの使い方を紹介します。
update2022.10.27 20:00

イーサリアム2.0のステーキング報酬は何%?参加報酬やリスクも紹介

イーサリアム(ETH)2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が増加しており、約1,500万ETH(2.8兆円相当)になりました。ステーキング報酬は魅力的なのでしょうか。リスクはないのでしょうか。
update2022.10.14 21:00

SoulBound Token(SBT)とは?使用例やBinanceのBABトークンを解説

バイナンスが、 SoulBound Token(SBT)を導入しました。バイナンス版SBTの名称は、「Binance Account Bound Token」(BAB)です。どんな機能があるのでしょうか。SoulBound Token(SBT)は、デジタルIDとして機能するNFTであり、新しいNFTとして注目を集めています。2022年9月には、Binance(バイナンス)が独自のSoulBound TokenのBABトークン導入を発表しました。
update2022.09.13 20:00

Astar Network(ASTR)とは?ステーキングで増やしながらプロジェクトを応援

仮想通貨ASTRは、渡辺創太氏らが主導する「Astar Network」のネイティブトークンです。当記事ではASTRの特徴やステーキングのやり方を紹介します。
update2022.10.11 21:00

DAOではない?ZOZO創業者前澤氏の「MZ DAO」とは

ZOZO創業者の前澤友作氏が、「MZ DAO」(エムズィーダオ)の設立を発表しました。MZ DAOとは何か、参加するとどんな特典があるのか、そもそもDAOと言えるのか?について紹介します。
update2022.08.02 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル