Select Language

Marex Spectron、X-Change Financial Accessを買収

世界のFXニュース

Marex Spectron、X-Change Financial Accessを買収

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:31
Marex Spectron、X-Change Financial Accessを買収

update 2021.08.31 15:31

北米市場でのプレゼンス拡大を模索

英国・ロンドンを拠点とするグローバルコモディティブローカーであるMarex Spectron Group Ltd(本社:Level Five 155 Bishopsgate London EC2M 3TQ[1])【以下、Marex Spectronと称す】は11月11日、米国・シカゴを拠点とする上場デリバティブ執行ブローカーであるX-Change Financial Access【以下、XFAと称す】を買収することを発表した。[2]

2001年に創業したXFAは、本拠地のシカゴに加えてニューヨークとサンフランシスコに拠点を設け、市場データや先物注文の執行及びDMA(Direct Market Access、取引所に直接注文を出す形態)方式の取引サービスを提供している。2019年第1四半期から第3四半期までの間に、同社はS&P500を対象としたオプション取引高全体の50%以上を取り扱うほどまでに急成長を遂げているという。Marex Spectronは買収を通じて商品ラインナップの拡充を図り、北米市場でのプレゼンス拡大を図るとのことだ。尚、今回の買収手続きは2020年11月13日に完了する見通しである。

買収に際し、Marex Spectronの最高経営責任者を務めるIan Lowitt氏は以下のようにコメントしている。

XFAが我が社に加わることを非常に喜ばしく思っております。急成長する北米市場でのプレゼンス拡大を目指し、商品・サービスの拡充を図る上で、同社は最適な企業と言えるでしょう。今回の買収を通じて、我が社は清算サービスを含む様々な商品をクロスセリングすることができる他、XFAのサービス拡充をサポートすることも可能となります。同社は豊富な経験と優れたブランドに加え、多岐にわたる商品群において高い市場シェアを有し、驚異的なトラックレコードを誇っております。我々は優れたチームや洗練された顧客、傑出したトレーディング及びサポート機能、経験豊富な経営陣を迎え入れることができます。

Ian Lowitt, Chief Executive of Marex Spectron - Marex Spectronより引用

Marex Spectronは目覚ましい成長を遂げているXFAを買収することで、更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

release date 2020.11.13

出典元:

ニュースコメント

組織体制を刷新し北米市場の深耕を図るMarex Spectron

Marex Spectronは、積極的なM&A(企業の合併・買収)を通じた業容拡大を目指している。2019年1月にMarex SpectronはCSC Commoditiesを買収した他、同年2月にMarex SpectronはRCGを買収するなど、グローバルベースで顧客基盤の拡大を図っている。足元において同社はM&Aに加え、組織の刷新を通じて急成長する北米市場の開拓を推し進めている状況だ。Marex Spectronは2020年7月、XFAの買収に先立ち、JPモルガンチェースやゴールドマンサックスなど、ウォール街での豊富な経験を有するRam Vittal氏を北米子会社のCEOに任命した。Vittal氏はXFAとRCGに加え、ニューヨークやヒューストン、コネティカット、カルガリーを拠点とするMarex Spectron北米子会社の金属・エネルギー・農業ブローカレッジチームを率いることになるという。また、同社はPhillip Price氏を鉄鋼取引部門ヘッドとして迎え入れている。更に、Marex Spectronは新決済プラットフォームをリリースし、サービス強化にも余念がない。同社が新たな組織体制の下、北米市場の深耕に向けて買収した各企業と如何なるシナジーを発揮していくか注目したい。


Date

作成日

 : 2020.11.13

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

BITトークン、SushiSwapのファーミング報酬として配布

BitDAOは8月31日、同日から最大180日間に渡って、最大3,400万BITトークンが分散型取引所(DEX)SushiSwapのファーミング報酬に割り当てられると発表しました。ファーミングとは、仮想通貨をレンディングやステーキングすることで報酬を得る行為を指します。
update2021.09.03 18:00

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

2021年11月25日、Bybitがローンチパッド第5弾の開催を発表しました。今回のトークンは、分散型取引所(DEX)の「Symbiosis Finance」で使用されるSISです。
update2021.11.26 21:00

仮想通貨ネム&シンボルがハードフォーク実施へ、その内容と価格への影響を解説

2021年11月、ネム(NEM)とシンボル(Symbol)がハードフォークする予定です。そこで、ネムとシンボルとはどのような仮想通貨でハードフォークの目的は何なのか、その後の運用体制等はどうなるのかについて確認します。
update2021.11.12 22:00

Bybitが遂に「柴犬コイン(SHIB)」の取り扱いを開始

2021年10月21日より、仮想通貨取引所Bybitのデリバティブ取引で通貨ペア「SHIB1000/USDT」の取引が開始されました。この記事では、これに加えて、柴犬コインとその他6つの新たに取り扱いが始まった通貨について解説しています。
update2021.10.28 21:00

Bybitが国内銀行振込手数料無料キャンペーンを実施

Bybit(バイビット)は11月8日より、「国内銀行振込」での日本円での仮想通貨の購入に際して手数料無料のキャンペーンを開始しました。期間限定のキャンペーンで、12月8日午後2時30分(日本時間)まで開催されるということです。
update2021.11.12 21:00

Bybitがスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)とシンボル(XYM)の上場を発表

2021年11月、Bybit(バイビット)でスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)のデリバティブ取引と、シンボル(XYM)の現物取引が可能となりました。
update2021.11.26 20:00

Bybitがローンチパッド第2弾を開催!BITの保有量に応じてCBXを配布

Bybitが2021年10月25日、Bybitに上場予定の通貨を先行して配布するローンチパッドの第2弾を開催することを発表しました。「CropBytes」という農場ゲームで使われるトークン、CBXです。
update2021.10.26 21:00

Binanceがポルカドットのパラチェーンスロットオークションに対応

ポルカドット(DOT)がスロットオークションを開催しています。バイナンス(Binance)経由で参加するとメリットが大きいので、DOTスロットオークションとは何か、参加するにはどうすれば良いのかについて確認しましょう。
update2021.11.18 20:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する