Select Language

CME、分析ツールFX Market Profileをリリース

世界のFXニュース

CME、分析ツールFX Market Profileをリリース

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:33
CME、分析ツールFX Market Profileをリリース

update 2021.08.31 15:33

取引の透明性向上や新たな投資機会の創出に寄与

世界最大のデリバティブ取引所を運営するCME Group Inc.(本社:20 South Wacker Drive Chicago, Illinois 60606 USA[1])【以下、CMEと称す】は、単一スクリーン上で市場価格のモニタリングに加え、上場FX先物とスポットの流動性比較などが行えるFX分析ツールとしてFX Market Profileをリリースした。[2]

FX Market Profileは、CME傘下にて電子FX取引プラットフォームを提供するEBSのFX分析ツールである、クオンツアナリティクスプラットフォーム(Quant Analytics Platform)【以下、QAPと称す】を活用するという。QAPは、取引フロー及び執行効率に関する分析情報や、パフォーマンスベンチマークを提供している。同ツールをFX Market Profileと統合することで、ユーザーは取引情報やマーケットインパクト、トレードアルファ(取引の利益額)の計算といった情報データをストリーミングすることができるとのことだ。

11種類の通貨ペアに対応したFX Market Profileを活用するユーザーは、ヒストリカルな執行クオリティの分析や、リクイディティプロバイダー(流動性供給業者)の比較を実践することが可能になるという。これにより、FXトレーダーは自身の運用成績をCMEの上場FX先物やEBSのスポット市場と比較することで、各投資戦略における最良執行を実現することができるとのことだ。

新分析ツールのリリースに際し、CMEのFX商品部門マネージングディレクターを務めるPaul Houston氏とEBSのグローバルヘッドを務めるJeff Ward氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

EBSのスポット及び我が社の上場FX先物という最大規模を誇る2市場を、単一プラットフォーム上で同時に表示させることにより、両市場の流動性プールを補完することができるでしょう。

Paul Houston, Managing Director, FX Products at CME Group - CME Group Inc.より引用

リスク管理や取引執行の観点において、FX Market Profileは最良執行の実現に寄与する他、各市場における最適な取引時間や執行効率、スリッページ、マーケットインパクトの最小化に関する情報を提供することができます。

Jeff Ward, Global Head of EBS - CME Group Inc.より引用

CMEは、取引透明性の向上や新たな投資機会の創出に寄与するFX Market Profileをリリースしたことにより、更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

release date 2020.11.13

出典元:

ニュースコメント

FX分野に注力するCME

CMEはFX関連サービスの拡充を図っている。今回リリースしたFX Market Profile以外にも、同社は2020年9月にFXオプションボラティリティコンバーターを市場に投入し、顧客取引の活性化を模索している。同ツールはCMEのセントラルリミットオーダーブックからプライシングデータを抽出すると共に、期間やデルタに基づくボラティリティのグリッドポイントを作成し、主要なオプション通貨ペアのプライシング比較を可能にするという。他方で、グローバル顧客の獲得競争が激化する中、世界各国の取引所がFXを始めとする商品ラインナップの拡充を推し進めている状況だ。直近では、ICEフューチャーズ・アブダビがCTFCよりFBOT承認を取得し、米国を拠点とする投資家向けにマーバン原油(Murban Crude Oil)を原資産とする先物取引サービスを提供する計画である。また、10月のFX取引が大幅拡大したDGCXが、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルなどのローリング・フォワードを上場した他、SIXがテーマ型ETFを上場するなど、グローバル投資家を対象にしたサービスの拡充を図っている。FX分野に注力するCMEが、更なる顧客基盤の拡大に向けて如何なるソリューションを提供するか注目したい。


Date

作成日

 : 2020.11.13

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

BITトークンがBybitに上場へ!大規模イベント開催で値上がりか?

大手仮想通貨取引所Bybitが、9月28日にBITトークンを上場させる予定であることを発表しました。BITトークンは、Bybitが支援するBitDAOが発行したトークンで、いずれBybitに上場する可能性が濃厚だと噂されていました。しかし、Gate.ioなど、BITトークン発行後すぐに上場させた仮想通貨取引所から1ヶ月半ほど遅れての上場となりました。
update2021.09.21 20:00

Bybit、秋の3大感謝祭で最大800万BIT獲得のチャンス!

大手仮想通貨取引所Bybitは、9月28日に控えるBITトークンの上場に先立って、BITトークンの配布イベント「秋の3大感謝祭」を開催すると発表しました。秋の3大感謝祭では、3つのイベントが日本時間9月22日9:00から10月16日9:00にかけて順次開催されます。
update2021.09.22 20:00

Titan FXが3通貨・6ペアの仮想通貨銘柄を追加

Titan FX(タイタンFX)は2021年7月末に仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」「UNI(ユニスワップ)」「XTZ(テゾス)」のJPY・USD建て銘柄を追加しました。TitanFXが仮想通貨の取り扱いを開始した2021年6月から、わずか1ヶ月で早くもサービスを拡大したことになります。
update2021.09.30 20:00

Huobi、Banxaが提供する手数料無料の決済サービスを統合

大手仮想通貨取引所のHuobi(フォビ)は、オーストラリアの決済サービスプロバイダーであるBanxaの仮想通貨決済サービスを統合し、手数料無料で同取引所のプラットフォームから利用可能になったことを発表した。
update2020.10.16 13:00

bitwallet、GMOあおぞらネット銀行での入金取り扱いを停止

オンラインウォレットサービスのbitwallet(ビットウォレット)を運営するBitwallet Pte. Ltd.は、GMOあおぞらネット銀行との提携終了に伴い、2021年6月15日より同行のbitwallet口座への入金取り扱いを停止している。
update2021.06.21 14:09

BitDAOのデリゲート方法は?BITトークンの入手方法やホルダーができることも解説

現在注目を集めている自立分散型組織BitDAOでは、組織の運営方針をコミュニティのメンバーの投票で決定できます。投票には独自トークン「BIT」を保有している必要がありますが、それだけでは投票権を得ることができません。投票権を得るためには、トークン保有者のウォレットのアドレスが代表者権を任命される必要があります。
update2021.10.05 20:00

バイナンス、マイニング収益を最適化するSmart Poolサービスを開始

大手仮想通貨取引所のBinance【以下、バイナンスと称す】は、同社のマイニングプールであるBinance Poolでより高い収益性を確保するためのSmart Poolサービスを開始したことを発表した。
update2020.06.24 12:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する