Select Language

インド政府、新たな仮想通貨取引禁止法の導入を計画

世界のFXニュース

インド政府、新たな仮想通貨取引禁止法の導入を計画

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:33
インド政府、新たな仮想通貨取引禁止法の導入を計画

update 2021.08.31 15:33

最高裁の決定を覆して仮想通貨取引に厳罰を科す可能性

インドでは最高裁判所が仮想通貨取引の自由を認めているが、政府当局がそれを覆す形で仮想通貨取引を禁止する法律を導入しようと試みていることが明らかになった。[1]

報道によると、インド政府は過去に起草された法律を基に、ビットコイン(Bitcoin)など仮想通貨を保有した者に最大2億5,000万ルピー(360万ドル)の罰金と最大10年の懲役を科すことを検討しているという。最近、インド政府はシンクタンクに仮想通関連政策の調査を進めるよう依頼し、仮想通貨取引を禁止すべきだとの結論に至ったようだ。この案は議会で議論する前に閣内で再度検討されるようだが、仮想通貨取引の合法化を望むインドの仮想通貨コミュニティは失望を表している。

これまでインド政府は、仮想通貨への投資は異常に高いリターンを餌にするポンジスキームのようなものだと警告してきた。しかしながら、インド国内には仮想通貨市場へのアクセスを求める投資家やトレーダーが少なからず存在し、国外のP2P(ピア・ツー・ピア)プラットフォームや仮想通貨デリバティブ、Crypto-to-Cryptoの取引サービスを駆使して仮想通貨取引を継続する手段を模索しているようだ。今の所、インド政府およびインド中央銀行(Reserve Bank of India)【以下、RBIと称す】はP2Pプラットフォームを規制しておらず、それが抜け穴になっているという。

2018年、RBIは規制対象となる全ての企業に仮想通貨取引や決済、それをサポートするためのサービスを提供しないよう指示を行なった。これに対して最高裁判所はRBIによる規制を違憲としたが、インド政府は仮想通貨取引の禁止を強行するのか、今後も同国での動きを見守っていきたい。

release date 2020.09.17

出典元:

ニュースコメント

政府の思惑とは裏腹に拡大するインドの仮想通貨市場

仮想通貨の排除を試みるインドだが、世界第2位の人口を抱える同国の仮想通貨市場は世界的にも魅力的な市場となっている。最近では成長の機会を狙ってKrakenがインド市場での事業拡大に乗り出すことを決定するなど、国外の大手仮想通貨取引所が参入してきているという。これに加えて、OKExがCoinDCXと提携してDCXFuturesを含む取引サービスの立ち上げを行なっており、インドで仮想通貨デリバティブ市場の開拓に着手している状況だ。国内企業の動きとしては、大手ITコンサルティング企業であるInfosysがMatic Networkのステーキングプログラムにバリデータとして参加するなど、世界的な仮想通貨プロジェクトに関与する者も現れ始めている。仮想通貨コミュニティへの締め付けを強めるインド政府だが、国内仮想通貨市場の拡大をどのように見ているのか、今後も当局の動向に注目していきたい。


Date

作成日

 : 2020.09.17

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

Zero(ゼロ) | Zero

金融ライター

arw
Zero

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、仮想通貨およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

関連記事

アクセスランキング

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00

BITトークンがBybitに上場!トークン配布イベントも実施中

2021年9月28日、BybitにBITトークンが上場しました。上場したのは現物取引市場で、取引可能なペアはBIT/USDTです。BITトークンは、自立分散型組織(DAO)BitDAOのガバナンストークンです。
update2021.09.29 20:00

Bybitがローンチパッド第2弾を開催!BITの保有量に応じてCBXを配布

Bybitが2021年10月25日、Bybitに上場予定の通貨を先行して配布するローンチパッドの第2弾を開催することを発表しました。「CropBytes」という農場ゲームで使われるトークン、CBXです。
update2021.10.26 21:00

Bybitローンチプール第2弾の開催決定!Go to BITキャンペーンも同時開催

Bybitは、BITトークンを預け入れると追加のBITトークンを受け取ることができる、Bybitローンチプール第2弾の開催を決定しました。この記事では、Bybitローンチプールのキャンペーンや、同時開催されたGo to BITキャンペーンについて解説します。
update2021.10.14 21:00

BybitのCEOがBitDAOやBITトークンについて語る!今後の見通しは?

Bybit(バイビット)は9月16日、ユーザーからの質問に答えるセッションを初めて開催しました。BybitのCEOであるBen Zhou氏らが質問に答え、BitDAOやBITトークンについても情報が明らかにされました。
update2021.10.15 20:00

話題のDAO、BitDAOを徹底解説!参加するメリットは?

2021年6月、DAO(自立分散型組織)であるBitDAOが活動を開始しました。大手仮想通貨取引所のBybitが継続的に出資をしていることで、活動開始前から現在に至るまでSNS等で注目を集めています。
update2021.09.10 20:00

Binanceが「販売所」に39ペア追加!手軽さが魅力の「販売所」とは?

世界最大の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBinanceが、日本の仮想通貨取引所での「販売所」サービスにあたる「Convert & OTC Portal」に仮想通貨39ペアを新たに追加したと発表しました。
update2021.09.16 20:00

ESMA、リバース・ソリシテーションに係るガイドラインを公表

欧州証券市場監督局(The European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】は、リバース・ソリシテーション(投資家主導の販売活動)に係るガイドラインを公表した。
update2021.01.15 12:00

TradingView、MacOS対応デスクトップでアップルのM1をサポート

ウェブベースのチャート作成ツールを提供するTradingViewは5月19日、MacOS対応のデスクトッププラットフォームで、これまでのIntel【以下、インテルと称す】のアーキテクチャに加え、Apple【以下、アップルと称す】の M1プロセッサーをサポートしたことを発表した。
update2021.05.31 15:03

イーサリアム2.0におけるステーキング向けの預け入れ資産が急増!参加方法や報酬を解説

人気仮想通貨(暗号資産)イーサリアム(ETH)の次世代ブロックチェーンであるイーサリアム2.0において、ステーキング向けの預け入れ資産が急増しており、その額が約250億ドル相当の770万ETHを超えたことが明らかになりました。
update2021.09.28 20:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する