Select Language

Stake、英国でブローカレッジサービスを開始

Stake、英国でブローカレッジサービスを開始

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:33
Stake、英国でブローカレッジサービスを開始

update 2021.08.31 15:33

3,500種類以上の米国株式・ETFを提供する意向

オーストラリア・シドニーを拠点にデジタル証券取引プラットフォームを提供するStakeは2月12日、英国でブローカレッジサービスを開始したことを発表した。[1]

Stakeは、英国を拠点とする投資家向けに、3,500種類を超える米国株式やETFを提供していく意向とのことだ。同社は英国市場において、3段階のサービスプランを策定しており、投資初心者を惹きつけるべく、初めは取引手数料を無料とするという。

英国でのサービス開始に際し、Stakeの創業者CEOであるMatt Leibowitz氏は以下のようにコメントしている。

ブローカレッジサービスは依然として低迷しており、我々はサービスの質や活気を取り戻すべく、英国で事業を開始する決断を下しました。これからのブローカレッジサービスは、隠れたコストや不正行為、限定的な顧客管理サービスなどをなくし、迅速でシンプル且つダイレクトに米国市場へアクセスすることができなければならないでしょう。我が社は、オープンで健全且つ効率的なサービスを提供すべく、これらの制約を取り除いてきました。英国を拠点とする投資家は、米国の大企業やETFにダイレクトにアクセスする取引を望んでおり、顧客第一を徹底させる我々は、大切なお客様にそれらの商品を提供すべく努めて参りました。

Matt Leibowitz, founder and CEO of Stake - Finextraより引用

Stakeは、取引手数料を無くしマルチアセットクラスに対応した取引サービスを提供することで、ミレニアル世代から高い支持を得ており、グローバルに50,000人以上の顧客を抱えている使い勝手の良いアプリだ。2019年には、同社はDriveWealthと包括的なパートナー契約を締結し、南アメリカの投資家に対して、米国の金融資産を取引できるサービスを開始した。Stakeは向こう数か月の間に、他の欧州各国に事業進出する計画であるという。

伝統的な金融機関のみならず、有力フィンテック企業がひしめく英国市場において、Stakeがどれほど顧客基盤を拡大させることができるか今後も注目したい。

release date 2020.02.14

出典元:

ニュースコメント

ブレグジット後も高いプレゼンスを誇る英国金融市場

英国を拠点としていた一部の金融機関は、ブレグジット後の継続的なサービスの提供を確保すべく、フランクフルトなど他の欧州各国に本拠地を移転させる動きが見られていた。しかしながら、金融立国である英国のプレゼンスの高さは、依然として際立っている模様だ。同国は従来からのヘッジファンド向けサービスに加え、クラウドファンディングやP2P(ピア・ツー・ピア)レンディングなどを通じて、官民が連携してフィンテック企業の育成を強化するなど、グローバル・フィンテック・センターとして台頭してきている。実際に、英国を拠点とするフィンテック企業が急成長を遂げており、僅か数年間で750万人もの顧客基盤を築き上げたレボリュートはオープンバンキングを開始した。また、Freetradeがオランダとアイルランドに進出を果たしており、両社ともグローバルに業容拡大を図っている。更に、米国シリコンバレーを拠点とするロビンフッドはFCAよりブローキング業務認可を取得し、英国市場の開拓を試みている。フィンテック企業育成のための土壌が整備された英国にて、今後も革新的なFX関連ソリューションが開発されることを期待したい。


Date

作成日

2020.02.14

Update

最終更新

2021.08.31

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arrow
プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

ビットコインのレイヤー2とは?特徴・評判や主要な銘柄を解説

ビットコイン(BTC)のレイヤー2とは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたネットワークです。取引速度の向上や手数料の低減が可能で、SNSなどで注目を集めています。
New
update2024.02.21 19:00

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止!保有中のポジションはどうなる?

Land-Primeがスワップフリー口座を廃止しました。Land-Primeのスワップフリー口座廃止で既存ポジションはどうなるのか、スワップフリー目的で利用していた人の乗り換え先にはどのような海外FX業者があるかなどを紹介します。
update2024.02.20 21:00

BigBossがデラックス口座をリリース!最大レバレッジは2,222倍

海外FX業者のBigBossが、新口座「デラックス口座」をリリースしました。デラックス口座はハイレバレッジ取引向けの口座で、最大2,222倍のレバレッジが適用されます。また、最大でロスカット水準を0%まで引き下げられる点も特徴です。
update2024.02.19 21:00

Farcaster(Warpcast)|今話題の分散型SNSの将来性や利用時の注意点などを解説

Farcasterは分散型SNSプロトコルであり、SNSアプリのWarpcast経由でサービスを利用可能です。Farcasterは2024年1月末の新機能実装後にユーザー数が増え、注目を集めています。
update2024.02.19 19:00

Titan FXが如月トレードコンテストを開催!入金なしで参加可能

海外FX業者のTitan FXが、「如月トレードコンテスト」を開催することを発表しました。コンテストでは専用のデモ口座を使用するため、自己資金をリスクにさらすことなく参加できます。上位入賞者には賞金も贈られます。
update2024.02.16 20:30

FXDDが仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催

老舗の海外FX業者として知られるFXDDが、2024年2月29日まで仮想通貨25%入金ボーナスキャンペーンを開催中です。キャンペーン期間中にBTCまたはUSDTで入金をすると25%のボーナスが付与されます。
update2024.02.16 20:00

仮想通貨PIXELの将来性は?Ronin Network上のweb3農業ゲーム「Pixels」の独自トークンを解説

仮想通貨PIXELは、web3農業ゲームPixelsの独自トークンです。Binanceローンチプールでの取り扱いが発表されるなど、注目を集めています。当記事では、仮想通貨PIXELの将来性やSNSでの評判、トークンの使い道などを解説します。
update2024.02.15 20:00

Backpackウォレットとは?xNFT対応で注目される仮想通貨ウォレットの特徴や評判を解説

BackpackウォレットはxNFTに対応する初の仮想通貨ウォレットであり、注目を集めています。xNFTは次世代型のNFTといわれており、分散型アプリ(DApps)に接続しなくても様々な取引を実行できます。
update2024.02.15 19:30

仮想通貨DYMの将来性は?Dymensionの仕組みや評判を解説

仮想通貨(暗号資産)DYMは、ブロックチェーン「Dymension」の独自トークンです。Dymensionは分散型アプリケーションの成長を促進するとして注目されており、2024年2月7日には、大手仮想通貨(暗号資産)取引所のBybitとBinanceに相次いで上場しました。
update2024.02.14 21:00

FXDDが2つの新口座タイプを追加!セント口座とMAXレバレッジ口座のスペックを解説

FXDDが、セント口座とMAXレバレッジ口座2つの口座タイプを追加しました。セント口座では最小ロットサイズが10通貨と低リスクで取引をしたい初心者向けです。MAXレバレッジ口座では最大1,000倍のレバレッジが利用できます。
update2024.02.14 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル