Select Language

GMEXとDPN、世界初となるハイブリッド型証券取引所を開設

世界のFXニュース

GMEXとDPN、世界初となるハイブリッド型証券取引所を開設

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2021.08.31 15:33
GMEXとDPN、世界初となるハイブリッド型証券取引所を開設

update 2021.08.31 15:33

最初のSTOを2020年第1四半期末までに実施する計画

英国・ロンドンを拠点とする金融サービスプロバイダーであるGMEX Group(本社:1 Royal Exchange, London, EC3V 3DG, United Kingdom[1])【以下、GMEXと称す】と、モーリシャスを拠点とする金融サービスプロバイダーであるDigital Partners Network(本社:Suite 204, 2nd Floor, The Catalyst, Silicon Avenue, 40 Cybercity, 72201 Ebène, Republic of Mauritius[2])【以下、DPNと称す】は2月5日、セーシェルにおいて、証券、コモディティ、デリバティブといったマルチアセットクラスに対応したハイブリッド型証券取引所【以下、SECDEXと称す】を開設したことを発表した。[3]

SECDEXは、セーシェルの金融サービス局(Financial Services Authority)【以下、セーシェルFSAと称す】より、デジタル資産と伝統的資産の両方を取引できるハイブリッド型証券取引所の運営認可を取得した。GMEXが市場インフラの構築を担い、DPNが法務やファイナンス、コンプライアンス、ガバナンスを担当すると共に、デジタルトークンへの投資機会の提供を行うという。またSECDEXは、信頼性のある規制環境下においてSTO(セキュリティトークンオファリング)を実施することができるほか、トークンの発行、資金調達、トークン化をサポートするプロフェッショナルサービスを含む包括的なソリューションを提供するとのことだ。

SECDEXは、証券取引所と中央清算機関(Central Counterparty, CCP)及び証券保管振替機関(Central Securities Depository, CSD)を傘下に収め、それぞれライセンスを取得し、完全な規制下において運営を行うことになるという。同取引所のデジタルカストディアンは、セーシェルFSAが新たに導入したSandboxスキームに登録され、デジタル資産関連の安全なカストディ及びレンディングプラットフォームを提供するとのことである。また同プラットフォームは、サブサハラ・アフリカ地域における金融格差を解消すべく、アフリカ全土の中小企業を対象に、プロジェクトファンディングやインボイスファイナンスサービスも提供していく方針だ。これらの中小企業は、SECDEXを通じて、伝統的な上場もしくは株式や債券のトークン化と、いずれの手法でも、資金を調達することができるという。尚、同取引所は、GMEX Fusionが提供する中央集権型と、ブロックチェーンを活用した分散台帳技術というハイブリッド型のテクノロジーを採用しており、トレーダーはSECDEXを通じた投資に高い関心を示している模様だ。SECDEXの経営陣は、現状同取引所では証券、債券、コモディティ、仮想通貨、デリバティブ取引サービスに注力し、最初のSTOを2020年第1四半期末までに、最初のセカンダリー取引を同年第2四半期末までに実施する計画であるという。

ハイブリッド型証券取引所の開設に際し、GMEXとSECDEXの会長を務めるHirander Misra氏、DPNのパートナーとSECDEXの法務・コンプライアンス部門ディレクターであるJessica T. Naga氏、セーシェルFSAのCEOであるSteve Fanny氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

SECDEXは規制環境下において、証券やセキュリティトークン、仮想通貨、デリバティブ、コモディティといった伝統的資産とデジタル資産の両方を単一プラットフォームで取引することができる世界初の市場インフラです。また、金融のプロフェッショナルによる完全なサポート体制を構築し、個々のアセットクラスの取引や決済、清算、スワップをシームレスに行うことが可能です。SECDEXのエコシステムは、市場のニーズに応じて伝統的資産もしくはデジタル資産を取引できるユニークな特性を備えており、アフリカ全土の中小企業を対象とした金融サービスの提供もできるようになります。

Hirander Misra, Chairman of GMEX Group and SECDEX Group Chairman - GMEXより引用

セーシェルFSAより運営認可を取得したことは、我が取引所が健全で信頼性のある証券取引所、及びポストトレードエコシステムを構築するうえで重要であります。同取引所の開設は、デジタル資産分野の市場の健全性や投資家保護、AML(マネーロンダリング防止)、カウンターパーティリスク、金融の安定化に向けたモニタリングといった、G20(20か国財務大臣・中央銀行総裁会議)及び他の規制当局が注力する主要課題の解決にも寄与すると見ております。

Jessica T. Naga, Partner of Digital Partners Network and Director responsible for Legal and Compliance at SECDEX - GMEXより引用

SECDEXが、当局の規制下において証券取引所の開設を決断したことを喜ばしく思っております。我々は、金融業界及びセーシェルにメリットをもたらすべく、継続的に関係性を発展させると共に、SECDEXが健全性と最高水準の行為基準を確保することを期待しております。

Steve Fanny, CEO of the Seychelles Financial Services Authority - GMEXより引用

GMEXとDPNは、世界初となるハイブリッド型証券取引所を開設し、取引環境の大幅な改善を図ることで、更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

release date 2020.02.07

出典元:

ニュースコメント

ラストフロンティアとして注目されるアフリカ市場

アフリカ市場は、海外FXブローカーの事業拠点及び販売市場として注目度が増している。ESMA及び欧州各国当局が、FXやCFD、仮想通貨取引の規制を強化するなか、アフリカFX市場はESMA新規制の恩恵を受けており、多くのブローカーがアフリカを新たな事業拠点として選好している状況だ。例えば、GMEXやDPNと同様に、ValutradesがセーシェルでFXブローキング事業を開始し、顧客からの要望が根強い高レバレッジ取引を提供していく意向である。また、近年アフリカ市場は目覚ましい経済成長を遂げていることを背景に、販売市場としても魅力が高まっている。足元では、Scope Marketsがケニアに新オフィスを開設し、同国を始めとするアフリカ市場の開拓を模索している。欧米やアジアの先進国を中心に規制強化がなされ、顧客獲得競争が激化するなか、ラストフロンティアと位置づけられるアフリカを舞台として、海外FXブローカー各社による、快適な取引環境の提供に繋がるソリューションの開発及び顧客獲得動向に注目したい。


Date

作成日

 : 2020.02.07

Update

最終更新

 : 2021.08.31

著者情報

プラナカンカン | Peranakankan

執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー

arw
Peranakanka

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

関連記事

アクセスランキング

BITトークン、SushiSwapのファーミング報酬として配布

BitDAOは8月31日、同日から最大180日間に渡って、最大3,400万BITトークンが分散型取引所(DEX)SushiSwapのファーミング報酬に割り当てられると発表しました。ファーミングとは、仮想通貨をレンディングやステーキングすることで報酬を得る行為を指します。
update2021.09.03 18:00

収益が毎日振り込まれる!Bybitに積立ステーキングサービスが新登場

2021年10月、Bybit(バイビット)は積立ステーキングのサービスを新規に開始しました。4種類のメジャーな仮想通貨を対象に預け入れられるサービスを指し、仮想通貨によって約0.5%~5%の年利を受け取ることができます。
update2021.11.08 21:00

Bybitがローンチパッド第5弾を開催!保有BITとの交換でSISを配布

2021年11月25日、Bybitがローンチパッド第5弾の開催を発表しました。今回のトークンは、分散型取引所(DEX)の「Symbiosis Finance」で使用されるSISです。
update2021.11.26 21:00

仮想通貨ネム&シンボルがハードフォーク実施へ、その内容と価格への影響を解説

2021年11月、ネム(NEM)とシンボル(Symbol)がハードフォークする予定です。そこで、ネムとシンボルとはどのような仮想通貨でハードフォークの目的は何なのか、その後の運用体制等はどうなるのかについて確認します。
update2021.11.12 22:00

Bybitが遂に「柴犬コイン(SHIB)」の取り扱いを開始

2021年10月21日より、仮想通貨取引所Bybitのデリバティブ取引で通貨ペア「SHIB1000/USDT」の取引が開始されました。この記事では、これに加えて、柴犬コインとその他6つの新たに取り扱いが始まった通貨について解説しています。
update2021.10.28 21:00

Bybitが国内銀行振込手数料無料キャンペーンを実施

Bybit(バイビット)は11月8日より、「国内銀行振込」での日本円での仮想通貨の購入に際して手数料無料のキャンペーンを開始しました。期間限定のキャンペーンで、12月8日午後2時30分(日本時間)まで開催されるということです。
update2021.11.12 21:00

Bybitがスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)とシンボル(XYM)の上場を発表

2021年11月、Bybit(バイビット)でスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)のデリバティブ取引と、シンボル(XYM)の現物取引が可能となりました。
update2021.11.26 20:00

Bybitがローンチパッド第2弾を開催!BITの保有量に応じてCBXを配布

Bybitが2021年10月25日、Bybitに上場予定の通貨を先行して配布するローンチパッドの第2弾を開催することを発表しました。「CropBytes」という農場ゲームで使われるトークン、CBXです。
update2021.10.26 21:00

Binanceがポルカドットのパラチェーンスロットオークションに対応

ポルカドット(DOT)がスロットオークションを開催しています。バイナンス(Binance)経由で参加するとメリットが大きいので、DOTスロットオークションとは何か、参加するにはどうすれば良いのかについて確認しましょう。
update2021.11.18 20:00

金融業界に変革を起こす!BitDAOとはどんな組織?

2021年6月に、世界で最も新しいDAO(自立分散型組織)としてBitDAOが誕生しました。DeFiの発展を目指すとしていて、仮想通貨取引所Bybitの支援を受け、2億3千万ドルもの資金を調達しました。この記事では、BitDAO、DAO、DeFiについて詳しく解説します。
update2021.07.06 10:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する