Select Language

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.06.02 03:01
仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

update 2024.06.02 03:01

仮想通貨(暗号資産)NOTは、Telegram(テレグラム)上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。

2024年5月10日には、大手取引所のBinance(バイナンス)がローンチプールでのNOTの取り扱いを発表しており、SNS上で注目を集めています。当記事では、仮想通貨NOTの将来性やX(旧Twitter)での評判、リスクなどを解説します。

仮想通貨NOTがBinanceローンチプールに登場

2024年5月10日、大手海外取引所のBinance(バイナンス)が、ローンチプールでの仮想通貨(暗号資産)NOTの取り扱いを発表しました。

BinanceローンチプールでのNOTの取り扱い

画像引用:Binance

Binanceのローンチプールとは、指定の仮想通貨を預けることで特定のトークンがもらえるイベントです。NOTのローンチプールの条件は以下の通りです。

  • 期間(日本時間):2024年5月13日午前9時から3日間
  • ステーキング可能銘柄:BNB、FDUSD
  • トークンの最大供給量:102,719,221,714NOT
  • ローンチプールでの配布量:3,081,576,651NOT(総供給量の3%)

なお、Binanceへの上場日時は2024年5月16日午後9時(日本時間)で、取引可能な通貨ペアは以下の通りです。

  • NOT/BTC
  • NOT/USDT
  • NOT/BNB
  • NOT/FDUSD
  • NOT/TRY

仮想通貨NOTとは

仮想通貨(暗号資産)NOTは、Telegram上で構築されたバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。

サンプル

画像引用:Notcoin

バイラル(viral)は「ウイルス性の」という意味を持つ言葉であり、バイラルゲームはユーザー間の口コミによって、人から人へと拡散していくゲームのことを指します。

Notcoinのベータ版は2023年11月中旬にローンチされ、最初の1ヶ月で50万人のプレイヤーを獲得しました。その後、2024年1月1日に公式バージョンがリリースされると、プレイヤー数は410万人にまで増加しています。

Tap-to-Earnの仕組みを導入

Notcoinは、タップすることでトークンを獲得できる「Tap-to-Earn」のゲームです。

画面に表示されるNotcoinのアイコンをタップすることで、新しいトークンをマイニングできます。最初は1タップあたり1Notcoinを獲得でき、ゲーム内のブースト機能を使うことで獲得効率を上げることもできます。

NotcoinのTap-to-Earn

画像引用:TON Blog

また、マイニングの他にも以下のような方法でトークンを獲得できるようです。

  • 友人をNotcoinに招待する
  • 特定のNFTを保有する
  • 提携プロジェクトを利用する
  • Toncoinのエコシステムを利用する

運営によるシンプルな拡散戦略

Notcoinは、公式Webサイトやホワイトペーパーなどが存在しないプロジェクトであるにもかかわらず、多数のユーザーの獲得に成功しています。その理由として、運営によるシンプルな拡散戦略があると考えられます。

Notcoin運営によるバイラル戦略には、以下のような特徴があります。

  • ゲームプレイ開始の必要要件を取り除き、Telegramユーザーが投資要件なくプレイ可能
  • 友達を招待したユーザーに報酬を与える

既存のPlay to Earnゲームには、ゲームを始める段階で初期投資が必要なプロジェクトも少なくありません。

Notcoinの成功からわかるように、ゲーム開始時の障害をできる限り取り除くことが、マスアダプションを達成するために有効な手段なのかもしれません。

point Play to Earnとは

Play to Earnとは、遊んでお金を稼ぐことを指します。すなわち、ブロックチェーンゲームで遊ぶと、NFTや独自仮想通貨などの報酬を得られます。Play to Earnから派生したMove to Earn(運動して稼ぐ)なども、流行しています。

仮想通貨NOTの価格チャート

仮想通貨NOTの価格チャート

画像引用:CoinMarketCap

仮想通貨(暗号資産)NOTは、2024年5月16日の上場直後、約1.9円までの価格上昇を見せました。その後、価格は下落し、約1〜1.25円の間で推移するレンジ相場となっています。

当記事執筆時点(2024年5月17日)では、約1.1円の価格帯で推移している状況です。

X(旧Twitter)上での評判

Notcoinは、公開されている情報が少ないためか、日本のユーザーの反応はあまり見られません。しかし、一部の日本ユーザーからは「TelegramのウォレットでTONをステーキングすれば、Notcoinを獲得できる」というような発信も見られます。

Notcoinは、Telegramが開発を始めたブロックチェーン「Toncoin」をベースとしています。そのため、Toncoinや仮想通貨TONに触れているユーザーは、Notcoinに対しても関心が高い傾向があるようです。

仮想通貨NOTの将来性

仮想通貨(暗号資産)NOTの将来性について、以下の2つの視点から考察します。

  • 大手VCによるToncoinへの戦略的投資
  • 9億人を超えるTelegramユーザー

大手VCによるToncoinへの戦略的投資

2024年5月、大手仮想通貨VCのPantera Capital(パンテラ・キャピタル)は、Notcoinの基盤であるToncoinに対して、戦略的投資を行うことを公表しています。

Pantera CapitalによるToncoinへの投資

画像引用:Pantera Capital

Pantera Capitalはブログの中で、Telegramは世界有数のメッセンジャーとして際立っていると評価しています。その理由として、月間アクティブユーザーが9億人を超えていることや、2024年1月には月間ダウンロード数が3,670万以上を記録したことを挙げています。

大手VCがToncoinの後ろ盾につくことで、Notcoinや仮想通貨NOTにも好影響を及ぼす可能性があるかもしれません。

9億人を超えるTelegramユーザー

Telegramの月間アクティブユーザー数は、9億人を超えるとされています。Notcoinは、「Tap-to-Earn」の仕組みを導入し、TelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込むことを意識しています。

Telegramには、膨大な数のユーザーが存在しているため、今後Notcoinのユーザー規模もさらに拡大していく可能性があります。

仮想通貨NOTのトークノミクス

仮想通貨(暗号資産)NOTの総供給量は102,719,221,714NOTであり、上場時にはその100%が流通する見込みです。しかし、流通量の100%が即時取引されるわけではないとされています。

仮想通貨NOTの配分先と配分比率は、以下の通りです。

仮想通貨NOTの配分先と配分比率

また、リリーススケジュールは以下の通りであり、上場と同時に100%のトークンが流通するとされています。

仮想通貨NOTのリリーススケジュール

画像引用:Binance

仮想通貨NOTのリスク

仮想通貨(暗号資産)NOTには、以下のようなリスクがあると考えられます。

  • シードタグ銘柄に該当している
  • ミームコインである
  • 仮想通貨に不慣れなユーザーが多い可能性

シードタグ銘柄に該当している

Binance(バイナンス)は、特定の仮想通貨をシードタグ銘柄として取り扱っています。Binanceにおけるシードタグ銘柄とは、他の上場トークンと比較しても高いボラティリティとリスクを示す銘柄のことを指します。

一般的に、仮想通貨はリスクが高い投資対象とされています。その中でも、特に取り扱いに注意が必要な銘柄とされている点は、しっかり把握しておきましょう。

ミームコインである

Toncoinの公式ブログには、「Notcoinはミームコインである」との記載が見られます。

point ミームコインとは

ミームコインはインターネットミーム(主にSNSで流行したネタなど)を元にしており、ジョークや遊びとして作られた仮想通貨全般を指します。

今後、ゲーム内で新たな使い道などが追加される可能性は否定できませんが、基本的にはネタとして楽しむ仮想通貨だと考えたほうがよいでしょう。

仮想通貨に不慣れなユーザーが多い可能性

Notcoinはこれまでのところ、多数のTelegramユーザーをWeb3.0の世界に引き込んでいます。

しかし、Telegramユーザーであれば誰でも参加可能な仕組みであるため、多くの仮想通貨に不慣れなユーザーがNOTを保有している可能性があります。

NOTの価格が下落した際などには、不慣れなユーザーによる狼狽売りが発生し、さらに価格が急落する恐れもあるかもしれません。

仮想通貨NOTの買い方

2024年5月17日現在、仮想通貨(暗号資産)NOTは、日本国内の取引所では取り扱われていません。そのため、取引は海外取引所で行います。各海外取引所におけるNOTの取り扱い状況(USDT建て現物・デリバティブ)は下記の通りです。

仮想通貨取引所 現物 デリバティブ
(バイビット)

(バイナンス)

(ゲート)

(メクシー)

(ビンエックス)

×

×

(ビットゲット)

(コインイーエックス)

×

(ズーメックス)

×

×

Bybit(バイビット)

現物 デリバティブ

Binance(バイナンス)

現物 デリバティブ

Gate.io(ゲート)

現物 デリバティブ

MEXC(メクシー)

現物 デリバティブ

BingX(ビンエックス)

現物 デリバティブ
× ×

Bitget(ビットゲット)

現物 デリバティブ

CoinEX(コインイーエックス)

現物 デリバティブ
×

Zoomex(ズーメックス)

現物 デリバティブ
× ×

海外の取引所であれば、日本語対応が充実しているBybit(バイビット)がおすすめです。

BybitでNOTを購入する方法

Bybitでは、3つの手順でNOTを購入できます。

  1. 購入ページにアクセス
  2. 購入条件を入力
  3. 内容を確認して購入

手順1

まずは以下のリンクをクリックし、NOTの購入ページ(NOT/USDT)にアクセスします。

なお、Bybitを利用するには口座を開設し、本人確認(KYC)レベル1を完了させておく必要があります。

手順2

ここでは最もシンプルな「成行」での購入方法を紹介します。成行でNOTを購入するには、以下のように操作をして「NOTを買う」をクリックします。

Bybitで成行でNOTを購入する方法
Bybitで成行でNOTを購入する方法

番号

項目

説明

1

「買い」または「売り」

「買い」を選びます。

2

注文方法

成行を選びます。

3

注文価格

購入したい数量を入力します。

NOTはUSDTを支払って購入します。そのため、USDTの残高が十分でない場合は、入金や両替が必要です。

手順3

内容を確認して「NOTを買う」をクリックします。注文は即座に確定し、購入したNOTは現物アカウント残高に反映されます。

BybitでのNOTの成行購入確認画面

以下の記事では、買い方に関してより詳しく説明しています。有利な価格を指定する「指値」の使い方なども解説しています。

さらなるプロジェクトの拡大なるか

Notcoinは、「タップするだけで稼げる」「Telegramをベースとしている」などの点が特徴的なプロジェクトです。Telegramの月間アクティブユーザーは9億人を超えるとされており、彼らを巻き込むことでプロジェクトの規模が拡大する可能性があります。

一方、仮想通貨NOTはミームコインとされているため、投資するにあたってはリスク面に配慮する必要があるでしょう。


Date

作成日

2024.05.17

Update

最終更新

2024.06.02

タモ | tamo

Web3ライター

arrow
タモ

フリーランスのWebライター。ブロックチェーンがもたらす非中央集権的な世界観に惚れ込み、暗号資産・NFT・ブロックチェーンゲームなどweb3のジャンルにしぼって記事を執筆。自らの暗号資産投資やNFT売買の経験を活かし、暗号資産の投資情報をできる限りわかりやすくお届けします。

【X(Twitter)】
https://twitter.com/tamo_1985
【note】
https://note.com/tamo_1985

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル