Select Language

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.06.02 03:05
仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

update 2024.06.02 03:05

仮想通貨(暗号資産)NINJAは、日本の有名NFTプロジェクト「CryptoNinja(クリプトニンジャ)」のキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。

当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やX(旧Twitter)での評判、買い方などを解説します。

NINJA(NINJAINU)とは

仮想通貨(暗号資産)NINJAは、日本のNFTプロジェクト「CryptoNinja」のキャラクターをテーマに作られたミームコインです。

NINJA(NINJAINU)とは

画像引用:NINJA公式X

point ミームコインとは

ミームコインはインターネットミーム(主にSNSで流行したネタなど)を元にしており、ジョークや遊びとして作られた仮想通貨全般を指します。

通貨のティッカーシンボルは「NINJA」ですが、犬のキャラクターを用いていることから「NINJAINU(ニンジャイヌ)」のプロジェクト名が付けられています。SNS上ではこの両方の名称が使用されていますが、本記事では主に「NINJA」の名称を使用します。

Astar zkEVM上で発行

NINJAは、イーサリアムのレイヤー2であるAstar zkEVMで発行されています。Astar zkEVMは、日本人起業家の渡辺創太氏がファウンダーを務めるAstar Networkによって、2023年9月に立ち上げが発表されたブロックチェーンです。

Astar zkEVMのロゴ

画像引用:Astar Network

point レイヤー2とは

多くのブロックチェーンは、異なる役割を持つブロックチェーンが階層別に独立して相互通信する「レイヤー構造」になっています。基礎的な役割を担うブロックチェーン層をレイヤー1と呼び、レイヤー1の情報処理を助ける層をレイヤー2と呼びます。

レイヤー2

NINJAは2024年4月25日にローンチされ、分散型取引所(DEX)のVery Long Swapで取引が可能です。

point 分散型取引所(DEX)とは

分散型取引所とはブロックチェーン上で仮想通貨を売買できる取引所であり、中央管理者が存在しません。分散型取引所を意味する「Decentralized Exchange」の頭文字をとってDEXとも呼ばれます。

NINJAの開発者は匿名

NINJAのファウンダーや開発チームは匿名で活動しています。X(旧Twitter)の公式アカウントはありますが、個人やチームを特定できる情報は公開されていません。

NINJAのX(旧Twitter)アカウント

画像引用:NINJA公式X

なお、CryptoNinjaのファウンダーであるイケハヤ氏は、NINJAの開発者と何度かコミュニケーションを取っているとXで述べています。イケハヤ氏によると、開発者は日本語の扱いに長けているため、おそらく日本人が開発に関わっているのではないかと推測できます。

X(旧Twitter)上での評判

仮想通貨(暗号資産)NINJAは、ローンチ前から様々なイベントが企画され、X(旧Twitter)を中心に話題となっています。

CNP(CryptoNinja Partners)やIkehaya Pass、The Mafia Animals SoldiersなどのNFT保有者に対してトークンが配布され、対象のNFTホルダー間で盛り上がりが見られました。

point エアドロップとは

エアドロップとは仮想通貨の無償配布を指します。知名度向上などを目的として新規プロジェクトが実施する例が多く、仮想通貨をもらうには公式ツイッターをフォローすることなど一定の条件がつく場合もあります。

また2024年5月3日には、NINJAホルダーに対してCNPや他のNFTのギブアウェイを予定していることが発表されています。

仮想通貨NINJAは、CryptoNinja関連のプロジェクトを巻き込んで相互にエアドロップやギブアウェイ企画を行い、SNS上での話題を作っています。

仮想通貨NINJAの価格チャート

仮想通貨NINJAの価格チャート

画像引用:Gecko Terminal

仮想通貨(暗号資産)NINJAは、2024年4月25日の上場後に急騰を見せました。その後、一度下落したものの、4月28日には過去最高値の約0.09ドル(約14.6円)を記録しています。

その後、緩やかに上下しながら横ばいで推移していましたが、5月6日以降は下落トレンドに転じているようにも見えます。当記事執筆現在(2024年5月9日)では、約0.04ドル(約6.6円)付近の価格帯で推移している状況です。

仮想通貨NINJAの注意点

仮想通貨(暗号資産)NINJAはあくまでミームコインであり、取り扱う際は以下のような点に注意したほうがよいでしょう。

  • 基本的にユーティリティはない
  • 詐欺のリスクがある
  • 同名の仮想通貨が多数存在

基本的にユーティリティはない

NINJAに限らず、ミームコインは基本的にユーティリティがありません。つまり、目立った使い道がなく、ネタとして楽しむことが主な目的となっています。

NINJAの場合、ギブアウェイが予定されているため、NINJAを持ち続けることで今後恩恵を受けられる可能性はあるかもしれません。しかし、トークンとしての本質的な価値はほぼないと考えられるため、購入する際はその点を理解しておく必要があるでしょう。

詐欺のリスクがある

NINJAの開発・運営者は匿名ではありますが、X(旧Twitter)での発信内容などから、一定程度は信用できるものと推測されます。

しかし、CryptoNinjaのファウンダーであるイケハヤ氏も「おそらくは大丈夫(=詐欺ではない)とは思うが、それでも扱う場合は自己責任で」ということを念押ししています。

仮想通貨の世界では、絶対に安心・安全と言い切れるプロジェクトはほぼありません。NINJAについても、売買をする際はスキャムやラグプルといった詐欺のリスクも想定した上で取り扱うようにしましょう。

point ラグプルとは

ラグプルは、英語でRug Pullと書きます。日本語では出口詐欺と訳されます。開発チームが資金を集めた後にプロジェクトを放棄したり、資金を持ち逃げしたりする行為です。仮想通貨市場では、Play to EarnやDeFi(分散型金融)、NFTなどの分野で度々発生しています。

同名の仮想通貨が多数存在

仮想通貨の中には、似たような名前の通貨が複数存在することがよくあります。特に「NINJA」や「Ninja」は日本的でキャッチーな名称であることから、本記事で解説している仮想通貨NINJA以外の通貨名としても使われています。

当記事執筆現在(2024年5月9日)、CoinMarketCapでティッカーシンボルが「NINJA」となっている仮想通貨(プロジェクト)を検索すると、以下のようなものが見つかります。

  • Shinobi
  • Ninja Protocol
  • Dog Wif Nunchucks
  • Ninjacoin

上記はいずれも通貨名が「NINJA」となっているプロジェクトです。

本記事で解説しているNINJAを売買する際は、NINJA公式による発信、あるいはCryptoNinja関連の発信を日頃から行っているアカウント(NinjaDAOのコミュニティマネージャーやモデレーターを務めている人)の情報を参考にして、間違いがないように気をつけましょう。

仮想通貨NINJAの買い方

仮想通貨(暗号資産)NINJAの買い方について、以下の2ステップで解説します。

  • ETHをAstar zkEVMにブリッジする
  • Very Long SwapでNINJAを購入する

ETHをAstar zkEVMにブリッジする

仮想通貨NINJAを購入するには、まずイーサリアム(ETH)をAstar zkEVMにブリッジする必要があります。

手順1

以下のリンクをクリックし、Astar Networkの公式ページにアクセスします。

手順2

画面右上にある「Astar Portal」をクリックします。

Astar Networkのトップページ
Astar Networkのトップページ

手順3

以下の画面が開くので、「Agree」をクリックします。

免責事項の確認画面

手順4

「Keep me on the Portal」をクリックします。

Astar zkEVMのチュートリアル画面

手順5

ネットワークの選択画面で「Astar zkEVM(L2)」を選択し、「Select Wallet」ボタンをクリックします。

ネットワークの選択画面

手順6

接続するウォレットを選択します。

ここでは例として、「MetaMask」をクリックします。クリックするとメタマスクが立ち上がるので、画面に沿って接続してください。

ウォレットの選択画面

手順7

メタマスクの接続が完了したら、画面左側の「Bridge」をクリックします。

ウォレット接続後の画面
ウォレット接続後の画面

手順8

今回は例として、Native Bridgeでブリッジを行います。画面右側の「Native Bridge」をクリックしてください。

ブリッジの選択画面
ブリッジの選択画面

手順9

Fromに「Ethereum」、Toに「Astar zkEVM」を選択します。ブリッジしたいイーサリアムの数量を入力したら、「Bridge」をクリックします。

その後、メタマスクが立ち上がるので「確認」をクリックすれば、ブリッジは完了です。

ブリッジの画面

Very Long SwapでNINJAを購入する

Astar zkEVMにETHをブリッジできたら、Very Long SwapでNINJAを購入します。

手順1

以下のリンクをクリックし、Very Long Swapの公式ページにアクセスします。

手順2

画面右上の「Connect Wallet」をクリックします。サイトを日本語表記にしたい方は、「Connect Wallet」の左にあるアイコンから変更できます。

Very Long Swapのトップページ
Very Long Swapのトップページ

手順3

接続するウォレットを選択します。

ここでは例として、「MetaMask」をクリックします。クリックするとメタマスクが立ち上がるので、画面に沿って接続してください。

ウォレットの選択画面

手順4

メタマスクを接続できたら、画面上部の「スワップ」をクリックします。

ウォレット接続後の画面
ウォレット接続後の画面

手順5

画面右側のスワップの枠内にある「USDC」をクリックします。

スワップ画面
スワップ画面

手順6

スワップするトークン選択画面が表示されるので、「NINJA」をクリックします。

スワップするトークン選択画面

手順7

スワップするETHの数量を入力します。数量を入力したら「スワップ」をクリックします。

スワップ数量の入力画面
スワップ数量の入力画面

手順8

内容に間違いがないことを確認し、「スワップの確定」をクリックします。

スワップの確認画面

手順9

ガス代の見積もりを確認し、問題がなければ「確認」をクリックします。

トランザクション画面
トランザクション画面

手順10

以下の画面が表示されれば、NINJAの購入は完了です。メタマスクにNINJAを表示させたい場合は、「ウォレットにNINJAを追加」をクリックすれば追加できます。

スワップ完了後の画面

国内ミームコインの火付け役となるか

仮想通貨(暗号資産)NINJAは、日本の有名NFTプロジェクト「CryptoNinja」をベースとしている点が特徴的なミームコインです。

2021年以降、日本でもDeFiやNFTのブームは起きた一方で、ミームコイン人気はそれほど高まりを見せていないのが実情です。そのような中でNINJAは、CryptoNinjaやそのコミュニティに関心を持つユーザーを巻き込むことで、ミームコイン人気の火付け役となるかもしれません。

しかし、開発者はあくまで匿名であることから、購入する際はスキャムやラグプルに十分気をつけるように心がけましょう。


Date

作成日

2024.05.10

Update

最終更新

2024.06.02

タモ | tamo

Web3ライター

arrow
タモ

フリーランスのWebライター。ブロックチェーンがもたらす非中央集権的な世界観に惚れ込み、暗号資産・NFT・ブロックチェーンゲームなどweb3のジャンルにしぼって記事を執筆。自らの暗号資産投資やNFT売買の経験を活かし、暗号資産の投資情報をできる限りわかりやすくお届けします。

【X(Twitter)】
https://twitter.com/tamo_1985
【note】
https://note.com/tamo_1985

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル