Select Language

仮想通貨EIGENの将来性は?イーサリアムリステーキングのパイオニアEigenLayerについて解説

仮想通貨EIGENの将来性は?イーサリアムリステーキングのパイオニアEigenLayerについて解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.05.16 14:32
仮想通貨EIGENの将来性は?イーサリアムリステーキングのパイオニアEigenLayerについて解説

update 2024.05.16 14:32

仮想通貨(暗号資産)EIGENは、リステーキングプロトコルEigenLayer(アイゲンレイヤー)のネイティブトークンです。EigenLayerは、イーサリアム(ETH)のリステーキングを行うためのプラットフォームとして機能します。

2024年4月30日、EigenLayerの支援組織であるEigen FoundationがEIGENのローンチを発表し、SNS上で注目が集まっています。当記事では、仮想通貨EIGENの将来性やX(旧Twitter)での評判、トークンの使い道などを解説します。

仮想通貨EIGENとは

EigenLayerのロゴ

画像引用:EigenLayer

仮想通貨(暗号資産)EIGENは、イーサリアムのリステーキングプロトコルEigenLayerのネイティブトークンです。EIGENは、EigenLayerにおけるステーキングトークンとして機能します。

point ステーキングとは

ステーキングとはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の仮想通貨で採用される仕組みで、ブロックチェーンの維持に貢献する対価として報酬を得ることを指します。また、仮想通貨を貸し出して報酬を得られるサービスをステーキングと呼ぶこともあります。

イーサリアムやLSTをリステーキングできる

リステーキングのイメージ

画像引用:EigenLayer

EigenLayerは、イーサリアム(ETH)の「リステーキング」という新しい仕組みを考案したパイオニアです。

point リステーキングとは

リステーキングとは、イーサリアム本体でステーキングしつつ、別のプロジェクトでも再度ステーキングする仕組みのことです。リステーキングすることで、通常のステーキング報酬よりも多くの報酬を獲得でき、資金効率を高められます。

イーサリアムホルダーは、EigenLayerでリステーキングして報酬を獲得できます。イーサリアムのみをステーキングする従来の方法と比較した場合、リステーキングはより高いリターンが期待できるようです。

また、イーサリアムだけでなく、stETHなどのリキッドステーキングトークン(LST)をリステーキングすることも可能です。

point リキッドステーキングトークンとは

リキッドステーキングを利用すると、預け入れた仮想通貨の額に合わせて、リキッドステーキングトークンと呼ばれるトークンをもらえます。このリキッドステーキングトークンは他のサービスで運用したり、送金したりできます。

リステーキングで開発者をサポート

EigenLayerはリステーキングの仕組みを通じて、AVS(Actively Validated Services)の開発者をサポートします。AVSとは、EiganLayer上に構築された分散型サービスのことを指し、具体的にはブリッジや分散型アプリケーション、オラクルなどが含まれます。

point 分散型アプリケーションとは

分散型アプリケーション(DApps)とは、管理者不在で自律的に行動を行う非中央集権のアプリケーションのことをいいます。「Decentralized Applications」の略称で、Dappsと呼ばれることもあります。ブロックチェーンを利用したサービスなどを提供するアプリケーションの総称であり、中央管理ではなく分散管理であるためサーバーダウンによるサービス停止の心配も少ないといった特徴を持ちます。

エコシステムの全体像

画像引用:Eigen Foundation

従来、イーサリアムブロックチェーン上で新しいサービスを構築するには、セキュリティ維持に多大な資本が必要でした。EigenLayerはこの課題を解決するために、ステーキング済みのイーサリアムを、AVSに再度ステーキング(リステーキング)します。

このリステーキングにより、AVSはイーサリアムのセキュリティ基盤を利用することができます。ユーザーはリステーキングをすることで、イーサリアムブロックチェーン本体に加えて、AVSのセキュリティ維持にも貢献することになります。

リステーキングユーザーにEIGENをエアドロップ

EigenLayerは、イーサリアムやLSTをリステーキングしたユーザーへ、仮想通貨EIGENをエアドロップします。EigenLayerは幅広いコミュニティにEIGENを配布することで、認知度の向上を狙っているようです。

EIGEN請求画面

画像引用:Eigen Foundation

エアドロップシーズン1のスナップショットはすでに終了しており、受取資格があるユーザーはEigen Foundationのエアドロップ専用サイトよりEIGENを請求できます。シーズン2の詳細は、後日EigenLayer運営より発表予定となっています。

当記事執筆時点(2024年5月6日)では、EigenLayerのTVL(総預かり資産)は150億ドルを超えています。多くのユーザーがEIGENのエアドロップに期待していることがわかります。

point TVLとは

TVLはTotal Value Lockedの頭文字をつなげた言葉で、ブロックチェーンやDAppsに預け入れられた仮想通貨の総額を示します。この金額は人気のバロメーターとしても使用されます。

X(旧Twitter)での評判

仮想通貨(暗号資産)EIGENは、リステーキングのパイオニアであるEigenLayerのネイティブトークンということもあり、X(旧Twitter)上で話題になっています。

なかには「EigenLayerは全く新しいイノベーションだ。ホワイトペーパーを読んで、かなり強気になった」と期待するユーザーも見受けられました。

仮想通貨EIGENの将来性

仮想通貨(暗号資産)EIGENの将来性に関して、以下の点が挙げられます。

  • 合計1億6,440万ドルの資金調達に成功
  • 50名以上が在籍するチーム
  • 2024年4月にメインネットをローンチ

合計1億6,440万ドルの資金調達に成功

EigenLayerの運営チームEigenLabsは、これまでに合計1億6,440万ドルの資金調達に成功しています。

EigenLayerへの出資者

画像引用:Eigen Labs

注目すべきは、2024年4月にa16z cryptoより1億ドルの大型調達を実施したことです。a16z cryptoは世界的なベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz傘下のため、EigenLayerには強力な後ろ盾があることがわかります。

50名以上が在籍するチーム

EigenLabsには、50名以上の経験豊かなチームメンバーが在籍しています(2024年5月6日時点)。

EigenLayerのチームメンバー

画像引用:Eigen Labs

創業者兼CEOのSreeram Kannan氏は、ワシントン大学の助教授を10年近く務めています。またプロジェクト開発のRobert Drost氏は、メタマスクウォレットで有名なConsensysで研究開発を約4年間リードしていました。

2024年4月にメインネットをローンチ

EigenLayerは2024年4月にメインネットをローンチしました。同時に、AVS(Actively Validated Services)第一号であるEigenDAをリリースし、注目を集めています。

今後はシーケンサー、ブリッジ、オラクル、MEV管理などの様々なAVSがEigenLayerに構築される予定です。

point シーケンサーとは

シーケンサーとは、ブロックチェーンにおけるトランザクションの順序を決定し、記録する役割を担う存在です。トランザクションがブロックチェーンに記録される際に、一貫性と整合性を保証するために重要な機能を果たしています。

仮想通貨EIGENのトークノミクス

ローンチ時点での仮想通貨(暗号資産)EIGENの総供給量は約16億7,000万EIGENです。EIGENには最大供給量は設けられておらず、エコシステムの状況に応じて供給されていきます。

下の図は、年率5%のインフレ率を想定した場合のトークン供給量のイメージ図です。

EIGEN供給量イメージ

画像引用:Eigen Foundation

なお、EIGENの配分比率は、ステーキングユーザーへのエアドロップに15.00%を分配しており、TVLの増加を重視しているようです。一方で、プライベート投資家に29.50%、初期チームメンバーに25.50%と大きな割合を配分している点には注意が必要です。

EIGENの分配先と比率

仮想通貨EIGENの分配先と比率は、下の表の通りです。

EIGEN分配比率の円グラフ

番号

説明

1

15.00%がエアドロップに割り当てられています。

2

15.00%がコミュニティ・イニシアチブに割り当てられています。また将来のインフレ増加分もコミュニティに割り当てられています。

3

15.00%が研究開発およびエコシステム開発に割り当てられています。

4

29.50%がプライベート投資家に割り当てられています。

5

25.50%が初期チームメンバーに割り当てられています。

プライベート投資家および初期チームメンバーのトークンは、合計3年間ロックされます。最初の1年間はフルロックされ、残り2年間は毎月総配分量の4%ずつロック解除されていきます。EigenLayerの運営チームが、プロジェクト運営を長期目線で考えていることがわかります。

EIGENの使い道

仮想通貨EIGENは、EigenLayer上のAVS(Actively Validated Services)へのステーキングに利用することができます。AVSの具体例としては、データ可用性レイヤーのEigenDAが挙げられます。ユーザーはEIGENをステーキングすることで、AVSのセキュリティ維持に貢献できます。

EIGENのその他の使い道は、当記事執筆時点(2024年5月6日)で明らかにされていません。

仮想通貨EIGENのリスク

EigenLayerのリスクとして、以下の項目が挙げられます。

  • ステーキング構造の複雑化
  • 仮想通貨EIGENが売却不可

ステーキング構造の複雑化

EigenLayerのリステーキングは、イーサリアムのステーキングを多層化するという画期的な仕組みです。その一方で、仕組みが複雑化しているためリスクが高くなる懸念があります。

そもそもステーキングとは、プロトコルのスマートコントラクトを信用して「預ける」行為です。リステーキングは複数のプロトコルにイーサリアムを預けることになるので、それだけハッキングやバグの可能性も高まります。

イーサリアム創業者のVitalik Buterin氏も、過去にリステーキングの複雑さに起因するリスクについて発言しているようです。

仮にEigenLayerに問題が発生すると、ネイティブトークンであるEIGENの価格にも影響があるかもしれません。

仮想通貨EIGENが売却不可

2024年4月29日、Eigen Foundationは「プロジェクトの長期的な発展のため、しばらくEIGENは移動不可にする」と発表しました。つまり、ユーザーがエアドロップで仮想通貨(暗号資産)EIGENを入手したとしても、すぐに売却することはできません。

EIGENが売却可能になる日程は、当記事執筆時点(2024年5月6日)では未定となっています。運営チームによると、2024年9月30日頃を目安としているようです。

EigenLayerでは、多くのユーザーがエアドロップを期待してイーサリアムやLSTをリステーキングしています。すぐに利益を確保したかった一部のユーザーにとっては、いわば「裏切り行為」とも言えるものであり、プロジェクトへの信頼関係に影響する可能性があります。

業界に革命を起こしうるプロジェクト

EigenLayerは、イーサリアム界隈で最も注目度が高いプロジェクトの一つです。トークン設計などで物議を醸している側面は否めませんが、リステーキング自体は業界に革命を起こしうる技術です。

今後、運営が真摯にコミュニティと向き合い、EigenLayerのエコシステムを発展させていくことに期待しましょう。


Date

作成日

2024.05.07

Update

最終更新

2024.05.16

いぶき | Ibuki

投資家、テックライター

arrow
いぶき

元証券会社勤務。2017年から仮想通貨に投資し、バブルとどん底の両方を経験する。2020年からは海外スタートアップや仮想通貨関連のライターとして独立。海外移住が趣味で、カナダ・オーストラリア・アメリカ・オランダなどを転々としている。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル