Select Language

Galaxy DAOがトレーディングチャレンジの一般応募。トレードコンテスト中止が背景か

Galaxy DAOがトレーディングチャレンジの一般応募。トレードコンテスト中止が背景か

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.05.30 00:23
Galaxy DAOがトレーディングチャレンジの一般応募。トレードコンテスト中止が背景か

update 2024.05.30 00:23

Galaxy Dao(ギャラクシーダオ)から旧GEMFOREX(ゲムフォレックス)ユーザーに向けて、トレーディングチャレンジの一般応募を開催する旨のメールが届いています。

以前まではクローズドな環境で参加者を募集していたことから、Galaxy Daoがトレードコンテストを再開できないことが、一般応募を開始した背景ではないかと考えられます。一般応募を開始したからといってGalaxy Daoの信頼性が高まったわけではないので、参加はなるべく避けるべきでしょう。

Galaxy DAOがトレーディングチャレンジの一般応募を開始

Galaxy DAO(ギャラクシーダオ)がGPAC(ゴールド・プロアカウント・チャレンジ)および、PPAC(プラチナ・プロアカウント・チャレンジ)の一般応募を開始したようです。

応募期間は、5月1日から5月7日までの1週間となっています。

GPACとPPACの概要

GPACとPPACは、Galaxy DAOが提供するトレーディングチャレンジです。

トレーディングチャレンジでは、まずデモトレードで利益率に関するチャレンジへ挑戦します。そして損失率に関するルールを守りながら、10%の利益率を達成すると、Galaxy DAOが提供するリアル口座で運用を開始でき、運用益の80%を受け取れるようになります。

GPACとPPACの参加費用や取引条件は以下の通りです。

項目 GPAC PPAC
参加費用 200USDTまたは200stGBOND 1,000USDTまたは1,000stGBOND
FXGT 1万ドル 10万ドル

GPAC

参加費用 200USDTまたは200stGBOND
初期の取引資金 1万ドル

PPAC

参加費用 1,000USDTまたは1,000stGBOND
初期の取引資金 10万ドル

2024年2月時点では、GBONDを使ってもトレーディングチャレンジへ参加できました。しかし、意図は不明ですが、今回はUSDTまたはstGBONDのみが参加費用として使えるようです。

point GBONDとは

GEMFOREXから引き継いだ債権を管理するためにGalaxy DAOが発行するトークンです。GBONDのロックを解除した場合、USDCの借入機能やステーキングを利用できるようになりますが、一度解除すると再ロックはできません。

stGBONDは、ロックを解除したGBONDをステーキングすることで利息として支払われるトークンです。

GBONDのロックを解除することはGEMFOREX(ゲムフォレックス)の債権を捨てることと同意義です。したがって返金を求める旧GEMFOREX(ゲムフォレックス)のユーザーにとっては、実質USDTのみでしか参加できないといっていいでしょう。

トレードコンテストを再開できないことが理由か

トレードコンテストを再開できないことが、トレーディングチャレンジの一般応募を開始した理由の1つではないかと考えられます。

今回の一般応募が実施される前までは、トレードコンテストで獲得できる賞品など、クローズドな環境でトレーディングチャレンジへの参加が募集されていました。しかしGalaxy DAO(ギャラクシーダオ)は、システム改修を理由に2024年3月のトレードコンテストを中止しています。

2024年5月時点においても、トレードコンテストの共催であるVFundProのシステムサポートが未完成であることが原因で、再開できていないようです。

トレードコンテストを通じてトレーディングチャレンジへの参加を促せなくなったことから、一般応募を開始したと考えられます。

トレーディングチャレンジへの参加は避けるべき

一般応募が開始されたことで、誰でもGalaxy Dao(ギャラクシーダオ)のトレーディングチャレンジへ挑戦できるようになりましたが、参加は避けるべきでしょう。

2023年末にGEMFOREX(ゲムフォレックス)がホームページを閉鎖して以来、未だ返金は予定されていません。そして今回のトレーディング大会と同様、GBONDのロックを解除して債権を放棄させるような行為を続けていることからGalaxy Daoの信頼性は低いといえます。

またトレードチャレンジで使われる取引プラットフォーム「GooeyTrade」の評判の悪さからも、到底トレーダーが望む取引環境が整っているとはいえないのです。

Galaxy Daoの信頼性の低さと取引環境の不十分さを考えると、USDTを使って挑戦できるからといって、無理に参加する必要はないといえます。


Date

作成日

2024.05.07

Update

最終更新

2024.05.30

Myforex編集スタッフーFX担当ー

短期が中心のトレーダーや中長期が中心のトレーダー、元プロップトレーダー、インジケーターやEAの自作を行うエンジニアなどが在籍。資金を溶かした失敗や専業トレーダーに転身した経験など、実体験も踏まえてコンテンツを制作している。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル