Select Language

Exnessのソーシャルトレーディングは稼げる? 仕組みやメリット・デメリットを解説

Exnessのソーシャルトレーディングは稼げる? 仕組みやメリット・デメリットを解説

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.10.02 10:19
Exnessのソーシャルトレーディングは稼げる? 仕組みやメリット・デメリットを解説

update 2023.10.02 10:19

Exness(エクスネス)ではソーシャルトレーディングサービスを提供しています。コピーした優秀なプロバイダーと同じ取引が自分の口座でもできるため、初心者でも稼げるか興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、Exnessのソーシャルトレーディングの仕組みやメリット・デメリットを解説するほか、戦略プロバイダーの選び方も紹介します。

Exnessのソーシャルトレーディングの仕組み

海外FX業者のExness(エクスネス)が提供しているソーシャルトレーディングとは、経験豊富なトレーダーの戦略をコピーして、自身の口座で同じ取引を自動的に実行するサービスです。

コピートレードと呼んでいるFX業者もありますが、大きな違いはありません。Exnessのソーシャルトレーディングでは、以下のような仕組みにより利益を得られます。

Exnessのソーシャルトレーディングの仕組み

コピーしたプロバイダーが優秀であれば、資金を大きく増やすことも可能です。実際にExnessのプロバイダーには、8ヶ月で4,000%以上の利益をあげている方もいます。

ソーシャルトレーディングを利用すれば、投資に関する知識や経験がなくてもFXを始められるので、初心者でも利益をあげられる可能性があります。

Exnessでソーシャルトレーディングをするメリット

Exness(エクスネス)のようなソーシャルトレーディングを提供しているFX業者はほかにもあります。競合他社と比べてExnessのサービスにはどのようなメリットがあるのか、順番に見ていきましょう。

10ドルから始められる

投資家としてExnessのソーシャルトレーディングを利用する場合、10ドルから取引を始めることが可能です。投資家の取引ロット数は、コピー比率によって決定されます。コピー比率の算出方法は以下の通りです。

投資口座の有効証拠金÷(戦略プロバイダーの口座の有効証拠金+スプレッドコスト)

point 有効証拠金とは?

有効証拠金とは、FXや商品先物などで証拠金取引を行う際に、取引業者に預け入れた証拠金から含み損益を足し引きした金額のことをいいます。証拠金取引では、投資家は預け入れた証拠金を担保として、その範囲内で取引を行うことができますが、証拠金がどれくらいあるかはこの有効証拠金で判定されます。

例えば、トレーダーの有効証拠金が1,000ドル、戦略プロバイダーの有効証拠金が10万ドルの場合(計算の簡略化のためにスプレッドコストは含まない場合で考える)のコピー比率は0.01です。

1,000ドル÷(10万ドル+スプレッドコスト) =
0.01

数値 =
数値 ÷ 数値 × 数値

したがって、戦略プロバイダーが10ロットの取引をした場合、投資家の口座では0.1ロットで取引が実行されます。

レバレッジが高いため、大きな利益を狙える可能性がある

Exnessのソーシャルトレードのレバレッジは最大200倍となるため、資金の少ない人であっても、多くの利益を狙える可能性があります。1ヶ月でリターン率900%以上の実績がある戦略プロバイダーもいるので、効率的に資金を増やせるでしょう。

ただし、レバレッジは戦略プロバイダーが選択するため、トレーダーでは決められません。また、Exnessのソーシャルトレーディングは、他社のコピートレードよりもレバレッジが抑えられています。

戦略プロバイダーが認証済みトレーダー

戦略プロバイダーとして登録するためには、個人情報や経済状況プロフィールを入力した上で、本人確認書類と住所証明書類の認証を受けたExness口座の登録が必須となります。つまり、身元の確認が取れているトレーダーだけが、戦略プロバイダーになれるのです。

また、戦略プロバイダーが提供している戦略のパフォーマンスも公開されています。戦略プロバイダーのリターンの推移グラフはもちろん、注文履歴やリスクスコアといった情報も確認できます。

point リスクスコアとは?

リスクスコアとは、余剰証拠金をもとにロスカットされる危険度を数値化している指標です。リスクスコアは10段階あり、1〜5で中程度、6〜8で高い、9〜10は非常に高いと評価されます。

あらかじめリスクスコアを確認することで、多くの資金を失う可能性があるリスクの高い戦略を避けられる可能性があります。

リスクスコアが9以上になった戦略プロバイダーについては、デフォルトで非表示になります。そのため、証拠金を全額失うほど危険なトレードをしている戦略プロバイダーを避けられる可能性は高くなります。

裁量トレードのコピーもできる

Exnessのソーシャルトレーディングの戦略プロバイダーは、裁量トレードができます。一般的にはEAを使った自動売買が主流ですが、相場環境が大きく変わると口座の証拠金を全額失うほどの損失を被ることもあります。

point EAを使った自動売買とは?

EA(エキスパートアドバイザー)を使った自動売買とは、MT4やMT5などにEAと呼ばれるルールやロジックを組み込んだソフトをダウンロードした上で自動売買を行う方法のことです。

裁量トレードを行っている戦略プロバイダーであれば、相場状況に応じてロットを落としたり、トレード自体を止めるなどの柔軟な対応が可能なので、致命的な損失を避けられるでしょう。

したがって、長期の自動売買を行う場合は、裁量トレードを行っている戦略プロバイダーをコピーすることで、EAを使った方法よりも安定的に稼げる可能性があります。

情報量が豊富で戦略プロバイダーを選びやすい

Exnessのソーシャルトレーディングは、手数料や最高利益率などさまざまな項目を確認しながら戦略プロバイダーを選べます。

過去の成績やフォローしている投資家の数なども確認できます。情報量が豊富なため戦略プロバイダーを選びやすい点もExnessのソーシャルトレーディングのメリットといえるでしょう。

Exnessのソーシャルトレーディングのやり方

Exness(エクスネス)のソーシャルトレーディングに興味はあるけど、やり方がわからない方もいるでしょう。そこで、Exnessのソーシャルトレーディングのやり方を紹介します。

Exnessのアカウントを作成してアプリをダウンロードする

Exnessでソーシャルトレードをはじめるには、Exnessのアカウントが必要です。事前にExnessのアカウントを作成しておきましょう。

口座開設の手順については関連記事をご覧ください。

また、投資家としてExnessでソーシャルトレードを利用する場合、スマホアプリからしか利用できません。PCからコピーの開始・停止や入出金などの操作はできないので注意しましょう。

iPhoneの場合はAppStore、Androidの場合はGoogle Playからアプリをダウンロードしましょう。

例えば、AppStoreからダウンロードする場合は、検索画面に「exness social trading」と入力すれば、ソーシャルトレードのアプリが表示されるのでインストールしましょう。

Exness Social Tradingアプリ

ウォレットへ入金する

Exness Social Tradingのダウンロードが完了したら、ウォレットへ入金しましょう。

手順1

アプリを起動したら、画面の右下にある人型のマークをタップします。

Exness人型マーク

手順2

以下の画面に切り替わるので「入金する」をタップしましょう。

Exness入金

入金方法の選択画面に移動します。アカウントの認証が完了していない状態で選択できるのは、bitwalletと銀行送金(2種類)、SticPayで入金条件は以下の通りです。

入金方法 平均反映時間 手数料 入金可能額
bitwallet 即時 0% 10ドル〜2万3,000ドル
Offline Bank transfer♯3
(銀行送金)
1時間 0% 80ドル〜6,500ドル
Bank transfer♯2
(銀行送金)
1時間 0% 10ドル〜3,000ドル
SticPay 即時 0% 10ドル〜1万ドル

平均反映時間

bitwallet 即時
Offline Bank transfer♯3
(銀行送金)
1時間
Bank transfer♯2
(銀行送金)
1時間
SticPay 即時

手数料

bitwallet 0%
Offline Bank transfer♯3
(銀行送金)
0%
Bank transfer♯2
(銀行送金)
0%
SticPay 0%

入金可能額

bitwallet 10ドル〜2万3,000ドル
Offline Bank transfer♯3
(銀行送金)
80ドル〜6,500ドル
Bank transfer♯2
(銀行送金)
10ドル〜3,000ドル
SticPay 10ドル〜1万ドル

ほかにも銀行のキャッシュカードや暗号資産で入金可能ですが、事前に認証が必要です。

手順3

利用したい入金方法をタップします。

Exness入金方法を選択

手順4

決済方法や入金先口座、金額の入力画面が表示されます。画面の指示に従って入力を済ませましょう。最後に「続ける」をタップします。

Exness入金額入力

手順5

入力内容に問題がなければ「確定」をタップし、入金を確定します。

Exness入金確定

戦略プロバイダーを選択する

ここからは戦略プロバイダーを選択して、投資家としてソーシャルトレーディングを始める手順を紹介します。

手順1

まずトップ画面からスライドしていき、戦略プロバイダーを探しましょう。以下のようなフィルターを使用して戦略プロバイダーを絞り込むこともできます。

  • 通貨別
  • 登録者の数
  • 中程度のリスクでの利益率
  • 月ごとの最高利益率
  • 過去3ヶ月の最高利益率
  • 低手数料
  • 新戦略

コピーしたい戦略プロバイダーを見つけたらそのプロバイダー上でタップします。

Exness戦略プロバイダー選択

手順2

プロバイダーの情報が表示されるので、一番下にある「コピーを開始する」をタップします。

Exness戦略プロバイダー詳細

手順3

続いて金額を入力してから再度「コピーを開始する」をタップします。以上で戦略プロバイダーのコピーが完了します。

利益が出たら出金する

出金する手順を解説します。

手順1

ポートフォリオタブをタップします。

Exnessポートフォリオ

手順2

ウォレットをタップして、画面に表示された「出金する」を選択しましょう。入金時に利用した方法にもとづいて決済方法を選択できます。出金額と通貨を決めたら「続ける」をタップしましょう。取引の概要が表示されるので「確定」を押します。

手順3

アカウントに登録したメールアドレスかスマホのSMSへ認証コードが届くので、画面に入力してください。最後に認証をタップしたら出金完了です。

戦略プロバイダーを選ぶ際の画面の見方

戦略プロバイダーのページの見方を紹介します。プロバイダーを選ぶ上で重要な情報が多く含まれているページなので、コピーする前に必ずチェックしましょう。

概略

戦略プロバイダーのページをタップした際に最初に表示されるのが概略のページです。

Exness戦略プロバイダー概略

リスクスコア、リターン、コピーしている投資家の数などの情報が載っています。他にも手数料の高さやトレーディングの信頼性レベルなども参考になるでしょう。

統計データ

概要の1つ右側にある情報が統計データです。

Exness統計データ

統計データでは、リターンと有効証拠金の推移を確認できます。右肩上がりで伸びていれば、安定的に利益が増えている証拠です。一方で、上下の変動幅が大きいプロバイダーは、大きな損失を被る可能性があります。

また、月ごとの損益を確認することもできます。

Exness月ごとの損益

ニュースフィード

左から3番目のタブがニュースフィードです。ニュースフィードでは、戦略プロバイダーが投稿したメッセージを確認できます。

ニュースフィード

自動翻訳に対応しているので、外国語のニュースフィードでも日本語で確認できます。

​​注文数

一番右側のタブをタップすると注文数を確認できます。

注文数

注文数では、現在保有しているポジションと過去の注文履歴を確認できます。戦略プロバイダーを選ぶ際は、必ずポジションの保有状況に不自然な点がないか確認しましょう。

通算の利益率が高い戦略プロバイダーでも、大きな含み損を抱えている場合があります。また、勝率があまりにも高い場合や保有しているポジション数が多い場合、ナンピンをしている可能性があるので、注意しましょう。

point ナンピンとは?

ナンピンとは、相場の逆行時にポジションを追加していく投資手法のことです。売りポジションの場合は買い下がり、買いポジションの場合は売り上がりと呼ばれることもあります。

戦略プロバイダーとしての利用方法

Exness(エクスネス)のソーシャルトレーディングを利用するのであれば、戦略プロバイダーがどのようにサービスを利用しているのかも理解しておきましょう。

戦略プロバイダーとしてサービスを利用する際は、パーソナルエリアで戦略の名前や説明、手数料率などの設定を行います。また、ソーシャルトレードを始める際に以下の項目を設定できます。

  • 口座タイプ
  • 手数料
  • レバレッジ

戦略プロバイダーになるには、ソーシャルスタンダード口座かソーシャルプロ口座のいずれかを開設する必要があります。ソーシャルトレーディング用の口座では、FX・貴金属・仮想通貨の取引が可能です。

口座タイプ ソーシャルスタンダード口座 ソーシャルプロ口座
最低初回入金額(*1) 500ドル 500ドル
最低有効証拠金(*2) 500ドル 2,000ドル
戦略口座毎の
最低有効証拠金
100ドル 400ドル
最低取引量 0.01ロット 0.01ロット
注文方法 成行注文 成行注文、即時注文
スプレッド スタンダード口座と同じ プロ口座と同じ
レバレッジ
戦略作成時:50倍、100倍、200倍から設定可能
編集時:2倍から200倍で設定可能
戦略作成時:50倍、100倍、200倍から設定可能
編集時:2倍から200倍で設定可能
手数料 0%〜50% 0%〜50%

ソーシャルスタンダード口座

最低初回入金額(*1) 500ドル
最低有効証拠金(*2) 500ドル
戦略口座毎の最低有効証拠金 100ドル
最低取引量 0.01ロット
注文方法 成行注文
スプレッド スタンダード口座と同じ
レバレッジ
戦略作成時:50倍、100倍、200倍から設定可能
編集時:2倍から200倍で設定可能
手数料 0%〜50%

ソーシャルプロ口座

最低初回入金額(*1) 500ドル
最低有効証拠金(*2) 2,000ドル
戦略口座毎の最低有効証拠金 400ドル
最低取引量 0.01ロット
注文方法 成行注文、即時注文
スプレッド プロ口座と同じ
レバレッジ
戦略作成時:50倍、100倍、200倍から設定可能
編集時:2倍から200倍で設定可能
手数料 0%〜50%

(*1)2回目以降は入金方法により異なります。

(*1)最低有効証拠金以下になった場合、戦略は有効ではなくなります。

戦略プロバイダーが稼ぐためには、取引期間中(1ヶ月)の利益額が損失額を上回っていなければなりません。つまり、利益を出せる戦略プロバイダーしか、ソーシャルトレードで稼げない仕組みです。

取引期間終了時に利益が出ている場合は、手数料口座へ手数料が支払われます。

point 利益を得られる基準は重要

コピートレードの手数料体系には、月額制のものや勝った場合のみに手数料が必要になる成功報酬型のケースがあります。勝たなければ利益が発生しない成功報酬型のほうが、プロバイダーの本気度も変わります。

Exnessでソーシャルトレードをする際に考えておくべきリスク

Exness(エクスネス)でソーシャルトレードをする際には、いくつか考慮すべきリスクがあります。損益にも直結する内容なので、ソーシャルトレードで戦略プロバイダーをコピーする前に注意すべきポイントを理解しておきましょう。

手数料がかかる

ソーシャルトレードを利用して利益を得た場合は、コピーしている戦略プロパイダーに手数料を支払わなければなりません。Exnessの手数料率は、0%〜最大50%(5%刻み)で戦略プロバイダーが設定します。

手数料が高すぎる戦略プロバイダーを選んでしまうと、利益が大きく減少してしまいます。手数料の計算方法は、はじめて徴収される場合と2回目以降で計算方法が変わります

手数料を初めて支払う場合は、以下のように計算します。

(有効証拠金-投資の開始残高+戦略プロバイダーが出金した利益の割合)×手数料率 =
手数料(計算後の端数は切り捨て)

例えば、トレーダー口座の開始残高が1,000ドル、手数料率が20%のトレーダーをコピーして2,000ドルの利益を得た場合の手数料は400ドルです。

(3,000ドル-1,000ドル+0円)×20% =
400ドル

2回目以降に支払う手数料は、以下のように計算します。

有効証拠金+戦略作成後の全取引期間に支払われた手数料の総額-投資の開始残高+戦略プロバイダーが出金した利益の割合)×手数料率-戦略作成後の全取引期間に支払われた手数料の総額

過去に100ドルの手数料を支払ったトレーダーの開始残高が1,000ドル、手数料率が20%の戦略プロバイダーをコピーして、2,000ドルの利益を得たとします。加えて戦略プロバイダーが過去に300ドルを出金したことがあるケースでの手数料を計算してみましょう。

この場合に戦略プロバイダーへ支払う手数料は380ドルとなります。

(3,000ドル+100ドル-1,000ドル+300ドル)×20%-100ドル =
380ドル

ただし、戦略プロバイダーをコピーしている期間中の利益が損失を上回っていない場合は、手数料を支払う必要はないのでご安心ください。

point 手数料が徴収されるタイミング

手数料が徴収されるタイミングは2つあります。1つ目は取引期間が終了したタイミングで毎月最終金曜日の23時59分59秒(日本時間の9時間前)です。取引期間の終了前にプロバイダーのコピーを解除した場合は、その時点で手数料が徴収されます。

必ず利益を得られるわけではない

戦略プロパイダーをコピーしても必ず利益が得られるわけではないので注意しましょう。

フィルター検索をしなければ、リターンの良いプロバイダーしか表示されません。しかし、成績の悪いプロバイダーもいるので、100%利益を得られるとは思わないようにしましょう。

特にリスクスコアの高いプロバイダーをコピーすると、ロスカットされる危険性が高いため、負けた時に大きな損失を被る可能性があります。

トレード技術は身につかない

Exnessのソーシャルトレーディングで長期間利益を得られたとしても、投資家自身のトレード技術は向上しません。なぜなら、トレードをしているのはコピーした戦略プロバイダーなので、投資家が判断する機会はないためです。

長期間トレードの世界で利益を出したいのであれば、ソーシャルトレードと並行して自分自身でトレードをしましょう。

Exnessのソーシャルトレーディングで利益を狙うポイント

Exness(エクスネス)のソーシャルトレーディングには、トレード経験が豊富な戦略プロバイダーも参加しています。しかし、すべての戦略プロバイダーが良い成績を残せるとは限りません、また、投資である以上は、将来的に成績が悪化する戦略プロバイダーもいるでしょう。

そこで、Exnessのソーシャルトレーディングで利益を狙うポイントを解説します。

必ず長期間の成績も確認する

戦略プロバイダーを選ぶ際には、必ず長期間の成績を確認しましょう。なぜなら、数週間や1ヶ月前後のリターンが高くても、相場環境の変化次第で成績が悪化するトレーダーもいるからです。

もちろん、少額でリスクを取って短期間で大きい利益を狙うといった使い方も可能です。しかし、1ヶ月よりも3ヶ月以上高いリターンを残し続けているプロバイダーを選んだほうが、ロスカットにより大きな損失を被る可能性は低くなります。

Exnessソーシャルトレーディングには、3年以上利益を出している戦略プロバイダーも登録しています。

最初はリスクが低く手数料が安いプロバイダーを選ぶ

ソーシャルトレードで長く稼ぎ続けるためには、ドローダウンを避ける必要があります。

point ドローダウンとは

ドローダウンとは、資産運用の損益グラフにおいて、最高値をつけたところからの下落率やその金額のことをいいます。例えば、資産が最大1,000万円まで増えていたところから800万円まで、差額としては200万円落ち込んでしまった場合、1,000万円に対する200万円ということで20%のドローダウンと表現します。

戦略プロバイダーがリスクを取り過ぎた場合、ロスカットにより戦略をコピーしている投資家の成績も悪化するでしょう。

特に初心者はリターンの大きさよりもリスクが低いプロバイダーを選んだほうが、生き残れる確率は高くなります。最初はリスクスコア1〜5程度のプロバイダーを選びましょう。

また、手数料率が高すぎるプロバイダーを選んだ場合、得られる利益が減ってしまいます。手数料率とトレードの成績をもとに慎重にプロバイダーを選ぶべきです。

FX取引をする時間がない人はソーシャルトレードを検討

Exness(エクスネス)のソーシャルトレーディングを利用すれば、FXについて勉強したり取引したりする時間がない人でも利益を得られる可能性があります。また優秀な戦略プロバイダーさえ見つけることができれば、基本的に放置するだけで利益を得られるので、精神的な負担はかからないでしょう。

ただし、相場環境の変化で成績が悪化するプロバイダーも多くいます。また、ソーシャルトレードを利用してもトレード技術が身につくわけではないという点も理解しておきましょう。

FXに興味はあるものの、勉強する時間がないという人はソーシャルトレーディングの利用を検討するもの良いでしょう。


Date

作成日

2023.10.02

Update

最終更新

2023.10.02

Myforex編集スタッフーFX担当ー

FXトレード歴7年で、海外FX業者の利用経験が豊富。テクニカル分析を用いた短期トレードが得意で、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)を取得。テクニカル分析からFX業者比較まで、FX関連の幅広い記事の執筆を行う。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨5IREが登場!参加方法を解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨5IREが登場します。5IREは、レイヤー1ブロックチェーン5ireChainのネイティブトークンです。開始日時は2023年11月30日午前9時です。
update2023.12.01 21:00

Zoomexがゲームローンチ祭りを開催!To The Moonをプレイすると10USDTの現物が抽選でもらえる!

Zoomexが、To The Moonのローンチを記念して、ゲームローンチ祭りを開催しました。累計100ドル以上を入金し、To The Moonを10回以上プレイすると、10USDTの現物が抽選でもらえます。期間は2023年12月15日午前9時までです。
update2023.12.01 19:30

TradingViewでおすすめの出来高・価格帯別出来高インジケーターは?

TradingViewのチャートに出来高と価格帯別出来高を表示できるおすすめのインジケーターを紹介します。内蔵インジケーターの特徴や使い方を解説するほか、公式に認定されたおすすめのコミュニティスクリプトもいくつか紹介します。
update2023.12.01 19:00

XMTradingがお年玉プロモーションを実施

海外FX業者XMTradingは、2023年11月30日〜12月31日までの期間限定で、お年玉プロモーションを実施すると発表しました。100名が1,000ドルの現金を受け取れるキャンペーンで、100%入金ボーナスも同時提供されます。
update2023.11.30 21:00

GEMFOREXが決済代行会社に対して3,446万ドルの損害賠償を請求

Galaxy DAOが元GEMFOREXユーザー宛に、アメリカでの訴訟に関するメールを配信しました。GEMFOREXを運営していたGemTrade LLCが、決済代行会社に対して、損害賠償を請求するために現地の法律事務所を通じて訴訟を起こしたとされています。
update2023.11.29 21:00

FXDDがFXトレードチャレンジ2023を開催!賞金総額は200万円

海外FX業者のFXDDが、FXトレードチャレンジ2023を開催しています。FXトレードチャレンジ2023は、リアル口座を使ったトレードコンテストで、上位に入賞すると賞金が授与されます。コンテストの概要・条件をまとめました。
update2023.11.27 20:00

Fren Pet(フレンペット)は稼げる?SNSで話題のブロックチェーンゲームの遊び方や将来性

Fren Petは、Base上で開発されている「ブロックチェーン版のたまごっち」と呼ばれるゲームです。SNSでも話題となっていますが、本当に稼げるのでしょうか?当記事では、Fren Petの稼ぎ方や遊び方、将来性、仮想通貨FPなどについて解説します。
update2023.11.22 21:00

仮想通貨PYTHの将来性は?使い道やPyth Networkの特徴を解説

仮想通貨(暗号資産)PYTH(ピス)は、ソラナ(Solana)を基盤とするオラクルネットワーク「Pyth Network(ピスネットワーク)」が発行した独自トークンです。
update2023.11.22 20:30

FXGTが100%次回入金ボーナスキャンペーンを開催中!

海外FX業者のFXGTが、2023年11月27日まで100%次回入金ボーナスキャンペーンを開催しています。キャンペーン期間中に入金すると最大で120万円のボーナスが付与されます。ボーナスを受け取る条件や注意点などをまとめました。
update2023.11.22 20:00

仮想通貨TSUGT(ツバサガバナンストークン)の将来性は?キャプテン翼 -RIVALS-の評判や特徴を解説

2023年11月14日、ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」の仮想通貨「TSUGT」がBITPOINTに上場しました。この記事では、仮想通貨TSUGTの将来性やキャプテン翼-RIVALS-の特徴などを解説します。
update2023.11.21 21:00
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル