Select Language

Bitgetステーキングとは?セービングのやり方や利回りを解説

Bitgetステーキングとは?セービングのやり方や利回りを解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2024.01.26 16:08
Bitgetステーキングとは?セービングのやり方や利回りを解説

update 2024.01.26 16:08

海外取引所のBitget(ビットゲット)では、「セービング」「PoSステーキング」「BGBステーキング」「BGB Earn」という4つのステーキングサービスを提供しています。

特に「セービング」は39種類もの仮想通貨(暗号資産)を取り扱っており、手軽に利息を得られる人気商品となっています。ここ最近話題のBRC-20トークンが取り扱いされているのも魅力の一つでしょう。

この記事では、Bitgetのステーキングサービスの仕組みや年間利回り、他社サービスとの比較などを紹介します。(*1)

(*1)本記事の情報は、2023年5月30日時点のものです。

Bitgetのセービングとは

セービングは、Bitget(ビットゲット)が提供する最もスタンダードなステーキングサービスです。Bitgetに仮想通貨(暗号資産)を預けることで、利息収入を得られます。

セービングとは

なお、セービングは一般的なPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のステーキングではありません。プラットフォームに資産を預け、金利収入を得る「レンディング」と同じサービスです。

point 仮想通貨レンディングとは

仮想通貨レンディングとは、保有する仮想通貨を貸し出して金利を得られるサービスです。仮想通貨を貸し出すだけでなく、金利を支払って借り入れることもできます。

フレキシブルと固定の2種類がある

Bitgetのセービングには、フレキシブルと固定の2種類があります。

フレキシブルと固定

「フレキシブルセービング」は、いつでも仮想通貨を引き出せるステーキングサービスです。仮想通貨の価格が大きく変動したタイミングで引き出して売却するなど、柔軟な運用ができます。また、利息は預け入れた翌日から計算され、翌々日から毎日現物口座に入金されます。自動振替を有効にすると、毎日現物口座からフレキシブルセービングに自動入金できるため、利息の複利運用が可能です。

一方「固定セービング」は、「7日」「14日」「30日」「60日」などのロック期間があるステーキングサービスです。ロック期間中は資金が固定されるものの、フレキシブルセービングよりも高いAPR(年間利回り)が設定されています。

ただし、ロック期間を待たずに固定セービングを解除することも可能です。当記事執筆時点では、全ての固定セービング銘柄が早期償還に対応しています。しかし、早期償還すると違約金が発生する可能性があるため、注意が必要です。例えば、イーサリアム(ETH)の早期償還では、獲得した利息の100%が控除される仕様になっています。

point APRとAPY

年間の獲得報酬量を表す単位には、主にAPRとAPYが用いられます。APRは複利を考慮せずに計算されますが、APYの計算では複利が考慮されます。そのため同じ報酬額でも、どちらを用いて表すかによって数値が変わります。単位に何を用いるかは取引所によってさまざまです。

仮想通貨を高利回りで運用したい方にとって、固定セービングは魅力的な商品になるでしょう。

セービングできる仮想通貨銘柄

Bitgetのセービングでステーキングできる銘柄は39種類あります。ここでは、主な仮想通貨銘柄とそれぞれの年利を紹介します。

通貨名 年利(APR)
BGB
・フレキシブル:1.50%
・固定:4.00〜5.00%
BTC
・フレキシブル:1.10〜1.50%
・固定:6.50〜7.50%
ETH
・フレキシブル:0.50〜4.00%
・固定:7.50〜10.00%
USDT
・フレキシブル:1.50~8.00%
・固定:10.00〜15.00%
USDC
・フレキシブル:0.30~8.00%
・固定:7.50〜10.00%
ARB ・フレキシブル:0.20~1.50%
SUI ・フレキシブル:4.10%
DONS ・フレキシブル:20.00~200.00%
PIZA ・フレキシブル:5.00~80.00%

ETH・USDT・USDCなど一部のフレキシブルステーキング銘柄は、預け入れる数量によって年利が変化する仕組みとなっています。また、DONSの年間利回り200%のように、定期的に年利を大幅に上げるキャンペーンも実施されます。

BRC-20のPIZAトークンなどめずらしい銘柄を取り扱っている点も、Bitgetセービングの特徴といえるでしょう。

人気銘柄は売り切れの可能性もある

セービング取り扱い銘柄の中でも、人気が高いものは売り切れになる可能性があります。特に、年利を大幅に上げているキャンペーン銘柄などは枠が限られているため、気になる銘柄は早めに預け入れましょう。

売り切れの銘柄

売り切れになっている銘柄は、セービングの画面で「完売」と表記されます。

BitgetのPoSステーキングとは

PoSステーキングは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用するブロックチェーンのネットワーク承認に貢献し、報酬を得る仕組みのことです。

point PoSとは

PoSはブロック生成ルールの1つです。ビットコイン(BTC)などが採用するPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と比較して、電力消費が少ない点や拡張性が高い点などで注目されています。

PoSステーキングとは

通常、PoSブロックチェーンのステーキングに参加するには、自分でバリデーターノードを立ち上げる必要があります。しかし、PoSステーキングではBitget(ビットゲット)が仲介となり、ユーザーに代わってステーキングしてくれます。

そのため、ユーザーはプラットフォーム上で仮想通貨(暗号資産)を預けるだけで、手軽にステーキング報酬を獲得できます。

point バリデーターとは

一般的な意味でのバリデーターとは、仮想通貨ブロックチェーンのブロック生成やトランザクション(取引)データの内容が正しいのかを検証し承認するノード(端末)のことです。

主にコンセンサスアルゴリズムにPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用する仮想通貨で採用されており、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)でマイニングを行うマイナーと同様の役割を担っています。

当記事執筆現在、取り扱い銘柄は2種類しかありませんが、比較的高い利回りを得られる可能性があります。

ステーキング報酬はネットワークに依存

PoSステーキングは、セービングのように固定の利回りが得られるわけではありません。利回りは各ブロックチェーンネットワークに依存しており、常に変動します。

そのため、Bitgetのサイト上では「推定APR」という形で表記されています。

ステーキングできる仮想通貨銘柄

PoSステーキングで預けられる銘柄は、以下の通りです。

通貨名 推定年利(APR)
ATOM 18.00〜22.00%
KAVA 13.00%

ステーキングを解除しない限り、報酬の利息を得られ続けます。なお、いずれの仮想通貨も21日間の償還期間があるため、ステーキングを解除してから21日後に元本と利息が現物口座に支払われます。また、獲得した利息の5%がBitgetのサービス手数料として差し引かれるので注意してください。

通常よりも資金を早く返却してくれる「スピード償還」という仕組みもあります。スピード償還はステーキングした7日後から利用可能であり、約10分で元本と利息を返還してくれます。しかし、スピード償還を使うと追加で10%の手数料が差し引かれます。

BitgetのBGBステーキングとは

BGBステーキングは、Bitget(ビットゲット)独自の取引所トークンBGBを預け入れると、出金時の手数料(ガス代)が無料になるサービスです。

point 取引所トークンとは

取引所トークンは各取引所が発行する独自仮想通貨を指します。保有者には取引手数料の割引やIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)への参加権などの特典が付与されます。有名なものとしては、BinanceのBNBがあります。

​​無料の出金回数は、ステーキングしているBGBの数量で変化します。

レベル 1日の無料出金回数 BGBのステーキング数量
1 1回 2,500 BGB
2 3回 12,500 BGB
3 10回 60,000 BGB
4 30回 240,000 BGB
5 100回 1,000,000 BGB

レベル 1

1日の無料出金回数 1回
BGBのステーキング数量 2,500 BGB

レベル 2

1日の無料出金回数 3回
BGBのステーキング数量 12,500 BGB

レベル 3

1日の無料出金回数 10回
BGBのステーキング数量 60,000 BGB

レベル 4

1日の無料出金回数 30回
BGBのステーキング数量 240,000 BGB

レベル 5

1日の無料出金回数 100回
BGBのステーキング数量 1,000,000 BGB

ただし、全ての仮想通貨(暗号資産)の出金手数料が無料になるわけではありません。ビットコインネットワークのBTCや、LUNCやBABYDOGEなどのバーン(焼却)機能を備えている仮想通貨は出金手数料無料の対象外となっています。

point バーン(焼却処理)とは

バーンとは、仮想通貨を永久に使えなくする行為を指します。仮想通貨を特定のウォレットに送ることで、実行できます。そのウォレットの秘密鍵は、開発者を含めて誰も知りません。すなわち、送金したら最後、その中の仮想通貨は二度と使えなくなるため、あたかも紙幣が焼却(バーン)されたのと同様になります。

ステーキングしたBGBには2.0%の利回りが付与

ステーキングしたBGBには、2.0%の利回りが付与されます。ステーキングした翌日から利息が計算され、翌々日から現物口座にBGBが毎日入金されます。利息を獲得しながら、出金手数料を無料にできるのはメリットといえるでしょう。

BGBを出金したい場合は、償還手続きをすることで8日以内に返還されます。また、2.0%の手数料を支払うと10分で償還できる即時償還も利用可能です。

BGB Earnとは

Bitgetでは、BGB Earnというステーキングサービスも提供しています。BGBトークンを預け入れると、期間に応じて利回りを獲得することが可能です。機能的にはセービングと大きく変わりませんが、比較的高めの利回りが用意されています。

当記事執筆現在、BGB Earnの専用ページで確認できる利回りは下記の通りです。

預け入れ期間 年利(APR)
7日間 6.00%
3日間 3.50%

預け入れ期間は短く、基本的には短期での運用がメインの商品です。また、今後はBGB Earnを指定の期間利用すると、BGBを割引価格で購入できる権利も付与される見込みです。

なお、BGB Earnは当記事執筆現在、完売となっています。2022年4月と5月に1回ずつ売り出されて以降は、1年以上サービス提供されていません。

他社ステーキングサービスとの比較

ステーキングで得られる金利は、利用する取引所によって大きく異なります。ここでは、Bitget(ビットゲット)と大手取引所Bybit(バイビット)のステーキングの年利を比較します。

なお、比較する銘柄は時価総額の大きいものに絞っています。

Bitget Bybit
BTC
・フレキシブル:1.10〜1.50%
・固定:6.50〜7.50%
・積立:0.10〜1.50%
・定期:1.50〜1.80%
ETH
・フレキシブル:0.50〜4.00%
・固定:7.50〜10.00%
・積立:0.10〜2.50%
・定期:1.50%〜1.80%
USDT
・フレキシブル:1.50~8.00%
・固定:10.00〜15.00%
・積立:0.60~5.50%
・定期:2.50~3.00%
USDC
・フレキシブル:0.30~8.00%
・固定:7.50〜10.00%
・積立:1.80~8.00%
XRP ・フレキシブル:0.40% ・積立:5.50%
ADA ・フレキシブル:2.00%
・積立:2.00%
・定期:4.30%
MATIC ・フレキシブル:3.00% ・積立:1.65%
AVAX ・フレキシブル:2.00% ・積立:3.80%

Bitget

BTC
・フレキシブル:1.10〜1.50%
・固定:6.50〜7.50%
ETH
・フレキシブル:0.50〜4.00%
・固定:7.50〜10.00%
USDT
・フレキシブル:1.50~8.00%
・固定:10.00〜15.00%
USDC
・フレキシブル:0.30~8.00%
・固定:7.50〜10.00%
XRP ・フレキシブル:0.40%
ADA ・フレキシブル:2.00%
MATIC ・フレキシブル:3.00%
AVAX ・フレキシブル:2.00%

Bybit

BTC
・積立:0.10〜1.50%
・定期:1.50〜1.80%
ETH
・積立:0.10〜2.50%
・定期:1.50%〜1.80%
USDT
・積立:0.60~5.50%
・定期:2.50~3.00%
USDC ・積立:1.80~8.00%
XRP ・積立:5.50%
ADA
・積立:2.00%
・定期:4.30%
MATIC ・積立:1.65%
AVAX ・積立:3.80%

銘柄にもよりますが、BitgetのフレキシブルステーキングとBybitの積立ステーキングの年利にそこまで大きな違いはありません。ロック期間のあるステーキングに関しては、Bitgetの方が全体的に高めの年利を提供しています。

しかし、Bitgetの固定ステーキングは7日、14日と預け入れ期間が短い銘柄が大半です。また、人気銘柄は売り切れになるケースも多く、金利は変動する可能性があります。そのため、常に高い年利で運用できるとは限りません。

一方、Bybitの定期ステーキングの預け入れ期間は30日、もしくは60日です。年利はやや低めではあるものの、固定金利で長期運用したい方はBybitの方が使いやすいでしょう。

Bitgetのセービングのやり方

ここでは、利用シーンが多いと思われるセービングの手順を紹介します。

預ける方法

Bitget(ビットゲット)のセービングで、仮想通貨(暗号資産)を預ける方法は以下の通りです。

  1. Bitgetにアクセスする
  2. 銘柄を選ぶ
  3. 預け入れ期間などを選ぶ
  4. 預け入れ数量を選ぶ

以降で、より細かく説明します。

手順1

Bitgetにアクセスします。

手順2

「Bitget Earn」にカーソルを合わせて「セービング」をクリックします。

Bitgetトップページ Bitgetトップページ

手順3

まず、預けたい銘柄を見つけます。銘柄が見つからないときは、画面右側にある検索窓を使ってみても良いでしょう。

ここではUSDTのステーキングをする想定で進めます。USDTを預ける場合は、「申し込むv」ボタンをクリックします。

Bitgetセービングの銘柄検索 Bitgetセービングの銘柄検索

ボタンの文言が「申し込むv」ではなく「申し込む」の場合は、ボタンをクリックする前に、条件を設定する必要があります。設定方法は次項(「手順4」)の方法と同じです。

手順4

以下のように条件を設定して、手続きを進めます。

Bitgetセービングの期間選択 Bitgetセービングの期間選択

番号

項目

説明

1

期間

「フレキシブル」もしくは預け入れ期間を選びます。

2

自動振替

有効化すると、複利での運用が可能になります。(*1)

3

申し込む

期間や自動振替の設定後にクリックしてください。

(*1) 有効化された状態の場合、現物口座内の利用可能なトークン残高が、毎日自動で預けられます。

なお「VIP」ラベルが付いた商品は、一定条件を満たしたVIPユーザー専用です。一般ユーザーは利用できません。

手順5

預け入れる数量を入力し、規約を確認します。規約の内容に関して問題がない場合、チェックを入れて「申し込み」をクリックします。

Bitgetセービングの数量入力

手順6

「申込に成功しました」と表示されれば、預け入れは完了です。

Bitgetセービングの預け入れ完了後画面

手順7

預け入れ内容はセービングページの右上に表示されます。「履歴」や「アカウント」をクリックすると、預け入れている残高や獲得した利息を確認できます。

Bitgetセービングの預け入れ状況確認

償還する方法

Bitgetに預け入れ中のトークンの償還方法は以下の通りです。

  1. Bitgetにアクセスする
  2. 預け入れ状況を確認する
  3. 償還する数量を入力する

なお、期間固定のセービングのために預けたトークンは、期間終了時に「フレキシブル」のセービングに使われます。

手順1

Bitgetにアクセスします。

手順2

「Bitget Earn」にカーソルを合わせて「セービング」をクリックします。

Bitgetトップページ Bitgetトップページ

手順3

画面右上にある「アカウント」をクリックします。

Bitgetセービングの預け入れ状況確認方法

手順4

償還したい銘柄を見つけ、右側にある「償還」をクリックします。

Bitgetセービングの預け入れ中の銘柄確認 Bitgetセービングの預け入れ中の銘柄確認

なお、期間固定のセービングを途中解約したい場合は、「定期」をクリックし、画面を切り替えて銘柄を探す必要があります。

Bitgetセービングの預け入れ中の銘柄確認 Bitgetセービングの預け入れ中の銘柄確認

手順5

償還したいトークン数量を入力し、規約を確認します。問題がないなら「確認」をクリックします。

Bitgetセービングの償還方法

手順6

これで償還は完了です。償還されたかどうかを確認するには、画面右上のアイコンにカーソルをあて、「現物」をクリックします。遷移先のページに償還分が反映されているはずです。

Bitgetセービング Bitgetセービング

多彩なステーキング機能を提供

Bitget(ビットゲット)では、セービングをはじめ合計4種類のステーキングサービスを提供しています。ステーキング金利も比較的高く、BGBステーキングなど独自性のある商品もあります。

Bitgetは、これからの3〜5年で世界のトップ3の仮想通貨(暗号資産)取引所になることを目指しています。顧客獲得のため、今後もステーキング機能を拡充していく可能性があるでしょう。


Date

作成日

2023.06.08

Update

最終更新

2024.01.26

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

2017年に初めてビットコインを購入し、2020年より仮想通貨投資を本格的に開始。国内外のメディアやSNSなどを中心に、日々最新情報を追っている。ビットコインへの投資をメインにしつつ、DeFiを使って資産運用中。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

Bybitローンチプールに仮想通貨PIRATEが登場!参加方法やPirate Nationの独自トークンについて解説

2024年6月13日、Bybit(バイビット)は、仮想通貨PIRATEをローンチプールの対象銘柄にすると発表しました。PIRATEは、海賊をテーマにしたブロックチェーンゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンです。
update2024.06.14 20:30

Babylonとは?ビットコイン向けステーキングプロトコルの特徴や将来性を解説

Babylonはビットコインのステーキングプロトコルです。2024年5月30日、7,000万ドルの大型資金調達を発表したことで注目が集まっています。当記事ではBabylonの特徴や将来性、SNSでの評判などを解説します。
update2024.06.14 20:00

Milton Marketsが6月の1万円FXチャレンジとXリポストキャンペーンを開催!

Milton Marketsが、1万円FXチャレンジを開催することを発表しました。チャレンジ条件を達成したトレーダー全員に50%入金ボーナスチケットが贈られます。また、ランキング上位に入賞すると最大で100万円が授与されます。
update2024.06.14 19:30

仮想通貨IOの将来性は?AIコンピューティングプラットフォームio.netについて解説

仮想通貨IOは、分散型AIコンピューティングプラットフォーム「io.net」のネイティブトークンです。 io.netは、未活用のGPUリソースを集約することで、大規模なコンピューティングパワーを提供できるネットワークの構築を目指しています。
update2024.06.12 20:30

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催!

IS6FXがクレジットカード入金キャンペーンを開催しています。クレジットカードで入金するだけで、入金額の1%のポイントが付与されます。通常よりもお得にポイントを獲得できます。IS6ポイントを貯めている方は、条件を確認しておきましょう。
update2024.06.12 20:30

ZoomexがZ-取引チャレンジ2024を開催!個人取引大会やラッキールーレットで最大賞金総額200万ドル

2024年5月31日、海外取引所のZoomex(ズーメックス)が、最大賞金総額200万ドルの「Z-取引チャレンジ2024」の開催を発表しました。大会は2024年6月5日から6月25日にかけて開催されます。Z-取引チャレンジ2024の大会内容や参加方法、注意点などを解説します。
update2024.06.12 20:00

Traders Trustがトレーディングコンテストを開催中!賞金5,000ドル獲得のチャンス

海外FX業者のTraders Trustがトレーディングコンテストを開催中です。コンテストは月間単位でトレードの成績を競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者には5,000ドルの賞金が授与されます。
update2024.06.12 19:00

Aptos(アプトス)対応ウォレットの作り方|ウォレットの種類やそれぞれの特徴も解説

Aptosは、旧Facebook出身者が開発したレイヤー1ブロックチェーンです。Aptos上のサービスを利用するために、様々な仮想通貨ウォレットが提供されています。この記事では、Aptosに対応するウォレットの概要や主要なAptos対応ウォレットについて解説します。
update2024.06.11 19:30

XS.comがスワップフリー口座をリリース!口座スペックはそのまま

XS.comが、2024年6月3日からスワップフリー口座を導入しました。XS.comで既に保有している口座、または新規開設口座へ自動的にスワップフリーが適用されます。口座スペックはスワップフリーが適用された口座のままなので、スプレッドが広がることはありません。
update2024.06.11 19:00

ワールドコイン(WLD)の換金方法は?日本円に現金化する手順を解説

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI社のCEOであるサム・アルトマン氏らが手掛ける仮想通貨プロジェクトです。登録したユーザーには、仮想通貨WLDが無料配布されます。当記事では、ワールドコインを日本円に換金する手順や、換金時の注意点などを解説します。
update2024.06.07 20:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル