Select Language

Bybitのデリバティブ取引ボットとは?リスクや使い方を解説

Bybitのデリバティブ取引ボットとは?リスクや使い方を解説

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS

  • X
  • facebook
  • LINE
  • RSS
update 2023.12.01 10:51
Bybitのデリバティブ取引ボットとは?リスクや使い方を解説

update 2023.12.01 10:51

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引ボットは、「無期限契約」と呼ばれる取引を自動で実行するツールです。レバレッジをかけられるので、効率的に収益を上げられる可能性があります。また、3種類のモードが用意されており、状況に応じた使い分けが可能です。

ただし、レバレッジにより資金を大きく減らすリスクもあり、モードの選択でも迷うかもしれません。そこで当記事では、デリバティブ取引ボットの基本的な仕組みや、メリット・デメリットを解説します。

Bybitのデリバティブ取引ボットとは

Bybit(バイビット)は自動売買ツールを「取引ボット」という名称で提供しており、デリバティブ取引ボットは、ユーザーが設定した条件に従って無期限契約取引を自動で行います。

Bybitのデリバティブ取引ボットの仕組み
knowledge デリバティブ取引と無期限契約

デリバティブとは金融商品の一つで、株式・債券・仮想通貨などの価格を基準にして価格が上下動します。複数の種類があり、仮想通貨市場で人気が高いのは無期限契約です。これは、永久先物契約やパーペチュアル取引と呼ばれることもあります。

無期限契約は差益の獲得を目的とした取引(CFD)の一種です。差益を得るために、「安く買って高く売る(ロング)」または「高く売って安く買う(ショート)」という手法を取ります。

トレードの種類

デリバティブ取引ボットは、リピート系注文やグリッドトレードと呼ばれる取引をします。リピート系注文とは、特定の範囲に数多くの買い注文(または売り注文)を配置して売買を繰り返す手法です。

取引範囲を適切に設定すれば、新規売買と決済取引を数多く繰り返せます。このため、人気のトレード手法となっています。

リピート系注文の基本形は下の図のとおりです。青の曲線は仮想通貨の値動きを示しており、青丸部分で買って赤丸部分で売却します。一定間隔で買い注文(青丸)を数多く並べることで、仮想通貨が上下動すると数多くの取引をこなします。相場の底や天井を判断する必要はなく、値動きの範囲を大まかに設定すれば良いのもメリットです。

リピート系注文・グリッドトレード

現物取引ボットと積立ボット

Bybitでは、デリバティブ取引ボットの他に、現物取引ボットや積立ボットも利用できます。デリバティブ取引ボットと現物取引ボットは性質が似ていますが、現物取引かデリバティブ取引かという違いがあります。

種類 ボットが行う取引 期待できる利益
デリバティブ取引ボット
(3種類)
1. 新規買いと決済取引
2. 新規売りと決済取引
3. 上の2種類の組み合わせ
短期的な売買益
現物取引ボット 新規買いと売却 短期および中長期の売買益
積立ボット 定期的な購入 長期的な値上がり益

デリバティブ取引ボット(3種類)

ボットが行う取引
1. 新規買いと決済取引
2. 新規売りと決済取引
3. 上の2種類の組み合わせ
期待できる利益 短期的な売買益

現物取引ボット

ボットが行う取引 新規買いと売却
期待できる利益 短期および中長期の売買益

積立ボット

ボットが行う取引 定期的な購入
期待できる利益 長期的な値上がり益

積立ボットは他の2種類のボットと異なり、自動で現物の積立投資をします。

設定可能な項目

デリバティブ取引ボットでユーザーが設定できる主な項目は、以下のとおりです。

  • 通貨ペア
  • 価格範囲
  • グリッド数量

価格範囲とは、デリバティブ取引ボットが売買する範囲を指します。グリッド数量は、注文の本数です。上のリピート系注文の基本形では買い注文が4つ描かれており、この場合のグリッド数量は4となります。

取引ボットは、ユーザーが設定したこれらの条件に従って売買します。

デリバティブ取引ボットの仕組み

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引ボットは、具体的にどのようなタイミングで売買するでしょうか。ここでは、デリバティブ取引ボットの基本的な動きと、モードによる違いなどを解説します。

3種類のモード

デリバティブ取引ボットには3種類のモードがあります。

ロング(買い)

デリバティブ取引ボット(ロング)

ロングでボットを稼働すると、現在値でロングポジション(買いポジション)を持ちます。また、事前に設定した価格まで下落すると、新規でロングポジションを持ちます。そして、仮想通貨価格が事前に設定した価格まで上昇すると決済します。

こうして、仮想通貨価格が上下動すると新規買いと決済売りを繰り返します。

ショート(売り)

デリバティブ取引ボット(ショート)

ショートでボットを稼働すると、現在値でショートポジション(売りポジション)を持ちます。また、事前に設定した価格まで上昇すると、新規でショートポジションを持ちます。そして、仮想通貨価格が事前に設定した価格まで下落すると決済します。

こうして、仮想通貨価格が上下動すると新規売りと決済買いを繰り返します。

おまかせ

デリバティブ取引ボット(おまかせ)

おまかせモードの取引ボットは、稼働直後にポジションを持ちません。基準価格の下側に買い注文、そして上側に売り注文が配置され、仮想通貨価格が上下動するとドテンの要領で決済と新規ポジション保有を繰り返します。

point ドテン

ドテンとは、今まで持っていたポジションと反対のポジションを持つことです。

名前は「おまかせ」ですが、システムが任意に取引方法を作るのではなく、取引方法はあらかじめ決まっています。

対応銘柄100種類以上

デリバティブ取引ボットは、100種類以上の仮想通貨に対応しています。なお、証拠金として利用できるのはUSDTのみです。(2023年3月現在)

手数料は売買時に発生

デリバティブ取引ボットの手数料は、売買の際に発生します。取引ボットの設定時や稼働停止時に手数料はかかりません。手数料の大きさはBybitの無期限契約と同じであり、一般ユーザーの場合は以下の通りです。

  • テイカー手数料:0.06%
  • メイカー手数料:0.01%

なお、通常の無期限契約と同じく、資金調達コスト(ファンディングフィー)の支払いまたは受け取りが発生します。

point 資金調達コストとは

資金調達コストとは、無期限契約の価格と現物価格の乖離を防ぐための仕組みで、差異が拡大する方向のポジション保有者が支払います。例えば、無期限契約における価格が現物価格よりも高い場合、ロングポジション保有者がショートポジション保有者に支払います。

デリバティブ取引ボットのメリット

デリバティブ取引ボットの主なメリットは、以下のとおりです。

24時間取引できる

デリバティブ取引ボットは、設定に沿って自動で売買します。このため、取引のたびに入力作業をする必要はなく、24時間ずっと取引できます。

レバレッジを利用できる

レバレッジをかけて運用できますので、現物取引ボットよりも資金効率が良く、また売りから取引を始められます。なお、設定可能なレバレッジは以下のとおりです。

自動設定時 2倍など
手動設定時
・ロング:
1~50倍から選択
・ショート:
1~50倍から選択
・おまかせ:
1~100倍から選択

デリバティブ取引ボットには3つのモードがあります。適切に使い分けることにより、利益獲得機会が大きくなります。

手軽に運用できる

自動設定を利用すると、通貨ペアとモードを選択して投資額を入力するだけで、ボットを運用できます。

point 他のボットをコピーできる

Bybitの取引ボットページには成績が優秀なボットが表示されており、無料でコピーできます。ただし、ボットの稼働期間によって成績は変わるため、表示と同じ利益を出せるとは限りません。

運用中に利益と証拠金を出金可能

2023年10月には、デリバティブ取引ボットの運用を継続したまま、発生した利益と追加された証拠金の両方をリアルタイムで出金可能になりました。資金は資金調達アカウントに入金されます。

これにより、資産をより柔軟かつ効率的に管理できるようになりました。ただし、出金によって証拠金が減少すると、強制決済価格が変更される可能性があるため、注意が必要です。

デリバティブ取引ボットのデメリット

デリバティブ取引ボットにはデメリットもあります。

相場変動により大きな損失を被る恐れ

デリバティブ取引ボットには3種類のモードがありますが、各モードには得意な相場と苦手な相場が存在します。相場との相性が悪いモードを稼働させ続けると、大きな損失を被る恐れがあります。そこで、損切りやレバレッジなどの設定や、ボットを停止させるタイミングに気を付ける必要があります。

損失が膨らみやすい状況は、以下のとおりです。

上昇トレンドの場合

おまかせモードやショートモードでは、価格が一方的に上昇するとショートポジションを保有しますが決済しません。この場合、含み損が大きくなります。

また、相場が価格の上限を抜けるとボットは取引しないため、含み損を抱えたままの状態になります。

下降トレンドの場合

おまかせモードやロングモードでは、価格が一方的に下落するとロングポジションを保有しますが決済しません。この場合、含み損が大きくなります。

また、相場が価格の下限を抜けるとボットは取引しないため、含み損を抱えたままの状態になります。

強制ロスカットになる可能性

デリバティブ取引ボットは無期限契約で売買しますので、強制ロスカットされる可能性があります。高いレバレッジをかけた場合は、強制ロスカットにあいやすくなるため注意が必要です。

point 強制ロスカットとは

強制ロスカットとは、保有しているポジションの含み損が拡大し、証拠金維持率が一定の水準(ロスカット水準)以下になった場合に、取引所が強制的にポジションを決済することです。強制ロスカットになると、損失が確定します。

デリバティブ取引ボットの作成方法

Bybit(バイビット)でデリバティブ取引ボットを作成する方法を解説します。

なお、デリバティブ取引ボットを稼働させるには、デリバティブウォレット内にUSDT残高が必要です。残高がない場合は、現物口座などから振替しておきましょう。

手順1

以下のリンクよりBybitへアクセスし、ログインします。

手順2

Bybitにログインしたら、上部メニューの「ツール」を選択し、「取引ボット」をクリックします。

Bybitの取引ボッドへアクセス Bybitの取引ボッドへアクセス

手順3

デリバティブ取引ボットの「ボットを作成」をクリックすると、ボットの設定画面へ移行します。

なお、他ユーザーのボットの設定をコピーしたい場合は、このページを下にスクロールして希望のボットを選び、「無料でコピー」をクリックしてください。

Bybitデリバティブ取引ボット作成 Bybitデリバティブ取引ボット作成

手順4

デリバティブ取引ボットの設定方法を、自動設定と手動設定に分けて紹介します。

自動設定の方法

自動設定では、取引価格の範囲やグリッド数量などが自動的に決められており、通貨ペア・取引モード・投資額を設定するだけで取引ボットを作成できます。

自動設定でボットを作るには、お好みの内容で設定して「ボットを作成」ボタンをクリックします。

Bybitデリバティブ取引ボット自動設定

番号

項目

説明

1

自動か手動か

「自動設定」をクリックします。

2

通貨ペア

取引したい通貨ペアを選びます。

3

取引モード

おまかせ、ロング、ショートの3つから選びます。

4

投資額

取引に利用するUSDTの数量を入力します。数量が不足している場合、枠の右下にある「振替」で資金移動を行うなどします。

5

利食い(*1)

利幅(%)を任意で指定できます。

6

損切り(*1)

損失幅(%)を任意で指定できます。

(*1)投資額入力欄の下にある「詳細設定(任意)」をクリックすると設定可能になります。

手動設定の方法

手動設定では、価格範囲やグリッド数量、レバレッジなどの項目もユーザーが設定します。自動設定よりは手間がかかりますが、カスタマイズ性が高い設定方法です。

手動設定でボットを作るには、お好みの内容で設定して「ボットを作成」ボタンをクリックします。

Bybitデリバティブ取引ボット手動設定

番号

項目

説明

1

自動か手動か

「手動設定」をクリックします。

2

通貨ペア

取引したい通貨ペアを選びます。

3

取引モード

おまかせ、ロング、ショートの3つから選びます。

4

価格範囲

価格範囲の下限と上限を入力します。相場が下限もしくは上限を超えると、ボットは売買しません。

5

グリッド数量

取引の価格間隔を決めます。グリッド数量が多いと、利幅の小さい取引が高い頻度で行われます。

6

レバレッジ

レバレッジを入力します。

7

投資額

取引に利用するUSDTの数量を入力します。数量が不足している場合、枠の右下にある「振替」で資金移動を行うなどします。

8

利食い(*1)

利幅(%)を任意で指定できます。

9

損切り(*1)

損失幅(%)を任意で指定できます。

(*1)投資額入力欄の下にある「詳細設定(任意)」をクリックすると設定可能になります。

point 手動設定画面の「自動設定」機能

手動設定画面の価格範囲入力欄の近くに「自動設定」があります。この部分をクリックすると、前項で解説した自動設定が入力されます。

手順5

内容を確認して問題なければ「確認」ボタンをクリックします。

Bybitデリバティブ取引の自動設定の確認画面

手順6

以下の詳細画面に移行したら、ボットの作成は完了です。

Bybitデリバティブ取引ボットの作成後画面 Bybitデリバティブ取引ボットの作成後画面

ボットの状況確認・設定変更方法

デリバティブ取引ボットの状況確認方法と、利食い・損切りの変更方法について解説します。

手順1

以下のリンクより、Bybit(バイビット)へアクセスし、ログインします。

手順2

Bybitへアクセスしたら、上部メニューの「ツール」を選択し、「取引ボット」をクリックします。

Bybitの取引ボッドへアクセス Bybitの取引ボッドへアクセス

手順3

「マイボットを見る」をクリックします。

Bybitマイボットの確認 Bybitマイボットの確認

手順4

マイボットのページでは、「有効中」のメニューで現在稼働している取引ボットが表示され、「停止中」のメニューでは稼働を停止している取引ボットが表示されます。

より詳しく確認したい場合や、損切りや利食いのタイミングを変更したい場合は「詳細」ボタンをクリックします。

Bybitボットの稼働状況確認 Bybitボットの稼働状況確認

手順5

詳細ページは3つのタブで分かれています。「ステータス」では設定した条件、「ポジション」では取引を行う価格と数量、「取引履歴」では実行された取引の履歴が表示されます。

デリバティブ取引ボットの設定の詳細画面 デリバティブ取引ボットの設定の詳細画面

手順6

ステータス画面では、利食いと損切りの変更も行えます。変更したい場合は、「利食/損切」と書かれた部分にあるマークをクリックしてください。

デリバティブ取引ボットの損切り利食い変更 デリバティブ取引ボットの損切り利食い変更

手順7

任意の数値を入力して「確認」ボタンをクリックすると、変更が完了します。

デリバティブ取引ボットの利食い損切り変更確認

出金方法

デリバティブ取引ボットを運用したまま、発生した利益や追加した証拠金を出金できます。

手順1

以下のリンクより、Bybit(バイビット)へアクセスし、ログインします。

手順2

Bybitへアクセスしたら、上部メニューの「ツール」を選択し、「取引ボット」をクリックします。

Bybitの取引ボッドへアクセス Bybitの取引ボッドへアクセス

手順3

「マイボットを見る」をクリックします。

Bybit取引ボットトップ画面 Bybit取引ボットトップ画面

手順4

出金したいデリバティブ取引ボットの「詳細」ボタンをクリックします。

Bybit取引ボットマイボット画面 Bybit取引ボットマイボット画面

手順5

右上の「出金」ボタンをクリックします。

Bybit取引ボット詳細画面 Bybit取引ボット詳細画面

手順6

出金額を入力して「確認」ボタンをクリックします。次の画面で「出金完了」と表示されれば完了です。出金した資金は資金調達アカウントに入金されます。

Bybit取引ボット出金画面

デリバティブ取引ボットの停止方法

デリバティブ取引ボットの停止方法を解説します。

手順1

以下のリンクより、Bybit(バイビット)へアクセスし、ログインします。

手順2

Bybitへアクセスしたら、上部メニューの「ツール」を選択し、「取引ボット」をクリックします。

Bybitの取引ボッドへアクセス Bybitの取引ボッドへアクセス

手順3

「マイボットを見る」をクリックします。

Bybitマイボットの確認 Bybitマイボットの確認

手順4

ボットを停止したい場合は、「ボット停止」をクリックします。

Bybitボットの稼働状況確認 Bybitボットの稼働状況確認

手順5

表示される注意事項を確認し、問題なければ「確認」ボタンをクリックします。

デリバティブ取引ボットの停止画面

手順6

「停止中」メニューの中に前の手順で選んだボットがあれば、停止処理は完了です。なお、ボットを稼働させるために使っていたUSDTは、デリバティブアカウントに返却されます。

デリバティブ取引ボットの停止中画面 デリバティブ取引ボットの停止中画面

仕組みを理解してから取引しよう

Bybit(バイビット)のデリバティブ取引ボットは、数多くの利食い回数を期待できます。その一方、相場の状況や取引設定次第で含み損になってしまったり、強制ロスカットになってしまったりします。このため、デリバティブ取引ボットの仕組みを把握してから取引することが大切です。

なお、Bybit(バイビット)ではデリバティブ取引ボットの他にも、現物取引ボットが提供されています。デリバティブ取引でのレバレッジなどの設定が難しく感じる場合は、現物取引ボットから始めてみてもよいでしょう。


Date

作成日

2023.03.10

Update

最終更新

2023.12.01

Myforex編集スタッフー仮想通貨担当ー

2017年に初めてビットコインを購入し、2020年より仮想通貨投資を本格的に開始。国内外のメディアやSNSなどを中心に、日々最新情報を追っている。ビットコインへの投資をメインにしつつ、DeFiを使って資産運用中。

この記事は、お役に立ちましたか?

ご覧いただきありがとうございます。Myforexでは、記事に関するご意見・ご感想をお待ちしています。
また、海外FX・仮想通貨の経験が豊富なライター様も随時募集しております。

お問い合わせ先 [email protected]

貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

関連記事

アクセスランキング

仮想通貨NOTの将来性は?Telegram上で展開するNotcoinの評判や仕組みを解説

仮想通貨NOTは、Telegram上で展開されているバイラルゲーム「Notcoin」のコミュニティトークンです。Notcoinは、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の仕組みを導入したゲームであり、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込んでいます。
update2024.05.17 19:30

BigBossのデラックス口座がアップデート!ショップ・アイテム強化機能を追加

海外FX業者のBigBossがデラックス口座に新機能を追加することを発表。今回のアップデートでは、ショップ機能とアイテム強化機能が追加されています。また、デラックス口座を開設すると、既存ユーザーも入金ボーナスの対象となります。
update2024.05.16 20:30

XS.comが3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催!

海外FX業者のXS.comが、3,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中です。スタンダード口座に3万円以上入金して、FXメジャー通貨ペア・ゴールドを2ロット以上取引すると、3,000円がキャッシュバックされます。
update2024.05.16 20:00

Aptos(アプトス/APT)のステーキング利率は?やり方やリスクを解説

仮想通貨(暗号資産)APTは、安全性とスケーラビリティに優れたレイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)の独自仮想通貨です。Aptosでは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、APTをステーキングして報酬を得ることができます。本記事では、APTをステーキングする方法や利率、リスクなどを解説します。
update2024.05.16 19:45

仮想通貨HSKの将来性は?香港最大級の取引所HashKey Exchangeの特徴や評判を解説

仮想通貨HSKは、HashKey Exchangeのプラットフォームトークンです。HashKey Exchangeは香港における最大級の取引所で、一定の取引高を達成するとHSKを獲得できるTrade to Earnキャンペーンを実施しています。
update2024.05.16 19:00

金融政策発表は据え置き予想も利下げ支持の変化に注目!現役トレーダーポンドマンが5月のポンド相場を予想!

現役トレーダーのポンドマンが、5月のポンド相場を解説します。円安圧力からポンド円は上昇予想ですが、介入には警戒が必要です。また上値が重いポンドと底堅いドルにより、ポンドドルはレンジまたは下落すると予想しています。
update2024.05.14 10:30

Bybitの新ローンチパッドに仮想通貨LFTが登場!参加方法やLifeformの独自トークンについて解説

Bybitのローンチパッドに仮想通貨LFTが登場します。仮想通貨LFTは、分散型デジタルIDソリューションを提供するLifeformの独自トークンです。計測開始日時は2024年5月10日午前9時からです。
update2024.05.10 21:00

仮想通貨NINJA(NINJAINU)とは?有名NFTプロジェクトから生まれたミームコインを解説

仮想通貨NINJAは、CryptoNinjaのキャラクターを利用して作られたミームコインです。特定のNFTホルダーに対するエアドロップの実施により、SNS上で盛り上がりを見せています。当記事では、仮想通貨NINJAの特徴やSNSでの評判、買い方などを解説します。
update2024.05.10 20:30

TradingViewが賞金総額45,000ドルのトレードコンテストを開催

TradingViewがデモトレードコンテスト「The Leap」を開催。上位入賞者には総額45,000ドルの賞金が贈られます。デモトレード口座を使用して順位を競うため、本物のお金を用意する必要はありません。
update2024.05.10 19:45

Runesとは?ビットコイン上の新たなトークン規格の仕組みや買い方を解説

Runesは、ビットコインネットワーク上の新しいトークン規格です。当記事では、Runesの仕組みやBRC-20との違い、Runesで作られた仮想通貨の買い方などを解説します。
update2024.05.10 19:30
youtube youtube

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。 クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

X

Twitter

キャンセル